そのほっこり感が好き。ニットカーディガンを秋冬コーデにとりいれよう

そのほっこり感が好き。ニットカーディガンを秋冬コーデにとりいれよう

季節感とリラックス感の演出に重宝する、ニットカーディガン。ノルディック柄やショールカラーなど、休日カジュアルに似合うとっておきの1枚とその着こなしをご紹介!

ai sato

2017.11.11

カーディガン
冬の着こなし・コーディネート

大人の休日を彩るのに、ニットカーディガンは最適です

ゆったり過ごしたい休日の着こなしには、肩の力を抜いて着られるニットがぴったり。なかでもそのまま着るだけでなく羽織ったり肩がけしたり、レイヤードスタイルに取り入れたりと万能なニットカーディガンがおすすめ。ニットの温かみのある雰囲気がリラックス感を出してくれるうえにどこか上品なたたずまいもあって、大人の休日を彩るには最適なんです。

今季らしいニットカーディガンを選ぶ際は、ほっこり感が必須!

今シーズンのニットカーディガンは、先シーズンからのトレンドを引き継いだゆったりシルエットが人気。とくにほっこり感のあるモノを選ぶと、休日らしいゆるい雰囲気が演出できます。例えばローゲージのざっくりタイプやノルディック柄、暖かみのあるカラーや落ち着きのあるショールカラーなど、どこかほっこりとしたディテールがあるモノがおすすめです。

トレンドを意識して、ニットカーディガンをピックアップ

まずはベーシックカラーでゆったりめのシルエットを選ぶと失敗することはありません。どんな着こなしにも合わせやすく、それでいて旬なフォルムなのでトレンド感もチラ見せできます。さらに個性を出したいなら、ノルディック柄などを選んで、周囲と差をつけるのもアリですよ。

アイテム1『シップス』

落ち着いた雰囲気が大人に似合う、ショールカラーニットカーディガン。MIXカラーのニットを、フィッシャーマンニットのパターンで編み上げることで立体感とニュアンスのある表情を出しています。ミドルゲージなので、アウターの下にも重ねやすいのもポイント。

アイテム2『ジョセフ』

ハイネックや同色の切り替えパターンなど、デザイン性の高さが光る薄手のニットカーディガン。柔らかなウールの快適な着心地とニュアンスのあるカラーリングは、3色の糸をより合せて編むというこだわりの素材ならでは。スマートなシルエットはレイヤードスタイルにも大活躍です。

クラシカルなケーブル編みのこちらは、上品なたたずまいが魅力。渋めの色みやハイネックのデザインで、シックに着こなせる1枚です。ローゲージでざっくりと肉厚な仕立ては、コーデの主役としても大活躍! シャツと合わせてトラッドなテイストに着こなすのもおしゃれです。

トレンドカラーのグリーンをベースにしたにぎやかなジャガードニットを、シャープなジップアップでクールに引き締め。エスニックな編み込みが、シンプルな冬カジュアルのアクセントとして効果的。レイヤードが楽しめるVネックなので、白Tで爽やかさを添えたり柄の1色とリンクさせたりとインナーで表情を変えるのもあり。

大胆な配色の太めボーダーは、ダークトーンでまとめがちな冬の着こなしに華やかさと個性を出してくれること間違いなし! モコモコとしたブークレ調のニットを使用しているので、ふんわりと軽やかでノーストレスな着心地もお約束。存在感のある1枚なので、合わせるインナーやボトムスは潔くシンプルなものを選ぶとバランスよくまとまります。

イタリアの感性と日本の匠の技術を併せ持つニットブランド『コルシーニ』に別注したニットカーディガンは、さまざまな編み模様を組み合わせた凝ったデザインが特徴。1枚で主役級の存在感なので、気負わずにさらりと羽織るのがカッコいい! ニットカーデでは珍しくフード付きなので、よりカジュアルでリラックス感のある表情が楽しめます。

アイテム7『603』

ざっくりとした編み目とゆったりシルエットで抜け感たっぷりのこちらは、ペルーの職人によりハンドメイドで仕上げられたクラフト感の強い1着。Tシャツに1枚羽織るだけで、着こなしが今年顔になり、軽めアウターとしても重宝する優秀アイテムです。

カットソー感覚で着られる滑らかな着心地と、グラデーションの糸を使ってMIXカラーに仕上げた表情豊かな色みが自慢。トレンド感のあるゆるりとしたシルエットながら、薄手で丈も短めなのでダウンやジャケットのインナーとしても活躍します。

海外セレブやファッショニスタから人気に火がついた、ショールカラーのニットカーディガン。肉厚でざっくりと編んであるので、カーデとしてはもちろんちょっとしたアウターとしてもOK。生地が厚いぶん、フィット感のあるスマートフォルムに仕上げているので、もたつかずに着こなせます。

アイテム10『スリードッツ』

アルパカの糸が混紡されているため、暖かさは折り紙付き。スマートなシルエットながらも部分的にゆるく編まれているので、リラックス感も演出できます。

抜け感がカギ! ニットカーディガンで作る大人コーデ

ニットカーディガンでトレンド感のある休日スタイルを作るには、抜け感を出すのがカギ! ニットの持ち味であるリラックス感を生かしつつも、緩すぎてだらしなく見えないようにボトムスやインナーでメリハリをつけたりシックな色を選んだり、どこか大人っぽさを出すのが必須です。

コンパクトなケーブル編みのショールカラーニットカーディガンはそれだけでも落ち着いた雰囲気ですが、爽やかブルーのシャツをインして抜け感をプラス。上品な濃紺ジーンズも裾のロールアップとベージュの靴で軽やかさを出しているので、全体が重たくなりすぎません!

ネイティブ柄のニットカーディガンを主役にした、週末の海が似合う西海岸スタイル。トップスにボリュームがあるので、ボトムスは黒のダメージスキニーでメリハリをつけています。上下ダークトーンでまとめているので、インナーのイエローTや足元の白スニーカーで抜け感を加えているのもポイント。

ネイティブなテイストを代表するオルテガ柄のニットカーディガンもモノトーンなら大人っぽく着回し力も抜群! チノパンと白Tというベーシックなアイテムと合わせるだけでたちまち今季的な雰囲気が漂います。緩めのシルエットに仕上げているので、小物で黒を投入して少し引き締めると大人好みに仕上がります。

袖にラインが入ったプレッピーなショールカラーニットカーディガンに合わせ、白Tとネイビーパンツを合わせれば上品なトラッドスタイルが完成。トートバッグやラウンドフレームのメガネ、ベーシックなニューバランスのスニーカーなど、小物もニットに合わせたテイストで揃えているので、統一感のある着こなしに。

ボリュームのあるガウンタイプの1枚ですが、前を閉めてタイトに着ることですっきりと縦長シルエットに。ローファーやドットシャツなど上品なアイテムを合わせているなか、ボトムスは足首の出るジョガーパンツで大胆にハズしているのがスタイリッシュ!

    KEYWORD関連キーワード
    RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事

    BACK