簡単です。スポーツMIXコーデを攻略する、3つのステップ

簡単です。スポーツMIXコーデを攻略する、3つのステップ

旬度満点なうえに軽快感もたっぷりなスポーツMIXコーデは、春夏の装いにぴったり。大人ならではの攻略法を、3つのステップと着こなし実例で解説します。

山崎 サトシ

2019.05.07

スポーツファッション

定番化した今だからこそ知りたい、スポーツMIXの“旬”コーデ

トレンドとしてファッションシーンを長らく席巻中のスポーツMIXコーデ。若々しいイメージがあり、敬遠している方も少なくないかもしれませんが、上手にスポーツアイテムを取り入れれば大人でも着こなし可能です。

やりすぎ厳禁。大人ならスポーティさと街っぽさのバランスを

いくらスポーツアイテムが旬とはいえ、それで全身を固めてしまっては単なる“運動着”に見えるおそれも……。大切なのは取り入れるバランス。スポーツアイテムを投入するならば、ワンポイントから多くても全体の5割程度のバランスにとどめましょう。以下では、具体的なテクニックを段階を踏んで紹介。「スポーツMIXコーデが気になる」という方も「もっと今っぽいスポーツMIXコーデを」という方も、ぜひ参考に!

▼ステップ1:まずはさりげなく。スポーツMIXの要素を“ロゴ”で取り入れる

スポーツMIXスタイルとして取り入れやすいのが、ロゴ。カットソーやキャップ、スウェットなどは特に使いやすいロゴアイテムです。着こなしのどこかにスポーツブランドのロゴを落とし込むだけで、着こなしがグッと旬な雰囲気に。いつもの着こなしにも馴染みやすいので、ビギナーにおすすめです。

着こなし1クリーンなスタイリングにキャップで軽快さを注入

カーディガンもボトムスもホワイトで統一したクリーンな着こなし。そのアクセントとして機能するのが『アディダス』のトレフォイルロゴが配されたキャップです。こちらのコーディネートでは、きれいめなムードを放つ装いにさりげなくスポーティさをブレンドしています。足元のスニーカーも同じく『アディダス』を選び、一体感をアピール!

着こなし2定番のアメカジスタイルに、ロゴTでスポーティなテイストを

日に焼けたようなヴィンテージ加工のデニムシャツに、細身のチノパンを合わせた王道的アメカジスタイルがベース。そこに大ぶりのロゴがプリントされた『バンズ』のTシャツを合わせることで、ほんのりとスポーツテイストを香らせています。デニムシャツとTシャツの色を同系色で呼応させ、スムーズなテイストMIXを実現している点も技あり!

着こなし3スポーツブランドのロゴを、あえてダブルで投入

『ナイキ』のアイコンであるスウッシュロゴをスウェットとスニーカーのダブルで投入! トップスに入った胸元のロゴは小ぶりで主張しすぎないので、スニーカーとともに2点使いしても悪目立ちする心配はありません。スラックスにシャツ、ハットといった大人感あるアイテムとの共演によって、落ち着いた表情に仕上げているのもGOOD。

▼ステップ2:グッとアクティブに。“素材”でスポーティさを加味

ナイロンにスウェット、あるいはジャージなど、素材感でスポーティさにアプローチするのも有効な手段。スタイリングに軽快なムードも加わります。ロゴアイテムとは異なり、チラ見せだと少々存在感が弱いので、ボトムスやアウターといった主役級アイテムで取り入れるのが正解。

着こなし1軽快な旬コーデを、ナイロンパーカーで味付け

ライトベージュの春らしいワイドパンツはリラックス感たっぷり。シャカシャカとした表情のナイロンパーカーをさらりと羽織れば、抜け感をさらに加速できます。ゆるい印象の着こなしですが、インナーに端正なギンガムチェックシャツを持ってくることで大人っぽさもキープ。隙のない好バランスな装いに仕上げています。

着こなし2ジャージの素材感を際立たせるモノトーンコーデ

ニットキャップからスニーカーに至るまで、全身をブラックアイテムで呼応させたモノトーンスタイル。ともすると重たく映ってしまいがちですが、軽やかな素材感のジャージパンツを用いてヘビーさを見事に払しょくしています。また、ボトムスに配されたスポーティなサイドライン&トレフォイルロゴが絶妙なコーデスパイスに!

