ひと粒で2度美味しい! 替えベルト付き腕時計

ひと粒で2度美味しい! 替えベルト付き腕時計

小回りの利くおしゃれ小物として欠かせない腕時計はストラップを替えるだけでもイメチェン可能。となれば、替えベルトとセットになった腕時計は真っ先に手に入れたい代物。

菊地 亮

2015.02.18

腕時計

素材違いのストラップに着せ替えるだけで、スタイリングの幅もグッと広がる

Item1『ゲス』の1本は、存在感のあるデカケースを引き立てる黒とポップな赤でアレンジ自在

ケースサイズ46㎜の適度な存在感はスタイルのアクセントとしても申し分なし。その男らしさをフォローするブラックのストラップはON、OFF問わず使える万能性を備えている。セットで付く赤はカジュアルな装いの挿し色として効果絶大。10気圧防水のケースや衝撃にも強いウレタンバンドなど、普段使いにも頼もしい1本だ。

Item2生地の異なるバンドの併用でシーンを問わない『ハミルトン』のミリタリーウォッチ

まるで1970年代のアメリカを思わせるレトロなデザインが特徴のこちら。ただ、搭載するムーブメントは最新で、80時間の標準持続時間を誇るH-30と、その二面性が魅力的だ。それだけでなく、軍時計らしい屈強さを備えたナイロンベルトに加え、シックな趣を生み出せるレザーバンドも付属。その選択肢が大人には非常に心強い。

ハミルトンの名機15選。アメリカ生まれの時計ブランドを深掘り

ハミルトンの名機15選。アメリカ生まれの時計ブランドを深掘り

アメリカ経済の発展期に創業した『ハミルトン』は、鉄道時計や軍用時計の開発で信頼性を高めた。現在はスイスを拠点に、高コスパかつ高品質な腕時計を手がけている。

ワダ ソウシ

Item3ストラップの多彩なバリエーションがうれしい、アメリカ発『ルミテック』の高機能時計

数々の有名ブランド作品を作ってきたWiegand Custom Watch社のアイテムだけにその質はハイレベル。驚異の明るさを放つ蓄光技術は最たる例で、3種類のバンドが付くのもうれしい点だ。そのバンドは、レザーベルト、316Lステンレスベルト、ラバーストラップとどれも異なるテイストのため着せ替える楽しみを存分に味わえる。

Item41世紀以上もの長い歴史を誇るジュエリーブランド『ロシェ』が生んだモダンな作品

2010年よりウォッチラインが復活し、世界中で話題となった『ロシェ』。その端正な顔立ちは、さすがジュエリーブランドと思わせるほどに洗練されている。モノトーンで仕立てたモダンな趣も抜群で、ナイロンとシリコンベルトを時々によって変えられるオールマイティさもツボ。スタイルや気分に合わせ、付けこなしたい。

それいいね! おしゃれな腕時計20選。男の腕元にハマるブランド決定版

それいいね! おしゃれな腕時計20選。男の腕元にハマるブランド決定版

おしゃれは自己満足で終わることなく、他人に認められてこそ。“洒落者”として認められるには腕元でおおいに目立ち、「いいね」と言ってもらえる腕時計こそが必要です。

黒野 一刻

はじめてでも安心。腕時計のベルト調整と交換方法

はじめてでも安心。腕時計のベルト調整と交換方法

腕時計は収集家でもない限り1~2本を使い回すのが当たり前。しかし同じ時計では飽きることも。気分を変えるために、自宅でもできるベルトの調整と交換方法を伝授します。

黒野 一刻

地方の出版社にて編集を経験した後、独立。フリーのエディター・ライターとしてメンズファッションを中心に、スポーツ、グルメ、音楽など幅広い分野で活動。現在は、生まれ故郷である岩手県、そして東北の魅力を発信すべく東奔西走中。
この編集者の記事を見る
    KEYWORD関連キーワード
    RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事
    高級腕時計ブランド45選。ステータス性を備えた一生モノ勢揃い

    高級腕時計ブランド45選。ステータス性を備えた一生モノ勢揃い

    生涯をともにできるアイテムは意外と少ないもの。そのなかでも腕時計は、最も身近な存在ではないでしょうか。一生モノにふさわしい逸品の選び方と傑作をご紹介しましょう。

    夏目 文寛

    メンズが腕時計を選ぶなら、機能かルックスかブランド力か。知っておきたい5つの基準

    メンズが腕時計を選ぶなら、機能かルックスかブランド力か。知っておきたい5つの基準

    腕時計は実用品であると同時に、着用者の人物像やセンスを反映する装飾品。ここでは機能と見た目、そしてブランドなど、さまざまな面から腕時計の選び方を解説します。

    夏目 文寛

    本場にも負けないモノ作り。日本発の腕時計ブランド12選

    本場にも負けないモノ作り。日本発の腕時計ブランド12選

    腕時計の本場がスイスというのは、否定できない事実。しかし、実用時計においては日本が世界一といっても過言ではありません。その理由と珠玉のブランドを語り尽くします。

    牟田神 佑介

    スマートウォッチに今できること。基礎の基礎からみっちりおさらい

    スマートウォッチに今できること。基礎の基礎からみっちりおさらい

    日々存在感を強めているスマートウォッチ。しかし「興味はあるけどスマートウォッチって何ができるの?」という人もまだ多いのでは。ここで基礎からみっちりお教えします。

    夏目 文寛

    グランドセイコーを買う前に。国産時計最高峰のすべてを知っておく

    グランドセイコーを買う前に。国産時計最高峰のすべてを知っておく

    世界でもっとも知られている国産高級時計ブランドが『グランドセイコー』。日本の時計製造技術の粋を集めて作られた『グランドセイコー』の魅力をたっぷりご紹介します。

    夏目 文寛

    BACK