巷で流行中。コンフォートサンダルってどんなサンダル?

巷で流行中。コンフォートサンダルってどんなサンダル?

本格的なサンダルシーズンが到来。そこでおすすめなのが、洒落者にも人気のコンフォートサンダル。「コンフォートサンダルとは?」という基本からおすすめまでご紹介。

近間 恭子

2018.06.25

サンダル

コンフォートサンダルとは?

シューズはなにより履き心地が重要。だって足が痛くなるシューズだと、いくらデザインがカッコよくてもタンスの肥やしになってしまいますからね。それはサンダルもしかり。

で、おすすめしたいのが、快適な履き心地が味わえるコンフォートサンダルです。コンフォートとは、その名の通り“快適”であることがポイント。夏の足元を快適に、しかもデザインも充実しています。そんなコンフォートサンダルを大人の足元に推薦する理由を、さっそく解説します。

大人の休日コーデにコンフォートサンダルが最適な理由

楽ちんな履き心地が楽しめるコンフォートサンダルは、どこかラフなイメージが強いですが、実は大人の休日コーデにも最適なアイテムなんです。ここでは、その理由を詳しく解説。

理由1シンプルで取り入れやすいデザインが多い

コンフォートサンダルの多くはシンプルなデザインなので、大人でも抵抗なく取り入れることができます。つまり、敷居の低さも魅力ということ。それでいて、いわゆる“健康サンダル”に見えることなく、おしゃれで今っぽい雰囲気を漂わせることができるのもうれしいポイントですね。

理由2コーディネートの絶妙なヌケになる

着こなしを今っぽく仕上げるには、ヌケ感は必要不可欠な要素。コンフォートサンダルは、それを演出するのにもうってつけのアイテムなんです。たとえばリネンシャツ×黒チノパンのきれいめな合わせ。これにプラスするだけで、休日に最適なヌケ感を獲得できるのです。誰でも簡単に真似できるテクニックなので、ぜひお試しあれ!

理由3素材のバリエーションが豊富

上品なレザー製からスポーティなナイロン製まで、コンフォートサンダルは素材のバリエーションも充実しています。レザー製ならカジュアルなスタイルを大人っぽく格上げできますし、逆にナイロン製はあえてきれいめスタイルのハズし役に取り入れるのもアリ。スタイリングやシーンによって、素材を使い分けるというのもおすすめです。

カジュアルにもきれいめコーデにも。コンフォートサンダルを取り入れるコツ

コンフォートサンダルの魅力のひとつが、どんな着こなしにも合う汎用性の高さ。大人はどう取り入れるのが正解なのか。そのポイントをグッドサンプルとともにご紹介します。

▼ポイント1:きれいめテーパードパンツのハズしに取り入れる

コンフォートサンダルならではのヌケ感を最大限に生かすなら、きれいめテーパードパンツに合わせるのがベストな選択。これは洒落者たちも実践しているテクニックのひとつで、今っぽさも手に入れることができます。

楽ちんなはき心地と美しいテーパードシルエットをドッキングしたパンツに、レザー製のコンフォートサンダルをプラス。同色系でまとめることで、ヌケ感をキープしつつも統一感あるスタイリングに仕上がっています。ホワイトのバスクシャツとの相性も抜群。

タック入りのテーパードパンツとコンフォートサンダルのバランスが今どき。テーラードジャケットでさらなるきちんと感を加味した、まさに大人の休日に最適なコーディネートだと思います。コンパクトなジャケットに対し、インナーはリラックス感あるロング丈なのも◎。

▼ポイント2:ショートパンツと合わせる場合は、トップスは長袖か襟付きを

夏に多くなりがちなコンフォートサンダルとショートパンツの合わせ。定番のスタイリングながら、ともすれば子供っぽく見えてしまうことも。そうならないために、大人は長袖か襟付きのトップスで全体のバランスを図るのが正解です。

コンフォートサンダル×ショートパンツのラフな組み合わせを、バンドカラーシャツで大人っぽく。ラフな袖まくりで、こなれ感をプラスしているのもお見事です。腰に巻いたニットやハット、クラッチバッグといったしゃれ度をアップする小物使いにも注目を。

