大人好みのレトロ顔。コスパもGOODなニューバランスU520

大人好みのレトロ顔。コスパもGOODなニューバランスU520

数々の名モデルをリリースし続ける『ニューバランス』から、またもや注目作が登場。季節を問わず大人の着こなしにマッチする、U520の魅力をお届けします。

深澤 正太郎

深澤 正太郎

SHARE
記事をお気に入り
2017.10.03

レトロな顔が大人好み。ちょっと差が付く『ニューバランス』

どうも、編集フカザワです。日本の景気が回復しているかどうか、その実感はありませんが、スニーカー市場は盛り上がりまくってますね。各ブランドが良作をリリースし続けているのがその原因。もちろん、私たちの大好物であるレトロ顔代表の『ニューバランス』のリリースラッシュも止まりません。

レトロな顔が大人好み。ちょっと差が付く『ニューバランス』

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

続々と登場するスニーカーの中でも、2017年のヒット作として話題になったのが写真のM574Sです。

■参考記事:大人の大本命。ニューバランスの新作M574Sが何かとスゴい

同ブランドを代表する574が、より現代的なルックスになった1足はたちまち人気モデルに。「買ったわ、それ」という方も多いでしょう。

レトロな顔が大人好み。ちょっと差が付く『ニューバランス』 2枚目の画像

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

私的な見解ではありますが、新作がヒットしている渦中で新たな話題作をボボンと投入するのが『ニューバランス』のスゴいところかと。

で、当記事で紹介するのは写真の“U520”です。同作は1970年代から80年代に、アイルランド工場にて生産されていた型番不明のモデルを復刻したモノ。「何それ?」という方のために、U520の特徴をご紹介しましょう。

何モノ? 『ニューバランス』のU520はココが素敵

『ニューバランス』のラインアップに加わったU520の特徴をご紹介。同モデルならではの魅力をチェックしましょう。

特徴1

大人が愛するレトロ顔&すっきりとしたフォルム

大人が愛するレトロ顔&すっきりとしたフォルム

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

サイドにあしらわれた“N”のロゴはもちろん、歴代のシューズに共通するレトロな顔立ちを踏襲。懐古的なルックスながらもウィズがやや細身のためスマートな足元の演出に適役です。

特徴2

人気セレクトショップとのコラボがアツい

人気セレクトショップとのコラボがアツい

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

大人好みのアイテムがそろうセレクトショップとのコラボレーションも、U520を注目すべき理由のひとつ。写真は『ユナイテッドアローズ』とのコラボモデルで、オールヌバック仕様というディテールが大人心に刺さります。

人気セレクトショップとのコラボがアツい 2枚目の画像

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

『アーバンリサーチ』の別注モデルは、マットなグレーカラーがおしゃれ。カジュアルな着こなしはもちろん、きれいめコーデの足元を支える逸品として履きまくりたいですな。

特徴3

バリエーション豊富&懐にやさしい価格設定

バリエーション豊富&懐にやさしい価格設定

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

U520は『ニューバランス』初心者から愛用者まで手軽にチャレンジできる価格設定も強み。写真のモデルは10,584円(税込)、素材違いやコラボによっては高額になりますが、それでもアンダー2万円で購入できるのはうれしいところ。

U520のラインアップをチェックする

履き心地を求める方というより、「『ニューバランス』らしい顔が好き」「レトロなスニーカーをハズしに取り入れたい」という方におすすめしたいモデルです。

『ニューバランス』の注目作。秋の足元にU520はいかが?

『ニューバランス』の注目作。秋の足元にU520はいかが?

atmos-tokyo

atmos-tokyo

お気に入り追加

懐かしさを感じさせるルックスかつ『ニューバランス』の話題作ともなれば、やはりゲットしておくのが得策。秋の着こなしにも重宝する1足を、ぜひワードローブに加えてみては?

-------------------
※掲載価格は記事掲載時のものとなります。
-------------------

注目編集者
深澤 正太郎

守備範囲広めの髪ヲタ編集部員

深澤 正太郎
美容専門誌「HAIR MODE」にて編集者のキャリアをスタート。髪に関することが大好物で、ヘアカタからビジュアル誌、書籍作りに奔走。前職の経験を生かし、TASCLAPではビューティ・ヘルス全般に熱を注ぐ。人の髪型を見てカットの工程が分かるほど髪フェチで、ヘアスタイリング剤には見境なく投資してしまうのが悩み。
この編集者の記事を見る

KEYWORD関連キーワード

RELATED ARTICLES

あなたにおすすめの記事

ACCESS RANKING

アクセスランキング

ITEM RANKING

アイテムランキング

新機能

この記事を読んでいる方に
おすすめの記事をご紹介

RECOMMEND
TOP

CATEGORY

RECOMMEND