気になるトレンド。ビッグシルエットのトップスの着こなし方を徹底解説

気になるトレンド。ビッグシルエットのトップスの着こなし方を徹底解説

引き続きトレンドとして君臨するビッグシルエットですが、下手を打つと野暮ったく見えがち。着こなし&おすすめアイテムを押さえ、おしゃれに演出しましょう。

山崎 サトシ

山崎 サトシ

SHARE
記事をお気に入り
2021.06.22

人気継続中。ビッグシルエットとは

人気継続中。ビッグシルエットとは

アダム エ ロペ オフィシャルサイト

アダム エ ロペ オフィシャルサイト

お気に入り追加

ビッグシルエットとは、その名のとおり、ゆったりと大きめなシルエットのこと。写真で着用しているようなTシャツがわかりやすいですね。リラックスした雰囲気を簡単に出せるのが、ビッグシルエットアイテムの大きな魅力。2015年ごろからトレンドとして台頭し、この夏も旬なアイテムとして各ブランドから提案されています。アラサーにとっては、気になり始めている人も多い“ぽっちゃりおなか”を隠せるのもうれしいポイントですね(笑)。今回はビッグシルエットのトップスに着目して、アイテム&スタイルを紹介します。

ビッグシルエットのアイテムを選ぶ際、身幅と着丈のバランスが重要

ビッグシルエットのアイテムを選ぶ際、身幅と着丈のバランスが重要

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

単純に大きいシルエットのアイテムを選べば今季らしいビッグシルエットコーデが完成するのかというと、答えは×。単なる“ダボダボ”なスタイルになってしまう恐れがあります。ずばり、大事なのは身幅と着丈のバランス感。身幅はある程度ゆとりがありつつも、着丈は長すぎないほうがベターです。着丈があまりに長いとだらしなく見える可能性が大! ジャスト、あるいは“少し長め”ぐらいの、程良い着丈のものを選びましょう。

今っぽい雰囲気を作れる! 狙いたいビッグシルエットのトップス10選

さらっと着られるシンプル系からアピール度高めの個性派まで、装いの旬度格上げに役立つビッグシルエットトップスを一挙ご紹介。多彩に出揃った秀作の中から、自身のコーデにハマる逸品を探してみてください。

アイテム1

『シップス』×『ジェーイーモーガン』ビッグシルエット ネックポーチ付き Tシャツ

『シップス』×『ジェーイーモーガン』ビッグシルエット ネックポーチ付き Tシャツ

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

米国の老舗『ジェーイーモーガン』へ別注したヘビーウェイトT。裾を切り替えた大胆なツートーン配色に加えて、胸元のユニークなフラップポケットもデザインアクセントとして効果を発揮します。しかも、このポケットは脱着に対応しており取り外せばネックポーチに早変わり! まさしく“1枚で2度おいしい”アイテムなんです。

アイテム2

『アーバンリサーチ』×『ナンガ』ポケットTシャツ

『アーバンリサーチ』×『ナンガ』ポケットTシャツ

アーバンリサーチオンラインストア

アーバンリサーチオンラインストア

お気に入り追加

高品質な国産ダウンウェアでお馴染みの『ナンガ』との共作。胸ポケットの内側からチラリと覗くロゴ刺繍が、遊び心を感じさせます。両雄のブランドネームが並び立つ、首元のプリントタグもコラボならではのディテール。ポリエステル×コットン×レーヨンから構成されるボディは、柔らかな着心地と高い耐久性を兼備します。

アイテム3

『ジャーナル スタンダード レリューム』ナヴァルボーダー

『ジャーナル スタンダード レリューム』ナヴァルボーダー

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

端正なイメージのボーダーカットソーはスラックスのような品良いパンツと相性良好。きれいめコーデが好きな大人におすすめです。ビッグシルエットゆえに、ほんのりとリラックスムードも香り立ちます。なお、コットン生地はブランドが開発したオリジナル仕様。表面はガッシリとしつつも中心にいくほど甘く柔らかくなっていきます。

アイテム4

『ビームス』カモフラージュ イージーシャツ

『ビームス』カモフラージュ イージーシャツ

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

クラシカルな開襟シャツがデザインベースとなっていますが、迷彩柄をパッチワークすることで現代的なムード感も見事に融合。襟ぐり&袖口を体に沿うように設定したり、やや着丈を短くしたりとだらしなく見せない絶妙なバランス感覚にも脱帽です。ポリエステルシアサッカー素材による、さらさらとした着心地も魅力的な要素!

