履けばやみつき。レインボーサンダルにハマる大人が続出中

履けばやみつき。レインボーサンダルにハマる大人が続出中

一般のビーチサンダルとは明らかに一線を画すハワイ生まれの『レインボーサンダル』。心酔する大人たちが絶えないそのワケを、おすすめモデルとともに掘り下げていこう。

菊地 亮

菊地 亮

SHARE
記事をお気に入り
2021.08.06

大人に刺さる『レインボーサンダル』って知っている?

大人に刺さる『レインボーサンダル』って知っている?

gakuオンラインショップ

gakuオンラインショップ

お気に入り追加

年間200万足を生産する『レインボーサンダル』の歩みは、創業者、ジェイ・“スパーキー”・ロングリー氏がラグナ・ビーチにある自宅のガレージで1972年に始めたサンダル作りから始まる。当初200ドルで購入した資材は6足を作るのがやっと。それでも、見栄え、履き心地ともに優れ、何年も愛用できるビーチサンダルを作る情熱は衰えなかった。’74年には『レイボーサンダル』として正式に売り出し、作っては売り、得たお金で資材を買ってはまた作るを繰り返す日々。そして、2000年になってその質の高さが話題となりブレイク。今や世界中の大人たちを虜にしている。

快適で長持ち。『レインボーサンダル』が支持される3つの理由

長きにわたり作り続けられるのは、それだけアイテムを求める者が後を絶たない証左でもある。では、なぜ離れることなく多くの大人たちが『レインボーサンダル』を履き続けるのか。そのナゾを解明するうえで、見逃してはいけない3つの大きなポイントがある。それら一つひとつに注目していきながら核心に迫りたい。

理由1

特殊な製法で作られた丈夫な鼻緒

特殊な製法で作られた丈夫な鼻緒

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

ビーチサンダルで最も負荷のかかりやすい鼻緒。ただ『レインボーサンダル』の場合、破損の心配は皆無に等しい。ヒミツは経験により導き出された素材選びと縫製法。レザーストラップとソールをつなぐ生地は、軍などでも採用されるほど強度に優れるナイロン素材が使われている。しかも、レザーへ縫い付ける方法にはパラシュートの製作にも取り入れられているボックス型のX縫いを採用することで驚くほど強靱だ。それらを高次元で仕上げるハイレベルな手技もまた素晴らしい。

理由2

なめらかなアーチサポートが抜群の快適性

なめらかなアーチサポートが抜群の快適性

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

人間の足には3つのアーチがある。なかでも重視すべき部分とし挙げられるのが、かかとと親指を結ぶ内側の縦アーチ上に位置する土踏まず。このアーチがあることで拇指球(親指の付け根にある膨らんだ部分)が約3割、小指球(小指の付け根にある膨らんだ部分)が約2割、かかとが約5割の割合で体重による負荷を分散。体のバランスをうまく保っているのだ。手で削り作られた『レインボーサンダル』のアーチサポートは、その能力を最大限に発揮するフォロー役として機能する。

理由3

滑りにくい特別配合ゴムのアウトソールで、安全性も担保

滑りにくい特別配合ゴムのアウトソールで、安全性も担保

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

『レインボーサンダル』のソールは多重構造。足の裏に直に触れるインソールは肌触りが良く、その下に貼り付けられている高密度の形状記憶発泡素材は履くほどに愛用者の足型に変形し馴染んでいく。そして、最下部のアウトソールは特殊配合のゴムによって仕上げられ、滑りづらい仕様に。耐久性に優れて壊れにくい点も頼もしく、さらに圧着前に三度行われる糊付けの糊は、創業者が特別に生み出した特許取得済みの秘伝。接着強度を保ちつつ、環境にやさしい資材だ。

微差こそ大差。自分好みの『レインボーサンダル』に出会うための、選びのポイントとは

これまでに挙げた主な特徴は各アイテムにしっかりと落とし込まれている。しかし、さらに細かく見ていくとわずかな違いが見られ、それがバリエーションの多彩さを生んでいることに気づかされる。ソールの厚み、素材の性質、プライスの差異など……。それらをより理解しておくことで、きっと自分好みの1足を選ぶことが可能となるのだ。

