アランか、ガンジーか。フィッシャーマンニットで温もりのある男になる

アランか、ガンジーか。フィッシャーマンニットで温もりのある男になる

優秀な防寒着としてはもちろん、そのデザイン性からおしゃれ着としても人気が高いフィッシャーマンニット。秋冬コーデの最終兵器となりえる、その魅力を読み解きます。

牟田神 佑介

2019.11.01

トップス
ニット・セーター

1着でコーデが完成する、存在感抜群のフィッシャーマンニット

まだまだ止まないトラッドブームの勢いもあり、人気継続中のフィッシャーマンニット。ミドルゲージ~ローゲージでがっしりと編まれたニットは袖を通すだけで重厚な雰囲気を生み出し、そこにアウターをサラッと羽織るだけでスタイリングが完成する圧倒的な存在感を有しています。海の男の仕事着がルーツなだけあり、男らしさ、武骨さを表現できるのもフィッシャーマンニットを取り入れるメリットでしょう。

そんなフィッシャーマンニットですが、実はガンジーセーター、アランセーター、フェアアイルセーターといくつかの種類に分かれています。ところ違えば文化も違うということで、その生まれた土地によって海の男の作業着にも差があるわけです。

その中でも、質実剛健かつヘビーデューティな作りから特に人気のあるガンジーセーター、アランセーターにフォーカスし、その魅力と取り入れ方を考察していきましょう。

ガンジーセーターとアランセーター。フィッシャーマンニットの代表格を深堀り

主にヨーロッパ北部が発祥とされるフィッシャーマンニット。その代名詞ともいえる2種類のセーターに注目し、両者のディテールに迫ります。

▼種類1:合理性から生まれた独特な形状が持ち味の“ガンジーセーター”

アイルランドはアラン諸島が由来とされるアランセーターに対し、イギリスとフランスの間に浮かぶチャンネル諸島、そのガーンジー島で長く編まれてきたのがこちらのガンジーセーターです。日本だとアランセーターのほうが有名ですが、実はフィッシャーマンニットの元祖はこのガンジーセーターだといわれています。

見た目の大きな特徴は、前後対称になった作り。すっかり冬ニットの定番となったデンマークの『アンデルセンアンデルセン』なども、この形状がベースになっています。

感度高めの大人が注目。アンデルセンアンデルセンのニットが愛される理由とは?

感度高めの大人が注目。アンデルセンアンデルセンのニットが愛される理由とは?

『アンデルセンアンデルセン』のニットに注目。セレクトショップでは即完売、ネットでも品薄という人気の理由や大人らしい着こなし方について考えてみます。

深澤 正太郎

見た目にも関連しますが、前後がないデザインは漁師が暗闇の海でも前後を気にせず着用できる、汚れたら前後裏返して着ることができるなどの利便性を追求して生まれたもの。また毛糸は脂分をたっぷり含み、空気を含みやすい撚りがしっかりしたモノが使用されています。これにより天然素材でも防風、防水効果が得られるわけです。さらに、熱を逃がさないようタイトなシルエットが基本。それでも動きやすいようにと、脇下、立ち襟、肩線の間にマチが設けられており、編みも変えることで可動域を広げる工夫がなされています。

また、裾に取られたサイドスリットもポイントでしょう。着丈を短く、フィット感をタイトにしながらも、動きやすさを確保するためのディテールとして考案されたものです。つまるところガンジーセーターとは、実用性に特化した海の男のためのニットなのです。

▼種類2:肉厚なケーブル編みが主張する“アランセーター”

前述のとおり、アイルランドのアラン諸島で長年継承されてきたのがアランセーター……、といわれていますが、アラン諸島で編まれ始めたのは実は19世紀末~20世紀初頭からという考察もあり、その由来が明らかになっていないニットだったりします。海の男たちが遭難した際にセーターの編みから個人が判別できるよう家庭ごとに決まった編みがある、という話にも諸説あるようで、袖を通しながらその歴史に思いを巡らせるのも面白いニットなんです。

表情豊かなアランニットで冬コーデをほっこりと

表情豊かなアランニットで冬コーデをほっこりと

独特の編み柄がざっくりした厚手の生地感を強調し、見た目にも温かいアランニット。寒い季節に大活躍してくれるこのニットは、着こなしにどう取り入れればいいのでしょう。

平 格彦

最大の特徴は、アラン編みと呼ばれる厚みのある編み地。現在では多種多様な色が存在するアランセーターですが、羊毛本来の乳白色を生かしたモノこそが本格的だといわれます。素材には、脱脂されていない重厚な羊の毛を使用。ガンジーセーターが比較的薄手のモノも多かったのに対し、アランセーターはケーブル編みにすることでより分厚く、風を通さず熱を逃がさないニットへと仕上がっています。

