すべてはアルパインのために。マムートの人気ダウン10選

すべてはアルパインのために。マムートの人気ダウン10選

19世紀にスイスで産声を上げて以来、ストイックなまでに品質重視のプロダクトを世に送り出し続けている『マムート』。その魅力的な製品群をピックアップしていこう。

NAKAYAMA

2018.11.19

マムート(MAMMUT)
アウター
ダウン
ダウンジャケット
アウトドアファッション

『マムート』が支持を得ている理由は、そのコンセプトにあり

『マムート』が支持を得ている理由は、そのコンセプトにあり

ZOZOTOWNZOZOTOWN

1862年に、スイスで誕生した『マムート』。創業当初はロープメーカーとしてスタートし、その製造で培ったノウハウは現在のウェアやバックパック、スノーセーフティギアなどすべてのアイテムに用いられている。山岳環境で活動するユーザーの命を預かり、それらすべてに共通する“Absolute alpine.(=すべては、アルパインのために)”という理念から生まれるプロダクトの数々は、多くの現地登山ガイドも愛用。過酷な環境に身を置く人々から絶大な信頼を獲得している。

合わせて読みたい:
スイス発!アウトドアブランドのマムートを徹底解説!

『マムート』のダウンに注目。その魅力を品質から解説

『マムート』のダウンに注目。その魅力を品質から解説

ZOZOTOWNZOZOTOWN

『マムート』のダウンに使われているのは750フィルパワーのダウン。これはダウンの質そのものを表し、既定の重量のダウンがどの程度まで膨らむのかを示す単位だ。もちろん、このフィルパワーが高ければ高いほど多く空気を含む保温性の高いダウン、ということになる。600~700が標準とされる昨今のダウン事情を考慮すれば、街使いにおいては十分すぎるスペックを持っていることがわかってもらえるはずだ。

『マムート』のダウンウェアはアーバンアウトドアトレンドにも対応

『マムート』のダウンウェアはアーバンアウトドアトレンドにも対応

ZOZOTOWNZOZOTOWN

依然としてアウトドアMIXの流れは続いているが、昨今はとくにディテールを抑えたミニマルなデザインを良しとするアーバンアウトドアが注目されつつある。そんなトレンドの渦中では、機能美あふれる『マムート』のダウンウェアはまさに好適。あえて奇抜な色を選ばず、ワードローブにマッチするカラーを取り入れるのが良いだろう。

『マムート』のダウン、おすすめのラインアップをチェック

いわゆる定番品から、今季の空気に似合うシックン一品まで。品質もルックスも上々のダウンジャケット10点をご紹介しよう。

アイテム1エクセロン フーデッド ダウンジャケット

エクセロン フーデッド ダウンジャケット

ZOZOTOWNZOZOTOWN

軽量かつ優れた耐久撥水性を備えるPertex(R) Quantum 20D リップストップ素材を採用したダウンジャケット。750フィルパワーのグースダウンを150g封入しているため、暖かさは申し分ない。サイドポケット、胸ポケット、ファスナー付きインナーポケットなど、手ぶらでも外出可能なほど使い勝手抜群の収納機能もうれしいポイント。シンプルなデザインでサラッと取り入れられる。

アイテム2セラック フード メランジェダウンジャケット

セラック フード メランジェダウンジャケット

Amazon.co.jpAmazon.co.jp

大人な印象のマットな質感のシェルの裏面に、ダウン抜け加工を施すことでルックスも機能も両取り。また、750フィルパワーのフランス・ピレネー産ダックダウンを投入し、厳しい寒さから身を守ってくれる暖かさも兼ね備えている。ダークトーンのグレーは上品コーデを格上げしてくれること間違いなし。

アイテム3エクセロンダウンジャケット

エクセロンダウンジャケット

Amazon.co.jpAmazon.co.jp

着こなしやすくクセのないデザインにより、さまざまなシーンで活躍すること必至なダウンジャケット。見た目以上に軽量でシャープなシルエットのため、上からアウターを羽織りインナーとしても使用できる。ちなみに750フィルパワーのグースダウンを90g封入しているので、スペック面もご安心を。

アイテム4ドライテック プライムダウンコート

ドライテック プライムダウンコート

ZOZOTOWNZOZOTOWN

過酷な環境下でも安心な全天候型ダウンコート。DRYtech Premiumという耐水圧20,000mmの素材を表地に使用しているため、悪天候下でも快適に過ごせるアルピニストもうなる仕上がりに。もちろんタウンユースとしても間違いなく活躍してくれる1着だ。

