ザ・ノース・フェイスのマウンテンパーカーが、大人に愛される3つの理由

ザ・ノース・フェイスのマウンテンパーカーが、大人に愛される3つの理由

『ザ・ノース・フェイス』のマウンテンパーカーといえば、外遊びのみならず街でも使える最強アイテム。魅力や注目作、着こなしから大人に愛される理由を読み解きます。

山崎 サトシ

2017.10.12

ザ・ノース・フェイス(THE NORTH FACE)
マウンテンパーカー
秋の着こなし・コーディネート
16〜20度の服装
休日
CONTENTS目次
『ザ・ノース・フェイス』のマウンテンパーカーはなぜ愛されるのか
理由1:“ブランドならでは”の長所が大人心にフィットするから
理由2:大人に似合うデザインやモデルのバリエーションが豊富だから
理由3:テイスト不問! コーデの汎用性が優れているから

『ザ・ノース・フェイス』のマウンテンパーカーはなぜ愛されるのか

1968年にサンフランシスコで誕生した、米国アウトドア界のリーディングカンパニー『ザ・ノース・フェイス』。同ブランドのマウンテンパーカーが多くのアウトドアフリークから重宝されているのは、周知の事実でしょう。ただし、活躍の場はフィールドのみにとどまりません。大人たちが街のワードローブとして愛用するアイテムでもあるんです。その理由を3つの視点からご紹介しましょう。

理由1:“ブランドならでは”の長所が大人心にフィットするから

街へと繰り出せば、『ザ・ノース・フェイス』のマウンテンパーカーを愛用する人が散見されます。それほどまで大人の日常着として根付いている理由のひとつが、同ブランドが持ち合わせる長所です。

長所1過酷なフィールドシーンで培われた機能性

マウンテンパーカーは本来、登山用の防寒着。『ザ・ノース・フェイス』も例に漏れず、過酷なフィールドシーンにも耐える設計となっています。その優れたスペックは、街でも効果を存分に発揮。急な雨から身を守ってくれたり、強い寒風を防いでくれたりと、こだわりの素材が悪天候に対応してくれるんです。しかも山でのハードな着用が想定されているため、作りも非常にタフ。気兼ねなくヘビーユースできるアイテムは、やはり心強いですよね。

長所2街でも浮かない洗練されたデザイン

マウンテンパーカーというと、ハイスペックが故にタウンユースに適さない“山男”っぽいデザインが多いのも事実。しかし『ザ・ノース・フェイス』のアイテムは山に対応する機能を備えつつも、街でもスタイリッシュに装える洗練されたルックスに仕上げられています。カジュアルはもちろん、きれいめの着こなしにも難なくフィット。オールラウンダーとして幅広く活躍します。

長所3落ち着いたカラーバリエーションが多数スタンバイ

遭難したときにすぐレスキュー隊が発見できるよう、山で着るアウターは原色をはじめとする鮮やかなカラーが採用されているケースが多いですよね。ただ、あまりにも鮮やかな色みは街着として着こなすのが難しいもの。

しかし『ザ・ノース・フェイス』は、原色系に限らず黒・ネイビーなど落ち着いたカラバリもスタンバイ。街仕様のカラーラインアップも強みのひとつです。

理由2:大人に似合うデザインやモデルのバリエーションが豊富だから

ひと言でマウンテンパーカーといっても、『ザ・ノース・フェイス』のバリエーションはかなり豊富。その中から、特に大人の着こなしと相性の良いモデルをピックアップしました。

“本格嗜好”に応えるスペックが魅力。最強の防寒着としてチェックすべき5着がコチラ

まずは『ザ・ノース・フェイス』の中でも最高峰に位置するハイスペックなモデルからレコメンド! いずれもハードなアウトドアにも対応できる本格モデルで、街では最強の防寒着に。

『ザ・ノース・フェイス』が誇るロングセラーアイテムといえばコレ。ゴアテックス2レイヤーを素材に採用しており、優れた防水透湿性を誇ります。冬季登山用に開発されたモデルだけあって、裾からの雪の浸入を防ぐデタッチャブル式スノーカフなどもポイントに。スキーウェアとしても活用可能な1着です。

■参考記事: 謎を解明。ゴアテックスの基礎知識からお手入れまで

積雪期にも対応する今作は、ボディにゴアテックス3レイヤーを採用しており防水透湿性に加えて耐久性も十分! しかも、ゴアテックスの最新裏地構造であるC-KNITバッカーによって、ハードシェルでありながらも心地よい肌触りをかなえています。専用のスタッフサックが付き、旅のお供にもぴったり。

ゴアテックス3レイヤー素材を採用しているため、耐候性に関しては申し分なしといったところ。表地は強度の高い70デニールナイロンにポリウレタンを配合しており、優秀ないストレッチ性も確保しています。脇下にはベンチレーションが付属し、ヘルメットの上からでも着用できるフードはワンハンドアジャスター仕様に。

