ノース・フェイスはフリースも良い。本格ブランドならではの魅力とは?

ノース・フェイスはフリースも良い。本格ブランドならではの魅力とは?

マウンテンパーカーやダウンでお馴染みの『ザ・ノース・フェイス』は、機能と見栄えを両立したフリースも必見。モコモコ系アイテムは今季の旬でもあるので要チェックです。

山崎 サトシ

2019.10.23

ザ・ノース・フェイス(THE NORTH FACE)
トップス
フリース
冬の着こなし・コーデ

保温性もトレンドも両立。『ザ・ノース・フェイス』はフリースもイイ!

老舗アウトドアブランドとして、さまざまな機能アウターをリリースしている『ザ・ノース・フェイス』。マウンテンパーカーやダウンジャケットが定番ですが、実はフリースもかなりの秀作ぞろい。

フィールド対応の高機能なマテリアルを使いつつ、街でも映える今っぽいデザインに仕上がっているのが最大の魅力です。しかも、フリースのような起毛系アイテムは秋冬の大きなトレンド。まさしく最優先で押さえておきたい逸品なんです。

種類豊富。シーンに合わせた選ぶポイントとおすすめを紹介

大人の日常に味方する『ザ・ノース・フェイス』のフリースですが、着用するシーンによって選ぶ際のポイントが変化するので覚えておきましょう。ここからはアウトドアと街、それぞれの場面に合わせた選び方を踏まえながら、『ザ・ノース・フェイス』のフリースを紹介していきます。

▼アウトドアシーンで着用するフリースを選ぶなら

キャンプやフェスといった外遊びのシーンで着用する際には、アクティブな着こなしに馴染んでくれる明るめカラーのモデルが正解! インナー使いにも対応する薄手フリースから、真冬も使える肉厚なフリースアウターまで幅広くラインアップされているので、自身のニーズに合わせて選択すると良いでしょう。

アイテム1マウンテンバーサマイクロジャケット

優れた保温性を備えながらもライトウェイトなマイクロフリースを採用した1着。程良い薄手仕立てのため、羽織りもの&インナーどちらでも活用することが可能です。着こなしのアクセントとなる鮮やかな色合いも特徴で、重くなりがちな秋コーデのトーンアップにも貢献。

アイテム2アンタークティカバーサロフトジャケット

『ザ・ノース・フェイス』史上最高のかさ高&温かさを持つフリース生地を用いた本格派。極寒地での活動を想定しており、前身頃部分にはフリースを二重仕様で配しています。脇下にはジップで開閉できるベンチレーションが付くため、蒸れる心配はありません。

アイテム3ポーラ フィールド プルオーバー

軽さと暖かさを併せ持つ高機能素材、ポーラテックフリースを使用したプルオーバー。鮮やかなカラーリングとハーフジップ仕様で、よりカジュアルな雰囲気に仕上がっています。フロントとポケットにあしらわれたエスニック柄のテープが、アウトドア気分を盛り上げてくれそうです。

アイテム4ジップインバーサミッドジャケット

ボディにボリューミーで毛足の長いフリース生地を使うことで、優れた防寒性を実現。さらに、脇から袖をストレッチ素材で切り替えて高い運動性を確保しています。フロントには3つのポケットを装備し、小物の仕分けが簡単に行えるというのもストロングポイント。

▼タウンユースのフリースを選ぶなら

開放的な着こなしでOKなアウトドアシーンとは対照的に、街で着る場合にはある程度のシックさが重要となってきます。そのため、セレクトしたいのは落ち着いたカラーのモデル。フリース特有のほっこり感を備えつつもスマートに着こなせます。また、コンビ素材のようなニュアンスのあるデザインも街っぽくてGOOD。

アイテム1デナリジャケット

1989年に開発された、『ザ・ノース・フェイス』のヘリテージモデル。サイズ感はしっかり現代的にモディファイされています。ボディに用いたのは、軽く厚みがありソフトな着心地が魅力のマイクロフリース素材。前身頃や袖に配されたナイロン布帛は補強とアクセント、両方の役割を果たします。

アイテム2デナリフーディー

「デナリジャケット」をベースとして、フードを加えることでさらに機能的に。アウターとしての使用も想定してフードと肩には機能中綿の「プリマロフト」を封入しています。シンプルなモノトーン配色ゆえ、シャツなどの品良いトップスともマッチ!

