旬の真っ只中。クラークスのワラビー、そのコーデ法から種類までを徹底リサーチ

旬の真っ只中。クラークスのワラビー、そのコーデ法から種類までを徹底リサーチ

快適であることがこれまで以上に価値を持つ現代において、人気が再燃している名靴といえば『クラークス』の「ワラビー」。派生モデルもフォローしつつ、その今に迫ります。

2022.11.22
SHARE
記事をお気に入り
遠藤 匠

執筆者

紺ブレもビーサンも守備範囲。雑食系服飾ライター

遠藤 匠
モノ雑誌と男性ライフスタイル誌の編集を経て、現在はフリーライターとしてメンズファッション誌、ライフスタイル誌、WEBを中心に執筆。ファッション遍歴は、渋カジから英国系テーラードを経て、再びアメカジに回帰。現在は無国籍状態に。 記事一覧を見る
...続きを読む

革靴以上、スニーカー並みの履き心地が面白い。『クラークス』には「ワラビー」がある

革靴以上、スニーカー並みの履き心地が面白い。『クラークス』には「ワラビー」がある

BETTER DAYS/ベターデイズ

BETTER DAYS/ベターデイズ

お気に入り追加

「ワラビー」を深掘りしていく前に、まずは『クラークス』というブランドのおさらいから。日本においてはアメカジの足元を完成させる靴として認知度の高い『クラークス』ですが、その実は1825年にイングランド南西部にあるストリートという町の靴工場として創業した英国ブランドです。創業当初の看板商品はシープスキンで仕立てられた柔らかな履き心地のスリッパで、そこからシューズ業界へと進出しました。ブランドの名が世界に知れ渡ることになったのは、1950年のこと。クーラク家の4代目であるネイサン・クラーク氏が、ビルマ駐屯の陸軍兵士時代に友人に見せてもらった柔らかい革靴に着想を得て「デザートブーツ」を開発します。

革靴以上、スニーカー並みの履き心地が面白い。『クラークス』には「ワラビー」がある 2枚目の画像

STYLE COUNSEL スタイルカウンセル

STYLE COUNSEL スタイルカウンセル

お気に入り追加

当時の男性靴といえば、ドレスシューズか軍から支給されるアーミーブーツ、あるいは作業靴といった選択肢のみでカジュアルシューズという概念自体が存在しませんでした。そんな時代だったからこそ、かつてない快適さを実現した「デザートブーツ」が画期的なシューズとして脚光を浴びることに。同作はアメリカでも大ヒットし、『クラークス』自体がカジュアルシューズの代名詞として認知されるようになったわけです。その後、1966年には「ワラビー」、1980年には「ナタリー」といったヒット商品を発表。いずれも、スニーカーに比肩するコンフォート感と、英国の香り漂う程良いドレス感を兼ね備えた絶妙なバランスのカジュアルシューズであることは皆さんよくご存じでしょう。そして、コンフォートさが重視される現代においても、特別な存在感を放つブランドとしてその地位を確立しています。

革靴以上、スニーカー並みの履き心地が面白い。『クラークス』には「ワラビー」がある 3枚目の画像

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

コンフォート靴の代名詞である『クラークス』のラインアップの中でも一、二を争う快適さを誇るのが、袋状のモカシンアッパーで足をやさしく包み込む「ワラビー」です。スニーカーとはまた違う、クッション性に優れた履き心地と歩きやすさ、そしてタイムレスにしてジェンダーレスなスタイルの秘密を読み解いていきましょう。

『クラークス』の「ワラビー」。その基本から素材バリエーション、サイズ感まで

『クラークス』の「ワラビー」。その基本から素材バリエーション、サイズ感まで

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

冒頭でも触れたように、「ワラビー」が誕生したのは、1966年のこと。第二のデザートブーツを目指して開発された靴であり、デンマーク発祥の靴をモチーフに発案され、当初は『クラークス』傘下の靴メーカーであったアイルランドの『パドモア&バーンズ』の工場で製造していました。ちなみに「ワラビー」というモデル名は、アメリカとカナダでの販売を始めるときにつけられたのだとか。モデル名の由来は、袋縫いのモカシン靴特有のやさしく包み込まれる履き心地を、カンガルー科の動物であるワラビーがお腹の袋の中に子供をやさしく入れて育てることになぞらえたものです。

