街で浮かない。アロハシャツをタウンユースに着る方法

街で浮かない。アロハシャツをタウンユースに着る方法

夏の柄シャツといえばアロハシャツ。インパクトの強いアイテムだが、うまく着こなせばコーディネートの良いアクセントに。大人らしい取り入れ方を紹介しよう。

大中 志摩

2018.06.14

トップス
シャツ
夏の着こなし・コーデ

アロハシャツというと、ビーチやリゾートスタイルをイメージしがち……

インパクトの強いアロハシャツは、派手なデザインから浮かれているというイメージを持たれがちだが、選び方や着こなし方次第では写真のようにタウンユースにもなじんでくれる。今回は、そんなアロハシャツをタウンユースに落とし込む方法を解説していく。

アロハシャツをタウンユースするには、アイテム選びが重要

普段着にアロハシャツを用いるにはアイテム選びが最も重要となる。以下では色や柄の大きさなどアロハシャツを大人っぽくタウンユースに落とし込むために大切なアイテム選びのポイントを3つ解説する。この夏はアロハシャツで遊びの効いたスタイルを楽しんでみて。

ポイント1ネイビーベースのカラーで大人っぽく

インパクトの強いアロハシャツもネイビーがベースとなっているデザインであれば、比較的大人っぽい印象になるので派手さを抑えることができる。柄の大きさなどにもよるが、存在感も主張できるので着こなしのバランスも取りやすい。

ポイント2サイズ感に注意して

日本のブランドが展開している場合は日本人の体型に合わせたサイジングになっているが、アメリカ製の場合はサイズが大きめになっているので購入する際は注意が必要。大きすぎるとだらしなく見えるので、ワンサイズ小さめを狙うのがいいかも。

ポイント3デザインは大柄で色数少なめがおすすめ

好みにもよるが、柄は大きめのほうがシンプルに見えるので着用時にスッキリとした印象になりやすい。さらに、カラーリングもベースと柄の2色程度であればうるさくならないのでタウンユースにも取り入れやすくなる。大人っぽさを意識するのであれば色数はなるべく少なくするのがおすすめ。

街着にすんなりなじむ、アロハシャツの着こなしのコツ

タウンユースでアロハシャツをおしゃれに着こなすために抑えて置くべき3つのポイントを紹介。どれも初心者でも実践しやすいものばかりなので、失敗を恐れずにアロハシャツコーデに挑戦してほしい。

ポイント1全体の色を揃えてまとまりを意識

アロハシャツだけが浮かないようにするには、全体のカラーリングを統一することでまとまりのある着こなしを意識するのがおすすめ。色みを揃えれば存在感の強いアロハシャツでも簡単に攻略できる。

ダークトーンのアロハシャツをメインに、ストライプのワイドトラウザーでクールに演出。インナーに白Tを差し込んでアクセントを加えつつ、アロハシャツより丈の長いものをチョイスすることで動きのあるスタイルを完成させた。

クリームベースのアロハシャツはベージュのハーフパンツと合わせて、まとまりのある仕上がりに。サングラスや時計、サンダルなど部分的にブラックを取り入れれば着こなしが締まるのでスタイリッシュな印象を醸すことができる。

ネイビーでまとめたワントーンコーデ。リラックス感の強いアロハシャツもネイビーでまとめているのでどこかシックな印象に仕上がっている。写真のモデルのように、上半身と下半身のネイビーのトーンを変えることで、着こなしに動きを出すことが可能だ。

ポイント2インナーとのレイヤードでこなれ感を

丈が短いアロハシャツに丈の長いインナーを合わせたレイヤードスタイルもタウンユースで着る場合はかなり有効な手段。柄の面積が小さくなるので派手さも抑えることができ、丈感の違いがこなれた印象を加速してくれる。

『スラッシャー』のロンTをインナーに取り入れたストリート×リゾートのミックススタイル。メインカラーをネイビーにすることで大人っぽくまとめつつも、太めのパンツでリラックス感もうまく取り入れている

レイヤードスタイルだけでなく、アロハシャツとパンツを同系色でまとめて統一感もしっかりと演出した合わせ技コーデ。全体をベージュで揃えているので落ち着いた印象を与えてくれるので、ビーチサンダルを合わせてもラフな印象を受けにくい。

ハワイの夕日をイメージさせるようなアロハシャツをメインに白Tとデニムでカジュアルなスタイルに。足元には『キーン』のコンフォートサンダルを合わせて軽快な印象をUP。サングラスがより夏らしさを加速させる。

