ディッキーズのハーフパンツをこの夏、コーデに取り入れるなら

ディッキーズのハーフパンツをこの夏、コーデに取り入れるなら

TASCLAP世代の定番パンツブランド『ディッキーズ』。夏のハーフパンツにおいても、同ブランドは重宝します。その魅力をあらためて検証してみましょう。

2022.07.19
SHARE
記事をお気に入り
伊藤 千尋

執筆者

伊藤 千尋
ファッション誌の編集者としてキャリアをスタート。現在は、ファッション誌やヘアカタログを中心にフリーライター&エディターとして活動中。古着と自転車と山が好き。 記事一覧を見る
...続きを読む

定番の「874」だけじゃない。『ディッキーズ』はハーフパンツも即戦力

定番の「874」だけじゃない。『ディッキーズ』はハーフパンツも即戦力

WEAR

WEAR

お気に入り追加

『ディキーズ』といえば「874」ワークパンツが大定番。本格的なディテールワークからは想像できないほどのお手頃感とどんなコーデにも合わせやすい汎用性の高さが評価され、それまで作業着だったブランドイメージを「おしゃれな服」に好転させるきっかけとなりました。’90年代にそんな後押しもあり飛躍的成長を遂げた『ディッキーズ』。とくに今季は、そのハーフパンツにファッショニスタが熱し選を送っています。前述したようなフルレングスの魅力をそっくりそのまま落とし込んだハーフパンツはコーデのアイキャッチになるうえに、快適さも両取り。猛暑日が続くこの夏、履かないわけにはいきません。

『ディッキーズ』のハーフパンツ。コーディネートの注意点は?

『ディッキーズ』のハーフパンツ。コーディネートの注意点は?

WEAR

WEAR

お気に入り追加

現代での着用においては、’90年代当時のストリートファッションをそのまま落とし込むわけにはいきません。時代や年齢に見合った着こなしをすることが、必須条件となります。

とはいえ、単にきれいめにまとめるだけというのも芸がありません。合わせる小物できれいめ要素を演出するも良し、大人な配色でストリート感をコントロールも良しと、そのテクニックはさまざまです。あくまで目安ではありますが、ストリート要素は全体の半分以下が理想的。写真のようにパンツと小物などでストリートライクに、トップスやシューズで品の良さもフォローするのも一例です。

定番から別注まで。『ディッキーズ』のハーフパンツ、はじめてガイド

ライブやフェス好きの方なら、1度は目にしたことのある『ディッキーズ』のハーフパンツ。カラバリの充実度も魅力的ですが、今回は大人なベーシックなカラーを中心にご紹介していきます。

1本目

42283 13インチポケットワークショーツ

42283 13インチポケットワークショーツ

freshbox

freshbox

お気に入り追加

『ディッキーズ』のハーフパンツといえば、こちらのパンツを思い浮かべる方も多いでしょう。通称”極太ハーフ”とも呼ばれるブランドの定番 「42283」シリーズは、程良いルーズなシルエットが特徴。長めの13インチ丈は『ディッキーズ』らしい武骨さをにおわせます。ひざがしっかり隠れる丈感ですので、短いショーツが苦手という方にもうってつけです。

2本目

T/Cツイル サイドシャーリング ハーフパンツ

T/Cツイル サイドシャーリング ハーフパンツ

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

ゆとりのあるワイドシルエットの定番モデルをベースにしつつ、サイドにゴム入りのシャーリングを設けることで、ウエスト周りのストレスを軽減。太もも裏のポケットなどは踏襲していて、使い勝手だけでなく耐久性も優れています。定番の「42283」はカラバリが豊富ですが、こちらは生地感の種類が充実。チノクロスだけでなくヒッコリー風やデニム風の生地も展開しています。

3本目

『ナノ・ユニバース』別注 ハーフチノパンツ ソックスセット

『ナノ・ユニバース』別注 ハーフチノパンツ ソックスセット

nano・universe

nano・universe

お気に入り追加

定番モデルの「42283」をベースにしながら別注でアレンジ。ウエストをイージー仕様に変更し、背面にゴムを入れつつドローコードを通しています。生地は定番のT/Cツイルを継承。見た目も生地感もタフな仕上がりです。さらに、ソックスがセットになっているのもポイント。ヒザが隠れる丈感のハーフパンツにソックスを合わせるコーディネートをおすすめするだけでなく、すぐに実践できるように配慮しています。

