こなれ感急上昇。ワントーンスニーカーに熱視線

こなれ感急上昇。ワントーンスニーカーに熱視線

スニーカーは一過性のブームではなく、足元の定番に。なかでも、今注目したいのはワントーンカラーのもの。スタイリングのコツからおすすめまでまとめてみました。

モチヅキ アヤノ

2017.08.09

スニーカー
夏の着こなし・コーディネート
21〜25度の服装
休日

あなたの足元、アップデートしませんか?

トップスにトレンドを取り入れることはあっても、足元はだいたいいつもと同じ……、なんてことあると思います。ましてやシューズといえばスニーカーが定番化してるので、その出番はきっと以前にも増して増えていることでしょう。そんな中提案したいのが足元のアップデート。今季らしいスニーカーを合わせるだけで、コーデが洗練されます。注目されているワントーンスニーカーは、まさにうってつけの存在なのです。

ワントーンスニーカーって、どういうスニーカー?

ワントーンスニーカーとは、その名のとおり、1トーンで色がまとめられた単色スニーカーのことを指します。統一されたカラーリングによって、洗練された雰囲気を醸し出されている、こなれ感ある表情が魅力です。
今シーズンは多くのブランドからリリースされており、ベーシックなブラックやグレー、ベージュをはじめ、鮮やかなレッドやブルーなど、幅広いカラーバリエーションが揃っています。

ワントーンスニーカーのスタイリングは、配色が鍵

ワントーンスニーカーを合わせる際は、コーディネートとの配色バランスが重要です。どうおしゃれに着こなすか、そのポイントを解説します。

コーディネートの締め役にはオールブラックのスニーカーが持ってこい。ネイビー×ホワイト×ブルーの配色には、ホワイトスニーカーを合わせがちですが、ブラックのスエードスニーカーを合わせることで落ち着きのある着こなしに仕上げています。

トップス、ボトムス、キャップをネイビー系で揃えた着こなしに合わせたのはオールホワイトのスニーカー。メリハリのあるカラーリングによりスニーカーが際立つ好例です。

シャツにショーツというベーシックな組み合わせですが、グレーのワントーンスニーカーを投入することで今季らしくアップデート。都会的な『ニューバランス』のMRL247が、コーデをあか抜けさせます。

初秋にかけておすすめしたいのが、ベージュのワントーンスニーカー。落ち着きのあるやわらかい色みは、カーキなどの深みのある色と好相性。ひとあし早く秋を演出してくれます。

色別に紹介。大人が狙うべきワントーンスニーカー一覧

さて、ここからはお待ちかねのスニーカーピックアップ。大人の男性が選びたいワントーンスニーカーを色別にセレクトしました。暑い時期にぴったりの爽やかトーンから、秋の涼しい気候や紅葉にぴったりの渋めトーンまで揃えたので、ぜひチェックしてみて下さい!

『ナイキ』の伝説モデルであるナイキエアマックスは、1987年の初リリース以降、世界中でずっとトップセラーを走ってきた名作です。こちらのエアマックスプレミアムは、すべてブルーで統一された1足。目を引く鮮やかカラーでコーデの主役に持ってこい。

夏にぴったりのオールホワイト。ロゴはスエード調、アッパーはテキスタイルという、異なる素材を採用しているので、シンプルなホワイトカラーでも表情のある1足に仕上がっています。

『オニツカタイガー』の名作メキシコにもスタイリッシュなワントーンカラーがありました。ライトグレーで統一され、洗練された印象に。

秋にぴったりのボルドーカラーで、スニーカーながらもクラシカルな面持ちが魅力。柔らかなスエードレザーのアッパーが上品さも上乗せし、大人っぽい雰囲気に仕上がっています。

海をイメージさせる真っ青な色みが夏にぴったり。淡いブルーやホワイトジーンズと合わせて爽やかに履きたい1足です。パンチの効いたヴィヴィッドカラーでも品良く見えるのは、ヴィンテージ感のあるスエード素材のおかげ。

レザーのアッパー、シューレース、ガムソールまで、すべてカーキで統一されたミリタリーライクな1足。ドイツ軍で使用されていた軍用スニーカーをベースにしながらも、ワントーンでまとまりつつスマートなフォルムのため都会的な印象を与えてくれます。

ヌーディーなベージュのアッパーにゴールドの刻印があしらわれた上品なデザインがポイント。肌なじみのいい絶妙な色は、夏コーデには抜け感を、秋コーデには暖かみを演出してくれる万能カラーです。

『アディダス』の人気モデルであるガゼル。落ち着きのあるベージュの色み、ヴィンテージ風のスエードの風合いがこなれ感たっぷりで、秋の足元に最適です。

『コンバース』オールスター100周年モデルで、キャンバス地のアッパー、シューレース、アウトソールまでオールネイビーカラーが特徴。カジュアルな印象が強いオールスターハイですが、ワントーンカラーならモダンな雰囲気で、いつものコーデも新鮮に。

    KEYWORD関連キーワード
    RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事

    BACK