半袖でも襟付きのトップスなら、コンフォートサンダル×ショーツのコンビも子供っぽく映らない好例。ネイビーやブラックといったシックな色使いも、大人度アップに貢献しています。さらにショーツにはレザー製のコンフォートサンダルという選択も◎。

▼ポイント3:ソックスとの合わせで、周りと差をつけるのも手

コンフォートサンダルにソックスを合わせるのは、洒落者の間ではもはやお馴染み。さすがに真夏は暑いかもしれませんが、スタイリングのしゃれ度を上げるテクニックとしては、私的には大いにアリだと思います。ぜひチャレンジしてみてください。

シックなモノトーンカラーでまとめたコーディネートに、ブラウンのソックスをアクセントとして投入。夏にしてはやや重ためのカラーリングですが、オープンカラーシャツとテーパードパンツをリネン素材の1着にすることで、適度な清涼感を持たせています。

街でよく見かけるのが、ホワイトソックスの合わせ。これはしゃれ感だけでなく、素足履き同様のヌケ感を演出することができます。ただ、汚れていると逆効果なので、きれいなホワイトソックスをチョイスするのが鉄則。トップスと色をリンクさせているのもグッドです。

今選びたい、コンフォートサンダル20選

コンフォートサンダルの魅力や取り入れ方を知ったところで、今度はこの夏買うべきモデルを厳選してご紹介。どれも大人におすすめなので、購入時の参考にしてみては?

▼上質な素材の1足を選ぶなら

コンフォートサンダルのリラックス感に加え、大人に必要な上品さも演出したいという方には、上質なレザー製がマストな選択。ラフなショーツスタイルにも好マッチなモデルが勢ぞろい!

アイテム1『ビルケンシュトック』

コンフォートサンダルの代名詞ブランドでもある『ビルケンシュトック』からセレクトしたのは、大人気モデルのアリゾナにバックストラップを施したコチラのミラノ。アッパーの太めのベルトとバックスタイルが相まって、安定感ある歩行を提供します。

アイテム2『アイランドスリッパ』

すべての工程をハワイで行っているサンダルメーカーである『アイランドスリッパ』。足への負担を軽減すべくインソールに柔らかなクッションが採用。さらにはフット感を高める湾曲したフットベッドにより、ビーチサンダルとは思えない快適な履き心地に仕上がっています。

アイテム3『パラブーツ』

『パラブーツ』というとサンダルはイメージがないですが、実は古くから製作しています。同ブランドならではの履き心地はもちろん、デザイン性の高さもさすがの一言。

アイテム4『クラークス』

フィッシャーマンサンダルにインスピレーションを得たアッパーデザインが印象的なモデルのトライサンドベイ。独自のFlex3テクノロジーを採用したEVAソール、オーソライト(R)フォームの中敷きなど、快適で楽ちんな履き心地を実現するこだわりが詰まった1足です。

アイテム5『キーン』

創業モデルのニューポートよりもややスマートなデイトナ。屈曲&防滑に優れたアウトソールに加えて、ナチュラルスポンジラバーにコルクを練りこんだフットベッドが抜群の履き地を実現。アッパーには特殊加工を施した防水・耐久性の高いヌバックレザーを使用しています。

アイテム6『トリオプ』

高品質のクライミングシューズとサンダルを、自社工場で20年以上作り続けているチェコ発の『トリオプ』。耐久性やクッション性に優れた履き心地の1足は、さまざまなフィールドにマッチします。ライトグレーのスエードをメインとしているので、カジュアルな着こなしの格上げに一役買ってくれるハズ。

アイテム7『カミナンド』

アッパーだけでなく、フットベッドにも肌触りのいいスエード素材を採用。ベルトのバックルを連想させるデザインが特長で、シンプルなデザインの絶妙なアクセントになっています。滑り止めを施し、グリップ力を高めたアウトソールも見逃せません。

アイテム8『ユケテン』

アメリカ製にとことんこだわり、古き良き時代の靴作りの伝統を継承しながらも、現代的な要素も加味したアイテム作りに定評がある『ユケテン』。やわらかな履き心地を生み出すフットベッドやナチュラルレザーの表情が品の良さを醸し出す1足です。

