大人の大本命。ニューバランスの新作M574Sが何かとスゴい

大人の大本命。ニューバランスの新作M574Sが何かとスゴい

『ニューバランス』の名モデルとして知られる574が、より現代的になって新登場。ルックスも機能もアーバンライクな1足、その詳細に迫ります。

編集フカザワ

2017.07.19

ニューバランス(NEW BALANCE)
スニーカー

みんな大好き“574”が正統進化。M574Sとは?

どうも、編集フカザワです。速報です。『ニューバランス』の数あるモデルのなかでもお馴染みの“574”が、2017年の着こなしにビシッとハマる顔と機能で登場しちゃいました。

みんな大好き“574”が正統進化。M574Sとは?

ZOZOTOWNZOZOTOWN

お気に入り追加

どうですか、コレ?

かっこよすぎではないでしょうか、コレぇえ!?

たいてい興奮気味の私ですが、やっと本作を皆さまに紹介できる日が訪れたのでウキウキワクワクしています。というのも、そもそもコチラのM574Sは、先日発売されたばかりなのですがどこもかしこも品切れ祭りだったんですよ。でも、やっとのことで在庫を発見することができたのでね……。いつにも増してヤル気に満ちあふれ、輝いています、私(お前かよ)。

合わせて読みたい: 大人の足元にはまる。ニューバランス574の魅力とは?

魅力たっぷりのM574S。その詳細をチェック

魅力たっぷりのM574S。その詳細をチェック

ZOZOTOWNZOZOTOWN

お気に入り追加

さて、興奮気味の私ですからさっそくデザイン面からご紹介。私たちがよく知るところの“574”はレトロな印象ですが新作のM574Sは何ともスポーティで都会的。そもそもモデル名の“S”は“スポーツ”からきてるんですよ。うーん、納得。ピッグスキンスエードが採用されているため、品の良さもうかがえる点も最高ですよね。

魅力たっぷりのM574S。その詳細をチェック 2枚目の画像

ZOZOTOWNZOZOTOWN

お気に入り追加

着脱が楽ちんなブーティー構造も注目したいところですが、クッション性&安定性を兼ねる“フレッシュフォーム”を採用したミッドソールがたまりませんな。さらに、さらにですよ。衝撃吸収に優れる“アブゾーブ”のパッドとの組み合わせで最強の履き心地を提供してくれるんです。もうね、ヤバいですね。

魅力たっぷりのM574S。その詳細をチェック 3枚目の画像

ZOZOTOWNZOZOTOWN

お気に入り追加

「アーバンな574、素敵じゃん」って思いましたよね!? そうでしょう。そうでしょう! しっかしですよ、アウトソールはオフロードにも耐えるソリッドラバー。デザイン的にレトロなマインドをのぞかせるアタリがニクいですよね。

究極の選択。あなたはどっち?

究極の選択。あなたはどっち?

ZOZOTOWNZOZOTOWN

お気に入り追加

散々褒めちぎりまくってしまいましたが、仕方がありません。欠点が見当たらないんですもの。まあ、悩むとしたら色ですかね。

究極の選択。あなたはどっち? 2枚目の画像

ZOZOTOWNZOZOTOWN

お気に入り追加

スエードのタッチが楽しめるホワイトも素敵ですし、クールなブラックも好みです、私の(お前かよ、2回目)。

究極の選択。あなたはどっち? 3枚目の画像

ZOZOTOWNZOZOTOWN

お気に入り追加

スタイリングを問わず履ける『ニューバランス』のニュースター誕生に興奮冷めやらぬ私ですが、これ以上しゃべっているのもナンセンス。ただうるさいだけですからね。ここから先は目と足で実物を楽しむというか、拝みまくりたい所存です。

    KEYWORD関連キーワード
    RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事
    デニムとスニーカー。日本における両分野のパイオニアが初のタッグを実現

    デニムとスニーカー。日本における両分野のパイオニアが初のタッグを実現

    『エドウイン』と『ミズノ』。いわずもがな片やデニム界、片やスポーツ界をリードし続ける日本を代表するブランドだ。この両者がタッグを組み日本のクラフトマンシップを…

    TASCLAP編集部

    25周年は原点回帰。古き良き薫りのダウンジャケットを復刻リメイク

    25周年は原点回帰。古き良き薫りのダウンジャケットを復刻リメイク

    いつの時代も“限定”という言葉に弱い我々だが、そこにアニバーサリーという特別感も加味されれば、さらに気分が上がることは明白だ。今回ご紹介する『ナンガ』の25周年記…

    TASCLAP編集部

    今、大人がはくべきデニムブランド20選。一生付き合える理想のジーンズに出会う

    今、大人がはくべきデニムブランド20選。一生付き合える理想のジーンズに出会う

    あらゆるボトムスのなかで、一度手に入れたらもっとも長い付き合いになるのがジーンズ。それゆえ、確かなモノ作りを行うブランドをしっかり押さえておくことが重要だ。

    那珂川廣太

    MA-1のすべて。今買いのブランドと真似したいコーデ術

    MA-1のすべて。今買いのブランドと真似したいコーデ術

    男の鉄板アウターとして定着したMA-1。アイテム自体はプレーンなタイプを選ぶのがセオリーですが、ディテールや選び方、コーデ術はアップデートしていきましょう。

    山崎 サトシ

    ビジネスに合わせたいスニーカー10選。スーツに似合うブランドを厳選

    ビジネスに合わせたいスニーカー10選。スーツに似合うブランドを厳選

    スーツやジャケパンにスニーカーを合わせるのもアリな時代。まだ実践できていない人のために、参考になるコーデサンプルとおすすめアイテムをまとめて紹介していきます。

    近間 恭子

    BACK