大人が選びたいベルトはコレだ! おすすめブランド20選

大人が選びたいベルトはコレだ! おすすめブランド20選

主役になることは多くなくても、それ次第で着こなしの仕上がりが変わると言っても過言ではない名脇役……それがベルトです。大人向けおすすめブランドを一挙ご紹介します。

2022.09.26
SHARE
記事をお気に入り
近間 恭子

執筆者

バッグ・革小物をメインに執筆記事は200本以上

近間 恭子
ライターのアシスタントを経て、2003年に独立。「MEN’S CLUB」や「Mono Master」などの男性誌をはじめ、女性誌やWEB、カタログで活動している。ビジネスからカジュアルまでのメンズファッション全般を得意としているが、最近は趣味がこうじて旅企画も担当。 記事一覧を見る
...続きを読む

まず押さえておきたい、ベルト選びの基本

スタイリングにおいてベルト選びは、ただやみくもにお気に入りのモノを合わせれば良いということではありません。たとえ主役にならずとも、取り入れる際にはルールがあります。購入時のヒントにもなるベルト選びのポイントを押さえましょう。

ポイント1

手持ちのシューズの色をベースに選ぶ

手持ちのシューズの色をベースに選ぶ

WEAR

WEAR

お気に入り追加

コーディネートする際に、ベルトとシューズの色を揃えるのは基本中の基本。ビジネススタイルにおいてはなおさらです。そのため、手持ちのシューズの色をベースにベルトを選ぶのがポイント。

ポイント2

着こなしやTPOに合ったベルト選びを

着こなしやTPOに合ったベルト選びを

WEAR

WEAR

お気に入り追加

例えばスーツスタイルのときにキャンバスのベルトはミスマッチです。やはりスーツスタイルにはレザーが鉄則。逆にカジュアルスタイルのときに、スーツスタイルと同じベルトというのもいただけません。着こなしやTPOに合わせたベルト選びも重要なのです。

ポイント3

ベルトの穴の位置にも気を使う

ベルトの穴の位置にも気を使う

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

通常、ベルトの穴は5つが基本。機能的にはどの穴に留めても良いのですが、3つ目の穴に留めるとバランス良く収まりが良いんです。ちなみに穴のないメッシュベルトの場合は、留めたときに長すぎないか短すぎないかを確認するようにしましょう。

着こなし別に大人におすすめのブランドをピックアップ

合わせるシーンによって選ぶアイテムも異なるベルト選び。スーツスタイルとカジュアルスタイル、それぞれの着こなしにマッチするおすすめのブランドをセレクトしました。

▼スーツスタイルに合うおすすめベルト10選

スーツに合わせるベルトはレザーが鉄則なので、上質なレザーに定評のあるブランドを中心にピックアップ。基本的には、シンプルなデザイン、色もブラックやブラウンなどのベーシックな色を選ぶと良いでしょう。

アイテム1

『グレンロイヤル』

『グレンロイヤル』

トラッド ハウス フクスミ

トラッド ハウス フクスミ

お気に入り追加

1979年の創業以来、高品質なレザーアイテムを発信し続けている『グレンロイヤル』。伝統的な素材や技術を継承しつつ、今もなおスコットランドの職人の丁寧なハンドメイドで仕上げられています。ブランドの代名詞素材であるブライドルレザーを使ったベルトは、ビジネススタイルに最適な1本。シルバーカラーのバックルは上品さを加速させる効果も。

グレンロイヤルの財布。長く愛用すべき英国ブランドの実力派を今こそ

バッグ・ファッション小物

グレンロイヤルの財布。長く愛用すべき英国ブランドの実力派を今こそ

長く使えるちゃんとした財布が欲しいならば、英国生まれの『グレンロイヤル』を。革質も作りも、そして名物のブライドルレザーが魅せる経年変化の味わいも一級品なんです。

押条 良太

2022.01.28

アイテム2

『ホワイトハウスコックス』

『ホワイトハウスコックス』

フレームショップ

フレームショップ

お気に入り追加

1860年に設立された『ホワイトハウスコックス』は、長年の歴史で培った確かな技術と製法で作られた高品質な馬具や洗練デザインの革小物を発信し続けています。同ブランドといえばブライドルレザーですが、今回セレクトしたのはフランス産の上質なカーフレザー製。キメの細かい繊維を丁寧になめすことで生まれる、なめらかな表情が魅力の1本です。

