上品かつ機能的。キルティングジャケットが大人な着こなしにハマる!

上品かつ機能的。キルティングジャケットが大人な着こなしにハマる!

保温性の高さはもちろん、軽くてボリュームを抑えた細身のシルエットが特徴のキルティングジャケットは、大人に最適のアウターだ。さっそくその理由を紹介していこう。

大中 志摩

2019.10.29

アウター

冬のアウター候補にキルティングジャケットを!

冬のアウター選びでもっとも重視したいのは保温性。となると、厚手の生地やボリューム感のあるモノを選びがち。しかし、すっきりした見た目でありながら軽量なアウターが欲しい人もいるだろう。欲張りな大人の願いを叶えてくれるのが本記事で紹介するキルティングジャケットだ。
中綿入りでキルティング加工された生地が特徴の本アウターは、ボリュームを抑えたすっきりフォルムで軽量。その上、保温性も抜群ときたら取り入れない手はない。

キルティングジャケットが大人におすすめな理由は大きく3つ

見た目が良く機能性を備えたキルティングジャケット。その魅力はビジネスマンにとってうれしいポイントが揃っているところにある。

理由1パッと見は薄手だが、中綿入りだから温かさは十分

ボリュームのあるダウンジャケットや厚手のコートと比べて、キルティングジャケットは薄手のため保温性が気になるところ。だが、表地と裏地の間に中綿を詰め込み、ステッチで押さえたキルティング地は保温効果が高いので、スーツの上に羽織れば十分温かい。

理由2ストレスフリーな軽い着心地

基本的にナイロン地に中綿が詰められてた作りなので軽量な点もストロングポイント。ライトな着用感なので、冬のアウターはゴワゴワして動きづらい、重くて肩が凝る……、そんな悩みとは無縁だ。

理由3大人に似合うシックなデザイン&細身のシルエット

装飾を控えたシンプルなデザインに、ボリュームを抑えた細身のシルエット。上品なルックスは、スーツとも相性抜群で、スマートなビジネスマンを印象づけられる。それでいてカジュアルにも着用できる懐の深さがうれしい。

キルティングジャケットは汎用性の高さも魅力

前述したおすすめの理由に加え、汎用性の高さにも注目したい。きれいめスタイルにも、カジュアルスタイルにも使えるので、それぞれのスタイル別に着こなし例とポイントを紹介していく。

▼きれいめなスタイリング例

ブラックやグレーといったフォーマルさ漂うカラーを選ぶときれいめに着こなしやすい。Iラインシルエットを意識して、すっきりとしたコーデにまとめたい。

濃い目のネイビーをアウターに選ぶと重く映りがちだが、キルティングジャケットなら程良い軽量感がある。ボトムスやインナーにライトグレーやホワイトといったアイテムを取り入れることでクリーンな着こなしを構築できる。

シックでスマートなルックスのキルティングジャケットは、ジャケパンやスーツスタイルと相性良し。中に着るジャケットの丈が隠れる着丈だとバランス良く着こなせる。

やや長めに設定された着丈なら、よりシックで落ち着いた表情に。スマートなフォルムのため着膨れすることなく、スーツスタイルをスタイリッシュに格上げ。

▼カジュアルなスタイリング例

モノ自体きれいめな雰囲気漂うキルティングジャケットだが、カジュアルなスタイリングにも良くハマる。今季のトレンドであるアウトドアMIXやストリートMIXに取り入れるのがおすすめ。

シックでスマートなブラックのキルティングジャケットをカジュアルに着た好例。ボトムスにはラフなスウェットパンツ、小物には『キーン』のスニーカーや『ミステリーランチ』のバックパックなどゴツめのアイテムを散りばめて男らしい着こなしに。

上品な『ラベンハム』のキルティングジャケットを、ルーズなスウェットパンツで思い切りハズしたスタイリング。インナーはチェックシャツ、小物もキャップにスニーカーととことんカジュアルに仕上げた。

こちらも『ラベンハム』のキルティングジャケットを着用。つけるだけでグッとカジュアルになる取り外し可能のフードは、休日コーデにおすすめだ。リラックス感漂うストレッチパンツを合わせてゆるカジスタイルを構築。

今季狙いたい、キルティングジャケットのおすすめ

キルティングジャケットの着こなしがイメージできたところで、物欲を刺激するおすすめジャケットをピックアップして紹介していく。『ラベンハム』や『トラディショナル ウェザーウェア』といった老舗の本格派を中心に7アイテムをレコメンド!

