パタゴニアのバギーズショーツがこの夏も手放せない

パタゴニアのバギーズショーツがこの夏も手放せない

ショーツが主役の季節が到来! 一口にショーツといっても選択肢は多彩ですが、なかでも推奨したいショーツが、『パタゴニア』の1本です。

山崎 サトシ

山崎 サトシ

SHARE
記事をお気に入り
2021.08.03

『パタゴニア』のバギーズショーツは夏の定番アイテム

『パタゴニア』のバギーズショーツは夏の定番アイテム

Mike Museum

Mike Museum

お気に入り追加

誰もが知るアウトドア界のリーディングブランド『パタゴニア』の、押しも押されもせぬ定番がバギーズショーツ。タフなフィールドシーンも余裕で対応する高い機能性に加え、豊富なバリエーション&街使いしやすいデザインも魅力的な大ヒットアイテムです。『グラミチ』のショーツと双璧をなす夏の鉄板ショーツだけに、1本は持っておきたいところ!

バギーズショーツのおすすめポイントは?

さっそくバギーズショーツのストロングポイントを具体的に解説していきましょう。本格派ブランドが手がけるアイテムだけに、そのクオリティは折り紙付きです。

魅力1

とにかく頑丈で、水にも強い

とにかく頑丈で、水にも強い

CliffEdgeR

CliffEdgeR

お気に入り追加

バギーズショーツにはサプレックスナイロンと呼ばれる高強度なナイロン素材が使われているためかなりタフ! しかも、生地にはDWR(耐久性撥水)加工が施されているから、水辺でもばっちりと強さを発揮してくれます。そのため、水着としての着用も問題ありません。街はもちろんのこと、海でもフル活用しましょう。

魅力2

速乾性が抜群なのでいつだって快適

速乾性が抜群なのでいつだって快適

Cliff Edge

Cliff Edge

お気に入り追加

前述のDWR加工に加えて、ライニングにポリエステルメッシュを採用することにより優れた速乾性の確保にも成功。多少汗をかいてしまってもすぐにドライな環境へと戻してくれるので、バギーズショーツをはいておけば不快なムレとは無縁です。汗ジミの発生もなく、見た目の清潔感もずっとキープできます。

魅力3

とにかくはき心地が気持ちイイ!

とにかくはき心地が気持ちイイ!

CliffEdgeR

CliffEdgeR

お気に入り追加

約200gというライトウェイトな仕立てや、伸縮性のあるウエストバンドのおかげではき心地はきわめて良好! 快適に外へと繰り出せます。生地がUVプロテクション機能を備えていたり、ヒップポケットにはフラップが配されていたりと細かな配慮もニクいところ。フェアトレード工場で縫製するなど、労働者に配慮した生産背景も『パタゴニア』ならではです。

シーン不問のバギーズショーツは、1枚あればどんなコーデにもハマる

多種多様なシチュエーションで使えるバギーズショーツは、大人のライフスタイルにおいて強い味方となること確実! では、実際にどういったシーンで役立つのかコーデサンプルを見ていきましょう。

シーン1

アウトドア

アウトドア

WEAR

WEAR

お気に入り追加

バギーズショーツが本領を発揮するオケージョンといえばもちろんアウトドア。すぐに乾く機能素材だから、アクティブに動きまわってもOKです。そのうえ、そのまま川や海にも飛び込むことも可能。オールラウンドなアイテムとして役立ってくれるんです。

シーン2

サイクリング

サイクリング

WEAR

WEAR

お気に入り追加

バギーズショーツは運動性&耐久性の高いパンツなので、サイクリングパンツとしても使えます。軽量なデザインも相まって、ペダルワークがスイスイとはかどるはず! 見た目も着心地も軽快なチャリスタイルが即座に完成します。

シーン3

ランニング

ランニング

WEAR

WEAR

お気に入り追加

実は、ランニングショーツとして活用している大人も多数。速乾性に秀でたショーツのため、汗をかいても問題ありません。日常的なロードランニングはもとより、本気度の高いトレイルランニングまで幅広く対応してくれます。

シーン4

タウンユース

タウンユース

WEAR

WEAR

お気に入り追加

ハイスペックぶりが際立つバギーズショーツですが、当然ながら街で日常使いしてもまったく問題ありません。むしろ、高機能なデザインがノンストレスな1日を演出してくれるので、積極的に取り入れたいところ!

