メンズ水着の人気ブランド26選。ビーチでプールで、いつもおしゃれに【2020年】

メンズ水着の人気ブランド26選。ビーチでプールで、いつもおしゃれに【2020年】

夏のレジャーに欠かせない水着。ブランド別に厳選したメンズのおすすめスイムウェアをご紹介します。海やプールでも、ぜひおしゃれなコーディネートを楽しんでください!

平 格彦

2020.07.20

水着

今年もおしゃれな水着が豊作。落ち着きのある大人向きデザインをピックアップ

最近はシンプルなタイプの水着が増加。街ばきが可能なボードショーツ(サーフトランクス)が台頭し、全体的としてもタウンユースできるスタイリッシュなデザインが増えています。適度に落ち着きのある水着をチョイスすれば、海辺やビーチサイドでもおしゃれなコーディネートを築きやすいのでおすすめです!

水陸両用のボードショーツ15選。海でも街でも頼りきり!

水陸両用のボードショーツ15選。海でも街でも頼りきり!

マリンスポーツに、タウンユースにと、これからのシーズンに大活躍する水陸両用のボードショーツ 。その選び方とおすすめアイテムをお届けします。

ai sato

人気ブランド発。スタイリッシュで大人に似合うおすすめ水着26選

早速、おすすめのアイテムを一気にご紹介! 「スポーツ系ブランド」「アウトドア系ブランド」「サーフ系ブランド」「ファッション系ブランド」にカテゴライズして披露していきます。ここでセレクトした条件は、大人に似合うデザイン。シンプルなタイプだけでなく、柄モノなども幅広く選んでいますので、きっとお気に入りの水着が見つかるはずです。

▼カテゴリ1:シックなデザインを求めるなら「スポーツ系ブランド」

モダンなデザインの水着がほしいなら、スポーツブランドから選ぶのがおすすめ。ただし、一般のプールや海にはマッチしない競泳用の水着は選ばないようにしましょう。競泳用に見せないためには、シルエットに少し余裕があるボードショーツ系を選ぶのが正解です。

ブランド1『ナイキ』グラフィック ルーズトランクス

カラフルな総柄入りのサーフトランクスですが、どこかスタイリッシュ。ブラックがベースで落ち着きを感じさせるうえ、柄の色使いがトリコロールでモダンに仕上がっているからです。総柄のモチーフと左裾に「スウッシュ」が潜み、『ナイキ』であることもしっかりアピール。インナーが一体になったタイプで気軽に使えます。

ナイキのハーフパンツ傑作選。大人顔から個性派まで25本をピックアップ

ナイキのハーフパンツ傑作選。大人顔から個性派まで25本をピックアップ

スニーカーやTシャツをはじめ、あらゆるアイテムで圧倒的なラインアップを誇る『ナイキ』。もちろんハーフパンツも多彩です。おしゃれで使えるアイテムを一挙にご紹介!

平 格彦

今年も人気健在。チェックすべきナイキのサンダル10選

今年も人気健在。チェックすべきナイキのサンダル10選

空前の大ヒットとなったベナッシをはじめ、『ナイキ』のサンダルはまだまだ衰え知らず。サンダルシーズンも本格到来ということで、改めてその魅力や注目作に迫ります。

山崎 サトシ

ブランド2『アディダス』ビッグトレフォイル スイムショーツ

『アディダス』を象徴するアイコンの「トレフォイル」を大胆にレイアウト。絶大なインパクトを放ちつつも、右サイドのみに配置することで主張し過ぎないバランスに仕上げています。裏地付きのスイムトランクスなので、これ1枚ですぐに水に入ることができて便利。ブラック以外にレッドも展開しています。

アディダスのTシャツはやっぱり頼れる。スポーツMIXコーデに効くおすすめ8枚

アディダスのTシャツはやっぱり頼れる。スポーツMIXコーデに効くおすすめ8枚

誰もが知る一流スポーツブランドであると同時に、ストリート映えするアイテムも多く送り出す『アディダス』。スニーカーはもとより、この春夏はTシャツもハズせません!