アイテム3アルマディラフルジップフーディ

かつて高い人気を誇った「アルマディラジャケット」のデザインを取り入れた1着は、胸元にさりげなく小ぶりなロゴを配置したシンプルな面持ちが好印象。リブやパインピング、ジップ部分のカラーを切り替えた、どこかレトロな表情がかえって新鮮です。軽くて程良く厚みのあるマイクロフリースは、高い保温性と通気性を兼備していて快適に着られます。

アイテム4サーマルバーサグリッドフーディ

軽くしなやかな中肉厚のフリース生地は、凹凸のあるグリット構造で汗によるべたつきを軽減。さらに優れた通気性を持ち合わせており、アクティブなシーンでも快適な着心地をキープできます。着こなしに季節感を呼び込む秋冬らしいカラーリングでも魅了。

▼フリースビギナーはボトムスや小物で取り入れるのもアリ!

マウンテンパーカーをはじめとする定番アウトドアジャケットと比べて、やや難度高めのフリースアウターに抵抗がある人もいるかもしれません。そういった方は、パンツや小物類でフリースを取り入れるのが吉。さりげなく着こなしにトレンド感を落とし込めます。『ザ・ノース・フェイス』はトップス以外にもフリースアイテムが大充実!

アイテム1フロントビューカモフリースパンツ

起毛感が控えめなマイクロフリース素材の1本のため、サラッと着こなしに馴染ませられます。カモフラージュ柄なのでミリタリーパンツ感覚で取り入れてもOK。加えて、ドローコードウエストのイージーパンツ仕様だから着用感はノンストレス!

アイテム2スーパーバーサロフトネックゲイター

毛足の長いバーサテックスーパーロフトを使用したネックウォーマー。これをプラスするだけで劇的に防寒性が上がります。アウトドアでも街でも役立つ小物なので、持っておくと何かと便利。ドローコードを絞ってビーニーのように使用することもできるお得なアイテム。

アイテム3マイクロフリースグローブ

フリースアイテムは難しいと感じている人も、グローブであれば比較的すんなりと使いこなせるはず。マイクロフリース素材を駆使した肌触りの良い今作は、単体使いはもとよりインナーグローブとしても使用可能です。

アイテム4デナリイーチップグローブ

適度な毛足の長さのフリース生地を甲部分に用い、対する手のひら部分はタッチスクリーン対応フリースを素材に抜擢。そのため、グローブ着用状態でもスマホを扱えます。まさに、現代人のライフスタイルにフィットしたアイテムですね。

フリースをおしゃれに着るには? 『ザ・ノース・フェイス』のフリースの着こなし例

最後に、『ザ・ノース・フェイス』のフリースを着用した着こなしサンプルを一挙見せ。ご覧の通り、どんなアイテムとも驚くほど好相性! 参考になる着こなしテクも盛りだくさんです。

カーキのスリムパンツ+無地白Tのシンプルカジュアルに、「デナリジャケット」でアウトドアムードをMIXしています。ウェアは落ち着いたカラーでまとめた分、足元には『アシックス』の鮮やかなランニングシューズをもってきて、アクセントにしました。

スタイルの主役に据えたのはマイクロフリース素材の「マウンテンバーサマイクロジャケット」。目の細かい上品な風合いを備えているので、見ての通り街っぽく着こなせます。ウェアからシューズ、バッグに至るまでブラックカラーで呼応させ、クールな雰囲気に仕上げたのもカギ。

秋の着こなしをトーンアップする美発色な「デナリフーディー」を軸に、ボトムスにはスウェトパンツを合わせてスポーツMIXコーデをメイク。シューズには『オニツカタイガー』のレトラン「メキシコ66」をチョイスし、アクティブなムードに拍車をかけました。

『オアスロウ』のワイドデニムと「スーパーバーサロフトジャケット」のマッチアップ。リラックス感あるアイテム同士を組み合わせ、肩肘張らない着こなしを形成しました。足元のクロッグサンダルは抜け感を一段と高めるアイテムですが、レザー素材なのでラフすぎず、大人っぽさも保持できます。

『ザ・ノース・フェイス』のフリースジャケットにデニムのジョガーパンツ、そしてインナーはスウェットシャツと、快適さを重視したコーディネート。ただし、インナーとスニーカーを白で同調させたり、バッグでの柄1点投入でメリハリを出したりと、さりげなくこなれ感を演出しています。

フリース×ナイロンのジャケットは『ザ・ノース・フェイス』と『テイラーデザイン』によるコラボモデル。バッグや小物で黒を拾って一体感を強めつつ、重くならないように明るめのインナーを中から覗かせました。ボトムスのロールアップも、重たい印象の緩和に一役買っています。

ボトムスと『ザ・ノース・フェイス』のフリースジャケットをともにワイドなサイズ感でまとめて、モノトーンベースながら脱力したムードを描出しています。ジャケットのパイピング&襟裏の色をハットと合わせるという上級テクも披露。少ないアイテム数で構成されたコーデですが、あか抜け感たっぷりです。

今季も大本命。ザ・ノース・フェイスの人気ダウン15モデル

今季も大本命。ザ・ノース・フェイスの人気ダウン15モデル

『ザ・ノース・フェイス』の人気ダウンを総特集。人気のバルトロライトジャケットを筆頭に極寒仕様からタウンユースな1着まで、見た目もスペックも徹底的に紹介します。

深澤 正太郎

さらっと羽織れて才色兼備。ノースフェイスのインナーダウンは大人の必需品

さらっと羽織れて才色兼備。ノースフェイスのインナーダウンは大人の必需品

インナーダウンを活用する人が増えていますが、中でも根強い人気を誇っているのが『ザ・ノース・フェイス』。その魅力からおすすめアイテムまでを一気に解説します!

