時代はワイド。ベンデイビスの“ゴリラカット”が今、新鮮

時代はワイド。ベンデイビスの“ゴリラカット”が今、新鮮

ワイドパンツが旬。数多くのブランドが“新作”としてリリースしているのが現状ですが、注目すべきはやはり老舗。というワケで『ベンデイビス』が誇る名作に注目!

編集フカザワ

2018.06.08

ベンデイビス(BEN DAVIS)
ボトムス
ワイドパンツ

ついに時代が追いついた。『ベンデイビス』の“ゴリラカット”とは?

どうも、編集フカザワです。昨今のメンズパンツのトレンドといえば、ワイドパンツですよね。とはいえ、豊富にリリースされているラインアップから“男らしく、大人らしく”はける1本を探すのはなかなか面倒。

そんなモヤッとした気分のあなたにおすすめしたいのが、1935年設立のワークウェアブランドである『ベンデイビス』。同ブランドの“ゴリラカット”が、ここにきて注目度を増しているんですよ。

ゴリラカットというのは、同モデルならではの極太のシルエットが由来。ストンと落ちるストレートレッグには男らしさがあふれまくっていますよね。極太とはいえ、いつものスタイリングにとけこむ絶妙なラインをキープしてるあたりが素晴らしい。さすが、古き良きワイドパンツの代表格といったところでしょうか。

正面からはもちろん、サイドのシルエットも秀逸です。徹底したストレートレッグからは、ビシッとした大人の潔さを感じさせますよね。前から見ても、横から見ても美しいシルエットというのは、やはりイイものです。

アイテム単体でながめているだけで好きになりそうなシルエットですが、街のおしゃれさんたちはどのように着こなしているのでしょうか? というか、どうすればおしゃれに着こなせるのでしょう?? 実例とともに、チェックしましょう。

街の達人に学ぶ。ゴリラカットの取り入れ方

旬アイテムとして筆頭候補にあげられるワイドパンツですが、巷では「難しいんじゃね?」という声もあがっているようです。しかし、答えはNO。以前執筆した記事をご一読いただければと思うのですが、当記事ではゴリラカットをサラッと着こなす3名を実例に、その取り入れ方を解説します。

■参考記事: ワイドパンツを着こなすのはこんなに簡単。おすすめメンズコーデ集

上記でも述べていますが、ポイントはナチュラルに見せること。クセのあるシルエットを、あえてスタイリングになじませることではじめて違和感のない、おしゃれなワイドパンツのコーディネートが成立するのです。

ウェアをブラックに統一することで色みをリンクさせ、極太のシルエットをなじませた好例。差し色として採用したピンクがこれまたおしゃれ。

ゆったりとしたアウターとワイドパンツで、Iラインのシルエットに。淡い配色やストリートテイストのアイテムで統一感を持たせれば、ワイドパンツも難なく馴染みます。

ビッグシルエットのトップスとも、もちろん好相性。しかしながら、ロールアップにすることで今らしい抜け感をプラスしているのが達人の妙技。ゴリラカットのストレートシルエットは、ロールアップしてもストンとしたラインをキープしてくれる点もGOODですよね。

シルエットだけじゃない。『ベンデイビス』ならではの魅力とは?

男気あふれるシルエット美に酔いしれまくっているところ恐縮ですが、極太のライン以外にもゴリラカットには魅力が盛りだくさん。その一部をご紹介します。

シルエットが美しいとはいっても、素材がヤワでは話になりません。『ベンデイビス』のそれは、厚みのあるチノツイルを使用。バリッとした質感だからこそ、ストレートなラインがそのまま楽しめるんです。

L字ポケットも『ベンデイビス』ならではのディテールです。未体験の方にはぜひ経験していただきたいのですが、ぜひ『ベンデイビス』をはいてポケットに何かしら入れてみてください。そうすれば、モノを取り出すときの「うっひゃー。手を入れやす過ぎるは、これは」という感動が味わえるはず。

最後は私的好みですが、バックポケットのスナップボタンという仕様も快適。同ブランドお馴染みのあのマークもかわいいんですよ。武骨なデザインながら、ディテールで愛らしさを取り入れるあたりがニクいですね。

『ベンデイビス』のゴリラカットで“旬”を楽しもう

『ベンデイビス』のゴリラカット、いかがでしたか? Tシャツに合わせてストリートライクに仕上げるのも良し、シャツとのコンビでクリーンなアレンジを楽しむも良し。オープンカラーシャツと合わせれば、これまたトレンドのリラックス感のあるコーデに仕上がります。用途はさまざまですが、コレ1本さえあれば応用が利くので買って損はないはず。ぜひ未体験のワイドシルエットを『ベンデイビス』のゴリラカットで堪能しましょう!

    KEYWORD関連キーワード

    BACK