大人の万能着。リーバイス505の春夏秋冬コーデを徹底解説

大人の万能着。リーバイス505の春夏秋冬コーデを徹底解説

『リーバイス』といえばもはや説明不要ともいえる大人の定番。当記事では、「501」と並び根強い人気を持つ「505」シリーズについてその魅力と着こなしを詳しく解説します。

2022.06.30
SHARE
記事をお気に入り
Roaster

執筆者

Roaster
雑誌作りからスタートしたメディア&コンテンツ制作会社。ファッション、トレンドカル チャーを中心としたコンテンツをあらゆる媒体に向けて制作している。 記事一覧を見る
...続きを読む

不動の定番。『リーバイス』の「505」って、どんなモデル?

不動の定番。『リーバイス』の「505」って、どんなモデル?

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

『リーバイス』「505」は1954年に誕生した「501(R)」のジッパー版「501(R)ZXX」に改良を重ねて1967年にリリースされたモデルです。元々労働着として作られた「501」にはボタンフライがあしらわれておりましたが、「505」では初めてジッパーフライを採用しました。リーバイスが労働者の作業着から、若者たちが着るファッションアイテムへとマインドチェンジした歴史でもあるモデルです。

不動の定番。『リーバイス』の「505」って、どんなモデル? 2枚目の画像

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

「505」の魅力を一言で説明すると、”テーパード”でしょうか。「501(R)」比べると細身のシルエットで、裾巾の狭さが特徴的なテーパードストレート構造になっています。細身なので、ジャケットスタイルやきれいめコーデとは自ずと相性◎。ウエストを大きめに設定しているため、サイズダウンすればさらにスマートな着こなしが可能になります。

合わせて読みたい:
リーバイスのジーンズ総特集! 定番も新顔も人気モデルの魅力を解説
リーバイス501をもっと好きになるために押さえておきたい3つのモデル

『リーバイス』「505」のコーディネートを一挙公開

デニムは季節を問わずに使いまわせるデイリーアイテムですが、その中でも『リーバイス』「505」は、 ON、OFFを問わず、着こなし次第でどんなテイストも作ることができる万能品おのもあります。ここからはその「505」を使った、四季に合わせたスタイリングをいくつか見ていきましょう。

『リーバイス』「505」の夏コーデ

夏はシンプルに、Tシャツ一枚と合わせるだけでもサマになるのが「505」。コーデに物足りなさを感じたら、シューズやアクセサリーをワンポイントとして使えば◎。選ぶTシャツもサイズや素材感にこだわりを持って自分らしい夏スタイルを確立しましょう。

コーデ1

ダークな「505」を選んで大人っぽく着こなした基本形

ダークな「505」を選んで大人っぽく着こなした基本形

WEAR

WEAR

お気に入り追加

すっきりした印象のテーパードシルエットが特徴的な「505」とはいえ、ジーンズなので印象はカジュアル。大人っぽく着こなしたいなら、リジッドデニムかそれに近いダークトーンのタイプを選ぶのが原則です。夏に欠かせないTシャツを合わせても、落ち着いたムードにまとまります。このお手本では、少しゆるめのポケットTシャツを合わせつつ、「505」をロールアップして今どきな抜け感も加味。バケットハットでストリート感をプラスしています。

コーデ2

オーバーサイズのTシャツで旬なリラックス感を強化!

オーバーサイズのTシャツで旬なリラックス感を強化!

WEAR

WEAR

お気に入り追加

先程とは違い、ビッグサイズのTシャツをラフに合わせた「505」の夏コーデ。お尻まで隠れる長い着丈のTシャツで、リラックスシルエットを作る。それにしても、リーバイスにはコンバースのスニーカーがよく合いますね。

コーデ3

ブラックのTシャツでクールにまとめるのも定番

ブラックのTシャツでクールにまとめるのも定番

WEAR

WEAR

お気に入り追加

少し色落ちした「505」は、ブラックのTシャツで引き締めて大人っぽく着こなすのがおすすめです。黒いTシャツとのコントラストによって加工ジーンズならではの表情が引き立つというメリットも。このコーディネートのようにスニーカーや靴もブラックで揃えれば、効果は一層高まります。プリント入りのTシャツはラフな印象になりがちですが、この程度のシンプルなグラフィックなら大人っぽくまとめるのも簡単です。

