クラシックだけど今っぽいメンズヘアが、スーツに好相性!

クラシックだけど今っぽいメンズヘアが、スーツに好相性!

根強い人気を誇るクラシックなヘアの中から、オン・オフ問わずフィットするヘアの最新形をピックアップ。次にトライするヘアスタイルの参考にしてみてください。

橋本 裕一

2017.11.10

ヘアスタイル
通勤

大人の髪型は、スーツに似合うスタイルがいい

大人の男性にとって、日常の戦闘服であるスーツに似合うよう、髪型は清潔感や精かんな印象づくりを意識するのは当然。たとえば耳周りやえり足のすっきり感や潔くアップした前髪などが必須のディテールとなってきます。デザインとしての鮮度も加味すると、クラシックなヘアが最適なんです。

スーツに相性抜群でトレンドもフォロー。大人の理想は“今らしい”クラシックヘア

大人にこそトライしてほしいクラシックなヘアですが「イメージとしてはやや敷居が高そう」というのが本音。そこで提案したいのが、クラシックな要素を取り入れながら動きや束感などの今っぽさをブレンドさせたスタイルです。

大人におすすめのクラシックなメンズヘア、サンプルスタイルを紹介

大人にマッチするクラシックなヘアスタイルを10点厳選しました。

ハチまでしっかりと刈り上げ、そこを起点に大胆に片方のサイドに流したスタイル。ニューヨークをはじめとした海外でよく見られる髪型です。高く刈り上げたことによるシェイプされたシルエットと躍動的な動きのコントラストで、精かんな雰囲気を引き立てます。

トップからフロントをより長めにすると、しっかり刈り上げてもより落ち着いた雰囲気に。ナチュラルに仕上げれば親しみやすい印象に、ツヤを加えてタイトにまとめればフォーマルなテイストに仕上がります。下ろしたスタイルにも対応でき、アレンジの幅も広がります。

パーマによるカールとグリースのウェット感をMIX。躍動的な毛流れが生まれ、力強い雰囲気を呼び込みます。動きと質感を作り込めば、刈り上げは低めでも十分に男らしさを引き出せるお手本的なスタイル。オンのシーンだけでなくオフスタイルにもぜひ!

より自然な仕上がりを目指すなら、刈り上げはチラ見せがベスト。トップからサイド、バックに落ちる髪を長めに設定しましょう。スタイルがナチュラルな分、グリースやポマードでツヤ感を加え、毛流れをタイトに仕上げることで雰囲気を高めることが肝要です。

少しクセがある人は、それを活かす方が得策。サイドパートとアップバングのコラボスタイルを実践すれば、こなれた空気に満ちた大人のネオ七三ヘアの完成です。程よい動きと刈り上げのおかげで黒髪でも重さはゼロ。ビジネスシーンで好感度は絶大です。

きれいなグラデーションを描く刈り上げは、あえてハチ周りの角を残すとクラシックなムードを強調。さらにサイドパートにすることで直線的なラインが際立ちます。ヘアに男らしい強さが備わり、ビジネスの場では仕事に対する強い意欲を感じさせることができます。

トップに高さを出したソフトモヒカン風のアレンジは今っぽい空気を呼び込みます。ツーブロックによってサイドのボリュームを抑えることで、より端正なフォルムに仕上がります。もちろん全体をタイトに抑えれば、よりクラシックなニュアンスにシフトすることも可能です。

ランダムに行き交うスパイキーな束感をメイク。ストリートな空気が加味されてトライしやすさも格段にアップします。ハチに角を残してスクエアなフォルムに仕上げることで、シャープな毛束の質感や潔いアップバングとの統一感を持たせています。

いわゆる束感ヘアと七三をミックスは、初心者でもトライしやすく、クラシックなスタイルを楽しむのに最適です。しっかりと分け目をつけずに毛流れでパート分けをすると、さらにソフトな印象に。これによりフィットする髪色の幅が広がるのもうれしいところです。

やや長めのレングスの七三にはパーマをプラスすれば、デキるビジネスパーソンを演出できます。しなやかに弾むような動きが抜け感を生み、大人の余裕を感じさせることができます。ツーブロックでサイドをシェイプさせることで、長さゆえの野暮ったさも感じさせません。

    KEYWORD関連キーワード
    RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事

    BACK