▼快適な履き心地を実現する、袋状のモカシン縫いと肉厚クレープソール

▼快適な履き心地を実現する、袋状のモカシン縫いと肉厚クレープソール

WAIPER楽天市場店

WAIPER楽天市場店

お気に入り追加

「ワラビー」特有のぽってりとしたフォルムを特徴づけ、快適さをもたらす要因になっているのが、袋縫いのモカシン構造です。一枚革のスエードで足をゆったりと足を包み込むような被せモカを採用し、タンもアッパー本体とつながった袋状になっています。なお、トゥはラウンドではなく、スクエアトゥを採用することで他にはない個性とつま先周りに程良いゆとりを持たせているのもポイント。スニーカーに比肩する、いやスニーカー以上にやさしい履き心地はこの特徴的な製法なくしては実現できません。

▼快適な履き心地を実現する、袋状のモカシン縫いと肉厚クレープソール 2枚目の画像

WAIPER楽天市場店

WAIPER楽天市場店

お気に入り追加

「ワラビー」のソール素材は多岐にわたりますが、オリジンはやはり極厚クレープソールです。天然ゴムに酢酸を加え、凝固させる際に現れる凸凹感を生かした作りが特徴的。合成ゴムでは味わえない粘りと弾力が、クセになる心地良さをもたらしてくれます。とりわけ「ワラビー」のものは厚みがあってボリューミーなため、一段上のクッション性を体感可能です。

▼「ワラビー」はメープルスエードだけにあらず。カラーと素材の基本バリエーション

「ワラビー」のアッパー素材といえば、毛足を短く整えたメープルスエードがトレードマーク。ですが、黒のスエードや表革といったバリエーションにより異なる表情を、スタイルに合わせて楽しむのもまた一興です。

バリエ1

カジュアルさはそのままに、男っぽさを醸す「ブラックスエード」

カジュアルさはそのままに、男っぽさを醸す「ブラックスエード」

FIGURE

FIGURE

お気に入り追加

メープルスエード同様に毛足を上品に整えた裏革ながら、サンドベージュにはない男らしさを味方につけられるのがブラックカラーの1足です。クレープソールの側面もブラックの配色となっており、スウェットパンツやジーンズといったカジュアル顔パンツの引き締め役として期待以上の活躍をしてくれます。

バリエ2

快適さに加え、革靴の醍醐味も堪能。「ブラックレザー」も見逃せない

快適さに加え、革靴の醍醐味も堪能。「ブラックレザー」も見逃せない

ブーツとスニーカー Face to Face

ブーツとスニーカー Face to Face

お気に入り追加

同じ黒でも、ツヤのある表革になればグッとドレス感強めな顔立ちに。きれいめなワイドパンツやスラックスに合わせてもしっくり馴染んでくれます。それでいて、やさしく包まれる履き心地や柔らかなクッション性は変わらず。オフィスでのセットアップなどにおいても、良き相棒になってくれることでしょう。

バリエ3

カーキカラーとも相性抜群な、大人顔の「ダークブラウンスエード」

カーキカラーとも相性抜群な、大人顔の「ダークブラウンスエード」

LTD SPORTS ONLINE STORE

LTD SPORTS ONLINE STORE

お気に入り追加

メープルスエードとはまた違う落ち着きをもたらすのが、ダークブラウンスエードです。実はメンズの大好物であるミリタリーカーキと相性の良い配色でもあるため、ファティーグパンツやカーゴパンツの足元とも好相性。ミリタリー感の中和にも、一役買ってくれます。

バリエ4

履き込む程に色味を深める「ブラウンレザー」のエイジングに期待したい

履き込む程に色味を深める「ブラウンレザー」のエイジングに期待したい

LIMITED EDT

LIMITED EDT

お気に入り追加

ちょっとラギッドな香りが欲しいなら、濃淡が味わい深いブラウンレザーを検討しましょう。鈍い光沢を放つオイルドレザーは、経年変化によるエイジングが強く表れるエイジング好きの心をくすぐる素材。多少の傷なら簡単なケアで馴染ませられるのもメリットですし、汚れがついても男らしい味として楽しめます。

