注目度◎。トラックパンツを着こなす5つのヒント

注目度◎。トラックパンツを着こなす5つのヒント

旬のアイテムとして注目を浴びるトラックパンツ。スポーツMIXに欠かせないアイテムであり、大人のスタイルとも相性抜群だ。着こなし方からおすすめアイテムまでをご紹介。

大中 志摩

2019.04.03

ボトムス
スポーツファッション

トラックパンツとは?

トラックパンツとは、陸上選手がウォーミングアップのときに体を冷やさないようにはくパンツのこと。スポーツ用に作られたパンツのため、伸縮性に優れた素材を使い、動きやすさを向上させている点が特徴だ。似ているアイテムとしてあげられるのは、ジョガーパンツ。こちらはジョギング用に作られたパンツで、トラックパンツの一種として数えられる。

失敗を避けるために知りたい、トラックパンツの選び方

トラックパンツは、メンズファッションに定着しつつあるスポーツMIXスタイルを手軽に楽しめるアイテム。とはいえ、一歩間違えると部屋着感が強くなるので、おしゃれ着として取り入れる際は細身のタイプを選ぶことが肝心。デザインも無地やサイドラインがあしらわれたものがあるが、シンプルなほうがさまざまなスタイルに取り入れやすい。サイドラインが入ったモノを選ぶ際は、同系色だったり、ライン細めだったりと、ラインの存在感が“さり気ない”モノがベターだ。

大人におすすめしたいトラックパンツ10選

大人にこそおすすめしたいトラックパンツをピックアップ。定番のスポーツブランドからアパレルブランドらしい遊びのあるデザインまで、幅広いアイテムをセレクトした。

ブランド1『アディダス』

人気の火付け役ともいえる『アディダス』のトラックパンツ。ブランド定番のトラックパンツをベースにスケーター仕様にリアレンジ。薄手の平織りの生地を採用。ややテーパードの効いた施しで、アンクルジッパーも備え付けられたリラックス感のある仕上がりに。

ブランド2『ナイキ SB』

印象的なアイコンがデザインに落とし込まれた、らしさのあるトラックパンツ。主張はあるが、いやらしさはない、スポーツMIXの主役着としてセレクトしたい一品だ。トップスにアクセントカラーを取り入れてスポーツ感を際立てるのが王道だが、モノトーンのシックな着こなしに取り入れて大人らしいスタイリングに取り入れるのも、もちろんあり。

ブランド3『フィラ ヘリテージ』

ナイロン混紡による程良い光沢感とゆったりとしたシルエットが今季的。デザインだけではなく、メッシュ素材の裏地による快適感も魅力。カットソー1枚で合わせてスポーティなスタイリングにするのも気分だが、シンプルなシャツと合わせるのも今季はおすすめ。

ブランド4『ニードルズ』

感度が高い大人にお馴染みの『ニードルズ』。同ブランドが展開するトラックパンツは種類にもよるが細すぎず、太すぎずの絶妙なシルエットがポイント。センターシーム入りのため、上品に見せられるのも特徴だ。配色のバランスもここならではだが、『ステュディオス』限定のブラウンは春先の着こなしのスパイスとして活躍してくれるだろう。

ブランド5『ニューバランス』

全体をブラックのトーナルカラーでまとめたハリのある質感が特徴的な1本。膝や大腿部などにダーツを配して脚の曲げ伸ばしをしやすく、動きやすい快適な着心地に。両脇にはファスナーポケット、裾はリブ仕様でフィット感を向上させるなど機能性にこだわった。

ブランド6『モンキータイム』

ジャージー素材を採用した1本は、まるでスラックスのような美しいテーパードシルエットが魅力。センターシームを設けることでさらに上品なムードを加速させている。裾はジップ仕様で開閉できるようになっていて、シルエットのアレンジも自在。

ブランド7『ラコステ』

ポリエステルにウールをMIXしたツイル素材がドレッシーな面持ち。グログランテープなどを用いず、生地を切り替えることによってサイドラインを表現している点もエレガントなルックス構築に一役買っている。イージースラックスのような感覚ではけるので、手始めの1本としても最適だ。

ブランド8『フレッドペリー』×『ビリーズ エンター』

『フレッドペリー』に『ビリーズ』が完全別注したモデル。ロンドン発のモッズやパンクのサブカルチャーファッションをテーマに、ジャージー素材のサイドにブルーとレッドのラインを加えUKらしいスポーティ感を演出。ゆったりしたシルエットで履き心地の良い仕上がりに。

ブランド9『パブリック トウキョウ』

高級なスポーツウェアなどに使われる4段スムースと呼ばれる厚手のポリエステル素材を採用。ほのかな光沢感がシックな雰囲気を放つ。サイドには発色のカラーをセットしつつも、ごく細いパイピングコードを採用することで適度に落ち着きある表情に。

ブランド10『ナンバーナイン デニム』

人気のドメスティックブランド発の1本は、太めのサイドラインを内側にも配した特徴的なデザイン。ウエスト〜太ももにゆとりを持たせ、膝から下をタイトフィットに絞り込んだシルエットも個性を主張する。微光沢を放つ生地使いによって上品さはしっかりキープ!

