美人プレスの妄想デート服vol.1|アーバンリサーチ徳野茉奈美さん

美人プレスの妄想デート服vol.1|アーバンリサーチ徳野茉奈美さん

どんなコーデがいいのか悩むくらいなら女性が素敵だと思うコーデを参考にしてみよう! というわけで『アーバンリサーチ』の美人プレスに理想のデート服を聞いてきました!

近間 恭子

近間 恭子

SHARE
記事をお気に入り
2017.11.17

自分本位がすぎるファッションは、女性ウケが悪いことも……

“旬を取り入れつつ、自分らしいファッションを楽しみたい”。そんな風に考えている男性が大半だと思います。それは間違いではありませんが、あまりに好みに走りすぎたり、頑張って見えるコーデだと、女性ウケがよくないことも。モテがすべてではないものの、せっかくおしゃれするなら女性から“素敵”と思われたくありませんか? そこで人気ショップの美人プレスに、男性のファッションに関する本音をリサーチ! 第1回目は『アーバンリサーチ』プレスの徳野茉奈美さんに聞いてきました。

『アーバンリサーチ』プレス 徳野茉奈美さん

『アーバンリサーチ』プレス 徳野茉奈美さん

TASCLAP読者にもお馴染みの『アーバンリサーチ』のプレスとして、雑誌へのリース業務や取材対応など忙しい日々を送る徳野さん。チャーミングな笑顔が素敵な女性です。

美人プレスに一問一答

まずは徳野さんの普段の仕事内容から自身のファッションテイスト、さらには好みの男性ファッションまで聞いてみました。この一問一答も、女性ウケのいいコーデを作るうえでのヒントになるはずです。

美人プレスに一問一答

■プレスになったきっかけは?

「販売員時代に、知らず知らずのうちにブランドやアイテムが世の中に広まっていると感じることが多かったんです。でも、当時はどういう仕組みで広まっているかわからなくて。直接関係しているのがプレスという仕事だということを知り、強い興味を持ったのがこの仕事を目指したきっかけですね」

美人プレスに一問一答 2枚目の画像

■徳野さんの仕事内容は?

「企画に合ったアイテムをスタイリストさんに提案するなど、仕事は雑誌などのメディアへのリース業務がメイン。さらに、ショップの取材対応といったレディースのPR業務全般を担当しています。時間に追われてバタバタとした毎日ですが、とってもやりがいがあって楽しいですね」

美人プレスに一問一答 3枚目の画像

■自身のファッションテイストは?

「もちろんトレンドも意識しますが、基本的にはシンプルなファッションが好み。インパクトある色もあまり使わないので、パッと見は本当にシンプルです(笑)。今季はチェックがトレンドなので着こなしに取り入れましたが、普段は無地でまとめることが多いですね」

美人プレスに一問一答 4枚目の画像

■今日のコーデのポイントは?

「ズバリ、旬のチェック柄セットアップです。着丈の長いジャケットとゆったりとしたパンツは、Iラインを強調してスタイルアップ効果もあるんですよ。モヘアのVネックニットとパンプスで、メンズライクなセットアップに女性らしさをプラスしたのもポイントです」

ジャケット 31,000円、パンツ 27,000円/ともにアーバンリサーチ ロッソ、ニット 15,000円/アーバンリサーチ、シューズ 42,000円/ネブローニ

美人プレスに一問一答 5枚目の画像

■どんな男性のファッションが好み?

「私がシンプル好きということもあって、男性もシンプルなファッションが好みです。究極をいえば、スウェットシャツ×ジーンズでいいくらい(笑)。ストリートすぎず、それでいて清潔感もあれば完璧です。あと、ある程度はTPOを意識してスタイリングしてほしいかな」

美人プレスに一問一答 6枚目の画像

■逆に苦手な男性ファッションは?