コーデ4

ユーズド感のある「505」で男っぽい印象を醸出

ユーズド感のある「505」で男っぽい印象を醸出

WEAR

WEAR

お気に入り追加

「505」には、さまざまな加工感やシルエットのバリエーションがあります。ここで選んでいるのはユーズド感が強く、シルエットに少し余裕のあるタイプ。その特長を生かして男っぽいイメージを打ち出した夏のコーディネートです。ミリタリー調のシャツを合わせて武骨にまとめているのがポイント。ジャストに近いシルエットを選ぶことで、ラフな印象を緩和しています。ダークなレンズのサングラスや黒いスニーカーも男らしいムード作りに貢献。

コーデ5

美麗なシルエットを生かして上品な夏の装いに

美麗なシルエットを生かして上品な夏の装いに

WEAR

WEAR

お気に入り追加

「505」ならではの美しいテーパードシルエットを活用すれば、品のある夏のコーディネートを築くこともできます。このコーディネートは典型的。シンプルなポロシャツとレザーシューズを合わせ、落ち着きのあるカジュアルスタイルにまとめています。ポロシャツの裾をジーンズにタックインし、腰回りをすっきり仕上げて品格アップ。いたってシンプルな着こなしですが、シルエット、サイズ感、着こなしが絶妙だからこそスタイリッシュな印象です。

『リーバイス』「505」の秋コーデ

夏から秋へかけてのコーディネート作りは難しいもの。ただし、夏に活躍したTシャツを活用しつつ、1枚か2枚プラスするだけでもおしゃれな秋のコーディネートは完成します。少し肌寒くなってきたときにおすすめなのは「505」がきちっとハマるジャケットスタイルです。

コーデ6

ニットがメインの無造作ジーンズスタイル

ニットがメインの無造作ジーンズスタイル

WEAR

WEAR

お気に入り追加

夏に使っていた白いTシャツのうえにニットを重ねれば、秋らしいコーディネートがすぐに完成。少し余裕のあるシルエットを選ぶことで、色落ちした「505」ならではのリラックス感に同調しています。また、ニットのケーブル柄やジーンズのヒゲやアタリなどに表情があるため、こなれたムードも。ニットとスニーカーをグレーで揃えた統一感により、カジュアルなのにスタイリッシュな装いに仕上がっています。

コーデ7

トラッドなジャケットスタイルを着崩したお手本

トラッドなジャケットスタイルを着崩したお手本

WEAR

WEAR

お気に入り追加

「505」はテーパードシルエットが美麗なので、ジャケットとも相性抜群です。このコーディネートは、ネイビーのブレザーに赤いレジメンタルタイを合わせてトラッドなテイストを醸出。加工感のあるジーンズで着崩し、こなれ感を加えています。メガネをプラスすることで知的なトラッド感を上乗せしているのもおしゃれ。コーディネート全体の色を拾ったスニーカーのセレクトまで見事です!

コーデ8

ダークな「505」で落ち着かせたレトロな装い

ダークな「505」で落ち着かせたレトロな装い

WEAR

WEAR

お気に入り追加

秋のムードを感じさせるベージュのドリズラージャケットを着用。インナーにラベンダーカラーのハーフジップニットを合わせた淡いカラーリングがおしゃれです。そんな上半身に対して下半身は暗め。ダークなジーンズに黒のスニーカーを合わせて落ち着かせています。また、シルエットがスリムな「505」だからこそ上品な印象に。全体としてはクラシックなムードの大人なカジュアルスタイルにまとまっています。

コーデ9

デニムの表情を生かしたアウトドア調のレイヤード

デニムの表情を生かしたアウトドア調のレイヤード

WEAR

WEAR

お気に入り追加

ヒゲなどのユーズド感がさりげなく利いている「505」をセレクト。その味感だけでなく、フリースジャケットやレザーブーツなどの表情も加わり、こなれた印象のレイヤードスタイルにまとまっています。アウトドアテイストのアメカジスタイルがベースですが、白いシャツを組み込むことで清潔感や品の良さを加味したバランスが秀逸。気温や天候が読みづらい秋だからこそ、温度調整がしやすいこんな着こなしが重宝します。