着こなし3スウェットパンツでアメトラスタイルをスポーティに

ネイビーのブレザーにカレッジTシャツ、さらに白シャツと、アメトラテイスト濃厚なウェアを中心としてスタイルを形成。行儀の良さを演出する一方、ボトムスにはラフな太めのスウェットパンツをチョイスして適度に抜くことで、洒脱な着こなしに仕上げています。ボトムスとの相性を踏まえ、足元にはスニーカーをピックアップ。

▼ステップ3:スポーティなレトロカラーで、スポーツMIXコーデをアレンジ

よりトレンド感を色濃く出すのであれば、90年代のスポーツムード満点なレトロカラーのアイテムを活用しましょう。存在感があるので、前述の2ステップよりも難度は高めですが、モノにすればワンランク上のスタイルを構築可能。シューズでもウェアでも投入できますが、色のインパクトが強いのでレトロカラーはコーディネートのアイテム1点のみにとどめましょう。

着こなし1周囲の視線を呼び込む、刺激的な発色のアノラック

90年代らしいイエローのアノラックパーカーをメインアイテムに抜てき。ワイドパンツとのマッチアップにより、ストリート感強めのスポーツMIXコーデに仕上げています。ジャケットの存在感を生かすべく、パンツとスニーカーはダークトーンをセレクト。陽気なミラーサングラスも、発色の良いアノラックと好相性です。

着こなし2セットアップスタイルをハイテクスニーカーでハズす

きっちりとしたセットアップスタイルをスポーツアイテムでハズすのは大人の常套テクニック。こちらの着こなしは『リーボック』の「インスタポンプフューリー」を合わせ、メリハリを出しています。足元でレトロカラーを投入するなら、これぐらい大胆な配色を選んでもOK! その分、ウェアはシンプルカラーに徹しましょう。

着こなし3ショッキングピンクもインナー使いなら大人の装いに溶け込む

90年代リバイバルの流れを受けて、人気が再燃しているショッキングピンク。大人にはやや難しい色ではありますが、インナーとしてなら比較的容易に取り入れられます。このコーデでは、引き締め効果の高いブラックの無地シャツを羽織り、インナーに着たピンクのスウェットが放つアクの強さを緩和。脇役としての活用なら、良い塩梅のアクセントになります。

おさえておきたい定番品。スポーツブランドのロゴT着こなし30選

おさえておきたい定番品。スポーツブランドのロゴT着こなし30選

世代を問わずに愛されるスポーツブランドのロゴTシャツ。定番モノはとくに、着こなしで他人と差を付けることが大切です。お手本にしたい30スタイルをピックアップ!

TASCLAP編集部

ラインパンツでスポーティに。メンズコーデの基本とおすすめ10選

ラインパンツでスポーティに。メンズコーデの基本とおすすめ10選

パンツにサイドラインの入ったラインパンツがブレイクの予感! 各ショップからリリースされている新作をチェックするとともに、その着こなし術もレクチャーします!

CANADA

    KEYWORD関連キーワード
    RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事
    ジーンズをおしゃれに着こなすための5大法則とコーデサンプル

    ジーンズをおしゃれに着こなすための5大法則とコーデサンプル

    タイムレスな日常着であるジーンズ。だからこそコーデ次第では周りに埋もれてしまうことも。今どき感を演出するための法則を押さえ、一歩先の装いを目指しましょう。

    山崎 サトシ

    Tシャツ完全ガイド。人気23ブランドから選ぶおすすめの1枚

    Tシャツ完全ガイド。人気23ブランドから選ぶおすすめの1枚

    Tシャツは2019年の春夏も必需品。23の人気ブランドと、各ブランドのラインアップから厳選した1枚を一挙に紹介します。Tシャツ選びの参考に、ぜひチェックしてください。

    平 格彦

    夏に着たい白Tシャツは、ビッグサイズで一つ上の男に

    夏に着たい白Tシャツは、ビッグサイズで一つ上の男に

    これまで幾度となく夏は訪れてきたが白Tは常に主役を担ってきた。同時にマンネリ打破の命題とも付き合ってきたわけだが今季はどうやらサイジングにその解答があるようだ。

    菊地 亮

    大人の新定番。バンドカラーシャツとその着こなし方

    大人の新定番。バンドカラーシャツとその着こなし方

    襟付きシャツよりカジュアルで、きれいめにも見せられるバンドカラーシャツを徹底解説。着こなしの作法と、今季狙い目のおすすめブランドをお届けします。

    TASCLAP編集部

    カーゴパンツをはこう。押さえておきたいコーデ&おすすめブランド

    カーゴパンツをはこう。押さえておきたいコーデ&おすすめブランド

    ミリタリーアイテムのなかでも人気のカーゴパンツ。なかなか知ることのないその歴史や着こなすコツ、大人になじむ1本まで、カーゴパンツにまつわる情報を網羅します。

    TASCLAP編集部

    防水スニーカー12選。見た目GOODなアイテムで雨の日も快適に

    防水スニーカー12選。見た目GOODなアイテムで雨の日も快適に

    どんな季節であれ、足元の“雨対策”は必要。晴れの日に履くようなルックスかつ防水性を兼備した防水スニーカーが1足あれば、突然の雨天でも困ることはありません。

    TASCLAP編集部

    BACK