スーツにも、スーツだからこそ付けたいアクセサリー

スーツにも、スーツだからこそ付けたいアクセサリー

スーツは、着こなしの幅が限られるだけに個性を出しづらい。ただ、ONスタイルの緩和化が叫ばれて久しい今、さり気ないプラスα=アクセサリーがそれを解決する糸口になる。

菊地 亮

2015.03.04

タイピン
インディアンジュエリー
カフリンクス
スーツ
指輪・リング
ブレスレット・バングル

アクセント付け、ギャップ作り、差し色…、周りとの差を生む5つの武器たち

ネイビー、グレー、ブラックとスーツの色にはことさら落ち着いた色味が求められるが、そこへ軽やかな色を加えるだけで見栄えは変わる。例えば顔の真下に位置するラペルへのひと挿しなら、主張し過ぎることなく遊び心を表現できるはず。しかも、ラペルピンはビズシーンにおいて一般的な小物ゆえ、入門編としても申し分ない。

ヘビーなイメージのあるバングルでも、ボディがシャープなアイテムを選べば難なく合わせられる。そこで、手元をギラつかせるよりも、馴染みやすく味わい深いマットなものを選びたい。なかでも、今メンズカジュアルのトレンドとして人気を高めているインディアンジュエリーは適任で、適度な遊びとしても使えるアイテムだ。

スーツを着こなすうえで唯一自由度の高いエリアこそVゾーンにほかならない。それを多くの人たちが心得ているからこそ、誰もが自然とそこへ目を向ける。となれば、そのタイに添えるタイピンこそうってつけ。デザインアイテムでポイントに、ダイヤモンドパターンでリッチにと、そこへ配したひと手間が違いを生む。

普段はジャケットに隠れて目立ちにくいが、だからこそカラフルな色やデザインを躊躇なく使えるのがこのアイテム。スマートフォンで電話をしている時、タクシーを呼びとめる時など、そこにちょっとしたオシャレポイントがあれば周りからの目も違ってくる。女性だって、我々が思っている以上に手元をよく見ているのだ。

エンゲージリングの例もあるだけに、ビズシーンでもより許容されやすいのがリング。どうせなら、それとは一線を画すデザインで自分らしさをアピールしたいところだが、過度な装飾は禁物。そこで、シルバーをベースに華奢なボディを選びつつ、ストーンや彫りなどによるワンポイントデザインをあしらったアイテムを狙いたい。

    KEYWORD関連キーワード
    RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事

    BACK