大中 志摩

アディダスのサンダルが街使いでも人気。おすすめ10選とおしゃれな履き方

アディダスのサンダルが街使いでも人気。おすすめ10選とおしゃれな履き方

スポーツMIXが浸透してきた最近は、おしゃれとして取り入れる人も増えている『アディダス』のサンダル。なかでも人気の「アディレッタ」を中心に、おすすめモデルを紹介!

ai sato

ブランド3『フィラ』ビッグロゴボードショーツ

フロントからはシンプルなデザインに見えますが、実はワイドなラインが背面を横断。それがサイドに少し覗き、好バランスなアクセントとしてスタイリッシュなイメージを振りまいています。あらゆる方向に伸びるストレッチ生地なので、動きやすさも抜群。

懐かしのあのロゴが復活! フィラのウェア人気が再燃中

懐かしのあのロゴが復活! フィラのウェア人気が再燃中

スポーツブランドとして知られる『フィラ』ですが、ここ最近の90年代ブームに則り、カジュアルウェアも人気に。その中から今季取り入れたいアイテムをピックアップします。

ai sato

ブランド4『スピード』×『フォーワンセブン エディフィス』タッサーナイロンショーツ

スイマー向けのアイテムが印象的な『スピード』ですが、最近はスタイリッシュなコラボアイテムも増えています。このスイムショーツもおしゃれ。サイドにボディと同色のロゴを大きく配置することで、さりげなく個性を加味しているのがポイントです。ヒップポケットはベルクロで留めることができ、キーなどを固定できるループも内蔵。

ブランド5『ゴールドウィン』×『ユナイテッドアローズ』別注スイムウェア

シンプルな面持ちですが、両サイドのジップポケットで収納性を補完。適度にゆとりのあるシルエットで、幅広い人やあらゆるシーンに馴染む仕上がりです。クールなブラックに加え、グレー掛かったブルーもラインアップ。

▼カテゴリ2:幅広く使える水陸両用タイプなら「アウトドア系ブランド」で

水着の選択肢から外せないのがアウトドア系ブランド。持ち前の機能性を投入した水着をいろいろと提案しています。その中でも充実しているのが水陸両用タイプ。水辺だけでなく街でも使えてかなり便利です。人気のアイテムはすぐに完売してしまうものもあるので、早めに確保しましょう!

ブランド6『パタゴニア』バギーズ ロング 7インチ

シンプルな水陸両用パンツの代表作が「バギーズ」です。「ショーツ5インチ」「ロング7インチ」「ライト」「ナチュラル」などのタイプがありますが、最初はもっとも長めの「ロング7インチ」がおすすめ。DWR(耐久性撥水)加工済みで速乾性にも優れるリサイクルナイロンを使用しているため、水はけが良く、水の中でもアウトドアでも着用できます。

パタゴニアのバギーズショーツがこの夏も手放せない

パタゴニアのバギーズショーツがこの夏も手放せない

ショーツが主役の季節が到来! 一口にショーツといっても選択肢は多彩ですが、なかでも推奨したいショーツが、『パタゴニア』の1本です。

山崎 サトシ

ブランド7『グラミチ』×『チャオパニック』別注 水陸両用プールショーツ

「NNパンツ」が人気の『グラミチ』も水陸両用パンツをリリースしています。代表的なのは「シェルギアショーツ」ですが、人気が集まり過ぎてカラーやサイズによっては入手困難に。そこで今回は、多機能型のプール用ショーツをご紹介します。すっきりしたシルエットで都会的に仕上げているのがポイント。『グラミチ』を象徴するウェビングベルトやガゼットクロッチはしっかり踏襲し、機能的に仕上がっています。

グラミチのショーツで今季マストハブな10点とシルエットの違いを解説

グラミチのショーツで今季マストハブな10点とシルエットの違いを解説

今ではすっかり春夏の定番と化した『グラミチ』のショーツ。その魅力やシルエットの違いについて詳しく紹介するとともに、おすすめのモデルをお届けします。

山崎 サトシ

ブランド8『ザ・ノース・フェイス』マッドショーツ

『ザ・ノース・フェイス』の水陸両用パンツとしてはシンプルな「ユーティリティー7ショーツ」が有名ですが、ここでは「マッドショーツ」をピックアップ。カラーブロックが印象的で、グレー系のほか、レッド系、カーキ系、オレンジ×グリーンも展開しています。さらに、ワントーンのネイビーもラインアップ。撥水加工のナイロン生地を使用しつつ、裏地にはメッシュ生地を用いているため、ドライな触感が持続します。

ショートパンツもザ・ノース・フェイスで。おすすめはこの7アイテム

ショートパンツもザ・ノース・フェイスで。おすすめはこの7アイテム

涼しくて軽快、がショートパンツの強み。さらに機能性もプラスされているならまさに言うことなし。そんな大人たちの気持ちを汲んでくれるのが『ザ・ノース・フェイス』だ。

菊地 亮

ブランド9『ワイルドシングス』×『グッドディール』別注 サプレックス スイムショーツ

完全別注で誕生した水陸両用ショーツは、短めのレングスとリラックス感のあるシルエットが今どき。撥水速乾素材「サプレックス」を起用しているため、水に濡れてもサラッとしたタッチが続きます。共地の半袖シャツもリリースしているので、セットアップで着こなすのもおすすめ。