コーデ10

「505」とロング丈アウターで品良くまとめた好例

「505」とロング丈アウターで品良くまとめた好例

WEAR

WEAR

お気に入り追加

コーディネートを大人っぽくまとめるなら、丈の長いアウターを重ねるのも効果的。スリムな「505」を合わせるだけで、大人なジーンズスタイルが構築できます。このお手本コーディネートでは、オリーブ色のスウェットにチェック柄のコーディガンをプラス。ラフな印象になっていないのは、アウターの丈が長めだから。もちろん、色落ちの少ない「505」も落ち着いた印象作りに貢献しています。

『リーバイス』「505」の冬コーデ

テーパードシルエットが美しい「505」はロング丈のコートと合わせてもきれいにはまりますが、最大の特徴であるテーパードをきちんと見せることができるブルゾンやショートジャケットを合わせる着こなしもおすすめです。いずれにしても、使うアイテム数が多い冬こそシンプルに着こなすと新鮮。「505」のシルエットや味感も引き立ちます!

コーデ11

王道アメカジスタイルを「505」でブラッシュアップ!

王道アメカジスタイルを「505」でブラッシュアップ!

WEAR

WEAR

お気に入り追加

ジーンズにスタジャンを合わせると王道的なアメカジスタイルが完成します。ラフな印象になりがちですが、すっきりしたテーパードシルエットの「505」を使うと、どこかスタイリッシュな雰囲気に仕上がります。このコーディネートでは、全体的な色数を少なく抑えて落ち着かせるテクニックも駆使。白が使われているスタジャンとスニーカーを選び、軽快なイメージを演出しているのもポイントです。

コーデ12

上品なコートに馴染ませつつ着崩したお手本コーデ

上品なコートに馴染ませつつ着崩したお手本コーデ

WEAR

WEAR

お気に入り追加

ドレスなムードのコートを着崩す際にも「505」は最適。何度も解説している通り、美麗なテーパードシルエットが上品なアウターに馴染みやすいからです。その一方、ジーンズなので着崩し感がしっかり出ます。このコーディネートはまさに典型的。スニーカーではなくレザーシューズを選ぶことで、ラフすぎないバランスに調節しているのも絶妙です。ステンカラーコートを使っていますが、チェスターコートやトレンチコートなどを選んでもOK。

コーデ13

カジュアルなコートスタイルを足元から大人仕様に

カジュアルなコートスタイルを足元から大人仕様に

WEAR

WEAR

お気に入り追加

ロング丈のモッズコートを合わせた定番的な着こなしですが、ポイントは足元。裾が絞られた「505」だからこそ、すっきりまとまっています。その結果、ルーズな印象が低減されてどこか大人なムードに。クリーンなオールホワイトのスニーカーを合わせることで、アウターのミリタリーテイストを緩和しているのも巧妙です。よく見るとジーンズの加工感はハードですが、アウターで覆うことで面積を縮小し、ラフすぎない印象に仕上げたバランスにも脱帽。

コーデ14

アウトドアスタイルを洗練させた「505」の底力

アウトドアスタイルを洗練させた「505」の底力

WEAR

WEAR

お気に入り追加

アウトドアテイストのダウンジャケットを使ったアメカジ系のコーディネートです。本来は野暮ったくなりがちな着こなしですが、スタイリッシュな印象を受けるのはやっぱり「505」を選んでいるから。スリムなテーパードシルエットから洗練された雰囲気が漂っています。デニム地の加工感がアウトドアテイストに馴染み、インディゴブルーが赤いチェック柄のシャツを引き立てています。

