足元こそ抜け目なく。ソックス+スニーカーで作る秋のおしゃれな着こなし

足元こそ抜け目なく。ソックス+スニーカーで作る秋のおしゃれな着こなし

年中通じてヘビロテのスニーカー。夏は素肌を見せた軽快な足元が主流でしたが、これからの季節はソックスが必須です。秋コーデを格上げするソックス使いをご紹介します!

植木 麻利子

2017.10.09

ソックス・靴下
秋の着こなし・コーディネート

夏の足元は、スニーカー+くるぶし下ソックスが主流でした

夏の足元は、スニーカー+くるぶし下ソックスが主流でした

1年通してワードローブに欠かせないスニーカー。夏はくるぶし下のスニーカー用ソックスを合わせるのが主流でしたよね。素肌を見せて足元に“抜け”を作ることで、軽快かつ涼しげな印象に(実際にも涼しい!)。軽やかで爽やかな足元が夏コーデと好マッチでした。けれど季節は秋。そろそろ肌見せもギリギリの季節になってきましたね……。

秋の足元は、“見せるソックス”で衣替え

秋になると、温かみのある素材や深みのある色を取り入れるようになり、着こなしにグッと季節感が出てきます。となれば、足元も秋らしくしたいもの。夏のように肌を見せるのではなく、ソックスを見せて季節感を演出しましょう。とくにアンクル丈パンツのような短めレングスのボトムスには“見せるソックス“はマストです。

スニーカー+“見せるソックス”。さて、秋はどんなふうに合わせる?

足元でさりげなく差がつくソックス使い。秋の着こなしのブラッシュアップにも欠かせません。今っぽさとしゃれ感が手に入る、ソックスの取り入れ方を紹介します!

ポイント1:白ソックスでクリーンな印象をアップ

数年前まで敬遠されがちだったのに、アメトラブームからトレンドのど真ん中に昇格した白ソックス。取り入れ方は、短めレングスのパンツや、裾をロールアップしたパンツに合わせるだけと簡単です。ちらっとのぞくホワイトが、着こなしにクリーンな印象を加味してくれます。重くなりがちな秋コーデの抜け感としても効果的です。

市民権を得た白ソックスですが、おしゃれに履きこなす自信がない人は、まずは白スニーカーと合わせてみましょう。こちらの方は黒×ネイビーの落ち着いたカラーでまとめた着こなしを、白スニーカー×白ソックスでクリーンな印象を高めてスマートな大人スタイルに仕上げています。

濃色のパンツを選びがちな秋コーデに、白ソックスが白浮きしないか気になるなら、部分的に白が入った配色のスニーカーを選びましょう。ソックスとスニーカーの白をリンクさせることで悪目立ちするのを防ぎます。インナーにも白を挟むと好バランスですね。

トレンドのアンクル丈のワイドパンツも白ソックスで攻略! 足元のバランスを間違えると重たくなり野暮ったく見えてしまうワイドパンツですが、白ソックスで抜け感をメイクすれば、軽快で好バランスに着こなせますよ。

今選ぶならこれ!『コーギー』

なじませアイテムではなく、差し色としても使えるほどのぱきっとした白が魅力の1足。1982年に英国で生まれたニットメーカー『コーギー』の逸品です。チャールズ皇太子が1988年から10年間愛用したことで英国王室御用達の認定も受けています。

今選ぶならこれ!『ドレドレ』

1度足を通すと病みつきになる人が多い、フランス発の老舗ソックスブランド『ドレドレ』。コットン素材の本作も履き心地は超優秀! 絶妙なフィット感がたまりません。コットンなので、秋冬用といわず1年中使ってほしい逸品。

今選ぶならこれ!『グローバルワーク』

1足432円(税込)という、買いやすい価格帯でコスパ的にも魅力の高い1足。使い勝手のいいミドル丈なので、複数まとめて購入しておきたいものですね。ワンポイントのスターの刺しゅうがさりげないアクセントになるので、無地の白では味気ないと感じる人に特におすすめ。

