スマホ目覚まし派にも◎! インテリアになる目覚まし

スマホ目覚まし派にも◎! インテリアになる目覚まし

朝目覚めるのはもっぱらスマホのアラーム音、という方にあえておすすめしたい、おしゃれ目覚まし時計。殺風景なお部屋のインテリアにもなってくれて、一石二鳥なんです!

CANADA

2015.05.26

雑貨
目覚まし時計

スマホが目覚まし時計代わりって人も、目覚まし時計選びませんか?

スマホが目覚まし時計代わりって人も、目覚まし時計選びませんか?

朝の目覚めがスマホのアラーム音という人、多いですよね? 朝を味気ないアラーム音で迎えるのでなく、原点回帰の意味も込めて目覚まし時計を選んでみませんか。あまりないと思いますが、スマホの故障や電池切れで、アラームが鳴らなかった…といったトラブルも防げますよ。

インテリアに馴染む、時計選びのポイントは?

インテリアに馴染む、時計選びのポイントは?

時間さえ分かれば何でもいい、という選び方は頂けません。ナチュラルな部屋にはウッド調の時計を選ぶなど、設置する部屋の雰囲気やスタイルを知って、それに合った時計を選ぶことが重要です。

ナチュラルな部屋には…

バードアラームクロック

まるでオブジェのようなバードアラームクロックは、実際のツグミの鳴き声を使用したアラーム音がこだわりのポイント。小鳥のさえずりとオブジェのようなかわいらしい小鳥のフォルムは枕元に置いてもプレッシャーを感じさせず、自然で爽やかな朝を演出します。

シンプルな部屋には…

レトロアラームクロック

レトロなパタパタ感をデジタルで表現した、LCDレトロアラームクロック。長年愛され続けているパタパタクロックをデジタルにすることで、時間調整やアラーム設定などをよりスムーズに簡単に。時刻設定が不要の電波時計です。

クールな部屋には…

LEDクロック

緩やかなカーブを描いたフォルムと、時刻の確認がしやすい大きめサイズがスタイリッシュな印象を与えてくれるLED置き時計。文字盤がブラック、LEDはブルーになっていて、おしゃれなだけでなく実用性もバッチリです。

ポップな部屋には…

デンパアラームクロックポップン

面倒な時間調整が不要な電波時計で、やさしいホワイトカラーのラウンドフォルムに立体的でカラフルカラーな文字盤が特徴。シンプルで見やすいので、部屋に置いてもさり気なくおしゃれでありながら、統一感を持たせてくれるアイテムです。

旅先にも持って行けるのは…

ミニアラームクロック

レトロなカラーと文字盤が特徴のコンパクトクロック。手のひらサイズの大きさなので、持ち運びしやすく旅行にもおすすめです。

    KEYWORD関連キーワード
    RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事
    タフでしゃれてて頼れるヤツ。服だけじゃなく、腕元にもアウトドアを

    タフでしゃれてて頼れるヤツ。服だけじゃなく、腕元にもアウトドアを

    ご存じの通り、今季はアウトドアものが調子いい。タウンユースにぴったりのシックなダウンジャケットだったり、ゴアテックスを使った機能派のアイテムだったり。寒い冬の…

    増山 直樹

    大切なあの人と。ペアウォッチの人気ブランド20選

    大切なあの人と。ペアウォッチの人気ブランド20選

    数あるペアアイテムのなかでも、よりさり気なく身に着けられるペアウォッチ。実用性も高い人気ウォッチブランドのアイテムを、3つのカテゴリでそれぞれ紹介していこう。

    大中 志摩

    ソーラー電波時計9選。日本が誇る3ブランドからレコメンド

    ソーラー電波時計9選。日本が誇る3ブランドからレコメンド

    忙しいビジネスマンにとって、常に正確な時間を教えてくれるソーラー電波時計は心強い味方です。世界的にも品質の高い日本の3大腕時計ブランドから、名品を厳選しました。

    TASCLAP編集部

    それいいね! おしゃれと思われる腕時計20選

    それいいね! おしゃれと思われる腕時計20選

    おしゃれは、自己満足で終わることなく、他人に認められてこそ。“しゃれ者”として認められるには、大いに目立ち、「いいね」と言ってもらえる腕時計こそが必要なのです。

    黒野 一刻

    グランドセイコー20傑。男が持つべき名作を厳選

    グランドセイコー20傑。男が持つべき名作を厳選

    国産時計の雄『セイコー』が1960年に生み出したハイエンドコレクションが『グランドセイコー』です。スイス時計を超越する高精度のジャパンブランドに迫ります。

    黒野 一刻

    本場にも負けない。日本発の腕時計ブランド10選

    本場にも負けない。日本発の腕時計ブランド10選

    腕時計の本場といえば、スイス。それは否定できない事実です。しかし、実用性では日本が世界一。その理由と、日本が誇る腕時計ブランドを語り尽くします。

    黒野 一刻

    BACK