ポップアップテント&ワンタッチテント15選。購入する前に知りたい選び方

ポップアップテント&ワンタッチテント15選。購入する前に知りたい選び方

アウトドアレジャーで手軽に設営できるポップアップテントやワンタッチテントが人気急上昇。これから購入するなら知っておきたい選び方やおすすめモデルをご紹介します!

ai sato

2019.07.12

テント・タープ

ポップアップテントやワンタッチテントはレジャーシーンで大活躍!

ポップアップテントやワンタッチテントはレジャーシーンで大活躍!

スミシア・インテリアスミシア・インテリア

お気に入り追加

通常のテントに比べ、設営の手軽さや持ち運びやすさで人気を集めているポップアップテントやワンタッチテント。ここ数年で、キャンプ以外にも例えば、ビーチやプールでの日よけとして、またBBQやピクニックの休憩場所や荷物置きとして、あらゆるレジャーシーンで使われるようになってきました。まさに一家に1つは備えておきたいアウトドアアイテムというわけ!

ポップアップテントとワンタッチテントの違いを確認

設営が手軽で携帯しやすいという共通点はありながら、ポップアップテントとワンタッチテントは実は別物。どちらか気にせず使っている人も多いかと思いますが、2つの違いを知っておくことで、より自分のスタイルに合ったテントを選ぶことができますよ。

▼簡単&軽量なポップアップテント

▼簡単&軽量なポップアップテント

Amazon.co.jpAmazon.co.jp

お気に入り追加

収納袋から出してたたんだ状態から広げるだけですぐ立ち上がり、テントとして使えるポップアップテント。最大の魅力はコンパクト&軽量なことです。少し大きめのバッグくらいのサイズで片手でも持ち運べる軽さ、さらに立ち上げも簡単とあって、女性にも人気が高いんです。

▼強度と居住性が高いワンタッチテント

▼強度と居住性が高いワンタッチテント

Amazon.co.jpAmazon.co.jp

お気に入り追加

ワンタッチテントは、収納袋から出し、傘を開くように骨組みを持ち上げて設営します。骨組みがしっかりしている分、ポップアップテントに比べると持ち運び時のサイズが大きく、少々重さもあります。しかしその分、強度も居住性も高いので海やBBQにはもちろん、種類によっては泊まりでのキャンプ用のテントとして使えるものもあります。

ポップアップテント・ワンタッチテントを選ぶポイントはこの3つ

人気上昇中のアイテムだけにさまざまなメーカーから登場していて、選ぶのに迷うほど。その中から自分にぴったりなものを選ぶためのポイントをチェックしていきましょう。

ポイント1使用する人数に合わせてサイズを選ぶ

使用する人数に合わせてサイズを選ぶ

テントを選ぶときの1番大事なポイントは、使用する人数に合わせて選ぶこと。1~2人で使うのに大きなサイズは必要ないし、大人数ならそれなりに大きいサイズが必要になります。1人用から5~6人用の大型のものまであるので、使用人数に合わせてサイズを決めましょう。

ポイント2用途に合わせてタイプを選ぶ

ポップアップ&ワンタッチテントには、開口部がオープンなタイプとフルクローズになるタイプがあります。使うシーンや用途によってベストなほうを選ぶのがおすすめ。

用途に合わせてタイプを選ぶ

テントの前面が大きく開いているのがオープンタイプ。風通しが良く通気性が良いのでサンシェードとして使ったり、アウトドアレジャーでの休憩スペースとして使ったりするのがおすすめです。

用途に合わせてタイプを選ぶ 2枚目の画像

モダンデコモダンデコ

お気に入り追加

全体がきちんと閉まるフルクローズタイプは、プライベートな空間が確保できるので、海など着替えが必要なシーンでも大活躍。ある程度丈夫なものであれば雨風もきちんと防げます。

ポイント3UVカットや耐水性もチェック

UVカットや耐水性もチェック

Amazon.co.jpAmazon.co.jp

お気に入り追加

手軽さが魅力な半面、一般的なテントと比べるとどうしても耐久性などはやや劣るポップアップテントやワンタッチテント。とはいえビーチで使うならUVカット、簡単なキャンプなどに使うのであれば、突然の悪天候にも対応できる耐水性のあるものなど、できるかぎり機能性もチェックしておきたいところです。

