足元もTPOをわきまえて。革靴のデザインの違いと履き分け方

大人の男性であればTPOはわきまえてしかるべき。衣類は考慮しがちですが、足元への注意を怠ってはいませんか? TPOにそった革靴を選べるよう、基本を押さえましょう。

キーワード:

足元もTPOをわきまえて。革靴のデザインの違いと履き分け方

革靴はデザインによって、履くべきシーンとスタイルがあります

革靴とひと言でいっても、ひもありorひもなし、トゥのデザインなどによって種類はさまざま。もし単なるデザインの好みで履いているなら、それは大間違いです。革靴にはトゥのデザインや、ひもの有無、さらにはひもを通す穴部分の作りによって、履いていくべきシーンとスタイルがあるんです。

革靴のデザインの基本。外羽根と内羽根の違いとは

ひもで結ぶタイプのレースアップシューズには、羽根開き部分に外羽根と内羽根の2種類があります。外羽根はひもを通す穴部分のパーツが靴本体とは別に扉状に取り付けられているものをいい、それに対して内羽根は、ボディーからひと続きで上部から切れ込みが入ったものをいいます。一般に外羽根はカジュアル靴、内羽根はドレス靴ですので、普段履きには外羽根を、冠婚葬祭には内羽根靴を履いていきます。

押さえておきたい革靴のデザインは6種類。特徴とおすすめを紹介

革靴のデザインには、先述した外羽根と内羽根に加えて、ひもなしのスリッポンや、ベルトでとめるモンクストラップなどの種類があります。ここではつま先のデザインをメインに、大まかに6つのデザインについてご紹介しましょう。

ここでご紹介する6タイプの革靴は以下のとおりです。

■プレーントゥ
■ストレートチップ
■ウイングチップ
■Uチップ
■スリッポン
■モンクストラップ

プレーントゥ、ストレートチップ、ウイングチップ、Uチップにはそれぞれ外羽根と内羽根があり、組み合わせによってもイメージは変わります。そのあたりにも注意して選びましょう。

種類1:プレーントゥ

トゥがつるっとしていて、靴のボディーとひと続きになっており、切り替えや飾り穴のないものをいいます。内羽根のものには一枚革でアッパーを成形したホールカットと呼ばれ高度な技術を要するものも。外羽根のものは、穴数が少ないほどドレッシーに見え、2穴や1穴のものはトゥまでの距離があるためスマートな足元を演出してくれます。4穴や5穴となると、装飾性を排したユニフォーム靴としてワークシューズやミリタリー靴などに使われることも多くなります。

現代のプレーントゥは羽根の内外を問わずビジネス靴や普段履き、フォーマルにも履くことができますが、トゥがぽってりと丸いものほどカジュアルに見えてしまうことも。トゥは適度に小さいほうがドレッシーですが、これがとがりすぎるとプレーントゥとはいわず「ポインテッドロウ」と呼ばれ、流行やトレンドで左右されるようになります。

『バーウィック』外羽根プレーントゥ

1707年、スペインに創業された老舗シューメーカーの外羽根プレーントゥ。2アイレットで籐が長く見えるのがポイントです。製法もグッドイヤーで確かなうえ、アウトソールは英国製のダイナイト。雨の日でも歩きやすいゴム底です。

『マドラス モデロ』内羽根ホールカットプレーントゥ

優雅なイタリア靴のイメージを日本の技術で再現したコレクションライン。アッパーを1枚革で成形したワンホールカットの内羽根靴は、ドレス感あふれるものでフォーマルな席にも履いていけます。アウトソールはラバー製なのでグリップもよく、室内の絨毯や雨の日の屋外や大理石のロビーも安心です。

種類2:ストレートチップ

トゥ部分が真一文字に切り替えられ、キャップが取り付けられたようになっていて、この部分に装飾がなく、切り替えのラインも縫い糸が見えるだけで穴飾りなどがないものをストレートチップといいます。プレーントゥの先端が切り替えたものですが、キャップの大小によっても印象が変わります。

キャップ部分をとくに鏡面仕上げにするなど、デザインを入れたものもありますが、内羽根式のストレートチップは、靴の中で最もフォーマルなシーンに履くことができるとされます。冠婚葬祭やビジネススーツでもドレッシーなものに合わせるのがよいでしょう。大人の男性なら、黒のストレートチップは一足は持っておきたいものです。

『ユニオンインペリアル』内羽根ストレートチップ

イタリアの靴作りの技法をいち早く取り入れた日本靴のブランドとして知られる老舗シューメーカー。手作業でアッパー、中底、ウェルトを縫い付けるハンドソーンウェルテッドは、底の返りがよく履きやすいとされます。アウトソールは伊ビブラム社のラバーソールを採用。

『ジャランスリワヤ』ストレートチップ

英国で研鑽を積み、祖国インドネシアで本国仕込みのグッドイヤーウェルト靴を展開する『ジャランスリワヤ』。ストレートチップの美しいフォルムと、確かな仕上がりは英国靴の気品そのもの。それでいてリーズナブルな価格設定で、有名セレクトショップや百貨店でも人気のブランドです。

種類3:ウイングチップ

トゥに鳥が羽を広げたようなWのキャップが切り替えられている靴がウイングチップ。穴飾りが施されたり、切り替え部分にピンキングと呼ばれるギザギザカットが施されるなどのデザインが入ることも多くあります。これは野山を歩く際に靴に傷がついても目立ちにくくするためといわれ、ウイングチップはドレス靴というよりもワークシューズ的役割の靴に付けられた装飾といわれています。