ポイント1

履き心地を左右。「シングルレイヤー」か「ダブルレイヤー」か

履き心地を左右。「シングルレイヤー」か「ダブルレイヤー」か

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

『レインボーサンダル』はソールの厚みによって2つのタイプに分けられる。それが「シングルレイヤー」と「ダブルレイヤー」だ。前者は比較的リーズナブルで履き心地が軽やか。ビーチサンダル特有の気軽を持ち合わせている。後者はというと、ソールが厚いことでクッション性に優れ履き心地も上々。その分、価格はシングルレイヤーより高めに設定されている(とはいっても微々たる差)。長く愛用することを考えるならば、値段がやや高くなるとしても決して悪い選択肢ではないだろう。

ポイント2

足元の雰囲気に影響。「クラシックレザー」か「プレミア・レザー」か

足元の雰囲気に影響。「クラシックレザー」か「プレミア・レザー」か

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

『レインボーサンダル』のサンダルは主に革製。レザー特有の上質感が、一般的なビーチサンダルとの差を決定的なものにしている。その革には複数の種類が存在。それがクラシックレザー(グレインレザー)とプレミア・レザー(ヌバック)だ。クラシックレザーはサラッとしたタッチが自然な履き心地を約束。プレミア・レザーは、表面がやや起毛しているのが特徴で、履き続けるほどに足形がインソールに浮き上がってくるなど経年変化がより一層楽しめる。

気になる疑問。『レインボーサンダル』は水に濡れても大丈夫……?

気になる疑問。『レインボーサンダル』は水に濡れても大丈夫……?

gakuオンラインショップ

gakuオンラインショップ

お気に入り追加

ここで1つ疑問に思う人もいるかもしれない。そう、革製ゆえの耐水性についてだ。ただ、その点は安心してほしい。サーファー御用達という触れ込みは伊達ではなく、牛革の中でもより強度の強いグレインレザーを採用している事実からして、水への耐性は概ね問題ない。濡れたとしてもすぐに乾かしブラッシングをすれば、革のツヤはキープできる。長期保管する際には、ブラッシングで砂や埃を落とし、革靴用の保湿クリームを塗布。その後、乾いた柔らかい布で拭き取ればOKだ。

どれも甲乙つけがたい。『レインボーサンダル』のおすすめ8モデル

シンプルな構造のビーチサンダルをベースにしているとはいえ、『レインボーサンダル』が揃えるバリエーションの多彩さは実に壮観。それがあらゆる大人に愛され、世界中で履き続けられている要因の1つにもなっている。なかでもおすすめしたい8モデルを筆者の独断と偏見で選出。今後、手に入れる際の参考とされたし。

アイテム1

クラシックレザー

クラシックレザー

LeicesterSquare

LeicesterSquare

お気に入り追加

世界中の人々に長きにわたって愛される『レインボーサンダル』の“ザ・定番”。体のバランスを支える盛り上がったアーチサポート、屈強な鼻緒、独自の配合によるグリップ力に優れたラバーソールなど、同社の魅力を余すことなく凝縮。ビーチサンダルらしい気軽さを備えつつ、一方でビーチサンダルとは思えない履き心地を実現したシングルレイヤーソールもいい。

アイテム2

クラシックレザー ダブルミッドソール

クラシックレザー ダブルミッドソール

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

ツルッとなめらかなグレインレザーは、タッチの良さだけでなく安心を生む優れた耐久性も備えている。それはまさに『レインボーサンダル』を支える根幹のともいえるだろう。こちらは、さらにもう1つの柱といえる履き心地も強力にフォロー。厚みのあるダブルミッドソールは、ビーチサンダルと思えない存在感と衝撃吸収性を常に発揮してくれる。