4本目

ショートパンツ

ショートパンツ

Mr.Mojo

Mr.Mojo

お気に入り追加

ヒザがギリギリ見える程度の丈感に設定したショートパンツ。ウエスト全体にゴムを入れ、気軽にはける仕様に仕上げています。シンプルな作りだからこそ、オールマイティに使えるのも魅力。定番のツイルと同じ混紡率、ポリエステル65%×コットン35%の生地を使っていますが、こちらはやや薄手で固すぎない質感。同じ生地を使ったオープンカラーワークシャツも展開しているので、カジュアルなセットアップスタイルを楽しむこともできます。

5本目

『ナノ・ユニバース』別注タックワイドショーツ

『ナノ・ユニバース』別注タックワイドショーツ

nano・universe

nano・universe

お気に入り追加

こちらもヒザ上丈のショーツですが、別注によってトレンドの要素を取り入れています。フロントに深めのタックを入れつつ、全体も余裕のあるシルエットで仕上げ、リラックス感を高めているのがポイントです。生地は高密度なタイプライター生地で、風合いはソフト。イージー仕様でストレスなく着用できる作りです。共地の「スクエアビッグシャツ」を展開しているので、セットアップで着回すのもおすすめ。

6本目

ウーブン ショートパンツ

ウーブン ショートパンツ

Rakuten Fashion Men

Rakuten Fashion Men

お気に入り追加

クライミングパンツの要素を取り入れたハーフパンツ。着脱やサイズ調整が手軽に行えるベルトが付属しています。また、ツータック入りのゆとりあるシルエットが今どき。リラクシーな夏のコーディネート作りに持ってこいです。ヒザが隠れる程度のレングスですが、裾をロールアップして留めることが可能。コーディネートや気分に合わせてレングスが使い分けられるスグレモノです。生地は『ディッキーズ』定番のタフなT/Cツイル。

7本目

サイドカーゴポケット付き ショートパンツ

サイドカーゴポケット付き ショートパンツ

Rakuten Fashion

Rakuten Fashion

お気に入り追加

実は『ディッキーズ』はミリタリーテイストの短丈カーゴパンツも豊富に揃っています。ペンキ汚れの加工を施したタイプやロゴを小さく入れたタイプなどもありますが、ここでピックアップするのはステンシルのロゴプリントがミリタリー感を高めている1本。タフなルックスですが、コットンをメインにしたストレッチ入りの生地ではき心地は快適です。カラーはオリーブグリーンとブラックの2色から選べます。

8本目

『ビームス』別注ルーズ ポリエステル カーゴショーツ

『ビームス』別注ルーズ ポリエステル カーゴショーツ

BEAMS/ビームス

BEAMS/ビームス

お気に入り追加

定番パンツのシルエットをベースにしつつ、カーゴポケットでミリタリーテイストを融合した別注品。ナチュラルストレッチの効いたポリエステル100%の生地を採用しつつ、ウエスト周りをイージー仕様にすることで着用時のストレスを緩和しています。ディテールも凝っていて、腰裏のロゴプリントは『ディッキーズ』ではなく『ビームス』のものを配置。また、ヒップポケットの上にセットされた『ディッキーズ』のタグは取り外し可能です。

9本目

裏毛スウェット ショートパンツ

裏毛スウェット ショートパンツ

Rakuten Fashion Men

Rakuten Fashion Men

お気に入り追加

『ディッキーズ』はスウェット生地のハーフパンツも多数ラインアップしています。ロゴを大きくプリントしたタイプやライン入りのタイプなどもありますが、ここでは比較的スタンダードではき回しやすいタイプを紹介。裏毛スウェット生地を使用しつつ、やや細身のフォルムにすることでスタイリッシュに仕上げています。左裾に入ったお馴染みのロゴがさりげないアクセント。カラバリは2色で、グレーもブラックも幅広いコーディネートで使えます。

10本目

『ジェニュイン ディッキーズ』T/Cツイル シェフショートパンツ

『ジェニュイン ディッキーズ』T/Cツイル シェフショートパンツ

G-passio (ジーパッシオ)

G-passio (ジーパッシオ)