▼「ワラビー」はやや大きめ。サイズ感は足長ジャストぐらいを検討すべし

▼「ワラビー」はやや大きめ。サイズ感は足長ジャストぐらいを検討すべし

WEAR

WEAR

お気に入り追加

気になる「ワラビー」のサイズ感ですが、基本のウィズが2Eで、モカシン構造ゆえに甲周りはゆったりしています。そのため、試着する際は一般的な革靴と同様に自分自身の足長(つま先からかかとまで)のサイズに忠実に選ぶのがおすすめです。履いていると甲部のスエードがさらに柔らかくなるため、後でゆるく感じてしまうのを回避する意味でも大きめではなくジャストサイズを選んでおくのが賢明でしょう。

ブーツか、ローカットか。それぞれの「ワラビー」の特徴とコーデをチェック

「ワラビー」にはブーツタイプとローカットタイプが存在します。そもそも「ワラビー」は合わせられるパンツの幅が広い名靴ですが、丈感の違いを上手く活用することでより洒落感ある足元を演出可能です。双方の成功パターンと選びのキモを、ピックアップしたスタイルサンプルでご紹介します。

▼ブーツ:足首までホールドする「ワラビーブーツ」は、ジャスト~細身のパンツと好マッチ

▼ブーツ:足首までホールドする「ワラビーブーツ」は、ジャスト~細身のパンツと好マッチ

WEAR

WEAR

お気に入り追加

「ワラビーブーツ」はくるぶしまですっぽりカバーでき、特有のボリューミーなフォルムに加えて足首につながるラインを強調できるのが特徴です。これを見栄え良く履くなら、パンツのシルエットは細身かジャストのものを選び、レングスはジャストかやや短めが好バランスです。トゥからのラインを生かしつつブーツならではのシルエットを引き立てることができ、同時に重たく見えてしまうのを回避する効果が期待できます。なお、ブーツだけあって微フレアのパンツにもよく合います。

コーデ1

9分丈ジーンズでブーツ感を強調し、大人なカジュアルに誘導

9分丈ジーンズでブーツ感を強調し、大人なカジュアルに誘導

WEAR

WEAR

お気に入り追加

この写真のようにジャストフィットなジーンズのレングスを気持ち短めの9分丈で合わせても、「ワラビーブーツ」が見栄え良く引き立ちます。トップスはタックインすることで、足元と同時に腰周りにも軽快さをプラス。あえてソックスが隠れるギリギリの丈感とすることで、品良く大人らしい印象に誘導している点も注目です。

コーデ2

パンツも黒で揃えて、旬のフレアパンツの引き立て役に

パンツも黒で揃えて、旬のフレアパンツの引き立て役に

WEAR

WEAR

お気に入り追加

細身のパンツの中でもフレアパンツとの相性の良さは、この写真を見れば一目瞭然です。あえて大きくクッションを作らず、パンツのシルエットを生かす掛け感も絶妙です。ブーツなら、歩行時に脚を上げた際もソックスを見せず見せ方をキープできます。合わせているのはスポーティなトラックパンツですが、「ワラビーブーツ」と同色の黒で馴染ませることでストリート感も中和されて大人目線のフレアパンツ姿を印象付けられます。

▼ローカット:ボリューム控えめのローカット「ワラビー」は、太めパンツにもサラッと似合う

▼ローカット:ボリューム控えめのローカット「ワラビー」は、太めパンツにもサラッと似合う

WEAR

WEAR

お気に入り追加

一方、くるぶしが隠れないローカットの「ワラビー」の場合は、サラッとスニーカー感覚で履くのがコーデを成功させるポイントに。パンツのシルエットはゆったりめのワイド系が相性良く、裾が靴の上に少し溜まるくらいのワンクッションで合わせるとバランス良く履きこなせますよ。

コーデ3

極太ウールパンツ合わせで、都会派のストリートスタイルに

極太ウールパンツ合わせで、都会派のストリートスタイルに

WEAR

WEAR

お気に入り追加

こちらはウール仕立てのワイドスラックスを同色の「ワラビー」と合わせた装い。パンツの極太シルエットを生かし、靴の上に裾を少し乗っけるくらいのレングスで履くことでどっしりとした今どきのシルエットを描くことが可能です。とはいえ、足元が黒スエードゆえ大人っぽさはしっかり担保。ワイドパンツがルーズ見えせずはけますよ。

コーデ4

足元の引き締め効果で、強面感ゼロの都会派ミリタリーカジュアルに

足元の引き締め効果で、強面感ゼロの都会派ミリタリーカジュアルに

WEAR

WEAR

お気に入り追加

こちらは、ミリタリーテイスト漂うワイドパンツに黒スエードの「ワラビー」を合わせた装い。裾周りのたっぷりとしたたるみが見栄え良く足元に収まるのは、ローカットならではでしょう。黒の裏革から漂う程良い上品さもあって、イカつ過ぎないバランスのミリカジに仕上がっています。