トラックパンツをおしゃれに着こなす5つのヒント

トラックパンツをおしゃれに着こなすために心掛けたいポイントを5つに絞ってご紹介。野暮ったいイメージを持っている人もいるかもしれないが、うまく取り入れれば着こなしにおいて強い味方になってくれるはず。ポイントを押さえて、旬なスポーツMIXに活用してほしい。

ヒント1色のメリハリをつける

白シャツにネイビーのパンツを合わせたコーデ。トラックパンツはリラックス感の強いアイテムなので、全体の色使いでメリハリをつけると着こなしに締まりが出てこなれ感を手軽に演出できる。スポサンと合わせればよりスポーティな印象に。

ヒント2テイストが違うアイテムと合わせる

カーキのカバーオールでミリタリー×スポーツなスタイルに。武骨さとスポーティさとがうまく組み合わさり、アーバンな雰囲気にまとまった。スポーティなアイテムにトラックパンツを合わせると運動着になりかねないので、テイストの違うアイテムと合わせることを意識して。

ヒント3黒のトラックパンツでスタイリッシュに

トラックパンツのスポーティさをより生かすためにも色は黒がおすすめ。スタイルをスタイリッシュに演出してくれるだけでなく、どんなアイテムにも合わせることができるので使い勝手も抜群だ。こちらはデニムシャツと合わせてカジュアルな雰囲気に。薄色デニムが爽やかな雰囲気を醸し出す。

ヒント4きれいめコーデのハズしに

クロップト丈のトラックパンツに白のシャツとサンダルを合わせたモノトーンスタイル。ベーシックなカラーリングなのでブレスレットが良いアクセントに。ハットやループタイできれいめ感を強調することでトラックパンツがハズしとして引き立っている。

ヒント5オーバーサイズのトップスを合わせて動きを出す

細身のトラックパンツにオーバーサイズのTシャツを合わせてシルエットにメリハリをつけた着こなし。パンツが細身なので大人でもオーバーサイズのトップスを簡単に攻略することができる。着こなしに動きも出るので、こなれた雰囲気がぐっと増す。

    KEYWORD関連キーワード
    RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事
    気温20度の日の服装とベストなコーディネートを考える

    気温20度の日の服装とベストなコーディネートを考える

    メンズファッションにおいて、多くの方が悩む春秋シーズンの服装。持っておくと便利なアイテムと、気温20度前後の季節での最適なコーディネートを紹介していきます。

    Hiroshi Watanabe

    意外と簡単。ワイドパンツのタイプ別に大人の着こなしを解説

    意外と簡単。ワイドパンツのタイプ別に大人の着こなしを解説

    ワイドなパンツは着こなしが難しいと思われがちですが実は簡単。ルールさえ守れば、こなれ感のある大人のカジュアルスタイルを築くことができます。そのポイントをご紹介。

    平 格彦

    グラミチのジーンズを購入しない理由が見つからない

    グラミチのジーンズを購入しない理由が見つからない

    カジュアル着の定番であるジーンズと、誰もが認める『グラミチ』。弱点が見当たらない、“大人の好物”を合わせた1本をご紹介します。

    編集フカザワ

    バンズのスニーカーはどれを選ぶ? どう履く? 人気&定番モデルを徹底攻略

    バンズのスニーカーはどれを選ぶ? どう履く? 人気&定番モデルを徹底攻略

    熱狂的なファンが多い『バンズ』のスニーカー。そのなかから、クラシック感が魅力の定番モデルをピックアップして詳しく解説します。着こなし術も合わせて一挙に紹介!

    平 格彦

    カーゴパンツをはこう。押さえておきたいコーデ&おすすめブランド

    カーゴパンツをはこう。押さえておきたいコーデ&おすすめブランド

    ミリタリーアイテムのなかでも人気のカーゴパンツ。なかなか知ることのないその歴史や着こなすコツ、大人になじむ1本まで、カーゴパンツにまつわる情報を網羅します。

    TASCLAP編集部

    大人の日常着。ディッキーズの定番874と別注モデルを徹底紹介

    大人の日常着。ディッキーズの定番874と別注モデルを徹底紹介

    『ディッキーズ』の定番「874ワークパンツ」の魅力とともに、同ブランドが誇るパンツのラインアップを整理。大人のカジュアルに効く『ディッキーズ』を幅広く紹介します。

    編集フカザワ

    BACK