手に入れるなら今! ポップアップテント&ワンタッチテントのおすすめ15選

夏休みのレジャーに必須のポップアップテントとワンタッチテント。1人もしくはカップル向きのコンパクトタイプから、家族や仲間とゆったり過ごせる広めのタイプまでピックアップしました。また手軽なレジャー向きから本格キャンプに対応するものまで揃うので、自身のレジャースタイルに合うものをチョイスしてください。

▼1~2人用のコンパクトタイプを探しているなら

アイテム1『コールマン』ポップアップテント クイックアップIGシェード

『コールマン』ポップアップテント クイックアップIGシェード

ヒマラヤ楽天市場店ヒマラヤ楽天市場店

お気に入り追加

用途に合わせ、フルオープンにもフルクローズにもなる2~3人用ポップアップテント。窓部分には虫よけ効果のあるオリジナルメッシュ素材を使っているので、風通しも良く虫の多いアウトドアシーンでも安心して過ごせます。また、床からの水の染み込みを抑えるPEフロアを採用しており、レジャー中の雨対応もバッチリ。

アイテム2『ロゴス』Q-TOP フルシェード 200

『ロゴス』Q-TOP フルシェード 200

Amazon.co.jpAmazon.co.jp

お気に入り追加

ブランド独自のQ-TOPシステムで、設営も撤収もそれぞれ30秒程でできてしまう超簡単なワンタッチタイプ。風飛び防止の砂袋付きなので、ビーチや山の上など風の強いところでも使いやすいのが魅力。大人2人が楽に横になれるサイズで、入り口部分もフルクローズになるのでアウトドアシーンでのリラックスタイムや着替えなどにも便利です。

アイテム3『アルパイン』サンシェード ポップアップメッシュシェルター

『アルパイン』サンシェード ポップアップメッシュシェルター

渋めのカーキが男らしいソロ用ポップアップテント。長さが約2mあるので、高身長の人でも問題なく横になれます。内側両サイドの上部には小物入れとフックがあるので、ランタンやタオルを干すこともできて使い勝手も良好。地面に直接設営しづらい場合は、キャンピングコットに接続して使うことも可能です。

アイテム4『キャプテンスタッグ』シャイニーリゾートポップアップ テントデュオUV

『キャプテンスタッグ』シャイニーリゾートポップアップ テントデュオUV

Amazon.co.jpAmazon.co.jp

お気に入り追加

カップルや1人での使用にちょうど良い約1.4畳の広さと、ポップアップならではの設営の手軽さで人気のモデル。テントの裏地にはシルバーコーティングが施され、なんと99%UVカット。日差しが強いビーチでの日よけにも最適です。フロントがフルオープンで、空気がこもらないのもうれしいポイント。

アイテム5『ケシュア』ポップアップテント 2人用

『ケシュア』ポップアップテント 2人用

Amazon.co.jpAmazon.co.jp

お気に入り追加

フランスのメーカーらしいシックなデザインが光る、2人用ポップアップテント。バックルを外して整えれば2秒で組み立てられるという簡単な設営方法が最大の魅力です。通気性に優れ、遮熱性の高い素材を使用しているので、野外でも快適に過ごせます。

アイテム6『チャムス』ポップアップサンシェード2

『チャムス』ポップアップサンシェード2

色鮮やかな赤にブランドロゴがワンポイントであしらわれたポップアップテントは、コンパクトながら存在感大! 後ろに風を通すドア付きなので、暑さが気になるビーチやフェスでのサンシェードとしてもぴったりです。スタッフサックは砂を入れればおもりとしても使えます。

タイプ別にレコメンド。チャムスのリュックおすすめ10選

タイプ別にレコメンド。チャムスのリュックおすすめ10選

アウトドアブランド『チャムス』のリュックは、カラフルで種類豊富! その魅力の秘密を探りながら、大人が持つのにふさわしいおすすめリュックもたっぷり紹介します。

ai sato

アイテム7『DOD』ワンタッチレジャーシェード T3-52

『DOD』ワンタッチレジャーシェード T3-52

シェード上部のロープ2本を引っ張るだけで設営できるワンタッチテント。大人3人がゆったり休めるスペースと3方向に設置されたベンチレーターで快適空間を提供してくれます。エントランスシートはフルクローズできるので、着替えの際も問題なし。天候が良ければ就寝用テントとしての使用もアリです(就寝時は大人2名)。