アイテム5

『スティーブンアラン』レトロ/チェック レギュラーカラーショートスリーブシャツ

『スティーブンアラン』レトロ/チェック レギュラーカラーショートスリーブシャツ

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

どことなく80’sテイストを感じさせる、オーセンティックなチェック柄が特徴的。落ち着いた色味でまとめているので、ゆるっとしたビッグシルエットモデルとはいえシックな印象です。ポリエステル×レーヨンの生地が描き出す美しいドレープ感も大きなポイントに。大人にふさわしいこなれ感たっぷりな1枚です。

アイテム6

『ジャーナル スタンダード』プリントチャイナシャツ

『ジャーナル スタンダード』プリントチャイナシャツ

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

オリエンタルな顔立ちの総柄チャイナシャツは、夏のシンプルコーデにインパクトを与えてくれるアイテム。身幅はかなり広めの設定ですが、着丈はすっきりとしているので野暮ったさは感じさせません。また、テロテロとしたレーヨン素材は風を受けてはためき、清涼感をさりげなく演出してくれます。

アイテム7

『ビューティ&ユース ユナイテッドアローズ』ヘビー リネン ラミー キャンプカラー ビッグシルエットシャツ

『ビューティ&ユース ユナイテッドアローズ』ヘビー リネン ラミー キャンプカラー ビッグシルエットシャツ

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

リネン×ラミーのMIX素材につき、風通しが非常に良く肌触りも軽やか! しかも、素材の特性上多少シワが付いたって気になりませんから、いちいちアイロンを掛けずとも洗い晒しのままラフに袖を通せます。着脱をイージーにしてくれるスナップボタン仕様も気が利いていてGOOD。カラーはグリーンのほか、王道のネイビー&ホワイトもスタンバイします。

アイテム8

『ミスターオリーブ』ボタニカル アート アロハシャツ

『ミスターオリーブ』ボタニカル アート アロハシャツ

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

人気アーティストのAKIRA氏とのコラボレーション。同氏が生み出した独創的なボタニカルアートを身頃全面に散りばめています。図らずとも視線を集めるアピール度満点な1枚は、周囲との差別化を叶えるのにお役立ち。生地はレーヨン100%で放湿性が高く、蒸し暑い日であってもコンフォート!

アイテム

『ナノ・ユニバース』ビッグシルエットポロシャツ

『ナノ・ユニバース』ビッグシルエットポロシャツ

ナノ・ユニバース公式通販サイト

ナノ・ユニバース公式通販サイト

お気に入り追加

ベーシックなワードローブである無地ポロシャツを、ビッグシルエットで今どき顔に昇華。袖の共地リブ仕様や裾スリットなど、ちょっとしたディテールにもこだわりが宿っています。素材にはストレッチブレンドのポリエステルを採用し、快適性もしっかりと確保。程良く凹凸感があって肌離れが良いのも◎です。

アイテム10

『トゥモローランド』コットンピケ×ジャージー ビッグポロシャツ

『トゥモローランド』コットンピケ×ジャージー ビッグポロシャツ

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

夏気分をグッと高めてくれる、鮮烈なビタミンカラー。前身頃にコットンピケ、後ろ身頃にジャージーを使用した切り替えデザインも、ささやかに個性を主張します。毛羽立ちに強い特殊紡績のコットン糸を用いているのも特徴の1つ。そして、豊富なバリエーションもうれしいかぎりです。写真のモデルのような鮮烈カラーからホワイト・グレーのような定番色まで、全6色がラインアップされます。

どう着こなす? ビッグシルエットを攻略するポイント

続いては、おしゃれなビッグシルエットスタイルを作るためのコツをレクチャー。下記のポイントを意識すれば、簡単にこなれたスタイリングに仕上がります。ぜひ、チャレンジしてみてください!

ポイント1

シルエットが際立つよう、あまりゴチャつかせない

シルエットが際立つよう、あまりゴチャつかせない

WEAR

WEAR

お気に入り追加

ゆとりあるリラクシングなフォルムこそが、ビッグシルエットアイテム最大の特徴。その持ち味を発揮させるには、着こなしは簡潔に仕上げたほうが良いでしょう。多少の味付けは問題ありませんが、重ね着や小物使いをやりすぎると、せっかくのシルエットが活きてこない場合もあります。

ポイント2

パンツはゆるすぎないほうが大人っぽい!

パンツはゆるすぎないほうが大人っぽい!

WEAR

WEAR

お気に入り追加

トップス・パンツどちらもビッグシルエットでまとめるのは、少々難度が高めで上級者向け。子供っぽく転んでしまう危険性が倍増します。大人感を保ちつつスタイルメイクするのであれば、パンツはジャストサイズ、もしくは細身をピックアップしたいところです。

ビッグシルエットのトップスの着こなしサンプル

最後は、高感度なビッグシルエットスタイルを実践しているファッショニスタたちの着こなしにフォーカス。ワンランク上の装いを作るために、彼らのコーデ術を参考にしてみましょう。

コーデ1

ビッグシルエットのトップスの着こなしサンプル

WEAR

WEAR

お気に入り追加

インディゴカラーによるトーンオントーンのコーデですっきりと装っています。ドロップショルダーのくだけ感あるカットソーに対してジーンズはスキニータイプという、メリハリのあるシルエットもポイントとなっています。

コーデ2

ビッグシルエットのトップスの着こなしサンプル 2枚目の画像

WEAR

WEAR

お気に入り追加

まっさらな白カットソー×スリムジーンズから成る王道アメカジスタイルも、Tシャツがビッグシルエットだと新鮮な雰囲気に! キャップ&バックパックの投入によって、ほんのりとスポーティに仕上げているのもキモです。

コーデ3

ビッグシルエットのトップスの着こなしサンプル 3枚目の画像

WEAR

WEAR

お気に入り追加

ペーパーライクな質感の素材を使ったユニークなビッグTは、やや短めの丈なので大人っぽい印象。ヴィンテージ加工のジーンズとのコンビネーションで、男らしいスタイルを構築しました。白T挿しによるトーンアップもお見事!