アイテム3

プレミア・レザー

プレミア・レザー

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

ビーチサンダルと考えると少々お高い印象を受けるかもしれない。ただ、こちらに足を通せばそれも納得。さらに回数と年数を重ねればやがては購入して良かったと思えるはず。表革を程良く毛羽立たせたヌバックレザーは、ふっくらとした触感が心地良く、厚みのあるダブルレイヤーソールが地面からの衝撃もしっかり吸収してくれる。

アイテム4

シングルレイヤー・プレミア・レザー

シングルレイヤー・プレミア・レザー

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

ヌバックレザーのまさに“プレミア”級の肌触りは変わらないが、こちらのソールは軽やかな歩行を後押しするシングルレイヤー。ダブルレイヤーと比べるとクッショニングはやや物足りなさを感じるかもしれないが、その分スッキリとした足元を約束。ジーンズやチノパン、スラックスなどさまざまなパンツと合わせてもスタイリッシュさを担保する。

アイテム5

ラスタ・シングルミッドソール

ラスタ・シングルミッドソール

EBiSUYA アウトドア (OUTDOOR)店

EBiSUYA アウトドア (OUTDOOR)店

お気に入り追加

幾重にも連なるソール構造は『レインボーサンダル』の履き心地を支えるキモ。その中にちょっとした遊び心を加えたのがこちらの「ラスタ」だ。一見、シンプルないつもと変わらぬシングルミッドソールのクラシックレザーの1足だが、サイドにはレッド、イエロー、グリーンの3色で表現された3本ラインを配置。その挿し色が暑い時季にぴったりだ。

アイテム6

ラスタヘンプ・シングルミッドソール

ラスタヘンプ・シングルミッドソール

NEXT FOCUS

NEXT FOCUS

お気に入り追加

『レインボーサンダル』は「クラシックレザー」や「プレミア・レザー」に代表されるようにレザーによる上質な空気が1つの特徴ではある。ただ、何もそれだけではない。ドライなタッチと通気性にも優れる夏の定番素材、ヘンプを纏ったアイテムも存在するのだ。シングルミッドソールの軽快さとラスタカラーのポップな雰囲気も絶妙にマッチ。

アイテム7

ヘンプ

ヘンプ

Amazon.co.jp

Amazon.co.jp

お気に入り追加

ブラック1色のシャープな佇まいながら、鼻緒脇に加えられたブランドのオリジナルタブがさりげないアクセントに。その鼻緒でつながれたストラップは、キャンバスとヘンプのMIX生地。肌離れ抜群のサラッとしたタッチが心地良く、ダブルレイヤーソールを採用しているため歩きやすさも申し分なし。滑りにくい独自のアウトソールも心強い。

アイテム8

クラシック・ラバー

クラシック・ラバー

AmericanStyle 33

AmericanStyle 33

お気に入り追加

『レインボーサンダル』の中でも定番として数えられる「クラシック・ラバー」。歩行時のバランスを保つお馴染みのアーチサポートを施したインソールは、いつものレザーではなくラバー仕様に。耐久性に優れ、濡れた足でも滑りにくいよう設計されているためビーチサイドやプールサイドの使用にもちょうどいい。

洒落者から学ぶ。『レインボーサンダル』の履きこなし術

『レインボーサンダル』であれば、いつものビーチサンダルと比べてグッとしゃれて見える。そのアイテム本来のポテンシャルに加え、履きこなす際のコツも把握しておけば、明日から長年履き続けてきたかのようなこなれ感を演出できる。では、そのコツとは? 街の『レインボーサンダル』マスターたちの着こなしから学んでいきたい。

着こなし1

ビーチサイドにマッチし街へも溶け込ませる急先鋒として

ビーチサイドにマッチし街へも溶け込ませる急先鋒として

WEAR

WEAR

お気に入り追加

西海岸出身のブランドだけに、やはり海の香りがするアイテムとの相性は良い。ハッピーな柄シャツなんてまさに相思相愛で、瞬時に南国ムード。そんなときには、ベージュのチノパンや無地Tといった街でもお馴染みのアイテムを間に入れてみるといい。革サンダルとも相まって南国感が程良く緩和。海と街を分け隔てなく行き来できるスタイルへと進化する。