平 格彦

アウトドアウェアの人気ブランド、今マストで押さえておきたい22選

アウトドアウェアの人気ブランド、今マストで押さえておきたい22選

トレンド継続中のアウトドアファッション。まずチェックすべきは、やはり専業ブランドのウェアや小物です。機能に加え、デザインにも定評のあるブランドを厳選してご紹介!

那珂川廣太

パタゴニアのフリースで作る、大人の日常コーデ

パタゴニアのフリースで作る、大人の日常コーデ

アウトドアトレンドを追い風にフリース人気が爆発中! とくに『パタゴニア』は頭ひとつ抜けた支持率を誇ります。そのラインアップと着こなし術を押さえておきましょう。

山崎 サトシ

ニット帽もザ・ノース・フェイスを指名買い。タイプ別に見るおすすめ15選

ニット帽もザ・ノース・フェイスを指名買い。タイプ別に見るおすすめ15選

アウターやパンツが人気の『ザ・ノース・フェイス』ですが、小物も逸品揃い。今の時期ならシンプルで使いやすいニット帽が狙い目です。多彩なラインアップを一挙ご紹介!

平 格彦

ノース・フェイスのグローブなら、アウトドアもタウンユースも頼りになる

ノース・フェイスのグローブなら、アウトドアもタウンユースも頼りになる

デザイン性と機能性を両立させたアイテムに定評がある『ザ・ノース・フェイス』。それはグローブもしかり。その魅力をおすすめのモデルとともにお届けします。

近間 恭子

ザ・ノース・フェイスのネックウォーマーに首ったけ。種類豊富なおすすめ11選

ザ・ノース・フェイスのネックウォーマーに首ったけ。種類豊富なおすすめ11選

ダウンやマウンパだけでなく、『ザ・ノース・フェイス』は小物類も優秀。ネックウォーマーも機能的で、種類が実に豊富です。その中から厳選したおすすめ品を一気に披露!

平 格彦

アフロ歴15年のファッションライターで、趣味はヴィンテージモノの収集とソーシャルゲーム。メンズファッション誌を中心として、WEBマガジンやブランドカタログでも執筆する。得意ジャンルはアメカジで、特にデニム・スタジャン・インディアンジュエリーが大好物!
この編集者の記事を見る
    KEYWORD関連キーワード
    RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事
    おしゃれなウエストポーチを厳選。ファッションライターが推す25ブランド

    おしゃれなウエストポーチを厳選。ファッションライターが推す25ブランド

    コンパクトながらも収納力が高いウエストポーチ。「おすすめのブランドは?」という方へ、人気ブランドを中心に25ブランドのウエストポーチを紹介します。

    ai sato

    ヘリーハンセンのアウター。マウンテンパーカー、ダウンを中心に人気作をお届け

    ヘリーハンセンのアウター。マウンテンパーカー、ダウンを中心に人気作をお届け

    セーリングを出自とするノルウェー発の『ヘリーハンセン』。今やそのフィールドを海辺からバックカントリーまで広げている同ブランドの魅力とおすすめアウターをご紹介。

    那珂川廣太

    春アウターどれにする? 即戦力ライトアウター10ジャンル

    春アウターどれにする? 即戦力ライトアウター10ジャンル

    春の着こなしのメインはライトアウター。主役となるアイテムはいち早く確保するのが賢明です。この春らしいアウターの手掛かりとおすすめ品を解説するので、ぜひ参考に。

    平 格彦

    セレクトショップと導き出す。街コーデをアップデートさせる春のトレンドキーワード7

    セレクトショップと導き出す。街コーデをアップデートさせる春のトレンドキーワード7

    寒さは残るが暦の上ではもう春。そろそろ次のファッショントレンドを押さえる頃合いだろう。人気セレクトショップに聞いた注目キーワードから、今春の流行が見えてきた。

    菊地 亮

    オーラリーとは? 売り切れ御免の人気アイテムと今っぽさのヒント

    オーラリーとは? 売り切れ御免の人気アイテムと今っぽさのヒント

    今や大人たちがこぞって『オーラリー』の服を手にとっている。デザインはいたってシンプルで、形もオーソドックス。でも惹きつけられるそのワケをアイテムと共に読み解く。

    菊地 亮

    BACK