お気に入り追加

『ディッキーズ』から派生した『ジェニュイン ディッキーズ』は、”タフに!ラクに!イキに!”をコンセプトに、都会でもアウトドアでも窮屈に感じないアイテムを提案。ワークスタイルにアメカジやサーフ、ストリートなどのテイストをMIXしたデザインが特徴です。このショーツはまさにそんな仕上がり。シェフパンツをベースにしつつ、イージー仕様を取り入れてストレスから開放。色や生地感が豊富ですが、デザインはシンプルで黒ベースのタグがワンポイントに。

ポイント別にピック。『ディッキーズ』のハーフパンツの着こなし

「上品に着たい」という方もいれば、「どうせ着るならストリートがいい」という方もいるはず。振り幅が大きく自由な解釈のできるアイテムだからこそ、その両取りもかないます。ここではトピック別に、ファッショニスタの着こなしを取り上げてみましょう。

トピック1

ハーフパンツならではの遊び心。ソックス使いでコーデを昇華

誰しもが耳にしたことがあるでしょう、“おしゃれは足元から”という定番フレーズ。ご存じの方もいるかもしれませんが、シューズ選びはもちろん、そこに合わせるソックス使いも重要な要素となってきます。とくにハーフパンツとなれば、足元が顕著に露出され視線も集まりやすくなるのでこのようなテクニックも持っておくと重宝するはずです。

ハーフパンツならではの遊び心。ソックス使いでコーデを昇華

WEAR

WEAR

お気に入り追加

鮮やかなブルーのTシャツが目を引くこちらのスタイリング。ストリートなルックスにまとめつつも、『コンバース』のハイカットスニーカーがスマートさを演出しています。その足元をよく見ていただくと、ブルー×ホワイト×ブラックカラーのハイソックスが確認できるはずです。あえてクシュッとたわませてルーズに履いたことで、スポーティさをさりげなくアピール。計算された上級者の着こなしが完成します。

ハーフパンツならではの遊び心。ソックス使いでコーデを昇華 2枚目の画像

WEAR

WEAR

お気に入り追加

スポーツサンダルのソックス履きというだけでもこなれ感はありますが、そこでラインソックスをセレクトしたのが実にニクいポイント。カーキ色のハーフパンツを軸に他を無地のモノトーンで上品にまとめつつ、ストリート感をあおるソックスのラインが個性を主張します。

ハーフパンツならではの遊び心。ソックス使いでコーデを昇華 3枚目の画像

WEAR

WEAR

お気に入り追加

こちらのコーデのポイントは左右色違いのソックス使い。難度の高いテクニックと思われがちですがシックな色を基調としているのでちぐはぐ感は少なく、モノトーンコーデのアクセントに効果覿面です。かなり上級者向けではありますが、普段ミニマルなコーデを好む方にこそ効果の大きいテクです。

トピック2

ルーズなパンツにはルーズなトップスが好相性

程好良いリラックス感が魅力となる『ディッキーズ』のハーフパンツ。タイトなトップスを合わせてパンツのルーズさを活かすのも良いですが、今回はあえて上下ともにルーズな着こなしをプッシュいたします。上下のルーズなシルエットがストリート感を強め、同時にリラックスした雰囲気も加味。とはいえ、ダボダボによる野暮ったさは回避したいところ。その点も踏まえてしっかり確認していきましょう。

ルーズなパンツにはルーズなトップスが好相性

WEAR

WEAR

お気に入り追加

上下ゆるめのアイテムにもかかわらず、野暮ったくなく上品な印象すら覚えるストリートスタイル。ポイントはモノトーンで打ち出した大人の雰囲気にあります。シックな空気を打ち出せるグレーなら、ストリートテイスト強めでも上品な仕上がりに。他にも、ブラックやネイビーなど落ち着いた色みであればまったく問題ありません。

ルーズなパンツにはルーズなトップスが好相性 2枚目の画像

WEAR

WEAR

お気に入り追加

こちらのコーディネートはトップスがビッグシャツであるということがキモ。いい大人にとって休日においてもマストアイテムであるシャツは、簡単に清潔感&きちんと感を打ち出せるのが長所。一点投入でも大人っぽく仕上げることが可能です。しかも、パンツとシャツが共地のセットアップなので一層上品。ベージュに黒を挿した色使いも大人な印象を発信しています。

ルーズなパンツにはルーズなトップスが好相性 3枚目の画像

WEAR

WEAR

お気に入り追加

こちらは、トップスこそビッグシルエットではありませんが、丈感に差を付けたレイヤードによりルーズ感を演出しています。キャップとシャツ、さらにはスニーカーのシュータンにまで計算された柄の統一感には、玄人の風格が漂います。こんなにおしゃれなパパなら、お子様もきっと自慢したくなることでしょう。

トピック3

派手めなトップスとも相性抜群。脱・カブリ計画!