着こなし2

淡白なモノトーンコーデに気の利いた遊び心を添える

淡白なモノトーンコーデに気の利いた遊び心を添える

WEAR

WEAR

お気に入り追加

ハッピーに乗り越えたい夏のシーズンといえども、やはり派手色や柄使いに苦手意識を持つ大人は多い。結果、無難な配色に落ち着いてしまったとしても『レインボーサンダル』を取り入れれば、にわかに夏らしい印象に仕上げることが可能だ。しかも、レザー仕立てゆえに足元だけが浮いて見えることはなく、逆にモノトーンのアイテムが足元のラフさを救う良い相乗効果も期待できる。

着こなし3

セットアップをいつでも気軽に着るためのスイッチ

セットアップをいつでも気軽に着るためのスイッチ

WEAR

WEAR

お気に入り追加

今となっては多くの大人が頼りにするセットアップ。特に、テーラードジャケットタイプのそれはビジネスシーンでの活躍も視野に入れられ、その応用力は非常に頼もしい。ただ、日常使いをするうえでは特有の緊張感が弊害にもなりかねない。そこでリラックス感がありながらルーズに見えない『レインボーサンダル』を投入してみよう。ちょうどいいバランスに仕上がること請け合いだ。

着こなし4

牧歌的なスタイルに一本筋を通したサンダルスタイル

牧歌的なスタイルに一本筋を通したサンダルスタイル

WEAR

WEAR

お気に入り追加

海に捨てられていたビーチサンダルへの憂いが発端となってスタートした『レインボーサンダル』。地球に配慮したモノ作りも特徴。それもあってかアースカラーとの相性は良好で、大人っぽさをほんのり匂わせた牧歌的スタイルが作れるだろう。ゆるい雰囲気が立ち込めそうだが、端正なサンダルがそれをしっかり引き締めてくれる。

着こなし5

キレいとリラックスの絶妙なバランスを表現

キレいとリラックスの絶妙なバランスを表現

WEAR

WEAR

お気に入り追加

きれいめなアイテムをバシッとキメて着こなす。それはそれで素敵だが、暑い季節ともなれば少々息苦しさを感じてしまうことも。そこでちょっとした引き算が必要になる。ゆとりのあるシルエットのシャツ&パンツであれば、ラクさと端正さの両取りが可能に。その空気を読んだ足元にハマるのは『レインボーサンダル』の1足。オール黒を選べばグッとモダンな印象に帰結する。

サンダルの人気ブランド完全網羅。押さえておくべき鉄板15選

スニーカー・シューズ

サンダルの人気ブランド完全網羅。押さえておくべき鉄板15選

軽快で涼しいというだけでなく、トレンドとしても盛り上がっているサンダルは今シーズンもマスト。多岐にわたるカテゴリ別に、それぞれの鉄板ブランドをご紹介します。

山崎 サトシ

2021.06.15

ビーチサンダルを街でも履こう! 大人が選ぶならこの16ブランドから

スニーカー・シューズ

ビーチサンダルを街でも履こう! 大人が選ぶならこの16ブランドから

定番のラバー製から上品なレザー製までラインアップが豊富なビーチサンダル。タウンユースにも活躍する大人におすすめのビーチサンダルを厳選してご紹介します。

近間 恭子

2021.06.23

アイランドスリッパのおすすめサンダル9モデル。ブランドの魅力もご紹介

スニーカー・シューズ

アイランドスリッパのおすすめサンダル9モデル。ブランドの魅力もご紹介

上質な素材感とやわらかな履き心地で人気の『アイランドスリッパ』。同ブランドの魅力を掘り下げつつ、おすすめのモデルや大人向けのコーディネート術を解説します。

TASCLAP編集部

2021.06.22

レザーサンダルを大人の街履きに。夏から秋まで活躍する狙い目10モデル

スニーカー・シューズ

レザーサンダルを大人の街履きに。夏から秋まで活躍する狙い目10モデル

サンダルは夏の定番だけど、街で履くにはラフすぎるかも……という方にはレザーサンダルがおすすめ。革の種類やデザインのバリエも豊富なので、好みの1足が見つかります!