都会に似合う美シルエット。ワイルドシングスのクライミングパンツ

都会に似合う美シルエット。ワイルドシングスのクライミングパンツ

おしゃれで機能的と『ワイルドシングス』のクライミングパンツが人気急上昇。人気の秘密から注目の別注アイテム、着こなし方まで徹底解剖した。

大中 志摩

ブランド10『コロンビア』ポーラーパイオニア ショーツ

裏地に冷却材を採用した高機能ショーツ。汗に反応して生地の温度を下げるクーリング効果があるため、アウトドアのアクティビティで着用しても快適です。また、内側にメッシュインナーが付いているので、そのままスイムウェアとしても使えます。花柄と無地を数種類ずつラインアップ。

▼カテゴリ3:リラックス感やレトロ感を望むなら「サーフ系ブランド」を

サーフパンツが水着の本命。だとすれば、もともと得意としているサーフ系ブランドから選べば優秀なアイテムにきっと出会えます。ビビッドな色使いや開放的なデザインが主流ですが、実はシンプルなデザインやシックなタイプも充実。以下では人気ブランドの中から、大人っぽいタイプをセレクトしました。

人気銘柄を網羅。サーフブランドのTシャツ10選

人気銘柄を網羅。サーフブランドのTシャツ10選

海をバックボーンとするサーフブランドのTシャツは、夏らしさを演出すうえでの最適解の1つ。持っておきたい有力ブランドの今季作を一挙にお披露目します!

山崎 サトシ

ブランド11『ハーレー』ファントム ギャローズ ビーチサイド

モデル名の「ファントム」は、超軽量、超伸縮性、永続的撥水性を兼備する高機能生地のこと。『ナイキ』がオリンピック代表選手向けに独自開発したハイテク生地を起用したサーフトランクスということを表しています。この1着は、ダークトーンのカモフラ柄が個性と落ち着きを両立。ビーチサイドから街中まで活躍してくれます。

ブランド12『クイックシルバー』プールサイダー ボレー 20

ボードショーツからスタートした老舗ブランドだけに、さまざまな水着をラインアップ。このサーフショーツはリゾート感の強いボタニカル柄を採用していますが、ブラック基調で落ち着いたムードに仕上がっています。丈は20インチで長めの設定。ペットボトルのリサイクル生地を使用し、環境にも配慮しています。

ブランド13『ヴィスラ』ソリッド セッツ 18.5'

『ヴィスラ』は注目のサーフアパレルブランド。南アフリカ出身の元プロサーファー、ボール・ノーデ氏が手掛けています。ボードショーツには4方向ストレッチ生地を採用。アップサイクルのココナッツ繊維とリサイクルのポリエステル素材を活用しています。また、バックポケットにキーループを備えるなど、機能性も申し分ない出来栄え。このショーツなら、今シーズン注目のタイダイをさりげなく取り入れられます。

ブランド14『ボルコム』デッドリー ストーンズ モッド 20”

アメリカ西海岸発のボードライディングスポーツ系アパレルブランド。1991年にスタートし、安定した人気を誇っています。ボードショーツも豊富で、基本的にはペットボトルを再利用した素材「リプレーブ」を使用。4方向のストレッチ性を備え、着用感は快適です。この1枚はブランドのアイコン「デッドリーストーン」をサイドに並べたデザインが個性を主張。

ブランド15『ビラボン』オールディ OG ボードショーツ

オーストラリアのゴールドコーストで手製のボードショーツを生み出したのが『ビラボン』の原点。1973年から続く老舗です。オールド感やストリート感を取り入れたデザインが特徴で、このボードショーツもまさにそんなムード。ウエストバンドがさりげない挿し色になっていて、コーディネートのウエストマークとしても活用できます。

ブランド16『TCSS』プレーン ジェーン トランク

『TCSS』もオーストラリア発のサーフブランド。1950~60年代のスタイルマスターから着想を得つつ、モダンなカットワークなどを融合したデザインが特徴的です。このビーチトランクスも、ウエストバンドとヒップポケットを切り替えたデザインがレトロ調。フラワー柄がリゾートなムードですが、コンパクトなフォルムはモダンで都会的です。