『ディッキーズ』のハーフパンツはシルエットこそ特徴的ですが、デザインは意外にもシンプルさを基調としたものばかり。同ブランドのハーフパンツを、より楽しむなら存分にトップスで遊んでみましょう。

派手めなトップスとも相性抜群。脱・カブリ計画!

WEAR

WEAR

お気に入り追加

夏らしくアロハシャツを落とし込んだ大人ストリート。スケートシーンでも根強い人気を誇る『ディッキーズ』ですので、横ノリ感の強い着こなしにもマッチします。スリッポンのリラックスしたムードも良く似合います。

派手めなトップスとも相性抜群。脱・カブリ計画! 2枚目の画像

WEAR

WEAR

お気に入り追加

オレンジのスウェットで思い切り個性を演出。キャップもプラスして大人ストリートなテイストを醸しています。その一方、『ディッキーズ』のハーフパンツに加え、スニーカーもソックスもブラックで統一。下半身を引き締めることで大人っぽいバランスに調整しつつ、トップスの色味を引き立てたテクニックが見事です!

派手めなトップスとも相性抜群。脱・カブリ計画! 3枚目の画像

WEAR

WEAR

お気に入り追加

ミリタリーベストやフィッシングベストといったインパクトの強いベストが人気を集めていますが、そんなトップスとも『ディッキーズ』のハーフパンツは好相性。シンプルなパンツが全体として大人っぽい印象に調整してくれます。このコーディネートは、ヴィンテージ感のあるスウェットとミリタリーベストを重ねて個性を主張。パンツ、スニーカー、ハンチングを黒で揃えて引き締めています。

大人の日常着。ディッキーズの定番874と別注モデルを徹底紹介

ウェア・コーデ

大人の日常着。ディッキーズの定番874と別注モデルを徹底紹介

『ディッキーズ』の定番「874ワークパンツ」の魅力とともに、同ブランドが誇るパンツのラインアップを整理。大人のカジュアルに効く『ディッキーズ』を幅広く紹介します。

TASCLAP編集部

2022.04.27

まずは王道・ディッキーズから。人気復活のオーバーオールをはきこなそう

ウェア・コーデ

まずは王道・ディッキーズから。人気復活のオーバーオールをはきこなそう

コーデに旬な変化が与えられるオーバーオールの注目度が上昇中。おすすめブランドは大定番の『ディッキーズ』です。アイテムのバリエーションから着こなし法までご紹介!

平 格彦

2020.05.24

ハーフパンツの最盛期到来。人気ブランドの別注品で周囲と差をつけよう

ウェア・コーデ

ハーフパンツの最盛期到来。人気ブランドの別注品で周囲と差をつけよう

今や大人カジュアルの必需品、ハーフパンツ。今夏も大活躍してくれること間違いなしです。定番とはひと味違う、こだわり満載の別注アイテムも続々登場しています!

TASCLAP編集部

2019.07.31

この太さが気分。ディッキーズのダブルニーが大人の着こなしに必要だ

ウェア・コーデ

この太さが気分。ディッキーズのダブルニーが大人の着こなしに必要だ

太パン全盛期の今、押さえておきたいのが『ディッキーズ』の“ダブルニー”。今どき感もタフネスも欲張れるこのワークパンツは、必ずやヘビロテの筆頭候補となるはずです!