「ワラビー2」に、ゴアテックス搭載モデルまで。増え続ける「ワラビー」の種類

優れた派生モデルが登場するのもまた、名靴ゆえのもの。ソールのアップデートを図った「ワラビー2」や完全防水を実現した「ワラビーGTX」など、頼れる注目モデルをピックアップしました。

モデル1

ワラビー2

ワラビー2

靴通販のシューズショップASBee

靴通販のシューズショップASBee

お気に入り追加

ワラビー2 2枚目の画像

靴通販のシューズショップASBee

靴通販のシューズショップASBee

お気に入り追加

パッと見では定番と見分けがつかないかもしれない「ワラビー2」。ですが、靴底にご注目を。天然ゴム製のクレープソールではなく、軽量にしてさらなるクッション性とグリップ力を有するラバーソールにアップデートされています。木型やアッパーの製法は変わっておらず、「ワラビー」特有の佇まいはそのまま。よりスニーカーに近い機動力が欲しいときの選択肢としておすすめです。

モデル2

ワラビーGTX

ワラビーGTX

ARKnets

ARKnets

お気に入り追加

ゴアテックスのライニングにより、防水透湿性を担保したのが「ワラビー GTX」です。アウトソールはビブラム社のドレッドラバーソールを搭載し、グリップ力の向上も図っています。また、側面を強靭なツイルで切り替えたアッパーも相まって、ハイテクムードを感じせる横顔を演出可能。雨にも負けず、「ワラビー」ならではの足元を楽しみたいという方に手に取ってもらいたいですね。

モデル3

ワラビー カップブーツ

ワラビー カップブーツ

フェルマート

フェルマート

お気に入り追加

カップソールの採用により、厚底スニーカーを思わせるぽってり感を付与したのが「ワラビーカップ」。こちらはそのブーツタイプで、滑らかな表革もソールもブラックに徹した配色で、都会的な足元を演出してくれます。ソールはトゥ側でも約3cmの厚みがあり、定番とはまた違う力強さをもたらす効果も期待できそうです。

モデル4

『ナノ・ユニバース』別注ワラビー

『ナノ・ユニバース』別注ワラビー

ナノ・ユニバース カタログ

ナノ・ユニバース カタログ

お気に入り追加

周囲との違いをセンス良く印象付けたいときは、ショップやブランドの別注品もおすすめです。こちらの『ナノ・ユニバース』との1足は、別注ならではのカラーが目を引きます。ジーンズからスラックスまで品良く引き立ててくれる淡ネイビースエードに対し、オレンジのシューレースをセット。アッパーと同色のシューレースも付属しており、コーデや気分に合わせた印象変化を楽しむことができます。

似ているけど、ちょっと違う。「ワラビー」のエントリーモデル「シェイカー」って?

似ているけど、ちょっと違う。「ワラビー」のエントリーモデル「シェイカー」って?

Amazon.co.jp

Amazon.co.jp

お気に入り追加

変わり種として知っておきたいのが、エントリーモデルとしてリリースされている「シェイカーブーツ」というモデルです。デザイン自体は「ワラビーブーツ」がよりハイカットになったフォルムを採用しつつ、高機能インソールの搭載で軽快な履き心地を実現。超軽量フットベッドのオーソライトが足裏に隙間なくフィットし、歩行をアシストしてくれます。また、通気性も高く、よりコンフォートシューズに近い快適さを享受できる一足に。ラバーソールの表側をクレープソール風の見え方になるよう加工するなど、心にくい演出も見られます。