▼家族や仲間とゆったり過ごせるタイプを探しているなら

アイテム8『キャプテンスタッグ』クイックドーム250UV M-3135

『キャプテンスタッグ』クイックドーム250UV M-3135

Amazon.co.jpAmazon.co.jp

お気に入り追加

設営が簡単なワンタッチフレームがうれしいドーム型のテント。4人用の居住スペースに前室(靴やザックなどの荷物を置けるスペース)も備えているため、ゆとりのある空間が魅力です。インナーテントの天井には通気性を高めるメッシュを備え、紫外線をカットするUVプロテクションコーティング生地を使用しています。

アイテム9『フィールドア』ワンタッチテント 4人用

『フィールドア』ワンタッチテント 4人用

4人用のこちらは、約15秒で設営が完成するワンタッチ仕様。グラスファイバー製の軽いポールやUVカットコーティングなど女性にもうれしい作りで、ファミリーやカップルでのアウトドアレジャーにぴったりです。豊富なカラーバリエーションにも注目を。別売りオプションで自分好みのスタイルにアレンジすることも可能です。

アイテム10『コールマン』4人用 ポップアップテント

『コールマン』4人用 ポップアップテント

約10秒でセットアップできるという手軽さがうれしい4人用のポップアップテント。付属のレインカバーを外した内側はメッシュ素材になっており、上部には天窓付きで通気性も十分。夏のキャンプやビーチでのサンシェードとして、実力を発揮してくれます。

アイテム11『ベアーズロック』ワンタッチテント 5~6人用

『ベアーズロック』ワンタッチテント 5~6人用

5~6人用のメインスペースに前室付きという充実の居住空間を誇る本モデル。危険を感じるとすべてを閉じてしまうという、西表島の亀にヒントを得て、突然の天候の変化にも耐えられるよう設計されているのが特徴です。風の抵抗が少ない流線型のフォルムや、標準装備されているフライシートなど雨風に強い作りは、アウトドア初心者にも安心!

アイテム12『ヴィリメッツァ』ワンタッチテント 4~5人用

『ヴィリメッツァ』ワンタッチテント 4~5人用

Norzy(ノージィ)Norzy(ノージィ)

お気に入り追加

大きく開いた窓が開放的なワンタッチテント。4~5人でゆったり使える広さが自慢です。UVカット率の高い生地を使い、天井やドア、窓にはメッシュ素材を取り入れることで、暑さや蒸れを軽減。縫い目にはシームテープをあしらい、床は水に強いポリエチレン素材を使うなど、雨にも強い作りも高ポイントです。

アイテム13『イーストヒルズ』ワンタッチ ビーチテント 4人用

『イーストヒルズ』ワンタッチ ビーチテント 4人用

Amazon.co.jpAmazon.co.jp

お気に入り追加

アウトドア感を主張しすぎないナチュラルなベージュとスタイリッシュなフォルムがおしゃれなワンタッチテント。高さがあるので大人4人がテント内で椅子に座っても余裕のある空間がキープできます。四隅をサンドポケットとペグで固定できるので、ビーチでの設営もスムーズ。

アイテム14『キィード』クイックヴィラ5

『キィード』クイックヴィラ5

ドイツの本格派アウトドアブランド『キィード』の人気モデルは、シックなカラーとスクエアフォルムが光るデザインが特徴。インナーテントとアウターが一体型の5人用ワンタッチテントで、室内広さは320mm×320mm、高さは215cmの大型サイズです。防水性と耐久性にも優れ、泊まりでのファミリーキャンプに最適。

アイテム15『ロゴス』スペースベース オクタゴン-N

『ロゴス』スペースベース オクタゴン-N

アイネットSHOPアイネットSHOP

お気に入り追加

こちらも本格的なキャンプにうってつけの1点。高さと広さを備えた住居性の高い大型サイズながら、ポールを伸ばすだけでセットアップできる優れモノです。生地には火に強い難燃性の素材を採用しているため、万が一、BBQやたき火の火の粉が付着しても燃え広がることを防いでくれます。雨の染み込み防止や耐水圧機能も装備。