山崎 サトシ

2022.04.30

この記事の掲載アイテム一覧(全10商品)

画像をタップクリックするとアイテム詳細が表示されます

  • 『ディッキーズ』42283 13インチポケットワークショーツ
    『ディッキーズ』 42283 13インチポケットワークショーツ
  • 『ディッキーズ』×『ナノユニバース』T/Cツイル サイドシャーリング ハーフパンツ
    『ディッキーズ』×『ナノユニバース』 T/Cツイル サイドシャーリング ハーフパンツ
  • 『ナノ・ユニバース』別注 ハーフチノパンツ ソックスセット
    『ナノ・ユニバース』 別注 ハーフチノパンツ ソックスセット
  • 『ディッキーズ』ショートパンツ
    『ディッキーズ』 ショートパンツ
  • 『ナノ・ユニバース』別注タックワイドショーツ
    『ナノ・ユニバース』 別注タックワイドショーツ
  • 『ディッキーズ』ウーブン ショートパンツ
    『ディッキーズ』 ウーブン ショートパンツ
  • 『ディッキーズ』サイドカーゴポケット付き ショートパンツ
    『ディッキーズ』 サイドカーゴポケット付き ショートパンツ
  • 『ビームス』別注ルーズ ポリエステル カーゴショーツ
    『ビームス』 別注ルーズ ポリエステル カーゴショーツ
  • 『ディッキーズ』裏毛スウェット ショートパンツ
    『ディッキーズ』 裏毛スウェット ショートパンツ
  • 『ジェニュイン ディッキーズ』T/Cツイル シェフショートパンツ
    『ジェニュイン ディッキーズ』 T/Cツイル シェフショートパンツ

掲載アイテムをもっと見る(-2商品)

KEYWORD関連キーワード

PICK UP

編集部の注目

この冬、狙うべきは“○○じゃないほう”の1着だ。タトラスに学ぶ今どきダウンの選択術

安心感のある定番も良いけれど、あえて“じゃないほう”のダウンを選んでさりげなく旬な変化を楽しむのもおすすめです。ご存じ『タトラス』で、今どきのチョイスをご提案!

SPONSORED by タトラスインターナショナル

続きを読む

“冬ビズ”コーデの特効薬が5,000円台から! 敏腕スタイリストと読み解くメガネの効能

ネクタイなどと同様、メガネもビジネススタイルのセルフプロデュースに不可欠なアイテム。理想的なフレームが揃い踏みした『ジンズ』の新作で、選びの要諦を読み解きます。

SPONSORED by ジンズ

続きを読む

復刻ウォッチトレンドの旗手、ロンジン。3つのルーツから提案する銘品たち

今年で創業190周年を迎える『ロンジン』は、これまで数多くの傑作を手掛けてきました。それらにスポットを当てた復刻モデルこそ今季の狙い目。3つの銘品を掘り下げます。

SPONSORED by ロンジン

続きを読む

今どきのビジカジはどうこなす? ドレススタイルのプロが見た“オーダー”という選択肢

自由度が高い反面、難しくもあるビジネスカジュアル。もしビジカジにお悩みなら、独自のオーダーシステムで話題沸騰中のブランド『ファブリックトウキョウ』がおすすめだ。

SPONSORED by ファブリックトウキョウ

続きを読む

今欲しいのは“深イイ”腕時計。男の奥行きをセンスフルに示すポール・スミスの新作ウォッチ

英国ブランド『ポール・スミス』から、本格的かつファッショナブルな機械式時計と、定番ウォッチのニューカラーがお目見え。男の“深み”を演出する新作の魅力に迫ります。

SPONSORED by ポール・スミス

続きを読む

今年の西川ダウンはどうなんだ!? おしゃれ賢者3人による徹底試着レビュー2022

『ナノ・ユニバース』の人気銘柄として知られる『西川ダウン(R)』。その今季作を、ファッション業界の経験豊富な識者たちが試着しながら徹底検証。さて、結果やいかに!?

SPONSORED by ナノ・ユニバース

続きを読む

バッグの名門が提案する第3の定番色。“グレー”がこれからのビジネスシーンを変えていく

ビジネスバッグといえば従来、黒と紺がお約束でした。しかし、働き方の多角化に伴いその常識も徐々に変化。老舗『サムソナイト』は第3の定番色としてグレーを提案します。

SPONSORED by サムソナイト

続きを読む

もっと見る

RELATED ARTICLES

あなたにおすすめの記事

ACCESS RANKING

アクセスランキング

ITEM RANKING

アイテムランキング

NEW

人気ショップスタッフの
最旬コーディネートをご紹介

人気ショップスタッフの
最旬コーディネートをご紹介

おすすめ記事
TOP