大人気のスポーツMIX。今季は“オールブラックでスタイリッシュ”がキーワード!

男女問わず、近年人気の高いスタイルのひとつであるスポーツMIX。今季も引き続き人気のスタイルではあるが、この秋はオールブラックでまとめた都会的な着こなし方に注目。

大人気のスポーツMIX。今季は“オールブラックでスタイリッシュ”がキーワード!

秋も人気のスポーツMIX。ただし、着こなしに変化あり!

ここ数年高い人気を見せているスタイルといえばスポーツMIXコーデだが、この秋は少々着こなし方が変わってきている。トラックパンツやランニングシューズを取り入れて着こなしをスポーティーにまとめるという基本的な着こなしは変わらないのだが、アイテムをオールブラックで揃えたモダンでよりスタイリッシュな着こなしが今季的。今回はそんな今どきのスポーツMIXを解説する。

この秋は“オールブラックでスタイリッシュ”がポイント

カジュアル感の強いスポーツMIXスタイルだが、オールブラックにすることでよりスタイリッシュさが増してモダンな印象に。重くなりがちなブラックの着こなしもスポーツMIXであれば、程よく軽快感をキープできるのもポイントのひとつ。今季はオールブラックでワンランク上のスポーツMIXはいかが?

オールブラックで作るスポーツMIXの着こなし

鮮度の高いオールブラックのスポーツMIXコーデが、実際どう着こせばいいのか? その正解を探るべく、この秋まねしたい洒落者たちの着こなしを解説していく。

カジュアルな組み合わせもオールブラックでモダンに

パーカーとスニーカーのカジュアルな着こなしも、オールブラックのスポーツMIXコーデであればスタイリッシュでモダンなスタイルへと昇華できる。ニット帽やアンクル丈のパンツがリラックス感を醸し出し、程よく抜け感のある着こなしに。

アーバンな雰囲気漂うシャツ×スポーツサンダル

オールブラックのシャツスタイルでクールな大人を演出。足元はスポーツサンダルで抜け感と軽さを出してアーバンな表情に仕上げた。パンツの裾をロールアップすることで足元の軽さを強調し、オールブラックでも重い印象を感じさせないようにしているのがポイントだ。ハットの上品な雰囲気も見事にコーデとマッチ。

素材やシルエットで動きのある着こなしを実現

異素材の切り返しが印象的なスポーティーなパーカーをメインに、スキニーパンツでスタイリッシュにコーディネート。素材感やシルエットで変化をつけているので、オールブラックコーデでも動きのある仕上がりとなっている。

上品さと抜け感のバランス感が抜群

シャツとレザーシューズのキレイめコーデにラインパンツに合わせたスポーツMIXコーデ。大人の上品さとリラックス感のバランスが見事だ。切り替えデザインのシャツが、シンプルなコーデのさりげないアクセントになっており、こなれた印象を加味している。

ビッグサイズもオールブラックなら簡単に攻略可能

トレンドのビッグシルエットのTシャツをスラックスでキレイめに着こなしつつも、スポーツサンダルで適度な抜け感をプラス。ルーズなシルエットのアイテムをメインに着用しているが、オールブラックならシャープな印象に仕上がる。

ライダースジャケットが主役の辛口スポーツMIX

ハードなライダースジャケットを旬のトラックパンツでスポーツMIXに味付け。ライダースジャケットがヘビーな印象をスニーカーでいなしたのがポイントだ。素材感の違いが着こなしにリズムを生んでいる点も注目。

今季スポーツMIXに取り入れたい、ブラックアイテム

オールブラックのスポーツMIXコーデを作るうえで、即戦力となるブラックアイテムを厳選。この秋の買い物リスト候補に加えてみて。

『フィラ』バイカラークルーネックトレーナー

老舗スポーツウェアブランド『フィラ』のスウェットは大胆なバイカラーの切り替えが印象的な1枚。ボディには程よく厚みのあるT/C裏毛素材を使用しており、ごわつくことなくソフトな肌触りが特徴だ。リブ部分には伸縮性をもたせているため、着脱が容易に行えるというのもうれしい。

『チャンピオン』×『ナノ・ユニバース』RW裏毛パーカー

11.5オンスの肉厚な生地とボリューム感が魅力のプルオーバーパーカー。ゆったりとしたサイズ感で今季らしいスタイリングが可能。胸元にあしらわれたブランドのロゴ刺しゅうがブラックで統一され、よりスタイリッシュな印象に仕上がっている。

『ナイキ』テック ウインド ジップパーカー

スポーツMIXの定番アイテムとなった『ナイキ』のテックフリースも見逃せない。胸元にV字型のラインをデザインしてスポーティーさを強調している。左胸には同色であしらわれたスウッシュのロゴのワンポイントが。ダブルジップなのでアレンジ次第でさまざまなスタイルが楽しめる。

『アディダス』オリジナルス トラックトップ ジャージ

『ナイキ』のテックフリース同様にスポーツMIXコーデで高い人気を誇るのが『アディダス』のトラックトップ。袖にはスリーストライプス、胸にはトレフォイルロゴがあしらわれた同ブランドならではのデザインが特徴。袖は動きやすいラグランスリーブを採用しており、袖口、裾、襟はすっきりとしたリブ仕上げ。

『ラウンジリザード』トラックパンツ

『ラウンジリザード』のトラックパンツは、機能素材を採用しながらもドレッシーな雰囲気が特徴。ポンチ素材のボディは、保温性、吸湿性、ストレッチ性、キックバック性に優れ、非常に動きやすくストレスフリーなはき心地に仕上がっている。ラフな印象を受けがちなトラックパンツを上品に仕上げた秀逸作。

『ファクトタム』エフォートレスダブルクロストラックパンツ

ゆったりとしたシルエットながらもサイドにラインをあしらうことで、着用後はすっきりとした印象に。柔らかい肌触りのジャージ素材を使用することで、なめらかなはき心地を実現している。

『グラミチ』4WAYストレッチトラックパンツ

クライミングパンツで人気の高い『グラミチ』のトラックパンツは4WAYストレッチ生地を使用した機能派。ストレッチ性だけではなく、撥水性や透湿性も備えているので快適な着用感が楽しめる仕上がりだ。ヒップ周りにゆとりをもたせながらも裾にかけて細くなっているため、すっきりとしたシルエットに。

『アディダス』NMD_R1 PK

アディダスプライムニットを使用したシームレスな1足。オールブラックでまとめつつも、ソール脇とヒールタブには“3ストライプのブランド”という遊びの効いた文字がモノクロカラーでデザインされている。ブーストのミッドソールを搭載しているのでクッション性も抜群だ。

『リーボック クラシック』ZOKU RUNNER HM

70年代、80年代、90年代を代表する同ブランドのシューズのエッセンスを落とし込んだZOKU RUNNER HM。70年代のアズテックのサイドに細越されたベクターマーク、80年代のクラシックレザーのサイドに施されたブランドロゴのパネル部分、90年代のポンプ ランニング デュアルのヒールゲージが組み合わせられている。

『オニツカタイガー』EDR 78

つま先とかかとのアウターソールの巻き上げが印象的な『オニツカタイガー』の人気モデル。1978年に発売されたトレイルランニングシューズがデザインベースになっている。インソールにはオーソライトが採用されているので、クッション性に優れ、歩行時の負担も軽減してくれる。

気になる記事を保存できる、
スクラップ機能が追加されました!

ページトップへ戻る