コーデ15

サイズダウンした「505」でエレガントに昇華

サイズダウンした「505」でエレガントに昇華

WEAR

WEAR

お気に入り追加

テーラードジャケットに似合うのも「505」の大きな魅力。このコーディネートでは、ダブルブレストのジャケットに合わせ、カジュアルなのに品のあるタイドアップスタイルを築いています。「505」をサイズダウンしてスリムジーンズとしてはきこなしているのがおしゃれ。丈も短めですが、それを利用して足首から赤いソックスを覗かせて挿し色として利かせています。真冬はジャケットに上に重ねるアウターも重要ですが、ここではワックスドジャケットをセレクト。クラシック感がジャケットと共通しているため、難なく馴染んでいます。

『リーバイス』「505」の春コーデ

徐々に薄着になり始める春は羽織ものが重宝します。特に、テーパードの利いた「505」はきれいめコーデの鉄板でもあるシャツとの相性が◎。デニムの色味に合わせてシャツの色や柄を使い分ければこなれ感のある春コーデの完成です。もちろんシャツだけでなく、ジャケットやブルゾンなどの羽織ものも相性抜群です。

コーデ16

ブルー×ホワイトの色使いで爽やかな春スタイルに

ブルー×ホワイトの色使いで爽やかな春スタイルに

WEAR

WEAR

お気に入り追加

濃紺カラーの「505」にブルーのシャツを合わせた定番の爽やかコーデ。濃紺デニムにはきれいなホワイトのコンバースがよく映えます。黒のバケットハットをかぶることにより、少しストリートな雰囲気をプラス。春先はシンプルなシャツコーデで見せてみるのはいかがでしょうか。

コーデ17

ジャストなサイズ感の上品なデニム・オン・デニム

ジャストなサイズ感の上品なデニム・オン・デニム

WEAR

WEAR

お気に入り追加

ブルートーンで合わせた王道のデニムスタイル。革靴ではなくあえてスニーカーを合わせて軽やかな印象に。シンプルかつおしゃれなデニム・オン・デニムは誰しも憧れたことがあるのでは?まだ肌寒い春先に挑戦してみてはいかがでしょうか。一見難しそうに思えるコーデもライトなインディゴカラーで統一すれば柔らかい印象を作れるので◎。

コーデ18

明るめの「505」+ 春アウターで軽快な装いに

明るめの「505」+ 春アウターで軽快な装いに

WEAR

WEAR

お気に入り追加

テーパードシルエットの「505」に春らしいアウターを合わせれば、おしゃれな春のコーディネートが出来上がります。このコーディネートで選んでいるのはカバーオール。明るいベージュが軽やかな印象です。ハードに色落ちした「505」も明るめのトーン。軽快なコーディネートのベースを固めつつ、インナーを挿し色にして個性も加味しています。ニットキャップ、バックアップ、スニーカーを黒で統一し、さりげなく引き締めたバランスも絶妙。

コーデ19

色落ちした「505」の爽快感を全身に拡大

色落ちした「505」の爽快感を全身に拡大

WEAR

WEAR

お気に入り追加

ここで使っている「505」は均一的な色落ち具合が特徴的。こなれ感だけでなく爽やかな印象も感じさせる表情です。その魅力を拡大するため、爽快感が共通項のバスクシャツをセレクト。定番的なネイビー×ホワイトのマリンボーダーではなく、ライトブルー×ホワイトのボーダー柄を選ぶことで個性も打ち出しています。コーディネートとしてはシンプルですが、デニム地の表情とボーダー柄によって地味な印象を打破した好例です。

コーデ20

古着ジーンズ×カーディガンが好バランス

古着ジーンズ×カーディガンが好バランス

WEAR

WEAR

お気に入り追加

カーディガンで品良くまとめた大人っぽいカジュアルスタイルです。シンプルなアイテムばかりなのに無難な印象になっていないのは、ヒゲやアタリが出ているジーンズを選んでいるから。ヴィンテージの「505」から漂う絶妙な味感が、コーディネートに奥行きを与えています。テーパードシルエットは上品なカーディガンにマッチ。裾をロールアップすることで抜け感を加味したテクニックも抜群です。

隠れた名作。リーバイス502の隠しきれない魅力とラインアップ

ウェア・コーデ

隠れた名作。リーバイス502の隠しきれない魅力とラインアップ

今、『リーバイス』の502が人気です。同ブランドといえばまず頭に浮かぶのが501ですが、なぜ最近になって502が注目されているのでしょうか? その理由を解説します。

