夏のオフィスカジュアルは“快適かつおしゃれ”が鉄則

夏のオフィスカジュアルは“快適かつおしゃれ”が鉄則

会社によってドレスコードが異なるため、夏のオフィスカジュアルを正解に導くのは困難。でも意識すべき共通点はあります。それをおすすめアイテムと着こなしとともに紹介!

近間 恭子

2018.06.07

クールビズファッション
夏の着こなし・コーデ

夏のオフィスカジュアルで意識すべきポイントは?

クールビズを実践しているとはいえ、ダラダラ汗をかいていたり、暑苦しく見える着こなしではせっかくのおしゃれも半減。夏のオフィスカジュアルで意識すべきは、着心地も見た目も”涼しげ”であることです。さらにカジュアルとはいえ、ビジネスにおいては適度なきちんと感も忘れてはなりません。

ポイント1快適に導く機能素材を取り入れる

最近はクールマックスやアイスセンスなどの機能素材を使ったアイテムも数多く存在します。吸湿速乾や接触冷感といった機能を備えているので、過酷な夏を乗り切るのにうってつけ。パッと見は機能素材と思えない上質な風合いも多いので、快適さに加えてきちんと感も手に入ります。そんな機能素材が夏のオフィスカジュアルの力強い味方になるはず。

ポイント2見た目の涼しさや清潔感を意識

いくらクールビズを実践していても、暑苦しい見た目では意味がありません。夏のオフィスカジュアルは自分だけが快適なのでなく、相手にも清涼感を与える必要があります。おすすめはブルーやホワイト、ライトグレーといった軽快で爽やかなカラーリング。それらを取り入れれば涼しい見た目を演出でき、さらには清潔感を与えることができますよ。

機能も見た目も抜群。夏のオフィスカジュアルに最適なアイテム

ウォッシャブル機能のあるセットアップや機能素材を使ったシャツなど、夏のオフィスカジュアルにおすすめのアイテムを厳選。どれも“快適かつおしゃれ”に導くので、早速チェックしてみましょう。

アイテム1ウォッシャブル機能が搭載されたセットアップ

頻繁にクリーニングに出せないセットアップは、ウォッシャブル機能が搭載されたモノが便利です。『ジャーナルスタンダード』のセットアップも、もちろん自宅での洗濯が可能。しかもポリエステル素材のエバレットは伸縮性や吸水性に加え、速乾性にも優れているので室内外問わず素早く乾きます。マットな風合いで上品さが漂うのも優秀。

アイテム2アンコン仕立てのジャケット

裏地や芯地などの副資材を省いたアンコン仕立てのジャケットは、ストレスのない軽やかな着心地が楽しめるのが魅力。加えて副資材がない分、清涼感も得ることができます。こちらは型崩れしにくいカットソー地を採用しているので、持ち歩いてもシワになりにくい優れもの。吸水速乾があって肌触りもドライなので、真夏でも快適な着心地が楽しめます。

アイテム3機能素材を使ったシャツ

コットンの5倍の速さで汗を吸水して発散するクールマックスは、機能素材のパイオニア的存在。しかも汗によるベタつきやムレとも無縁なので、オフィススタイルに必須の清潔感もキープできます。そんなクールマックスを使った半袖シャツは、小さめの襟で身幅もスマートゆえにすっきりスタイリッシュに着こなせますよ。

アイテム4夏に快適な機能が装備したポロシャツ

鹿の子は夏に適した素材とされていますが、実際は暑いという声もしばしば。なので、ポロシャツも夏に快適な機能を備えたものを選ぶのがベター。『グリーンレーベル リラクシング』のオリジナルは、吸水速乾と抗菌加工をプラスした鹿の子を使用した優れもの。さらにネックや袖口などにあしらったホワイトラインが、清涼感ある見た目も演出してくれます。

アイテム5軽快なアンクル丈パンツ

くるぶしがチラッと見えるアンクル丈のパンツは、夏らしい軽快な見た目がウリ。この丈感にはいつものソックスを合わせるのではなく、素足履き風にくるぶしソックスが好相性。このアンクルパンツはポリエステルにリネンをブレンドしたリランチェを用いているため吸水速乾に優れ、自宅での手洗いが可能というのもうれしいポイントです。