ブランド17『バンクス』ボードショーツ BS0040

ビーチブレイク(波)を生み出す海底の砂山が「バンクス」。ブランド名には、「海面からは見えなくても、深いところで波を作り出す根源でありたい」という想いが込められています。カリフォルニアで始動したサーフブランドは、スタイルの調和が目標。この1本も、都会的なムードと爽やかなライン使いが融合し、独特なムードを放っています。

ブランド18『オーシャンパシフィック』サーフトランクス 518425

1972年に本格派サーフブランドとして誕生し、ライフスタイルブランドへと発展した『オーシャンパシフィック』。現在は多種多様なボードショーツを展開しています。このパンツは、メキシカンなリゾート調のイラストを用いた総柄でありながら、ホワイト×ブラックの配色でモダンに仕上げたバランスが絶妙。速乾性が高く、使い勝手も抜群です。

オーシャンパシフィックを着て、街へ海へ。サーフなムードがいい感じ

オーシャンパシフィックを着て、街へ海へ。サーフなムードがいい感じ

海を感じさせる着こなしに欠かせない米国ブランド『オーシャンパシフィック』。照りつける太陽に似合うアイテムを手に入れて、夏を満喫する準備を整えましょう。

那珂川廣太

▼カテゴリ4:デザイン重視で選びたいなら「ファッション系ブランド」をチェック

おしゃれなデザインを優先した水着を選びたいなら、やっぱりファッションブランドから選ぶのがおすすめ。サーフテイストを感じさせるデザインから、クールでアーバン調のデザインまで、スタイリッシュな水着を筆者の独断と偏見でピックアップしました!

ブランド19『サタデーズNYC』グラント ボーダーショーツ

ブランドを象徴する定番人気のボードショーツ。切り替えで浅いV字型のラインを表現しているのが特徴で、トラッドな品格と爽やかなイメージを兼備しています。アメリカの東海岸をイメージさせる都会的なサーフテイストで、シーンを選ばず使える逸品です。

サタデーズで人気の3ジャンルをレコメンド!

サタデーズで人気の3ジャンルをレコメンド!

『サタデーズサーフ』は、Tシャツをはじめシンプルかつ遊び心あふれるデザインが豊富に展開されています。大人の着こなしにも合わせやすい同ブランドの魅力を解説します。

TASCLAP編集部

ブランド20『コロニークロージング』ウォーターコンディションショーツ

大人なセレクトショップ『エストネーション』の限定アイテム。シンガポールのセレクトショップが手掛けるオリジナルブランドとのコラボで生み出された水陸両用ショートパンツです。スラックスのような仕様とウールのような生地が上品なムードを醸成。インナーにメッシュライナーが付属するなど、水着としての実用性も持ち合わせています。

ブランド21『ワイスリー』ビッグロゴ スウィムショーツ FS448

『アディダス フォー ヨウジヤマモト』として誕生し、進化して現在に至っている人気ブランドです。機能面は『アディダス』がバックアップし、このパンツにも滑らかなウォッシュナイロン生地を起用。メッシュの裏地、ウエストのドローコード、ジップ式のポケットなど、機能的なディテールが詰まっています。大きなロゴを際立たせつつ、クールにまとめたデザインはさすがの一言。

ブランド22『ポロ ラルフローレン』トラベラー スイム トランクス

ブランドを象徴するポニーのアイコン刺繍を全体にあしらったサーフトランクス。ややカジュアルでプレッピーな雰囲気ですが、鮮やかなブルーをベースにしたトリコロールの配色で、爽快かつ上品にまとめています。

定番が使える。ラルフローレンのキャップに熱視線

定番が使える。ラルフローレンのキャップに熱視線

『ラルフローレン』なくしてアメリカントラディショナルを語ることはできない。多くの大人が憧れ、袖を通してきた名ブランド。そのキャップに今熱い視線が注がれている。

菊地 亮

ブランド23『ルーカ』エレクトリック エラスティック ショート

アクションスポーツを軸にしながらも、その垣根を越えてさまざまなカルチャーの要素を取り込み、ストリート調のデザインに落とし込むのが得意なブランド。このサーフトランクスもさまざまなテイストが融合。ストリートを感じさせながら、レトロなのにモダンなムードもあるデザインが独特です。短めのレングスで野暮ったさを払拭しているのもポイント。