アイテム3

『ユナイテッドアローズ』

『ユナイテッドアローズ』

UNITED ARROWS

UNITED ARROWS

お気に入り追加

日本を代表するセレクトショップの1つである『ユナイテッドアローズ』からピックアップしたのは、上質なレザーを使ったオリジナルベルト。レザーの程良い光沢感が引き立つ無駄な装飾のないベーシックなデザインで、かつバックルもシンプルなので使い勝手も抜群です。スーツスタイルとの相性もすこぶる良いので、ワードローブにあると確実に重宝しますよ。

アイテム4

『タケオキクチ』

『タケオキクチ』

Rakuten Fashion

Rakuten Fashion

お気に入り追加

『タケオキクチ』 2枚目の画像

Rakuten Fashion

Rakuten Fashion

お気に入り追加

ビジネススタイルのベルトは黒と茶が基本ですが、こちらはその基本色を表裏に使ったリバーシブル仕様。着こなしやシューズの色に合わせて簡単に切り替えることができ、1本持っているとかなり重宝するはずです。さりげなく高級感を醸し出す、ツヤ加工を施したスムースレザー製。

アイテム5

『グリーンレーベルリラクシング』

『グリーンレーベルリラクシング』

Amazon.co.jp

Amazon.co.jp

お気に入り追加

レザーならではのナチュラルなシボ感と程良い光沢感を併せ持つベルト。ツヤやかなスクエアバックルとのコンビネーションにより、腰まわりに上品で洗練されたムードを演出してくれます。どんなビジネススタイルにもマッチする汎用性の高さも魅力。

アイテム6

『ビームス』×『フェリージ』

『ビームス』×『フェリージ』

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

革工房が発祥のイタリア発の『フェリージ』に、人気セレクトショップの『ビームス』が別注。上質なカーフレザーとシンプルながら品格も感じさせるバックルの組み合わせが魅力で、トレンドなどに左右されることなく長く愛用できるモデルです。インディゴブルーの美しい発色にも注目を。

アイテム7

『シップス』

『シップス』

Rakuten Fashion

Rakuten Fashion

お気に入り追加

セレクトショップの雄、『シップス』からセレクトしたのは、フランスの高級タンナーであるアノネイ社のフレンチカーフを使った1本。キメ細かなレザーの質感と深みのある色合いに、シンプルながらもさりげないクラス感も感じさせます。スーツスタイルはもちろん、結婚式などのフォーマルなシーンにも活躍しますよ。

アイテム8

『アンダーソンズ』

『アンダーソンズ』

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

1966年に創業したイタリア屈指のレザーブランド『アンダーソンズ』は、熟練の革職人が完全ハンドメイドでアイテムを展開。このベルトは細かなシボが上品なグレインレザーと華美な装飾のないベーシックなバックルを組み合わせたもの。膨らみを抑えたフラットな帯に仕上げられているのもポイント。

アイテム9

『エディフィス』

『エディフィス』

Rakuten Fashion

Rakuten Fashion

お気に入り追加

感度の高い大人の男性に向けて、時流を捉えたデイリーからドレスウェアまでを提案している『エディフィス』。カーフレザーの上質な質感が引き立つ品のある佇まいのベルトは、シンプルで使い勝手の良いデザインが魅力です。ベルト先を固定する役割のあるベルト通しは2つ設置。

アイテム10

『ペッレモルビダ』

『ペッレモルビダ』

WEBGOLFSHOP TAKEUCHI

WEBGOLFSHOP TAKEUCHI

お気に入り追加

スーツスタイルに大人の貫禄と色気をプラスするなら、クロコダイル風型押しレザーをセレクトするのも手。しかもシュリンクレザーに型押しを施しているので柔らかく、使いはじめから馴染みやすいのもポイントです。汎用性の高いブラックとダークブラウンのリバーシブル仕様。

▼カジュアルスタイルにハマるおすすめベルト10選

カジュアルベルトにはビジネスほど制約はなく、素材もキャンバスからレザーまでさまざま。“大人に似合うレザー製”をキーワードに、カジュアルスタイルにおすすめのベルトを厳選しました。

アイテム1

『ナノ・ユニバース』

『ナノ・ユニバース』

ナノ・ユニバース カタログ

ナノ・ユニバース カタログ

お気に入り追加

上質なイタリーレザーを使用したダブルリングベルトは、きれいめからカジュアルスタイルまで幅広いスタイリングに活躍する優れモノ。マットな質感のレザーと光沢あるダブルリングのコントラストも特徴的で、腰まわりを印象的に演出してくれますよ。

アイテム2

『HTC』

『HTC』

KLAMP

KLAMP

お気に入り追加

スタッズベルトのパイオニア的なブランドである『HTC』。このモデルは約4.3㎝幅のレザーをベースに、剣先のみにスタッズを打ち込んだシンプルなデザイン。スタッズやバックル、レザーに適度な味を持たせているので、着こなしにこなれ感をプラスできます。