「どこかチャラチャラとした印象を与える、つま先がとんがったシューズは苦手ですね。雑に扱ってシワや汚れが目立つ洋服を着ているのも、清潔感がなくて嫌かな。あまり男性のファッションには口を出さないタイプですが、それは思わず注意しちゃうかも(笑)」

シチュエーション別に提案。徳野さんの妄想デート服

女性ウケを気にするシーンといえば、やはりデートですよね。というわけで、徳野さんが「こんな着こなしでデートに来てくれたらうれしいな」と思うコーディネートを、3つのシチュエーション別に作ってもらいました。

レストラン編

きちんと感と旬を絶妙に融合したデートスタイル

きちんと感と旬を絶妙に融合したデートスタイル

レストランというとジャケットを着用しなきゃと思う人も多いと思いますが、徳野さんは違います。「ジャケットもカッコいいですが、キメすぎで少し距離感を感じてしまいます。かといって、トレンドのナイロン系ジャケットはラフすぎ」。そこで徳野さんが選んだのは、白のタートルネックニット。「白ニットは柔和な雰囲気を演出し、しかもハーゲージだとより上品。トレンドのオーバーサイズコートやワイドパンツを合わせても、きちんとした印象を与えられます。ちなみにパンツは伸縮性があって楽ちんだし、なによりシワになりにくいので清潔感をキープできるのもポイント」。レザーシューズで、足元を大人っぽく仕上げているのも見逃せません。

グレンチェックコート 64,000円/コセイ、 タートルネックニット 9,000円/アーバンリサーチ、ストレッチタックワイドパンツ 10,000円/アーバンリサーチ、シューズ 98,000円/ジャコメッティ

ショッピング編

巧みな白使いで攻めコーデをシティ仕様に

巧みな白使いで攻めコーデをシティ仕様に

古着好きということもあり、休日は祐天寺や学芸大学でショッピングすることが多いという徳野さん。今回もそのエリアを想定してコーデを考えたそう。「このコーデのポイントは、パープルのベロアシャツです。ドレッシーな素材ながらもデザイン自体はカジュアルなので取り入れやすく、ほんのり古着っぽいところがお気に入り。ボトムスもワイドなパンツと少し攻めた感じがしますが、インナーと足元をクリーンな白にすることですっきりとした印象を与えられます。コートとキャップをヘリンボーンでさりげなくリンクさせたのもこだわりですね」。ダークトーンをベースにしながら、白を有効利用して抜け感をもたせたテクは、ぜひ参考にしたいところ。

バルマカーンコート 30,000円、タートルネックカットソー 5,500円、ベロアジャージーオープンカラーシャツ 10,000円、コットンサテンワイドトラウザー 9,000円/すべてアーバンリサーチ、スニーカー 19,800円/リプロダクション オブ ファウンド×レッドシーム、ツイードキャップ 8,500円/ロウマスタープロダクト× アーバンリサーチ

アウトドア編

アウトドアならではの色使いがコーデの決め手

アウトドアならではの色使いがコーデの決め手

この夏にキャンプに目覚め、今や趣味の1つとなっているという徳野さん。「今回はBBQで少し遠出するイメージ。あくまでも軽めのアウトドアなので、本気すぎることなく、その後に街をぶらつくことを想定してスタイリングしました。最大のポイントは、コーデの主役にしたオレンジのマウンテンパーカー。普段の着こなしには使いにくい色かもしれませんが、アウトドアシーンには映えて素敵だと思います。そのほかのアイテムをベーシックにまとめれば、難なく着こなせるはず」。モールスキンパンツとのセンスのよさが光るカラーリングにも注目を。ちなみに「11月にもキャンプに行く予定があるので、このデートが1番リアルだったかも(笑)」だそう。

マウンテンパーカー 98,000円/フリーマンズ スポーティング クラブ、パーカー 17,000円/フリーマンズ スポーティング クラブ × ループウィラー、パンツ 28,000円、スニーカー 14,800円/ともにフリーマンズ スポーティング クラブ

アウトドアならではの色使いがコーデの決め手 2枚目の画像

「いろいろ妄想をしながら(笑)、デートスタイルを作ってみました。参考にしてもらえるとうれしいです!」

女性の本音が垣間見られたデートスタイル、いかがでした?