クレープソールが印象的。クラークスのナタリー

スニーカー・シューズ

クレープソールが印象的。クラークスのナタリー

「デザートブーツ」をはじめ、数々の名作を生み出している『クラークス』。同じく名作「ワラビー」の流れを汲む「ナタリー」にフィーチャーし、その魅力を掘り下げます。

近間 恭子

2019.01.24

トレンドに左右されない秀作。クラークスのデザートブーツを履こう

スニーカー・シューズ

トレンドに左右されない秀作。クラークスのデザートブーツを履こう

『クラークス』のデザートブーツといえば、流行り廃りとは無縁のマスターピース。暖かいスエード素材で仕立てられたブーツは、秋冬コーデの強い味方になってくれます。

山崎 サトシ

2022.10.17

英国の名門、クラークス。トレンドを問わず履きたい名品とおすすめをレコメンド

スニーカー・シューズ

英国の名門、クラークス。トレンドを問わず履きたい名品とおすすめをレコメンド

温もりを感じさせる上品なフォルムとソフトな履き心地、そしてさまざまなスタイリングに対応する高い汎用性。『クラークス』を履きたくなる季節が今年もやってきました。

押条 良太

2021.12.07

クラークスはスニーカーもやっぱり心地良い。大人顔の12足をレコメンド

スニーカー・シューズ

クラークスはスニーカーもやっぱり心地良い。大人顔の12足をレコメンド

「ワラビー」や「デザートブーツ」の印象が強い『クラークス』ですが、スニーカー人気も絶大。履き心地にもデザインにもコンフォート靴の先駆者の叡智が凝縮されています。

押条 良太

2022.02.10

メンズブーツブランド厳選20。国内外から名門メーカーばかりを選別

スニーカー・シューズ

メンズブーツブランド厳選20。国内外から名門メーカーばかりを選別

冬。それはブーツが輝きを放つ季節。存在感のある面構えに信頼に足るタフさ。コンフォートシューズばかりがもてはやされる今だからこそ、ブーツを履くことに意味がある。

押条 良太

2021.11.05

KEYWORD関連キーワード

PICK UP

編集部の注目

今欲しいのは“深イイ”腕時計。男の奥行きをセンスフルに示すポール・スミスの新作ウォッチ

英国ブランド『ポール・スミス』から、本格的かつファッショナブルな機械式時計と、定番ウォッチのニューカラーがお目見え。男の“深み”を演出する新作の魅力に迫ります。

SPONSORED by ポール・スミス

続きを読む

今どきのビジカジはどうこなす? ドレススタイルのプロが見た“オーダー”という選択肢

自由度が高い反面、難しくもあるビジネスカジュアル。もしビジカジにお悩みなら、独自のオーダーシステムで話題沸騰中のブランド『ファブリックトウキョウ』がおすすめだ。

SPONSORED by ファブリックトウキョウ

続きを読む

“冬ビズ”コーデの特効薬が5,000円台から! 敏腕スタイリストと読み解くメガネの効能

ネクタイなどと同様、メガネもビジネススタイルのセルフプロデュースに不可欠なアイテム。理想的なフレームが揃い踏みした『ジンズ』の新作で、選びの要諦を読み解きます。

SPONSORED by ジンズ

続きを読む

バッグの名門が提案する第3の定番色。“グレー”がこれからのビジネスシーンを変えていく

ビジネスバッグといえば従来、黒と紺がお約束でした。しかし、働き方の多角化に伴いその常識も徐々に変化。老舗『サムソナイト』は第3の定番色としてグレーを提案します。

SPONSORED by サムソナイト

続きを読む

復刻ウォッチトレンドの旗手、ロンジン。3つのルーツから提案する銘品たち

今年で創業190周年を迎える『ロンジン』は、これまで数多くの傑作を手掛けてきました。それらにスポットを当てた復刻モデルこそ今季の狙い目。3つの銘品を掘り下げます。

SPONSORED by ロンジン

続きを読む

この冬、狙うべきは“○○じゃないほう”の1着だ。タトラスに学ぶ今どきダウンの選択術

安心感のある定番も良いけれど、あえて“じゃないほう”のダウンを選んでさりげなく旬な変化を楽しむのもおすすめです。ご存じ『タトラス』で、今どきのチョイスをご提案!

SPONSORED by タトラスインターナショナル

続きを読む

今年の西川ダウンはどうなんだ!? おしゃれ賢者3人による徹底試着レビュー2022

『ナノ・ユニバース』の人気銘柄として知られる『西川ダウン(R)』。その今季作を、ファッション業界の経験豊富な識者たちが試着しながら徹底検証。さて、結果やいかに!?

SPONSORED by ナノ・ユニバース

続きを読む

もっと見る

RELATED ARTICLES

あなたにおすすめの記事

ACCESS RANKING

アクセスランキング

ITEM RANKING

アイテムランキング

NEW

人気ショップスタッフの
最旬コーディネートをご紹介

人気ショップスタッフの
最旬コーディネートをご紹介

おすすめ記事
TOP