有名なアランセーターのブランドといえば『インバーアラン』でしょう。アランセーターの伝統を守り、スコットランドのニッターたちが1人1着ハンドメイドで編み上げてきたニットは抜群の存在感を放ちます。そのため同じサイズでもややタイトだったりゆるめだったりと個体差が出てしまいますが、それもまた味。作り手の顔を想像しながら着込んでいくのも『インバーアラン』、ひいてはアランセーターならではの醍醐味ではないでしょうか。

なお、余談ですがそんな『インバーアラン』のニットも本国での生産は終了。現在ではEU諸国を含む海外での生産を始めているのだとか。上記のようなニットを手に入れるなら、早い者勝ちかもしれません。

ずっと着続けたいニットブランド。インバーアランの魅力とは?

ずっと着続けたいニットブランド。インバーアランの魅力とは?

ニットウェアの専業ブランドとして歴史ある『インバーアラン』。セレクトショップやブランドからの別注依頼も多く、高い人気を誇る同ブランドの魅力を掘り下げます。

平 格彦

フィッシャーマンニットはどう着こなすのがおしゃれ?

フィッシャーマンニットはガンジーセーターの項でも述べたように、もともと作業の妨げにならず防風性も考慮したタイトフィットが基本。ただ、今なら少々ゆとりのあるサイズ感が気分です。

また、重厚な羊毛を使用している分トラッド色が強く出てしまうのもフィッシャーマンニットならでは。合わせるパンツやアウターは、ディテールを抑えたミニマルな見た目のモノが良いでしょう。柄を取り入れるなら、パターンの細かいモノがおすすめです。

フィッシャーマンニットのおすすめブランド8選 

ガンジーセーター、アランセーターの代名詞的的な老舗から、デンマークやフランスの人気ブランドまで本格派の8ブランドを紹介しましょう。手編みにこだわった一生モノから、取り入れやすい高コスパな1着まで、バリエーション豊かにピックアップしました。

ブランド1『ガンジー ウーレンズ』

英国領ガーンジー島で1976年に創業。フィッシャーマンが愛用した伝統的なガンジーセーターをベースに、当時のタフさを反映したような男らしいアイテムを展開しています。本作も特徴的なデザインやディテールを踏襲していますが、モダンなフィッティングや色使いでアレンジされています。

ブランド2『アンデルセンアンデルセン』

デンマークの船乗り、バイキングが着用した、セーラーセーターをベースにしている『アンデルセンアンデルセン』。前後対称となった、ガンジーセーターのディテールを取り入れた作りとなっています。上質なメリノウールを使ったイタリア製で、フィッシャーマンの骨太感と品の良さを兼ね備えた人気ブランドです。

感度高めの大人が注目。アンデルセンアンデルセンのニットが愛される理由とは?

感度高めの大人が注目。アンデルセンアンデルセンのニットが愛される理由とは?

『アンデルセンアンデルセン』のニットに注目。セレクトショップでは即完売、ネットでも品薄という人気の理由や大人らしい着こなし方について考えてみます。

深澤 正太郎

ブランド3『ル トリコチュール』

1964年創業、ガーンジー島のニットブランド。ガンジーセーターの大きな特徴である、前後のない形状、手仕上げによる身頃と袖のマチなど、伝統的な作りが継承されています。ウールももちろんおすすめですが、春まで着回したいなら薄手のコットン素材を選ぶのも1つの手段でしょう。フィット感はややタイトめなので、購入の際はサイズ感にご注意を。

ブランド4『アルダニー』

ガーンジー島の北東に位置する姉妹島、アルダニー島にあるニットファクトリーブランド。半世紀近い歴史があり、長年伝統的なマリンニットのOEMを手掛けていました。ピュアヴァージンウールやディテールを踏襲しながら、胸部のポップコーン編みによる切り替えがアクセントになっています。

ブランド5『セントジェームス』

『セントジェームス』のルーツは、船乗りが愛用したウールセーター。そして「ビニック2」は、ボーダーシャツが生まれる以前のニットのプロトタイプがモチーフとなっています。同ブランドといえばボーダーカットソーが主力ですが、実はこちらのニットがオリジンなんですね。一時は日本での展開がなくなりましたが、現在はフランス製の商品が販売されています。『セントジェームス』も、海の男が愛用したニットに深い関わりがあります。