アイテム1『ラベンハム』レクサム(ラブンスター)

キルティングジャケットを探す際、マストでチェックしておきたいのがイギリスの名門ブランド『ラベンハム』。レクサムは、最近の主流である細身のスーツにフィットするよう作られたスマートなシルエットが特徴だ。美しいテーラリングに、光沢感のある上品で落ち着いた生地でエレガントな1着に仕上がっている。

アイテム2『ラベンハム』×『エディフィス』別注レイドン

『ラベンハム』の中でもオーセンティックで人気の高いレイドン。『エディフィス』が別注をかけたこちらは、テーラードジャケットの裾がぴったり隠れるくらいのすっきり着られる着丈がポイント。細身のパンツはもちろん、ワイドパンツともバランス良く着こなせる。

アイテム3『バブアー』リッズデール SL ロング ナイロン

イギリスの老舗ブランド『バブアー』の1着は、軽量さや保温性の高さに加え、耐久性・耐摩耗性にも優れた逸品だ。お尻が隠れる着丈に、やや大きめのサイズ感でゆったりと着られるトレンド感ある仕上がりに。

アイテム4『トラディショナル ウェザーウェア』×『ビームス』別注ウェーバリー フーディー

いくつかモデル展開されている『トラディショナル ウェザーウェア』のキルティングコート。なかでも人気が高いのがウェーバリーだ。『ビームス』が手がけた別注品は、取り外し可能なフードつき。ツヤ感のある上品なルックスだが、フードをつければよりカジュアルなスタイリングも楽しめる。

アイテム5『フレディ&グロスター』丸襟キルティングコート

小ぶりの丸襟が特徴的な『フレディ&グロスター』のキルティングジャケット。従来のモノよりも中綿の量を減らし、より軽くて快適な着心地を実現。ジャケットや厚手のニットなどを重ね着しても着膨れすることなくすっきり着られる1着。

アイテム6『メンズビギ』キルティングジャケット

人と被りたくない人におすすめなのがこちら。レザーを用いた襟ベルトや両サイドのアジャスターなど、ライダース調のディテールが搭載されたデザイン性の高い1着だ。中綿には軽くて保温効果の高いバイウォームを採用。見た目も機能も満足度高め!

アイテム7『マッキントッシュフィロソフィー』ピンヘッドストレッチ バーミンガム

表裏で異なる質感を楽しめる、リバーシブル仕様のキルティングジャケット。片面はウールライクなピンヘッド生地、もう片面はツヤのあるポリエステルタフタを使用。さらにはウォッシャブル機能まで備えた、ヘビロテ間違いなしの1着だ。

都内の編集制作プロダクション所属。メンズファッション・ライフスタイルを中心に雑誌、webにて編集・執筆を行っている。
この編集者の記事を見る
    KEYWORD関連キーワード
    RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事
    ヘビーウェイトのTシャツを探すなら。おすすめブランド9選

    ヘビーウェイトのTシャツを探すなら。おすすめブランド9選

    春夏はTシャツが主役となる時期。頻繁に袖を通し、何度も洗うことを思えばやはり屈強なヘビーウェイトの1枚が欲しいところ。となればまず押さえておきたいブランドがある。

    菊地 亮

    白Tシャツを大人っぽく着こなす。おすすめ10ブランドと季節別コーデ

    白Tシャツを大人っぽく着こなす。おすすめ10ブランドと季節別コーデ

    白Tシャツはワードローブに欠かせない定番アイテム。通年使える白Tシャツの選び方からおすすめブランドの1枚、そして季節の着こなしまで余すことなくお届けします。

    TASCLAP編集部

    ショートパンツのおすすめをピックアップ。大人が狙うべき15ブランド

    ショートパンツのおすすめをピックアップ。大人が狙うべき15ブランド

    夏のワードローブに欠かせないショートパンツ。子供っぽくならず、おしゃれに着こなすための選び方や編集部おすすめの人気ブランドを厳選しました。

    TASCLAP編集部

    サマージャケットは夏コーデの救世主。取り入れ方とおすすめ10選

    サマージャケットは夏コーデの救世主。取り入れ方とおすすめ10選

    暑い日でも清涼感を与えられるサマージャケットは、春夏シーズンのマストバイ。選び方や着こなしのポイント、コーディネートの好サンプルまで幅広く解説します。

    TASCLAP編集部

    なんだかんだでポロシャツは御三家ブランドがおすすめ

    なんだかんだでポロシャツは御三家ブランドがおすすめ

    ポロシャツ界の御三家といえば、昔も今も『ラコステ』、『ポロ ラルフローレン』、『フレッドペリー』が鉄板。今年の春夏に頼りたい、人気ブランドを再検証します。

    TASCLAP編集部

    BACK