バギーズショーツの種類をチェック

『パタゴニア』のバギーズショーツには、さまざまな種類が存在。その違いを見ていきましょう。なお、レディース&キッズモデルの展開も多数あるので、家族やパートナーと一緒にショーツコーデを楽しむのもいいですね。

種類1

バギーズショーツ

バギーズショーツ

ACTIVE-BOARD

ACTIVE-BOARD

お気に入り追加

最もポピュラーなメインモデル。バギーズと聞いて大半の人がイメージとして浮かべるのはこれでしょう。マテリアルにはサプレックスナイロンを100%使用。股下13cmという軽やかな膝上丈デザインとなっています。コンパクトに収納できるので旅のお供にも◎。

種類2

バギーズロング

バギーズロング

ACTIVE-BOARD

ACTIVE-BOARD

お気に入り追加

先ほど紹介したバギーズショーツと仕様や素材は基本的に同じ。違うのは股下丈で、バギーズショーツが短めの股下13cmなのに対し、このバギーズロングは18cmに。大人でも抵抗なく取り入れられる、程良く長さを残した“ちょい膝上丈”です。

種類3

バギーズライト

バギーズライト

eround 楽天市場店

eround 楽天市場店

お気に入り追加

バギーズライトはバギーズショーツよりもすっきり細身のシルエット。さらに、素材をリップストップリサイクルポリエステルに変更することで、さらなる軽量化をかなえています。キーループを備えた右ポケットに本体をまるっと収納可能なのも便利です。股下は17cm。

種類4

バギーズナチュラル

バギーズナチュラル

フェルマート

フェルマート

お気に入り追加

バギーズナチュラルはほかのバギーズシリーズとは異なり天然繊維製。ヘンプ×オーガニックコットンの混紡素材が用いられており、その名のとおりナチュラル感漂うルックスです。はくほどに風合いが深まるうえ、多少シワが付いても味になります。股下は17~18cm(※サイズによって異なります)。

種類5

ちなみに、フルレングスのバギーズパンツもアリ

ちなみに、フルレングスのバギーズパンツもアリ

WEAR

WEAR

お気に入り追加

オールシーズン着用できるフルレングスモデルも展開。バギーズショーツと同じくDWR加工が施されているため、高いパフォーマンスを発揮してくれます。シルエットは多彩な着こなしにハマるスリムストレート。ヒップやももにはゆとりを持たせていて、締め付けは感じさせません。

バギーショーツはこう着こなす。おすすめのコーディネートサンプル5選

最後は、バギーズショーツを用いた大人コーデのサンプルをご紹介。皆、気負っていないのにこなれた印象です。彼らのスタイルから、コーディネートのコツを盗み取りましょう。

コーデ1

鮮やかなバギーズショーツがアイキャッチ!

鮮やかなバギーズショーツがアイキャッチ!

WEAR

WEAR

お気に入り追加

カットソー×バギーズショーツの潔いスタイリングですが、色使いの妙でリズミカルに仕上げています。シックな色合いのトップスに対して、ショーツのカラーは赤で刺激的。最小限のアイテム数でも抑揚は付けられるという模範解答です。

コーデ2

そのままフェスに繰り出せそうなラフスタイル

そのままフェスに繰り出せそうなラフスタイル

WEAR

WEAR

お気に入り追加

無地Tシャツにリュック、サンダル、そしてパンツにはボタニカル柄が散りばめられたバギーズショーツ。フェススタイルっぽいラフ&リラックスな着こなしをメイクしています。うるさくならないようショーツだけに柄を使うなど、計算力の高さも光っていますね。

コーデ3

モノトーンで都会的にバギーズショーツを着こなす

モノトーンで都会的にバギーズショーツを着こなす

WEAR

WEAR

お気に入り追加

スポーティな印象のバギーズショーツですが、ブラックカラーのモデルなら都会的な装いともマッチング良好。こちらは潔くモノトーンでまとめた着こなしですが、足元にローファーと白のソックスでハズシを効かせた小気味良いコーディネート。ドレスとカジュアルのバランスを意識したハイレベルなスタイル。

コーデ4

トレンド感満点なアーバンアウトドアスタイル

トレンド感満点なアーバンアウトドアスタイル

WEAR

WEAR

お気に入り追加

アウトドアブームは今夏も継続中。ということで提案したいのがこちらの着こなし。ヴィヴィッドなロンTが夏のキャンプシーンに映えます。キャップやサンダル、リュックなどのを小物をモノトーンでまとめることで、洒落感に拍車をかけています。

コーデ5

潮っぽさを漂わせるサーフテイストの装い

潮っぽさを漂わせるサーフテイストの装い

WEAR

WEAR

お気に入り追加

バギーズショーツ×ビーチサンダルのコンビネーションならば、サーフテイストの着こなしが即座に完成します。パンツ・キャップ・バッグをブルー系のカラーでシンクロさせることにより、潮っぽいムードを一段と高めました。