アイテム6シワになりにくいパンツ

湿気が多くなると気になるのがパンツのシワ。1日はいていたらしょうがないことではありますが、シワが目立つとだらしない印象を与えてしまうことも。その点、『マッキントッシュフィロソフィー』のパンツは、クールマックスを使用することでシワになりにくい機能も併せ持っています。ストレッチ性も装備しているのでストレスとは無縁ですよ。

アイテム7スニーカーはレザーがマストな選択

スポーツ庁が推奨することもあり、ビジネスでもスニーカーを取り入れることが徐々に浸透。でも、休日と同じというのはいただけません。セレクトするべきは、レザー製のスニーカー。レザー製なら着こなしの品格もキープし、レザーシューズ感覚でスタイリングできるんです。さらにローテクのシンプルなデザインならなお良し。

アイテム8主張のない無地Tシャツがビジネスにはベスト

セットアップのインナーなどで活躍するTシャツは、夏のオフィスカジュアルに欠かせないアイテムのひとつ。ジャケットを脱ぐことも考えると、無地のベーシックカラーがマストです。こちらは生地の表面にあしらった特別な加工により、汗染みが目立たないという優れもの。裏面には吸水加工を施し、吸水と発散を促進させる機能を備えています。

アイテム9吸汗速乾性に優れたインナー

たとえ機能素材を使っていても、湿度の高い日本でシャツを1枚で着るのは避けた方が良いでしょう。なので、夏でもインナーは必須です。『アイスムーブ』は吸水速乾に加え、両サイドがメッシュ構造なので通気性も抜群。さらに抗菌防臭機能も備え、まさに夏のオフィスカジュアルに最適なインナーなのです。シームレスによるストレスのない着心地も優秀。

アイテム10抗菌防臭効果のあるソックス

人間の体で最も汗をかくといわれている足裏。となると、気になるのが湿気による靴内のムレや臭い。レザーシューズを履いているとなおさらです。このソックスは抗菌防臭加工糸を採用しているので吸水速乾にも優れ、それらの悩みを見事に解消できるんです。それでいて見た目はオフィススタイルにも対応するオーソドックスなデザインというのもミソ。

汗ばむ季節も”快適かつおしゃれ”に着こなすコーデテク

いくら夏に最適なアイテムでも、着こなしがイマイチなのはもったいない。ということで、夏のオフィスカジュアルにおすすめのキーアイテムを使ったおしゃれなコーデを紹介します。

着こなし1シンプルなセットアップを小物使いでスタイリッシュに

ネイビーセットアップ×ホワイトシャツの王道コーデ。それでいておしゃれに見えるのは、ノータイでもさまになるボタンダウンシャツを選んでいるから。加えて、華やかに挿して存在感をもたせたチーフやスエードのローファーなど、センスの光る小物使いにも注目を。

着こなし2白を効果的に取り入れ、夏に必須の清涼感を演出

オリーブグリーンとグレーの色合わせが新鮮なジャケパンスタイル。ダークトーンをセレクトしていながらも清涼感が漂っているのは、インナーと足元にホワイトをチョイスしているから。さらにコーディネートの清潔感アップにも貢献しています。

着こなし3清潔感があって涼しげなブルー系でまとめたシャツコーデ

シャツ&パンツともにブルー系で統一して清涼感をアピール。カッタウェイのシャツをセレクトしているのでノータイでもさまになり、かつすっきりとした印象を与えます。ベルトやバッグ、シューズはブラックで揃え、コーディネートを引き締めているのも技アリ。

着こなし4ダークトーンでまとめてポロシャツを上品かつ大人に

クリース入りのアンクル丈パンツとレザー製のデッキシューズで、スポーティなポロシャツを品よく着こなしているのがお見事。全体をダークトーンでまとめているのもポイントで、それも上品さアップに貢献しています。コンパクトなシルエットもおしゃれ。

着こなし5軽快さに拍車をかけるアンクルパンツをセットアップで

セットアップのボトムスをアンクル丈にすることで、軽快さをより高めることに成功。ローファーなどのレザーシューズではなく、ホワイトカラーのレザースニーカーを合わせ、クリーンで品のある足元を構築。リネン混のポロシャツも清涼感を盛り上げています。

    KEYWORD関連キーワード
    RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事

    BACK