コーデ4

ビッグシルエットのトップスの着こなしサンプル 4枚目の画像

WEAR

WEAR

お気に入り追加

オープンカラー×ビッグシルエットという、トレンドのいいとこ取りとなったシャツを主役に抜てき。ブラックのアンクルパンツで全体のイメージを引き締めるテクニックもさすがです。足元は『ヴァンズ』のスリッポンで軽やかに!

コーデ5

ビッグシルエットのトップスの着こなしサンプル 5枚目の画像

WEAR

WEAR

お気に入り追加

シャツブルゾン、カットソーともにワイドシルエットですが、どちらもシンプルなデザインだから大人っぽさはきちんと保たれています。味のあるウォッシュドジーンズを合わせて、こなれ感をさりげなくプラスしたのも高評価。

コーデ6

ビッグシルエットのトップスの着こなしサンプル 6枚目の画像

WEAR

WEAR

お気に入り追加

今シーズンも根強い人気を誇るデニム・オン・デニムコーデ。上ゆったり・下タイトの緩急あるシルエットのおかげで、デニムシャツ&ジーンズという最小限のアイテム数ながらイマドキ感あふれるスタイルとなっています。

コーデ7

ビッグシルエットのトップスの着こなしサンプル 7枚目の画像

WEAR

WEAR

お気に入り追加

ボーダー柄のビッグTをメインに持って来て、マリンテイストなカジュアルスタイルを形成。ゆるめの身幅ですが丈感がジャストなので、クリーンにまとまっていますね。合わせたブルーのストレートジーンズが清涼感を加速します。

選び方から伝授。オーバーサイズTシャツの着こなし完全攻略

ウェア・コーデ

選び方から伝授。オーバーサイズTシャツの着こなし完全攻略

シルエットに余裕のあるオーバーサイズのTシャツが人気。着こなすのはそれほど難しくないので、おすすめのアイテムと着こなしポイント、コーデの実例を一気に紹介します!

平 格彦

2021.05.16

オーバーサイズを徹底攻略。着こなしのヒントと活用アイテム10選

ウェア・コーデ

オーバーサイズを徹底攻略。着こなしのヒントと活用アイテム10選

リラックス感のあるオーバーサイズの着こなしが定番化。だらしくなく見せず、お洒落に着こなすためのヒントとマストバイのアイテムを紹介します。

TASCLAP編集部

2021.03.29

今、狙い目。オーバーサイズのニットでコーデの幅が一気に広がる

ウェア・コーデ

今、狙い目。オーバーサイズのニットでコーデの幅が一気に広がる

今っぽいリラックス感と大人らしい品格を備えたコーディネートが簡単に構築できるオーバーサイズのニット。選び方から着こなしテク、おすすめアイテムまで徹底解説します!

平 格彦

2020.11.30

オーバーサイズシャツが今の気分。推しのブランドとスタイリングのヒント

ウェア・コーデ

オーバーサイズシャツが今の気分。推しのブランドとスタイリングのヒント

シャツを普段使いするなら、今は、サラッと着るだけでキマるオーバーサイズが良い。となれば、ダラっと見せないための選びや着こなしは必須。ここではそのコツを解説!

菊地 亮

2021.04.20

見た目も着心地もリラックス。オーバーサイズのパーカーは今、どう着る?

ウェア・コーデ

見た目も着心地もリラックス。オーバーサイズのパーカーは今、どう着る?

今っぽいリラックス感を演出できるオーバーサイズのウェア。その人気はスウェットパーカーにも波及しています。シルエットの選び方、コーデ術、おすすめ品を一挙に解説!

平 格彦

2020.10.10

パーカーもビッグシルエット。大人が取り入れやすいおすすめはこの10アイテム

ウェア・コーデ

パーカーもビッグシルエット。大人が取り入れやすいおすすめはこの10アイテム

ビッグシルエットブームは今季も継続していますが、なかでもおすすめなのがパーカー。コーデを今っぽく、かつこなれた印象に格上げするのにうってつけのアイテムなんです。

近間 恭子

2020.10.13

注目編集者
山崎 サトシ

TASCLAPでの執筆本数NO.1ライター

山崎 サトシ
アフロ歴15年のファッションライターで、趣味はヴィンテージモノの収集とソーシャルゲーム。メンズファッション誌を中心として、WEBマガジンやブランドカタログでも執筆する。得意ジャンルはアメカジで、特にデニム・スタジャン・インディアンジュエリーが大好物!
この編集者の記事を見る

KEYWORD関連キーワード

RELATED ARTICLES

あなたにおすすめの記事

ACCESS RANKING

アクセスランキング

ITEM RANKING

アイテムランキング

新機能

この記事を読んでいる方に
おすすめの記事をご紹介

RECOMMEND
ITEM LIST
TOP

カテゴリ

おすすめ記事