初夏に取り入れたい。カラースニーカーの活用術を公開

初夏に取り入れたい。カラースニーカーの活用術を公開

夏はコーデ全体がシンプルになりがちで、全体的に何か物足りなく感じがち。そんなときはカラフルなスニーカーで足元にアクセントをつけてみませんか?

モチヅキ アヤノ

2017.07.03

スニーカー
夏の着こなし・コーデ

夏こそ足元で遊びを加えてみては?

ホワイトやブラック、グレーなど、いわゆる無彩色のスニーカーを好んで履いている方は多いでしょう。こうしたスニーカーはコーデを問わず合わせやすい汎用性の高さが魅力ですが、そろそろ季節は夏。カラースニーカーで足元に遊び心を加えてみませんか? さっそく、おすすめのカラースニーカーをご紹介します!

女性目線でピックアップ。男性に履いてもらいたいカラースニーカー

カラースニーカーのなかでもおすすめしたいのが、やさしさとさわやかさが感じられるペールカラーや大人らしさが感じられる落ち着いたトーンのダークオレンジやネイビーなど。そんな私的意見も踏まえつつ、「シンプルコーデに合わせやすい」という視点も盛り込んだカラースニーカーを紹介します。

『コンバース』

1971年の登場以来、『コンバース』を代表するモデルになったオールスター。万人に愛されている使い勝手最高のこちらのモデルは、おしゃれ初心者にも合わせやすいカラースニーカーの代表でもあります。カジュアルなアイテムにハマるのはもちろん、スラックスなどのきれいめアイテムに合わせてハズしを狙うのもおしゃれです。

『ニューバランス』

オフロードのクラシックランニングモデル574は、お手頃価格かつファッショナブルな表情が『ニューバランス』初心者から苦労とまで支持を集めるモデル。落ち着いた色合いですので、カラースニーカーにはじめてチャレンジする方にもおすすめのアイテムですよ。

『スプリングコート』

レザーを編んだようなテクスチャーが個性的な一足。夏の麻を思わせるような生地感は、この季節のさわやかなコーデにとてもぴったりなのではないでしょうか。ちょっとくすんだオレンジ色も、着こなしの好アクセントとして活躍してくれるハズです。

『リーボック』

イギリス発祥の名ブランド『リーボック』からは上品なペールトーンのシューズがリリースされています。全体が1色で統一されているため、足元がうるさくなることもありません。

『ティンバーランド』

『ティンバーランド』といえばイエローブーツ。でも、普段使いに使えるスニーカーもリリースされています。「カラフルすぎるのはちょっとな……」という方は、ブラウンのスニーカーから取り入れてみてはいかがでしょうか? 全体にスエードレザーがあしらわれており、ちょっとしたきれいめコーデのハズしとしても使いやすいですよ。

『アディダス』

おしゃれな大人の足元に欠かせない『アディダス』のスタンスミス。インラインとは異なり、アッパーを上品なスエードに変更したエクスクルーシブな1足に仕上げられています。そのため、発色の良いオレンジながら落ち着きのある印象。革靴感覚で履きたいですね。

『ザ・ダファー・オブ・セントジョージ』

サイドレースかつデニム生地を採用した点が特徴的な1足。夏の足元に映える色みでありつつも、履き込むたびに表面化される経年変化も楽しめます。

『ナイキ』

シンプルなデザインでこそ映える鮮やかなスカイブルーが印象的な『ナイキ』のコルテッツ。ハーフパンツで爽やかに装うも良し、きれいめコーデのハズしアイテムとして使ってもよし……と、多様な楽しみ方ができるでしょう。

『アディダスオリジナルス』

『アディダスオリジナルス』のガゼルには、清涼感あふれるシャーベットカラーのスニーカーもあるんです。ホワイトに近いカラーのためさまざまなパンツやシャツに合わせやすいのが魅力。こちらも、カラースニーカー入門アイテムとして◎。

『オニツカタイガー』

伝説的な人気を誇る国産ブランド『オニツカタイガー』からは、スリッポンタイプのセラーノをピックアップ。履き口が浅く履きやすいのはもちろん、ペールカラーとダークトーンを絶妙にあしらった2トーンカラーは履く人を選びません。カラーやサイズともにラインアップが豊富ですので、パートナーと一緒にカラー違いで楽しむのも良いですね♪

『バンズ』

『バンズ』のスニーカーのなかでも脱ぎ履きがイージーでそのクリーンな表情が人気のスリッポン。シューレースもロゴもなく、シンプルな着こなしのじゃまにならない1足が欲しい方にはぴったり。パステルカラーのため、ホワイトコーデやモノトーンコーデのアクセントづけにも最適です。

『スピングルムーブ』

日本人の足にぴったり合う製品設計で有名な国産メーカー『スピングルムーブ』のアイテム。キャンバスを特殊加工しており、使うたびに柔らかさを楽しめるようになるだけでなく、ソールを巻き上げ加工しているため、つま先部分をはじめとしたほころびやすい場所が補強されている点もGOOD。

『プーマ』

1978年にオリジナルが発売されて以降、『プーマ』のなかでもカジュアル系アイテムとして人気のイージーライダー。カジュアルな装いやスポーツカジュアルに特に使いやすいアイテムですね。独自開発のソールは衝撃吸収に優れ、ランニングだけではなく長時間の街歩きでも足をやさしく守ってくれますよ。

見逃さないです。カラースニーカーの活用例も要チェック

おすすめのカラースニーカーをご紹介してきましたが、どのように生かすのかも気になりますよね。というワケで、カラースニーカーを活用したコーデサンプルをご紹介します。

夏のスポーツミックスコーデのアクセントとしてカラースニーカーを使ったコーデ。Tシャツとスニーカーを『アディダス』で統一しているのも良いですね。

ラインや柄などがない、もしくは控えめなカラースニーカーは、こちらのようなセットアップコーデにも使いやすいですよ! こちらのコーデのように、セットアップと同じカラーのカラースニーカーを合わせると着こなしに統一感が生まれて違和感はゼロ。カジュアルな柄も落ち着いた印象に仕上げたい方はぜひ参考に。

こちらのコーデのように、カラースニーカーを全体のトーンの引き締め役として使う方法も◎。色みをアースカラーで統一しているので、カラースニーカーの存在が悪目立ちすることなく着こなしにマッチしています。

先ほどの着こなしと同じくアースカラーをベースとする着こなしですが、こちらは発色の良いレッドを足元にオン。アクセントをつけることで軽快さを強調しました。同系色で落ち着きあるコーデを目指すも良し、アクセントをつけてライトにまとめるも良し。

シンプルになりすぎてしまう……とお悩みの方も多いであろうモノトーンコーデ。こちらのコーデはホワイトとブラックのコントラストが強いですが、足元にピンクを取り入れることで全体の印象をソフトに。モノトーンのスニーカーも良いですが、ここでカラースニーカーを取り入れることで遊び心も感じられますね。

定番のデニムシャツにブラックのハーフパンツを利用した、夏のシンプルコーデ。ブルーの反対色であるイエローのなかでも鮮やかなトーンの1足を取り入れることで、メリハリを演出。スニーカーの色みでアクティブな印象を添えている点も参考にしたいところ。

    KEYWORD関連キーワード

    BACK