ポイント3緩めのボトムスに合わせるのも効果的

お互いにリラックス感の強い太めのパンツ×アロハシャツのコンビは、組み合わせることで心地よい抜け感のある着こなしが楽しめる。さらにハットやサンダルを組み合わせて夏っぽさを強調するのもアリ。

モードテイストの着こなしにもアロハシャツはすんなりとなじんでくれる。大人っぽくモード感を出して着こなす場合は大きすぎるアロハシャツはミスマッチなので注意が必要また、色も派手すぎると。シャツだけ浮いてしまうこともあるのでカラーリングにも気をつけて。

爽やかなカラーリングのアロハシャツをメインにイージーパンツと合わせたリラックス感漂うスタイリング。パンツはワイドシルエットでもブラックをチョイスすることで程よく締まりが出るのでアロハシャツとの相性も良い。

ワイドシルエットのパンツとアロハシャツのコーディネートは上下のバランスが大事。アロハシャツも大きめのサイズを選んでしまうとだらしないだけの着こなしになるのでトップスはジャストサイズのものを選んで。

今選びたい、アロハシャツ

ビーチだけじゃないタウンユースでも着用できるアロハシャツをピックアップ。今年はインパクトの強いアロハシャツをうまく活用して、ワンランク上の夏スタイルを楽しんで。早速、大人にもハマる10着のアロハシャツをご紹介。

アイテム1『ショット』

レーヨン×綿のさらりとした肌触りが心地いい『ショット』の定番アロハシャツ。落ち着いたブラックをベースにしつつ、陽気なヴィンテージグラフィックが遊び心を感じさせる仕上がり。綿混のためお手入れが簡単というのもうれしいポイント。

アイテム2『コナ・ベイ・ハワイ』×『ビューティ&ユース ユナイテッドアローズ』

MADE IN HAWAIIを貫く数少ないアロハブランド『コナ・ベイ・ハワイ』の別注アイテム。エキゾチックなストライプにパイナップル柄を落とし込んだ精緻なデザインは、同ブランドならでは。リゾート感あふれる着こなしに欠かせないお役立ちな1枚。

アイテム3『サンサーフ』×『ジャーナルスタンダード』

『サンサーフ』は「東洋エンタープライズ」が手がけるハワイアンブランド。ヴィンテージアロハシャツの再現度には定評があり、今作のレトロな灯台デザインも1950年代のもの。デザインのみならず素材も当時のレーヨン生地を再現した本格仕様だ。

アイテム4『ヒューストン』

テロっとした滑らかな生地で柔らかい質感と肌触り良く着心地の良さが特徴。スカルをデザインに落とし込みつつも派手さを押さえている点が◎。ボディーはサイドスリット仕様のストレートシルエットを採用している。

アイテム5『ヒロハッティ』×『ビーミングbyライフストア ビームス』

ハワイアンブランド『ヒロハッティ』の別注アロハシャツは、爽やかなブルーのトロピカル柄がリゾートムード満点。綿100%なのでお手入れが楽ちんなだけでなく、レーヨン製にはないナチュラルな風合いが楽しめる。こだわりのMADE IN HAWAII。

アイテム6『マーカ』

ヴィンテージアロハでは定番のパイン柄を現代的にアップデート。シンプルな大柄デザインと爽やかな配色で、アロハシャツ初心者でも合わせやすい1枚に仕上がっている。ゆとりあるサイジングを生かしてラフな着こなしを楽しむのもおすすめ。

アイテム7『ヘリーハンセン』

ハリのある風合いが特徴の『ヘリーハンセン』のアイテムは、アロハシャツでは珍しいポリエステル製。ストレッチ性があるうえ、汗をかいても乾きやすく肌離れがいいというスグレモノだ。ポップなアロハ柄はブランドオリジナル。

アイテム8『トゥーパームス』

1973年に創立された『トゥーパームス』のアロハシャツは、ハイビスカスとパイナップルを大柄でデザイン。裏地を表に利用することで発色を抑え、オレンジベースながらもどこか落ち着きのある印象にまとめている。

アイテム9『トゥーパームス』×『アーバンリサーチ』

先述の『トゥーパームス』と『アーバンリサーチ』がコラボ。正統派アロハシャツのディテールをふんだんに散りばめつつ、シックな色みと程よいサイズ感は大人の着こなしにうってつけ。思わず目移りしてしまう5色をラインアップ。

アイテム10『レインスプーナー』×『グリーンレーベルリラクシング』

裏地使いのハワイアンシャツを得意とする老舗ブランド『レインスプーナー』の別注アイテム。一見するとシンプルなワントーン仕上げながら、実はジャガード織でパイン柄が施された逸品だ。色柄に抵抗がある人でも難なく取り入れられるだろう。

    KEYWORD関連キーワード

    BACK