パタゴニアのTシャツはこれが買い。おしゃれ心にも環境にも配慮できる12枚

ウェア・コーデ

パタゴニアのTシャツはこれが買い。おしゃれ心にも環境にも配慮できる12枚

環境に配慮した取り組みを進めていることで有名な『パタゴニア』は、着る人にも快適な着心地を提供しています。本記事ではこの夏おすすめのTシャツにフィーチャー。

平 格彦

2021.06.28

容量ガイド付き。パタゴニアのおすすめリュック9選

バッグ・ファッション小物

容量ガイド付き。パタゴニアのおすすめリュック9選

優れたデザイン性と豊富なラインアップが魅力の、アメリカを代表するアウトドアブランド『パタゴニア』。今回は同ブランドが手がけるリュックを厳選し、紹介する。

大中 志摩

2018.03.22

アウトドアウェアの人気ブランド、今マストで押さえておきたい22選

ウェア・コーデ

アウトドアウェアの人気ブランド、今マストで押さえておきたい22選

トレンド継続中のアウトドアファッション。まずチェックすべきは、やはり専業ブランドのウェアや小物です。機能に加え、デザインにも定評のあるブランドを厳選してご紹介!

那珂川廣太

2021.04.05

ショートパンツもザ・ノース・フェイスで。おすすめはこの7アイテム

ウェア・コーデ

ショートパンツもザ・ノース・フェイスで。おすすめはこの7アイテム

涼しくて軽快、がショートパンツの強み。さらに機能性もプラスされているならまさに言うことなし。そんな大人たちの気持ちを汲んでくれるのが『ザ・ノース・フェイス』だ。

菊地 亮

2021.08.04

水陸イケる万能派。バーサタイルショーツは“ノース”を代表する短パンだ

ウェア・コーデ

水陸イケる万能派。バーサタイルショーツは“ノース”を代表する短パンだ

『ザ・ノース・フェイス』における夏の大定番、バーサタイルショーツ。街用としてはもちろん、水に強くてアウトドアシーンでも重宝します。さまざまな角度から魅力を解説!

平 格彦

2021.07.23

注目編集者
山崎 サトシ

TASCLAPでの執筆本数NO.1ライター

山崎 サトシ
アフロ歴15年のファッションライターで、趣味はヴィンテージモノの収集とソーシャルゲーム。メンズファッション誌を中心として、WEBマガジンやブランドカタログでも執筆する。得意ジャンルはアメカジで、特にデニム・スタジャン・インディアンジュエリーが大好物!
この編集者の記事を見る

KEYWORD関連キーワード

PICK UP

編集部の注目

外遊びだけじゃもったいない! 毎日楽しめるスニーカーがキーンにはある

「ユニーク」などサンダルのイメージが強い『キーン』ですが、実は365日アツいのがスニーカー。アウトドアはもちろん街でも映え、シーンを問わず活躍してくれます。

SPONSORED by キーン

続きを読む

小さな違いが生み出す比類なきエレガンス。特別仕様の“GS”が大人の腕元にもたらすもの

腕時計の本質を追い求め、着用者に違いをもたらす稀有なブランド『グランドセイコー』。そのタイムレスな魅力と合わせて、販路を絞った特別なモデルを解説していきます。

SPONSORED by セイコーウオッチ株式会社

続きを読む

レトロ顔の新作ソーラー時計に注目。フォッシルの新作は大人の腕元にちょうど良い

日本にインスパイアされた「THE JAPAN COLLECTION」の第2弾「DF-01」。レトロな顔に実用性と素材へのこだわりを込めた、その完成度やいかに?

SPONSORED by フォッシル

続きを読む

ハイパフォーマンスな“ラグスポ”の大本命! 新作ティソ PRXの実力を徹底検証

2021年初頭、発売と同時に各方面の話題をさらった「ティソ PRX」に、待望の自動巻きモデルが登場です。時計市場にさらなる衝撃をもたらす秋の大本命、その実力とは?

SPONSORED by ティソ

続きを読む

オープンハートから覗く機械式が男心をくすぐる。次なる腕時計はオロビアンコの1本で

ビジネスマンから支持される『オロビアンコ』のベストセラーモデル「オラクラシカ」は、価格以上の高級感と遊び心が魅力。長年売れ続けるには、相応の理由があるんです。

SPONSORED by オロビアンコ

続きを読む

いつもの1足、1着から考えるサステナブル。ヴァンズの試みに、乗っかってみない?

近頃、さまざまなブランドがサステナブルに取り組んでいるが、『ヴァンズ』のそれは一味違う。環境はもちろん、大人のおしゃれにも多くの恩恵をもたらしてくれる。

SPONSORED by ヴァンズジャパン

続きを読む

もっと見る

RELATED ARTICLES

あなたにおすすめの記事

ACCESS RANKING

アクセスランキング

ITEM RANKING

アイテムランキング

新機能

この記事を読んでいる方に
おすすめの記事をご紹介

RECOMMEND
TOP

カテゴリ

おすすめ記事