アイテム3

『ビームス プラス』

『ビームス プラス』

Rakuten Fashion

Rakuten Fashion

お気に入り追加

“永年着られる飽きのこない本物の男服”をコンセプトにする『ビームスプラス』から、牛革を丁寧に編み込んだメッシュベルトをセレクト。ブラウンレザーとゴールドバックルのコンビネーションが、どこかリッチな雰囲気を演出してくれます。あらゆるカジュアルボトムスと好マッチ。

アイテム4

『ルイス』

『ルイス』

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

モテる男のワードローブをテーマに、モード&ストリートのMIXコーデを提案している『ルイス』から、オリジナルのロングナローベルトをセレクト。ベルト幅が1.8cmと細めながら、通常よりも長めに設定されているので腰元のアクセント使いにも最適です。素材は植物性タンニンなめしのイタリアンレザー。

アイテム5

『ブルックスブラザーズ』

『ブルックスブラザーズ』

Amazon.co.jp

Amazon.co.jp

お気に入り追加

シンプルな着こなしが多いなら、ポイントになるリボンベルトをチョイスするのもおすすめ。『ブルックスブラザーズ』を代表するレップストライプのネクタイ生地を採用したこちらは、ジーンズやチノパンといった定番ボトムスと相性が良いプレッピーな1本。ゴールドカラーのDリングもアクセントに。

アイテム6

『タナーグッズ』

『タナーグッズ』

Rakuten Fashion

Rakuten Fashion

お気に入り追加

アメリカで代々受け継がれるクラフトマンシップと現代的なデザインを融合した、ハンドメイドのレザーグッズを発信する『タナーグッズ』。ナチュラルカラーのレザーを使ったベルトは、エイジングを存分に楽しむことができます。ベルト幅が細く、さまざまなパンツに対応するのも◎。

アイテム7

『ディノマッティア』

『ディノマッティア』

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

1975年にミラノで創設された『ディノマッティア』。今回ピックしたのは『ビームス』の別注モデルで、ベルトの幅やコンチョの形状など細部までこだわって作られたもの。スタイリングの上品かつモダンなアクセントになってくれるはずです。

アイテム8

『アンドレア ダミコ』

『アンドレア ダミコ』

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

こだわりの素材使いとトレンドを押さえたデザイン、そして確かな技術に定評があるイタリア発のブランド。こちらはカジュアルなイメージの強いダブルリングベルトを、こだわりのレザーとやや細めのベルト幅で品良く昇華させたもの。スラックスなどとも相性が良いので、幅広い着こなしで重宝する1本です。

アイテム9

『ライフスタイルテイラー』

『ライフスタイルテイラー』

アーバンリサーチオンラインストア

アーバンリサーチオンラインストア

お気に入り追加

『ライフスタイルテイラー』は、『アーバンリサーチ ドアーズ』が提案するメンズのドレスライン。伸縮性に優れた目の細かいメッシュをベースにしたベルトは、ベルト通しなどにレザー使っているのでビジカジスタイルにも活躍します。カーキをセレクトすれば、着こなしにこなれたムードもプラスできるはず。

アイテム10

『ショット』

『ショット』

ストリートファッションMIYOSHIYA

ストリートファッションMIYOSHIYA

お気に入り追加

100年以上の歴史を誇るアメリカの老舗、ホーウィン社のクロムエクセルレザー製。コシがあってしっとりとした質感のレザーは、使い込むほどに抜群の経年変化を楽しむことができます。武骨な印象のベルトなので、スタイリングに男っぽさを味付けするのにもうってつけ。

この記事の掲載アイテム一覧(全20商品)