ポイント2:ラインソックスでスポーティーな装いに

1本もしくは2本のラインがあしらわれたラインソックスは、人気のスポーツMIXスタイルと相性が良く注目されています。そのスポーティーなルックスから、カジュアルな着こなしにハマるのは言うまでもなく。ラインで色を取り入れれば、コーデのアクセントとしても活用できます。

クロップド丈のカーゴパンツ×ラインソックスの組みあわせで、大胆にソックスを見せたハイセンスな着こなしを披露。レッド×ブルーのラインが着こなしのアクセントとして効果を発揮しています。

ニットにジーンズというシンプルな着こなしを足元でブラッシュアップさせた好例。ニットのマスタードとジーンズのネイビーをソックスの色とリンクさせ、統一感を出しているのがポイントです。

スウェットパンツにラインソックスとスニーカーというリラックススタイル。ルーズになりがちなスウェットパンツですが、細身をセレクトし、裾を上げてソックスのラインを見せてることで、センスが光る着こなしに仕上がっています。

今選ぶならこれ!『603』

スポーティーなアクセントが効いた2ラインのソックス。強めのリブでフィット感が良く、履き心地も快適です。しっかり伸ばして履いても、たるませてルーズに履いてもOK。ラインのピッチが違うので、表情もより豊かに見えるのところも◎。

今選ぶならこれ!『スケーターソックス』

2003年にサンフランシスコで誕生した『スケートソックス』のこだわりのアイテム。踵のない筒型のチューブソックスで、長さは19インチのふくらはぎ丈。履き口を折るとブランド名とMADE IN USAの文字があしらわれたデザイン性も高評価です。

今選ぶならこれ!『ビームスプラス』

白ベースの次に手に入れてほしい、黒ベースのラインソックス。従来、ラインは履き口近くにあしらわれていますが、本作はやや低めの甲部分と足首部分に入った珍しいデザイン。靴を脱いだときもおしゃれをアピールできる1足です。

ポイント3:落ち着いた色みのソックスならより季節感ある足元に

より足元で季節感を演出したいなら、グレーやネイビー、ボルドーなど落ち着いた色のソックスを取り入れるのが手。厚手の素材感のモノをチョイスすれば、よりウォーム感もアップしますよ。

ネイビーやブラックのダークカラーコーデに白スニーカーを合わせた着こなし。パンツとスニーカーの間に杢グレーのソックスを挟むことで、軽快すぎない季節感もある絶妙なバランスに仕上げています。ソックスをクシュッとたるませ、ボリュームを出している点もマネしたいポイントです。

カーキや黒のダークカラーをベースにした着こなしに、ボルドーのソックスで差し色を効かせた好サンプル。黒パンツに黒スニーカーという単調になりがちな足元に動きが生まれ、さらにソックスの色みが季節感を加味しています。

ネイビーのジャケットにグレーのウールパンツ、足元は白スニーカーという、ベーシックなカラーリングの着こなしに挿したのは、ネイビーのパッチワーク柄のソックス。柄モノですが、シックなネイビーカラーなので派手になりすぎず、さりげないアクセントとして効果的。

MIX素材のソックスは風合いが豊かでコーディネートに表情をプラスしてくれます。黒をベースにシックなダークカラーが混じり合った1足なら、あらゆるカラーとも合わせやすく、使い勝手も抜群です。

今選ぶならこれ!『ビームスメン』

履くだけでおしゃれにキマるツイード風のパッチワーク柄。パンツからチラッとのぞくだけで、コーデが一気にあか抜けて見えますよ。落ち着いた色みなので、派手になりすぎず扱いやすさもばっちりです。

今選ぶならこれ!『ファルケ』

1895年創業の老舗ソックスブランド。人間工学に基づき、左足用、右足用を揃えているので、フィット感がとにかくすばらしいんです。くすみ系のレンガカラーの本アイテムは、落ち着きがあり、ほんのり個性も主張できる色。

    KEYWORD関連キーワード
    RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事

    BACK