「メンズコーデは難しいですね」と語っていた徳野さんですが、どれもさすがのスタイリングでしたね。それぞれのシチュエーションに合っていながら、旬も絶妙に取り入れているのはお見事。さらにどれも清潔感があり、それでいて親近感もある。「徳野さんのコーデなら、楽しいデートになりそう!」と、現場の女性スタッフも大盛り上がりでした。

取材協力:『アーバンリサーチ』

取材協力:『アーバンリサーチ』

「DESIGN YOUR LIFE STYLE」をコンセプトに、カジュアルテイストをベースに都会的で洗練されたファッションアイテムから雑貨まで幅広く展開。TASCLAP世代の大人にハマるラインアップが揃います。

photo_Mai Hokari (BOIL)
--------------------------------------
※掲載の金額は全て税抜価格です
--------------------------------------

注目編集者
近間 恭子

バッグ・革小物をメインに執筆記事は200本以上

近間 恭子
ライターのアシスタントを経て、2003年に独立。「MEN’S CLUB」や「Mono Master」などの男性誌をはじめ、女性誌やWEB、カタログで活動している。ビジネスからカジュアルまでのメンズファッション全般を得意としているが、最近は趣味がこうじて旅企画も担当。
この編集者の記事を見る

KEYWORD関連キーワード

PICK UP

編集部の注目

きちんと収まる、がどれだけ大事か。“ブレない”男になれる、BN3THのアンダーウェア

シンプルなようで奥が深いアンダーウェアの世界。立体設計のフロント内部ポケットを持つ『BN3TH(ベニス)』は、“ポジション”に悩むすべての男性必見のブランドです。

SPONSORED by BN3TH(ベニス)

続きを読む

人気スタイリスト3名が本気で考えた。今、大人が着るならこんなセットアップが良い

シーンを選ばない汎用性や、インナーと靴を決めるだけでまとまる手軽さが魅力のセットアップ。今選ぶべき1着はどういったものなのか? 実力派スタイリストが伝授します。

SPONSORED by タトラスインターナショナル

続きを読む

初夏の主役トップスが税込1,650円。大人のお眼鏡に適うTシャツを、クロスコットンで見つけた

まもなく、Tシャツが主役となる季節に。戦力として欲しいのは、本格志向だけどガシガシと気軽に普段使いできる1枚です。その最適解が『クロスコットン』にありました。

SPONSORED by 丸久

続きを読む

今春のクォーツに求めるのは、ラグスポかエレビジか。ティソの二大新定番からその答えを探る

新しい季節を、新しい相棒と。そんな方へのフレッシュな腕時計が、老舗『ティソ』にありました。抜群の信頼性と利便性を両立した、2本のクォーツウォッチに迫ります。

SPONSORED by ティソ

続きを読む

Tシャツに羽織るべきは、都会派ミリタリーアウターだ。タトラスが示す春コーデの方程式

男らしい存在感が持ち味のミリタリーアウターは、薄着になっていく今の時期に必携。あくまでスマートに着こなすなら、骨太さの中に洗練を宿す都会派な1着を選びましょう。

SPONSORED by タトラスインターナショナル

続きを読む

その実用性に、また頼りたい。マンハッタンポーテージの“現在”を知っているか

90年代のシーンを席巻した、『マンハッタンポーテージ』。現在、同ブランドのバッグは現代のニーズに合わせて進化を遂げています。再び頼りたい逸品群をお披露目!

SPONSORED by マンハッタンポーテージ

続きを読む

引き算の美学を知る。新作ドレスウォッチで強固になった、カルレイモンの“軸”

高級時計の代名詞、ムーンフェイズを若者でも手の届く価格で世に送り出す『カルレイモン』。よりドレス感を強めた話題の新作「クラシックシンプリシティ2」に注目です。

SPONSORED by カルレイモン

続きを読む

もっと見る

RELATED ARTICLES

あなたにおすすめの記事

ACCESS RANKING

アクセスランキング

ITEM RANKING

アイテムランキング

新機能

この記事を読んでいる方に
おすすめの記事をご紹介

RECOMMEND
TOP

カテゴリ

おすすめ記事