ワークシューズ由来のウイングチップは、フォーマルな席に履いていくは遠慮しましょう。ビジネスや普段履きなら問題なし。英国のカントリーシューズによく見られるデザインなので、大人のカジュアル革靴として履くのがよさそうです。

『トリッカーズ』バートン ウイングチップシューズ

トリッカーズは英国王室御用達のシューメーカー。英国靴の聖地ノーサンプトンに今も現存する最古のグッドイヤーウェルテッド工場としても知られ、伝統的な英国靴の老舗です。フルブローグと呼ばれる全面に穴飾りを施したウイングチップは、英国貴族が野山を歩くときの伝統的なカントリーシューズを今に伝えるもの。

『リーガル』ロングウイングチップ

ウイングチップの両端がサイドに延長してヒールまで届いているこの形状は「ロングウイングチップ」と呼ばれる、アメリカンウイングチップの定番デザイン。“段平甲高(だんびろこうだか)”といわれる日本人の足の形状に合わせた木型使いは日本の老舗靴メーカー、リーガルならでは。

種類4:Uチップ

下から足を包み込んでフタをするように、甲の上にU字型の革を使った靴をUチップといいます。U字の革を縫い合わせる部分を“モカ縫い”といい、縫い合わせ方によって「乗せモカ」「伏せモカ」「つまみモカ」などさまざまな呼び名があり、その由来は世界各国さまざまな地域で似たような靴が作られていたことからさまざまです。

北欧の漁師の靴、アメリカのネイティブのモカシン、あるいはゴルフ用のスポーツシューズなど、どれもハードな使い方をするのが前提で、外羽根式が一般的ですので、労働用の靴と考えるのが自然かもしれません。しかしこれを逆手に取って、ドレス靴として履くミスマッチな合わせ方も可能です。

『クロケット&ジョーンズ』モールトン

多くのセレクト・ショップ、高級百貨店で扱われる英国靴の老舗クロケット&ジョーンズの代表的なUチップモデル。こちらは頑強なリッジウェイソールを搭載した別注モデルですので、カジュアルな履き方が似合います。

『ヤンコ』Uチップ

『ヤンコ』はスペインを代表するシューメーカー。イタリア靴ほど色気はありませんが、英国靴ほど生まじめでもなく、スペイン靴はほどよくドレッシーでほどよくカジュアルな印象です。そのためUチップのような、カジュアル出自だけれどもドレス履きもしたい正統派の靴としては、スペイン靴はじつに都合がよい存在。こちらのUチップも、ドレス&カジュアルに履きこなせそうです。

種類5:スリッポン

スリッポンとは「SLIP ON」。ひもなし靴の総称で、とくに短靴を指します。Uチップのスリッポンに甲革をあしらったものをローファーと呼び、コインローファー、タッセルローファーなどもその一種です。

ひもなしで、足を滑り込ませるだけで履けるので、本来はジャケパンなどのカジュアル用とされてきました。しかし昨今はドレスとカジュアルの垣根が曖昧になってきていることもあり、スーツに素足でローファーというスタイルも目立ちます。

『フェランテ』スエードスリッポン

スリッポンを得意とするイタリア・ナポリのシューメーカー。スマートなトゥが特徴のドレッシーなスリッポンに定評があり、素足でスーツに合わせるならマストな一足です。カラーバリエーションや素材が豊富で、カジュアルに白パンで合わせるイタリアンスタイルもお得意です。

『バス』ウィージャン

アメリカントラッドの代表的な足元はローファーと相場が決まっています。それは1876年創業のG.H.BASSは世界で初めてローファーを作ったメーカーといわれているから。かのマイケル・ジャクソンも愛用してステージで履いていました。

種類6:モンクストラップ

「モンク」とは「僧侶」の意。僧侶が履く靴が原型といわれるこの靴は、甲革をベルトでとめるデザインが特徴です。このベルト部分にはさまざまな仕様があります。ベルト一本のシングルモンク、ベルト2本のダブルモンク、ストラップが横取り付けられるサイドモンクなど。

シングルモンクは今、あまり見られないかもしれません。一般的なのはベルト2本でとめるダブルモンクストラップ。稀代のウェルドレッサー、ウィンザー公が特別に作らせたもの。シューズのドレスコードとしてはスーツにもジャケパンにもカジュアルにも合わせられるとされています。

『チャーチ』ウェストバリー

英国靴最大の生産地、ノーサンプトンのシューメーカー。現在はイタリアの高級ブランド、プラダ傘下ですが、こちらのウェストバリーは、昔ながらのシングルモンク。むだをそぎ落としたプレーントゥのシングルモンクは、大きめのバックルが特徴的です。

『パラブーツ』ウィリアム

ダブルモンクは英国のウィンザー公が、ロンドンのジョンロブにオーダーしたのがその最初。しかしそのロブから依頼を受けてダブルモンクを完成させたのは、パリの理社=ルポンヴェール社、つまりこのパラブーツの親会社だというのが定説です。その証拠に、ジョンロブもパラブーツもダブルモンク甲革の形状が酷似しており、しかも名前はともに「ウィリアム」といいます。

気になる記事を保存できる、
スクラップ機能が追加されました!

ページトップへ戻る