3層構造となった軽量防水透湿シェルジャケット。裏地にはゴアテックスのC-KNITバッカーを使用しています。一方の表生地は、軽さと強度のバランスが良い13デニールのナイロン糸を使って織り上げました。落ち着いた雰囲気を演出するため、止水ファスナーはつや消し加工したものをチョイス。ブランドロゴがボディと同系色のため、よりミニマルなデザインに仕上げられている点も見逃せません。

マウンテンジャケットのダウンバージョンとして注目されている逸品。ゴアテックスシェルなので雨の日でも雪の日でもOKです。中綿には着る人自身の体温を吸収し、肌へと送り返す光電子ダウンを封入。そのため、自然な暖かさが持続します。ダウンながらすっきりとしたフォルムで、スマートに着られるのも美点。

スペック十分の入門編。コスパ抜群の5着も要チェック

続いては、比較的リーズナブルなプライスで手に入る入門モデルをピックアップ。入門とはいえ、どのモデルも街で着用するのであれば十分過ぎるほどのスペックなので頼りになります!

『ザ・ノース・フェイス』が80年代に展開していたマウンテンジャケットがモチーフ。フロントフラップに金属のドットボタン使うことで、よりオーセンティックなデザインに仕上げています。 ただし、ゴアテックスを素材に用いて、機能性は現代仕様にアップデート! なお、サイクリング用のアウターとしても適役です。

マウンテンレインテックスジャケットのアノラック版で、ハーフジップなのでフルジップよりも防水性や軽量性に優れます。カジュアルなシーンにも合わせやすいよう、裏地はパープルカラーで彩りました。クラシックアウトドアスタイルを踏襲したこのモデルはやや大ぶりなので、いつもよりひとつサイズダウンすると良いでしょう。

トレッキングからスノースポーツ、タウンユースまでオールジャンルに活躍するスクープジャケット。内側の専用ファスナーでインナーを連結できるジップインジップシステム対応モデルです。表地は防水透湿性に優れたハイベント素材。フロントはダブルフラップ仕様となっており、雨や雪の浸入をしっかりとガードします。

ドットショットジャケットはお手頃なプライスと豊富なカラーバリエーションで人気のシリーズ。ライトウエイトでありながらしっかりとした防水性を持つハイベント素材を使っています。シルエットにはややゆとりを持たせていて、中にフリースやダウンベストを着込めば寒いシーズンにも難なく対応。

コットンライクな風合いを持つ、ナチュラルな撥水ナイロン素材で仕立てたモデル。長年変わらずに愛される、ブランドの定番マウンテンパーカーです。コンパクトに収納して携行でき、アウトドアだけでなく日常のあらゆるシーンで役立つはず。生地〜パーツまでリサイクル可能な素材を使った、エコなアイテムでもあります。

理由3:テイスト不問! コーデの汎用性が優れているから

高感度な大人たちがこぞって愛用している『ザ・ノース・フェイス』のマウンテンパーカー。アメカジやスポーツスタイルに合わせたり、きれいめコーデのハズしとして使ったりと、その汎用性の高さはアウトドアブランドとは思えないほどに長けています。そんな彼らの着こなしから、活用のヒントをチェックしましょう。

カモフラージュパンツ+シャンブレーシャツの男っぽいアメカジコーデに、『ザ・ノース・フェイス』のマウンテンパーカーを投入。トレンドのアウトドアミックスをかなえると同時に、グレーのジャケットが着こなしを引き締めてくれます。ボトムスはロールアップして、軽やかさもさり気なくプラス。

ドットショットジャケットとワイドジーンズによる、今シーズンらしいミニマルなワントーンスタイル。ここでシューズまでネイビーカラーをもってくるとやや重いので、ポップな配色のポンプフューリーを選択。スニーカーを着こなしのアイキャッチとして働かせました。

シャツ&チノパンというきれいめスタイルを、スクープジャケットとベースボールキャップでうまく着崩したスタイリング。『ティンバーランド』のマウンテンブーツはボトムスと同系色で、コーデの一体感アップに貢献。また、アウトドアブーツ故にマウンテンパーカーとの親和性も良好です。

ワイドな形状のワークパンツに対して、アウターのクライムライトジャケットはややコンパクトなフォルム。シンプルなコーディネートながら、シルエットにリズムを付けてメリハリたっぷりに仕上げています。中からチラッとのぞかせたロゴTシャツがグッドアクセントに。

ニットキャップやチェックシャツ、スニーカーと各所に原色を使いつつも、マウンテンパーカーで巧妙にトーンダウンしているので野暮ったさは皆無。街でもアウトドアでも映える好スタイルとして、ぜひ参考に。

マウンテンレインテックスジャケットに始まり、パンツからシューズまでブラックで同調したモノトーンコーデ。それでいて重々しく見えないのは、シューズのソールとカットソーでホワイトを取り入れているから。挿し色使いを心得たおしゃれ巧者です。

マウンテンレインテックスジャケットが主役の着こなし。ライン入りのパンツとのコンビネーションにより、スポーツMIXコーデを実現しています。スニーカーもパンツと同じく黒ボディ×白ラインのモデルを選び、まとまり感をグッと向上させました。

    KEYWORD関連キーワード
    RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事

    BACK