ブランド24『ディーゼル』ビーチウェア テキスト ロゴ プリント

都会的なニュアンスが強いスイムウェア。フォントサイズを変えつつ斜めにレイアウトしたメッセージプリントがスタイリシュな個性を主張しています。さまざまなアイテムを展開している『ディーゼル』は水着のバリエーションも豊富なので、他にはないデザインを探してみてください。

ブランド25『ハレ』2WAYショーツ

東京のブランドらしい都会的な面持ちが魅力。シンプルな作りだからこそ、カラーで個性が主張できる1本です。カラバリはどれもスモーキーで大人なムードを感じさせ、ブラウン、ブルー、パープル、グレー、ブラックからセレクト可能。実は水陸両用の2WAY仕様で、水中で着用する際には別途インナーサポーターを使うのがおすすめです。

ブランド26『カルバン・クライン スイムウェア』コアオフセット ミディアム ドローストリングショート

アーバンなコレクションやロゴ入りのアンダーウェアが人気の『カルバン・クライン』ですが、スイムウェアのレーベルも展開。これはミディアム丈のスイムパンツで、シンプルな中に個性も潜むバランスが圧巻です。特にアクセントが絶妙で、左裾のボックス&ロゴに加え、背面側の裾に太めのラインをレイアウト。

永遠の”いいパンツ”。カルバン・クラインのアンダーウェアが欲しい

永遠の”いいパンツ”。カルバン・クラインのアンダーウェアが欲しい

かっこいい下着の代名詞的なブランドといえば『カルバン・クライン』。デザインもはき心地も申し分ないアンダーウェアは、本物を知る大人にも刺さる定番アイテムです。

山崎 サトシ

ショートパンツのおすすめをピックアップ。大人が狙うべき15ブランド

ショートパンツのおすすめをピックアップ。大人が狙うべき15ブランド

夏のワードローブに欠かせないショートパンツ。子供っぽくならず、おしゃれに着こなすための選び方や編集部おすすめの人気ブランドを厳選しました。

TASCLAP編集部

ビーチサンダルを街でも履こう! 大人が選ぶならこの14ブランドから

ビーチサンダルを街でも履こう! 大人が選ぶならこの14ブランドから

定番のラバー製から上品なレザー製までラインアップが豊富なビーチサンダル。タウンユースにも活躍する大人におすすめのビーチサンダルを厳選してご紹介します。

近間 恭子

出版社を経て独立。「Men’s JOKER」と「RUDO」は創刊から休刊までほぼ毎号で執筆。さらに「MEN’S CLUB」「GQ」「GOETHE」など、60以上のメディアに関わってきた。横断的、俯瞰的に着こなしを分析するのが得意。そんな視点を活かし、「着こなし工学」としての体系化を試みている。
この編集者の記事を見る
    KEYWORD関連キーワード
    RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事
    グラミチのショーツで今季マストハブな10点とシルエットの違いを解説

    グラミチのショーツで今季マストハブな10点とシルエットの違いを解説

    今ではすっかり春夏の定番と化した『グラミチ』のショーツ。その魅力やシルエットの違いについて詳しく紹介するとともに、おすすめのモデルをお届けします。

    山崎 サトシ

    リュックブランド傑作選。見た目も機能も兼備した人気アイテムを完全網羅

    リュックブランド傑作選。見た目も機能も兼備した人気アイテムを完全網羅

    デイリーに愛用できるメンズリュックを徹底紹介。カジュアルなコーデはもちろん、きれいめな着こなしにもハマるリュックの選び方とおすすめのブランドをレクチャーします。

    TASCLAP編集部

    ショートパンツのおすすめをピックアップ。大人が狙うべき15ブランド

    ショートパンツのおすすめをピックアップ。大人が狙うべき15ブランド

    夏のワードローブに欠かせないショートパンツ。子供っぽくならず、おしゃれに着こなすための選び方や編集部おすすめの人気ブランドを厳選しました。

    TASCLAP編集部

    夏帽子15選。コーデスタイル別におすすめをレコメンド

    夏帽子15選。コーデスタイル別におすすめをレコメンド

    夏は帽子が活躍する季節ですが、選びに頭を悩ませている人もいるはず。そこで今回は、スタイル別にイチ押しの夏帽子をピックアップしました。

    髙須賀 哲

    大人のシルバーリング講座。つける指の意味とおすすめ

    大人のシルバーリング講座。つける指の意味とおすすめ

    普段なにげなくつけているシルバーリング。実はつける指には、各々意味があるって知ってました? ここではその意味とともに、おすすめブランドのシルバーリングをご紹介!

    近間 恭子

    アイテムリスト

    BACK