髙須賀 哲

2021.03.22

ジーンズの新たな定番。リーバイス511が大人の着こなしにハマる

ウェア・コーデ

ジーンズの新たな定番。リーバイス511が大人の着こなしにハマる

120年以上もの歴史を誇るジーンズブランド『リーバイス』。同ブランドといえば501が最も有名だが、今回はモダンなシルエットで注目を集める511を紹介。

大中 志摩

2022.04.15

リーバイスのジージャンはやっぱり王道だ。その変遷と今買えるアイテムを解説

ウェア・コーデ

リーバイスのジージャンはやっぱり王道だ。その変遷と今買えるアイテムを解説

流行事情に関係なく1着は持っておきたいジージャン。買いの筆頭候補はやっぱり王道の『リーバイス』でしょう。その歴史を読み解きつつ、今の狙い目モデルを指南します。

押条 良太

2022.03.04

このゆるさが新鮮だ。リーバイスの550で旬なリラックス感を手に入れる

ウェア・コーデ

このゆるさが新鮮だ。リーバイスの550で旬なリラックス感を手に入れる

今、リラックスシルエットのジーンズが注目されています。王道ブランド『リーバイス』では、名モデルと名高い「550」が人気。支持される理由からコーデ例まで解説します!

平 格彦

2022.04.11

今こそはきたいタイトさ。リーバイスの606で永遠の若さを手に入れる

ウェア・コーデ

今こそはきたいタイトさ。リーバイスの606で永遠の若さを手に入れる

ワイドなボトムスが流行中ですが、海外のコレクションでは少しずつ細身ボトムスの登場頻度が高まっています。となると思い出される名品が1本。「606」はいかがでしょう。

那珂川廣太

2022.07.07

KEYWORD関連キーワード

PICK UP

編集部の注目

今年の西川ダウンはどうなんだ!? おしゃれ賢者3人による徹底試着レビュー2022

『ナノ・ユニバース』の人気銘柄として知られる『西川ダウン(R)』。その今季作を、ファッション業界の経験豊富な識者たちが試着しながら徹底検証。さて、結果やいかに!?

SPONSORED by ナノ・ユニバース

続きを読む

“冬ビズ”コーデの特効薬が5,000円台から! 敏腕スタイリストと読み解くメガネの効能

ネクタイなどと同様、メガネもビジネススタイルのセルフプロデュースに不可欠なアイテム。理想的なフレームが揃い踏みした『ジンズ』の新作で、選びの要諦を読み解きます。

SPONSORED by ジンズ

続きを読む

今どきのビジカジはどうこなす? ドレススタイルのプロが見た“オーダー”という選択肢

自由度が高い反面、難しくもあるビジネスカジュアル。もしビジカジにお悩みなら、独自のオーダーシステムで話題沸騰中のブランド『ファブリックトウキョウ』がおすすめだ。

SPONSORED by ファブリックトウキョウ

続きを読む

この冬、狙うべきは“○○じゃないほう”の1着だ。タトラスに学ぶ今どきダウンの選択術

安心感のある定番も良いけれど、あえて“じゃないほう”のダウンを選んでさりげなく旬な変化を楽しむのもおすすめです。ご存じ『タトラス』で、今どきのチョイスをご提案!

SPONSORED by タトラスインターナショナル

続きを読む

復刻ウォッチトレンドの旗手、ロンジン。3つのルーツから提案する銘品たち

今年で創業190周年を迎える『ロンジン』は、これまで数多くの傑作を手掛けてきました。それらにスポットを当てた復刻モデルこそ今季の狙い目。3つの銘品を掘り下げます。

SPONSORED by ロンジン

続きを読む

もっと見る

RELATED ARTICLES

あなたにおすすめの記事

ACCESS RANKING

アクセスランキング

ITEM RANKING

アイテムランキング

NEW

人気ショップスタッフの
最旬コーディネートをご紹介

人気ショップスタッフの
最旬コーディネートをご紹介

おすすめ記事
TOP