画像をタップクリックするとアイテム詳細が表示されます

  • 『グレンロイヤル』ハーネスブライドルベルト
    『グレンロイヤル』 ハーネスブライドルベルト
  • 『ホワイトハウスコックス』カーフベルト
    『ホワイトハウスコックス』 カーフベルト
  • 『ユナイテッドアローズ』ANNY LTR BELT
    『ユナイテッドアローズ』 ANNY LTR BELT
  • 『タケオキクチ』リバーシブル ビジネスベルト
    『タケオキクチ』 リバーシブル ビジネスベルト
  • 『グリーンレーベルリラクシング』YMN AJUST 30 ベルト
    『グリーンレーベルリラクシング』 YMN AJUST 30 ベルト
  • 『ビームス』×『フェリージ』別注 カーフレザーベルト
    『ビームス』×『フェリージ』 別注 カーフレザーベルト
  • 『シップス』カーフ ベルト
    『シップス』 カーフ ベルト
  • 『アンダーソンズ』グレインレザー ベルト
    『アンダーソンズ』 グレインレザー ベルト
  • 『エディフィス』カーフレザーベルト
    『エディフィス』 カーフレザーベルト
  • 『ペッレモルビダ』Barca BAB002-リバーシブルベルト
    『ペッレモルビダ』 Barca BAB002-リバーシブルベルト
  • 『ナノ・ユニバース』LB.03 日本製イタリーレザーダブルリングベルト
    『ナノ・ユニバース』 LB.03 日本製イタリーレザーダブルリングベルト
  • 『HTC』END ONLY BELT
    『HTC』 END ONLY BELT
  • 『ビームス プラス』レザー メッシュベルト
    『ビームス プラス』 レザー メッシュベルト
  • 『ルイス』ナローベルト
    『ルイス』 ナローベルト
  • 『ブルックスブラザーズ』シルク アーガイルサザーランドストライプ Dリング リボンベルト
    『ブルックスブラザーズ』 シルク アーガイルサザーランドストライプ Dリング リボンベルト
  • 『タナーグッズ』MERIDIAN BELT
    『タナーグッズ』 MERIDIAN BELT
  • 『ディノマッティア』別注 スタッズ スエード ベルト
    『ディノマッティア』 別注 スタッズ スエード ベルト
  • 『アンドレア ダミコ』ナッパレザー ダブルリングベルト
    『アンドレア ダミコ』 ナッパレザー ダブルリングベルト
  • 『ライフスタイルテイラー』イタリアンメッシュベルト
    『ライフスタイルテイラー』 イタリアンメッシュベルト
  • 『ショット』パーフェクト ベルト
    『ショット』 パーフェクト ベルト

掲載アイテムをもっと見る(8商品)

KEYWORD関連キーワード

PICK UP

編集部の注目

“冬ビズ”コーデの特効薬が5,000円台から! 敏腕スタイリストと読み解くメガネの効能

ネクタイなどと同様、メガネもビジネススタイルのセルフプロデュースに不可欠なアイテム。理想的なフレームが揃い踏みした『ジンズ』の新作で、選びの要諦を読み解きます。

SPONSORED by ジンズ

続きを読む

この冬、狙うべきは“○○じゃないほう”の1着だ。タトラスに学ぶ今どきダウンの選択術

安心感のある定番も良いけれど、あえて“じゃないほう”のダウンを選んでさりげなく旬な変化を楽しむのもおすすめです。ご存じ『タトラス』で、今どきのチョイスをご提案!

SPONSORED by タトラスインターナショナル

続きを読む

今欲しいのは“深イイ”腕時計。男の奥行きをセンスフルに示すポール・スミスの新作ウォッチ

英国ブランド『ポール・スミス』から、本格的かつファッショナブルな機械式時計と、定番ウォッチのニューカラーがお目見え。男の“深み”を演出する新作の魅力に迫ります。

SPONSORED by ポール・スミス

続きを読む

今どきのビジカジはどうこなす? ドレススタイルのプロが見た“オーダー”という選択肢

自由度が高い反面、難しくもあるビジネスカジュアル。もしビジカジにお悩みなら、独自のオーダーシステムで話題沸騰中のブランド『ファブリックトウキョウ』がおすすめだ。

SPONSORED by ファブリックトウキョウ

続きを読む

今年の西川ダウンはどうなんだ!? おしゃれ賢者3人による徹底試着レビュー2022

『ナノ・ユニバース』の人気銘柄として知られる『西川ダウン(R)』。その今季作を、ファッション業界の経験豊富な識者たちが試着しながら徹底検証。さて、結果やいかに!?

SPONSORED by ナノ・ユニバース

続きを読む

バッグの名門が提案する第3の定番色。“グレー”がこれからのビジネスシーンを変えていく

ビジネスバッグといえば従来、黒と紺がお約束でした。しかし、働き方の多角化に伴いその常識も徐々に変化。老舗『サムソナイト』は第3の定番色としてグレーを提案します。

SPONSORED by サムソナイト

続きを読む

復刻ウォッチトレンドの旗手、ロンジン。3つのルーツから提案する銘品たち

今年で創業190周年を迎える『ロンジン』は、これまで数多くの傑作を手掛けてきました。それらにスポットを当てた復刻モデルこそ今季の狙い目。3つの銘品を掘り下げます。

SPONSORED by ロンジン

続きを読む

もっと見る

RELATED ARTICLES

あなたにおすすめの記事

ACCESS RANKING

アクセスランキング

ITEM RANKING

アイテムランキング

NEW

人気ショップスタッフの
最旬コーディネートをご紹介

人気ショップスタッフの
最旬コーディネートをご紹介

おすすめ記事
TOP