■合わせて読みたい:
アメリカのもの作りと独自の感性。ユケテンのモカシンが履きたい

アイテム9『ミスターオリーブ』

アッパーとフットベッドに低反発クッションを搭載しているため、ストレスフリーの履き地が楽しめます。ソフトなレザーに独自の特殊加工をあしらっているため、撥水性が高く、シミや汚れになりにくい機能が半永久的に維持できるのも優秀。

アイテム10『ターミガン』

高級感のあるスエード素材とビブラムソールという、まさに上質な大人のためのサンダルがこちら。何よりも特徴的なフリーロックシステムは、見た目のインパクトだけではなくミリ単位での足の調整ができる優れモノ!

▼スポーティなデザインを選ぶなら

レザー製のコンフォートサンダルとはひと味違う、スポーティなデザインをピックアップ。きれいめコーデのハズしにうってつけのモデルも多いので、早速チェックしてみよう!

アイテム11『スイコック』

コンフォートサンダルの新生として、ここ数年人気の高い『スイコック』の新作がこちら。アッパーにカウスエードを用いることで、スポーティながらもスタイリッシュな仕上がりに。アウトソールにビブラム社独自開発のモルフレックスを使い、軽さと耐久性も確保しています。

アイテム12『チャコ』

ブランドを代表するZシリーズの中でもスタンダードなシングルウェビングのZ1。耐久性の高いポリエステル製のジャカードウェビングが、フィット感を自在に調整できるのが魅力です。気になる臭いを軽減させる防菌加工など、優れた機能も満載。

アイテム13『グラミチ』

クライミングパンツで人気の『グラミチ』ですが、実はフットウェアも充実しています。中でも2018年の新作としてリリースされた「タホ」は、履き心地はもちろん足当たりの良いニットアッパーを採用している点がGOOD。足馴染みの良さはまさに“コンフォート”なんです。

アイテム14『テバ』

コンフォートサンダルといえば、アメリカ発の『テバ』も欠かせません。ハリケーン XLTは人気定番モデルのひとつで、3点でホールドする独自のユニバーサルストラップシステムで好みのサイズに調整可能。軽量でクッション性の高いEVAインソールも抜群の履き地を実現します。

アイテム15『エコー』

ほかのコンフォートサンダルとは一線を画す、スニーカーとサンダルを組み合わせたようなデザインが新鮮。抜群の履き地はもちろん、ホールド感も高いので安定した歩行を提供します。

アイテム16『シャカ』×『フリークスストア』

十数年の時を経て、2013年に復活を遂げた南アフリカ共和国のサンダルブランド『シャカ』。ソールの形状や発色のいいナイロンテープを忠実に再現しつつ、ソールの強度やクッション性などはアップデートしています。ワントーンでまとめた定番モデルであるクライミングは、『フリークスストア』の別注モデル。

アイテム17『ザ・ノース・フェイス』

立体的なフットベッドに加え、小指からくるぶしまでをしっかりホールドするN型のストラップウェビング構造が、アクティブなシーンも安定した履き地を実現。

アイテム18『ディバーサス キッチン』

2016年春夏よりスタートした『ディバーサス キッチン』から、ファイブベルクロストラップサンダルが到着。ウェビングテープのベルクロストラップ仕様なので、足に合わせて細かなサイズ調整が可能です。歩きやすさを考慮して設計したオリジナルのソールも高ポイント。

アイテム19『コロンビア』

つま先をしっかりホールドするように設計された、個性的なソールデザインが印象的。超軽量でクッション性も高い『コロンビア』独自のミッドソールテクノロジーを搭載しているので、長時間は履いてても快適です。普段使いからアウトドアまで大活躍間違いなし。

アイテム20『ヘンリー&ヘンリー』

数多くのメゾンブランドのサンダルを製造しているファクトリー『メンギー』が手がけている『ヘンリー&ヘンリー』。ソフトで上質なラバー製のサンダルは、シンプルながらモダンな雰囲気も漂い、コーデのハズしにもってこい。リーズナブルなのもうれしいポイント。

    KEYWORD関連キーワード

    BACK