ファミリーキャンパー御用達。ロゴスのキャンプグッズとウェアが使える

ファミリーキャンパー御用達。ロゴスのキャンプグッズとウェアが使える

キャンプブームの影響でアウトドアブランドが注目されています。なかでもコスパの良さや家族向けグッズの豊富さでキャンパーから人気なのが『ロゴス』。その魅力をご紹介!

ai sato

アウトドアにマスト! おすすめキャリーワゴン10選

アウトドアにマスト! おすすめキャリーワゴン10選

大容量ながらコンパクトに折りたためるアウトドアキャリー。荷物を運ぶという用途以外にも活用方法があるんです。意外な活用術をおすすめキャリー10点と合わせてご紹介!

伊藤 千尋

部屋の中でも大活躍。おしゃれなアウトドアチェア15選

部屋の中でも大活躍。おしゃれなアウトドアチェア15選

屋外向けに作られた丈夫かつ軽量なアウトドアチェアですが、最近ではインテリアとして使う人が増加中。外でも家でも活躍必至のアイテムをピックアップしました。

TASCLAP編集部

アウトドアテーブルは外でも中でも出番アリ! おしゃれで機能的なアイテム8選

アウトドアテーブルは外でも中でも出番アリ! おしゃれで機能的なアイテム8選

これからの時期、キャンプやBBQを楽しみたいと考えている人は多いはず。そこで活躍するのがアウトドアテーブル。最近は屋外だけでなく室内でも使えるタイプが人気です!

ai sato

サーフカルチャー誌、ライフスタイル誌、アウトドアムック本などの編集を経て、2003年に独立。主にファッション誌やライフスタイル誌にて、ファッションページからインタビューまで幅広く携わっており、最近ではオンラインでの記事編集も手がける。得意分野はサーフ系ファッションやライフスタイル、アウトドアなど。
この編集者の記事を見る
    KEYWORD関連キーワード
    RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事
    ダウンパンツは暖かくて軽くて、もうやみつき。街ではくならこんな10本

    ダウンパンツは暖かくて軽くて、もうやみつき。街ではくならこんな10本

    軽くて暖かくて快適……だけじゃない! ダウンパンツはシルエットもデザインも洗練されたモノが豊富です。街中ではくダウンパンツの選び方と着こなしのコツをご紹介。

    TASCLAP編集部

    圧倒的存在感。ノースのマウンテンダウンジャケットを着こなしたい

    圧倒的存在感。ノースのマウンテンダウンジャケットを着こなしたい

    アウドドア人気を牽引する『ザ・ノース・フェイス』。なかでも、象徴的デザインと圧巻の機能で人気を集めているのが「マウンテンダウンジャケット」です。

    平 格彦

    リピーター続出。ダントンのインナーダウンが優秀すぎて手放せない

    リピーター続出。ダントンのインナーダウンが優秀すぎて手放せない

    おしゃれな大人たちの間で『ダントン』のインナーダウンが人気爆発中です。その魅力からコーデサンプル、すぐに買える新作ラインアップまで、余すことなくご紹介します。

    山崎 サトシ

    パタゴニアの名作、レトロXはどう着こなす? 今どきコーデを作る7大法則

    パタゴニアの名作、レトロXはどう着こなす? 今どきコーデを作る7大法則

    90s調のルックスがトレンドにマッチする『パタゴニア』の「クラシック・レトロX」。ただし着こなしは古臭くならないようご注意を。今どきに着こなす7つの法則、教えます。

    TASCLAP編集部

    ダウンジャケットの人気ブランドとおしゃれな着こなし方【保存版】

    ダウンジャケットの人気ブランドとおしゃれな着こなし方【保存版】

    ダウンジャケットの人気ブランドを総特集! 選ぶときに気をつけたいポイントからおすすめのブランド、そしておしゃれな着こなし方のヒントまで順を追ってお届けします。

    TASCLAP編集部

    BACK