アイテム5ビレイ ハイブリッドインサーレーションジャケット

ビレイ ハイブリッドインサーレーションジャケット

SELECTSPORTSSELECTSPORTS

近似トーンでまとめた配色バランスが特徴的なダウンジャケット。その正体は中綿とダウンをパーツで使い分けた、新感覚のハイブリッドインサレーションジャケットだ。細部までこだわった収納機能もうれしいディテール。アウトドアシーンでその力を十二分に発揮してくれるだろう。

アイテム6ブロードピークISフーデッドジャケット

ブロードピークISフーデッドジャケット

Amazon.co.jpAmazon.co.jp

見るからに暖かいこちらのダウンは、優れた断熱性と撥水性を備えるPertex(R)をシェルに使用した万能品。超軽量を実現し、アウターとしてはもちろんインナーとしても取り入れられるサイジングがうれしい。

アイテム7WSウインターフィールドダウンジャケット

WSウインターフィールドダウンジャケット

新雪荘新雪荘

透湿防水性に優れつつ、雨風による体温低下を防いでくれる素材を表地に使用した、同ブランド内最高レベルの逸品。750フィルパワーのダウンは190g封入されているため、1度着るとやみつきになる暖かさに。3方向調整可能なフードや内側両サイドにパワーメッシュを使用したグローブポケットなど、随所のディテールも完璧。

アイテム8フレキシダウンジャケット

フレキシダウンジャケット

Amazon.co.jpAmazon.co.jp

表地に撥水仕様の30D Pertex MICROLIGHTを採用したフレキシダウンジャケット。750フィルパワーの90/10グースダウンを65g使用し、比較的薄手ながら温かさをしっかり確保。側面と脇の下に施したストレッチ素材は、スポーティなデザインとしても映えるポイントだ。

アイテム9ユーティリティーハイブリッドダウンジャケット

ユーティリティーハイブリッドダウンジャケット

ZOZOTOWNZOZOTOWN

アーム部分が切り替え素材になった3シーズン使えるハイブリッドダウンジャケット。袖と脇はPolartec Wind Proを使用しており、優れたストレッチ性を可能にしている。真冬においてはアウターのインナーダウンとしても活躍してくれることだろう。

アイテム10フリーライトダウンベスト

フリーライトダウンベスト

ZOZOTOWNZOZOTOWN

重ね着にも便利な、ライトなボリュームのダウンベスト。40%のプリマロフトファイバーと60%の撥水ダウンを混ぜた新素材を使用しているあたりから、『マムート』のこだわりが感じられる。撥水性の高い素材を使用しているので、急な雨天も心配ご無用。ブラックとネイビーの2カラーで展開。

    KEYWORD関連キーワード
    RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事
    Gジャンはこう着こなす! おしゃれな男のコーデ術【秋冬編】

    Gジャンはこう着こなす! おしゃれな男のコーデ術【秋冬編】

    秋は主役として、冬はインナーとして。季節をまたぎ活躍するジージャンは、夏が終わる前に押さえておきたいマストハブ。選択時のポイント&秋冬のコーデ術を解説します。

    山崎 サトシ

    アウトドアブランドのパンツを街ではく3つのポイント

    アウトドアブランドのパンツを街ではく3つのポイント

    アウトドアのボトムスはアクティブ性能が信条だ。しかし、街ではくとなればちょっとした場違い感が出かねない。そんな懸念点をクリアしたアイテムと着こなしを紹介しよう。

    菊地 亮

    ジーンズをおしゃれに着こなすための5大法則とコーデサンプル

    ジーンズをおしゃれに着こなすための5大法則とコーデサンプル

    タイムレスな日常着であるジーンズ。だからこそコーデ次第では周りに埋もれてしまうことも。今どき感を演出するための法則を押さえ、一歩先の装いを目指しましょう。

    山崎 サトシ

    大人の必需品。オックスフォードシャツの着こなし方と注目ブランド

    大人の必需品。オックスフォードシャツの着こなし方と注目ブランド

    オーセンティックなアイテムこそ奥が深いのがメンズファッション。男の定番服であるオックスフォードシャツも、その特徴と選び方を知っておけばより品良く着こなせます。

    平 格彦

    季節の変わり目に活躍する6つのライトアウターとその着こなし方

    季節の変わり目に活躍する6つのライトアウターとその着こなし方

    季節の変わり目に気をつけたいのが寒暖の差。そこで、サラッと羽織れて荷物にもなりにくいライトアウターこそ渡りに船。さらに旬もアピールできたら大いに助かるはず。

    菊地 亮

    BACK