レインボーサンダル。人気アイテムから着こなしまで

レインボーサンダル。人気アイテムから着こなしまで

大人の男性なら、夏のコーデに使うサンダルにもこだわりたいところ。今回は、ロサンゼルス発のこだわりサンダルブランド・レインボーサンダルをご紹介します。

モチヅキ アヤノ

2017.07.08

レインボーサンダル(RAINBOW SANDALS)
サンダル
夏の着こなし・コーデ

『レインボーサンダル』とは?

1972年、ロサンゼルスのラグナビーチで生まれたサンダルブランド。「世界最高のサンダルを作る」と、ジェイ・スパーキー・ロングリー氏が自宅ガレージでサンダルを作り始めたのが始まりで、シンプルな見た目と履き心地・耐久性の良さが徐々に口コミで広がり、現在では年間200万足のサンダルを生産しています。

ただのサンダルじゃない。『レインボーサンダル』がスゴいわけ

一見、ただのシンプルなビーチサンダルのように見えますが、実はこのレインボーサンダルのアイテム素材やデザインなどには、実に多くのこだわりと魅力が詰まっているんです。さっそく、レインボーサンダルのアイテムの秘密に迫ってみましょう。

貼り合わせのナイロン糸による丈夫な鼻緒

サンダルのパーツで最も耐久性を重視される鼻緒パーツは、耐久性のあるナイロン糸を使用しています。鼻緒パーツそのものも、ナイロン製で、丈夫なナイロン糸をボックス型+X縫いで頑丈な縫い合わせで長期間使える仕様に。

足にうれしいアーチサポート

ちょうど足の土踏まず部分にアーチがフィットするよう設計。一般のビーチサンダルはこの土踏まず部分が平らなものが多く、長時間歩くと疲れてしまうこともありますが、アーチサポート付きならやさしく土踏まずを支えてくれるため、長時間の歩行も苦になりにくいですね。ちなみに、こちらのアーチは手作業で作られているのだそう。

このレザー。気持ち良いんです!

レインボーサンダルのビーチサンダルはすべてレザーで作られています。シワや傷がない高級グレインレザーをぜいたくに使用しており、履いたときのすべすべとした肌触りが抜群です。また、グレインレザーはレザーの中でも革本来の美しさが最も強調されるものともいわれています。レザー好きならぜひ持っておきたいアイテムともいえるかもしれません。

いつまでも履ける耐久性。その秘密は接着剤にあり

接着剤はレインボーサンダルズの創設者・ロングリー氏が独自に開発したオリジナルのものを使用。こちらは環境にやさしい接着剤としても知られており、環境への配慮も感じられるものとなっています。アーチサポート部分やソールなどのすべての層は三度も糊付けされているため、耐久性も抜群ですよ。

クッション性抜群のソールも魅力的

サンダルの履き心地は、サンダル表面だけでなくソール部分も大きく影響します。底材はノンスリップでビーチやプール、梅雨時期の歩行も安心安全で、つま先部分は一重の中底を利用しており、高密度の形状記憶素材を採用しています。履くたびにあなたの足の形に合ってきますよ。

独断と偏見で選ぶ、『レインボーサンダル』のおすすめ5選

ここからはレインボーサンダルのおすすめサンダルをご紹介。上質なレザーを使った大人向けのサンダルにはどのようなラインアップがあるのでしょうか? カジュアルコーデだけでなくきれいめのリゾートコーデにも合わせやすい、この夏にぜひ履きたいアイテムをピックアップします。

クラシックレザーダブルレイヤー(302ALTS)

アーチサポート付きのクラシックレザー(牛革)をあしらったアイテム。レザーはややマットな質感で、高級感が感じられますね。中底レザーにクッションを採用しているため、長時間履いていても疲れにくく、ずば抜けた快適性を提供してくれますよ。

プレミアレザー(301ALTS)

こちらはより上質な牛革・ヌバック革を利用したプレミアムな質感が楽しめるアイテムですよ。写真ではソール全体が1層のみに見えますが、土踏まず部分のアーチは健在。カラーもこちらの砂浜カラーだけでなく、ベーシックカラーを中心にカラーラインアップも豊富なアイテムです。

プレミアレザーダブルレイヤー(302ALS)

こちらは先ほどのプレミアレザーと同じヌバック素材を使っていますが、ソールが二層式になっているアイテム。かかと部分からアーチの前部分にかけたラインがさらに快適性がプラスされたアイテムでもあります。質感はそのままに、よりふかふか感を求める方はこちらのアイテムがおすすめですよ。

プレミアブルーサンダル(301BLUE)

こちらはソールのブルーが美しいアイテム。スエード素材をふんだんに使っているのも特徴で、履くたびに美しい仕上がりになっていくのも楽しめますよ。リゾートコーデはもちろん、モノトーンコーデのアクセントアイテムとして使うのも良さそう。

クラシックラバー(301AR)

レザーしかないのなら、水辺で使うのはちょっと心配だな……と感じている方もいらっしゃるかもしれませんね。でも、安心してください!オールラバー(ゴム製)のサンダルもありますよ。ノンスリップ底にアーチ付きミッドソールを重ねているため足のサポート力も高いアイテムです。

『レインボーサンダル』を着こなす人はおしゃれ。そのヒントを公開

ビーチサンダルをコーデに取り入れるのはカジュアル感が出すぎるのでは?と心配な方も多いかと思います。でも、レザーアイテムの多いレインボーサンダルは普段のコーデを格上げしてくれることも期待できます。さっそく、レインボーサンダルを自然に取り入れているおしゃれさんたちのコーデをご紹介します♪

作務衣をうまく活用した休日リラックスコーデ

こちらのコーデに使われているパンツはリラックスパンツかなと思いきや、Theジャパニーズな作務衣!通気性も抜群ですし、トップスのホワイトTシャツと合わせて飾りっ気のない夏ならではのシンプルコーデが完成しています。作務衣の質感とレインボーサンダルのマットな質感もぴったりと合った、シンプルながら計算されたコーデに。

堅くなりがちなカーディガンコーデもサンダルで抜け感+

ややクラシックに決まりがちなカーディガンを使ったコーデですが、足元にレインボーサンダルを合わせることで足元に抜け感がプラスされ、カジュアルな印象に仕上がっています。また、トップスとボトムスがダークトーンですがサンダルを合わせているため重たく見えません。

小物とサンダルでサーフ感をコーディネート

サーフカルチャーを発信しているロサンゼルス生まれのサンダルはこのようなサーフ系コーデにもぴったり。小物の数は多いですが、シンプルで小ぶりのものばかりですのでうるさく見えませんね。また、サンダルのカラーがヌードカラーのため、ポイントカラーで使っているパンツのグリーンカラーがより引き立っています。

アースカラーでまとめた大人なカジュアルコーデ

いきなりサンダルを使ったカジュアルコーデを難しく感じる方は、こちらのコーデのようにアースカラーで全体をまとめるのがおすすめ。TASCLAP世代の方にもぴったりな大人っぽい仕上がりになりますよ。また、こちらのようにダークトーンのサンダルを合わせると全体がより引き締まりやすくます。

きれいめを目指すならモノトーンコーデでシックに

こちらはモノトーンでまとめたきれいめカジュアルコーデ。色数が少なめですっきりと見えますし、大人っぽい印象を作りやすいんです。また、ジャケットはこちらのコーデのようなゆったりめのものや麻などのざっくりとした質感のものを使うと、きれいめながらサンダルに合ったリラックス感を演出しやすくなりますよ。

    KEYWORD関連キーワード
    RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事

    BACK