近間 恭子

2021.08.06

海でも街でも。ハワイアナスのビーチサンダルでおしゃれな足元に

スニーカー・シューズ

海でも街でも。ハワイアナスのビーチサンダルでおしゃれな足元に

海はもちろん、街履きにもビーチサンダルを取り入れる人が増えるなか、圧倒的人気を誇るのが『ハワイアナス』。足元を軽快かつおしゃれに魅せる1足を手に入れませんか?

ai sato

2020.07.08

注目編集者
菊地 亮

無類のスポーツ好き。得意ジャンルは革靴

菊地 亮
地方の出版社にて編集を経験した後、独立。フリーのエディター・ライターとしてメンズファッションを中心に、スポーツ、グルメ、音楽など幅広い分野で活動。現在は、生まれ故郷である岩手県、そして東北の魅力を発信すべく東奔西走中。
この編集者の記事を見る

KEYWORD関連キーワード

PICK UP

編集部の注目

大人には大人のスポーツMIX。都会的な雰囲気を纏うアウターに、名門ブランドで出会う

スポーツMIXコーデはトライしやすいからこそ、取り入れるアイテムが問われるもの。おすすめしたいのは、アーバンテイストを取り入れたアクティブなアウター類です。

SPONSORED by レノマオム

続きを読む

計算されたオーバーサイズ。チャムスのスウェット、今年はひと味違うってよ

“ちょうど良い日常着”として、この時期欠かせないスウェット。よりトレンド感ある装いを目指すなら、今季アップデートされた『チャムス』の新作群をおすすめします。

SPONSORED by チャムス

続きを読む

持つたび、溢れる高揚感。働くことを楽しめる土屋鞄製造所のバックパック&トート

働き方の変化に合わせてバッグを新調したい。とはいえ周囲を見渡しても似たり寄ったりなモノばかり。そこで輝きを放つのが『土屋鞄製造所』のバックパック&トートです。

SPONSORED by 土屋鞄製造所

続きを読む

外遊びだけじゃもったいない! 毎日楽しめるスニーカーがキーンにはある

「ユニーク」などサンダルのイメージが強い『キーン』ですが、実は365日アツいのがスニーカー。アウトドアはもちろん街でも映え、シーンを問わず活躍してくれます。

SPONSORED by キーン

続きを読む

タフでスリムで街で映える。“勢いを増していく僕ら”には、こんなGショックがよく似合う

節目の35周年を経て以降も勢いは増すばかりの『Gショック』。今夏発売された「GA-2200」はその象徴だ。期待の新顔をファッション業界で今ノリに乗る2人はどう見るのか。

SPONSORED by カシオ計算機株式会社

続きを読む

異彩を放つ限定色も登場。なぜ土屋鞄製造所のコードバンシリーズはこんなにも魅力的なのか

半世紀以上にわたり上質な革製品を作り続けてきた『土屋鞄製造所』。そのモノ作りの真髄ともいえるコードバンシリーズを深掘りし、多くの人に愛される理由を探ります。

SPONSORED by 土屋鞄製造所

続きを読む

あなたの働き方にはどの1着? 4つのワークスタイル、それぞれの本命セットアップ

働き方の多様化が進む今、最適な仕事服は人によって千差万別。各々のワークスタイルに応じた理想のセットアップが、『エイチアイピー バイ ソリード』なら見つかります。

SPONSORED by タトラスインターナショナル

続きを読む

もっと見る

RELATED ARTICLES

あなたにおすすめの記事

ACCESS RANKING

アクセスランキング

ITEM RANKING

アイテムランキング

新機能

この記事を読んでいる方に
おすすめの記事をご紹介

RECOMMEND
ITEM LIST
TOP

カテゴリ

おすすめ記事