セントジェームスのボーダーカットソー。人気二大モデルの着こなし方

セントジェームスのボーダーカットソー。人気二大モデルの着こなし方

春夏の主役アイテム、ボーダーカットソー。その鉄板ブランドのひとつがフランスの『セントジェームス』です。ブランドが誇る人気モデルに着目してご紹介していきます。

山崎 サトシ

ブランド6『インバーアラン』

アランセーターといえば、『インバーアラン』は欠かせません。プルオーバーのクルーネックタイプ「A1」がとくに有名ですが、朴訥としたウッドボタンが目を引くカーディガンタイプならレイヤードや体温調節も容易に行うことができます。前身頃のポケットもさりげないデザインアクセントに。

ブランド7『アテナデザイン』

アイルランド南部で1890年代から続く老舗ニットブランド『アテナデザイン』。ギリシャ神話に登場する芸術の女神に由来するブランド名の通り、熟練ニッターの手による表情豊かな編みを強みとしています。カーディガンタイプでは、温もりを感じさせるウッドボタンを採用。スタンドカラータイプなので、空っ風が寒い日でも暖かく過ごせます。

ブランド8『ケリー・ウーレン・ミルズ』

1904年にアイルランドで創業した『ケリー・ウーレン・ミルズ』。オーガニックにこだわったピュアニューウールを使用しながらも、今回挙げたブランドのなかでもトップクラスのコストパフォーマンスを実現しているブランドです。その理由は、機械編みを取り入れた合理的な生産背景にあります。もちろん、アランセーターならではのオーセンティックなディテールはしっかりと踏襲しており、伸縮性に富んだ軽やかな素材は着心地も抜群です。

男のニットコーデ15選。周囲と差をつけるこなれた着こなしに

男のニットコーデ15選。周囲と差をつけるこなれた着こなしに

ニットが主役の季節到来。その暖かさを享受しつつ、大人ならこなれ感も意識したいものです。トレンド感ある5タイプに着目し、旬度あるニットコーデを提案します。

山崎 サトシ

「Men’s JOKER」、「STREET JACK」と男性ファッション誌を経た後、腕時計誌の創刊に携わり現職。メンズ誌で7年間ジャンルレスに経験してきた背景を生かし、TASCLAPでは主に腕時計や革靴、バッグなど革小物に関する記事を担当している。
この編集者の記事を見る
    KEYWORD関連キーワード
    RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事
    財布ブランド30選。大人に似合う名品を4つの視点でピックアップ

    財布ブランド30選。大人に似合う名品を4つの視点でピックアップ

    日々持ち歩き、長く使い続けるからこそ妥協したくない財布。大人にふさわしい名品を、職人気質なブランドから海外の人気ブランドまで、4つの視点でセレクトしました。

    近間 恭子

    ビジネスにリュックを。大人の通勤リュックブランド25選

    ビジネスにリュックを。大人の通勤リュックブランド25選

    ビジネスマンにとって通勤時のリュックはもはや当たり前。市民権を得たものの、カジュアルやアウトドアで使用するモノとは一線を画す、“通勤仕様”のモノを選びましょう。

    近間 恭子

    防水スニーカー12選。見た目GOODなアイテムで雨の日も快適に

    防水スニーカー12選。見た目GOODなアイテムで雨の日も快適に

    どんな季節であれ、足元の“雨対策”は必要。晴れの日に履くようなルックスかつ防水性を兼備した防水スニーカーが1足あれば、突然の雨天でも困ることはありません。

    TASCLAP編集部

    傑作ビジネスバッグ20選。大人顔の人気ブランドをセレクト

    傑作ビジネスバッグ20選。大人顔の人気ブランドをセレクト

    ビジネスマンの相棒であるビジネスバッグは、毎日使うからこそデザインや収納力、ブランドなど細かい点までこだわりたいもの。選ぶ際の基本や人気の逸品をお届けします。

    TASCLAP編集部

    リュックブランド傑作選。見た目も機能も兼備した人気アイテムを完全網羅

    リュックブランド傑作選。見た目も機能も兼備した人気アイテムを完全網羅

    デイリーに愛用できるメンズリュックを徹底紹介。カジュアルなコーデはもちろん、きれいめな着こなしにもハマるリュックの選び方とおすすめのブランドをレクチャーします。

    TASCLAP編集部

    BACK