この冬も頼りになるセットアップ。旬の着こなしとアイテム選びで差をつけよう

この冬も頼りになるセットアップ。旬の着こなしとアイテム選びで差をつけよう

セットアップは冬シーズンも大活躍。ただし、春夏シーズンとは異なるアイテム選びや着こなしが必要です。把握しておくべきポイント&おすすめ品をまとめました。

平 格彦

平 格彦

SHARE
記事をお気に入り
2017.12.01

今シーズンもセットアップは手放せません

今シーズンもセットアップは手放せません

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

ここで指すセットアップとは主に、テーラードジャケットやそれに近いアウターと、スラックスなどの上品なパンツとのセットのこと。つまり、大人っぽいカジュアルスタイル作りに最適なアイテムです。しかもジャケットを着用するのが前提になるので、保温性が必要な今の季節にこそ重宝。着心地も見た目も暖かみがある素材を選べば一層活躍してくれます。ジャケットとパンツのセットで着用しても良いし、それぞれを単体で使ってもOK。とにかくこの冬も、セットアップがあると何かと便利です。

冬のセットアップの着こなしは、レイヤードでアレンジが広がる!

春夏シーズンでは、ジャケットのインナーにTシャツやカットソーを合わせるのが定番でした。しかし冬は、バリエーションがかなり広がります。保温性を補完しつつ、センスアップも望めるインナーを選ぶのが大前提。おすすめのレイヤードパターンを6つに絞って解説します。

パターン1

ブロックデザインのニットで個性も上質感もプラス

ブロックデザインのニットで個性も上質感もプラス

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

秋冬のセットアップは、カットソーの代わりにニットを組み込むのが最も手軽です。ニット生地にこなれた上質さがあるので無地でも大人っぽく仕上がりますが、個性を加味するならトレンドのブロックデザインがおすすめ。インナーで使っても存在感があり、スタイリングにアクセントを与えてくれます。

パターン2

タートルネックニットが冬インナーの大本命

タートルネックニットが冬インナーの大本命

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

同じニットでも、タートルネックはエレガントなニュアンス。カジュアルなセットアップに組み合わせることで、品のあるオフのコーディネートがすぐに築けます。ホワイトをはじめとするモノトーンのタートルネックニットが万能。アクセントになるカラーを選んでも大人っぽくまとまります。

パターン3

スウェットパーカーで無造作にカジュアルダウン

スウェットパーカーで無造作にカジュアルダウン

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

ジャケットスタイルの着崩しテクニックとして人気の“ジャケパー”スタイル。パーカーをインナーとして用いる着こなしのことですが、それはそのままセットアップにも使用できます。スウェットパーカーはヘザーグレーが王道ですが、ブラウンやカーキを選ぶと今っぽい新鮮味が上乗せできます。

パターン4

カジュアルなシャツで、こなれた着こなしを構築!

カジュアルなシャツで、こなれた着こなしを構築!

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

本来は上品なイメージのシャツですが、デニム素材などのカジュアルなタイプをセレクトすると、こなれた装いが出来上がります。セットアップは十分に上品なので、シャツで品格をアップするというのではなく、カジュアルなシャツでセットアップを着崩すという感覚で着こなすと、こなれ感や今っぽい抜け感が生まれます。

パターン5

春夏のスタイリングをインナーダウンで昇華

春夏のスタイリングをインナーダウンで昇華

WEAR

WEAR

お気に入り追加

インナーにカットソーなどを合わせた春夏仕様の着こなしがベース。そこにインナーダウンを組み込むことで、秋冬に必要な保温性を補充することができます。温度調整がしやすいうえに、スポーティなテイストもMIXできるので、活用しない手はないレイヤードスタイルです。

パターン6

ダウンベストを重ねてアウトドア調をブレンド

ダウンベストを重ねてアウトドア調をブレンド

WEAR

WEAR

お気に入り追加

レイヤードがしやすいアウターといえばダウンベスト。セットアップスタイルとの相性も良く、上品なコーディネートを絶妙にカジュアルダウンしてくれます。大人っぽくシックにまとめたい場合は、色数を少なく抑えるのがセオリー。セットアップとダウンジャケットを同系色で揃えると、落ち着いたムードが匂い立ちます。

この冬新たにセットアップを購入するなら、狙い目はこの3タイプ

これから使えるセットアップを新調するなら、トレンドのファクターを意識するのがおしゃれ度アップのために合理的。とくに意識すべき3つのタイプから、おすすめのアイテムを厳選したので参考にしてみてください。

狙い目1

温かみを演出するツイード生地のセットアップ

この冬のトレンドともなっているのがツイード生地。シャギー感のある見た目がウォーム感を振りまき、ウールが中心の素材で着心地も暖かいのが大きな特徴です。ツイード地はヘリンボーンなどの織り柄が入ったモノが主流ですが、無地でも持ち前の魅力は十分。ブラウンやグレーといった着回しやすい定番カラーから揃えるのがおすすめです。

『アーバンリサーチ』

『アーバンリサーチ』

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

オリジナルでオーダーした4種混合素材のツイード生地を使用。風合いがあり、耐久性も備えています。ジャケットは、ノッチドラペルで2ボタンの正統派。幅広く着回せること請け合いです。

『アーバンリサーチ』 2枚目の画像

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

パンツはイージートラウザータイプ。プリーツ入りのシルエットがクラシックなムードを感じさせますが、ウエストをエラスティック仕様にすることで快適な着用感を実現。内側にドローコードも付属しています。

『マッキントッシュフィロソフィー』

『マッキントッシュフィロソフィー』

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

ブリティッシュ調のツイード生地に機能性をプラス。衣服内の水分を吸収して発熱するヒートツイードを起用しています。きちんと感と抜け感を絶妙なバランスで両立したカテゴリ、イージードレッシングのジャケットで、緩やかウエストシェイプがリラックスできます。

『マッキントッシュフィロソフィー』 2枚目の画像

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

パンツはイージータイプ。プリーツを2本入れたクラシックな仕様で腰周りに余裕を持たせつつ、ヒップから裾に向けてテーパードを効かせたサルエル風のシルエットになっています。ウエストの背面側はゴム入りで伸縮可能。

『トローブ』

『トローブ』

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

タテ糸に英国ウール、ヨコ糸にメリノウールを採用し、猫足織りで仕上げたウォーム感あふれる生地を使用。ションヘル織機でゆったり織り上げているため、ツイード組織ながらニットのような柔軟性を実現しています。2Bジャケットは包みボタン、お台場仕立て、本切羽といった本格的な仕様を採用。

『トローブ』 2枚目の画像

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

セットアップのパンツは緩やかなテーパードシルエットが今ドキ。やや短めの9.5分丈で、スニーカーを合わせてもブーツを合わせてもモダンな足元に仕上がります。共地のベストも展開されているので、スリーピースで揃えるのもおすすめです。

狙い目2

クラシカルな雰囲気のグレンチェックのセットアップ

今シーズン注目されている柄の最右翼がグレンチェック。英国テイストのクラシックなムードが特徴的で、大人なコーディネートづくりにもってこいのチェック柄です。それをセットアップの上下で取り入れれば、ブリティッシュな品格が加速。スタンダードなグレー基調を選ぶと幅広く着回せます。また、大柄をセレクトしてグレンチェックの魅力をアピールするのもおすすめです。

『アーバンリサーチ ドアーズ』

『アーバンリサーチ ドアーズ』

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

トレンドのグレンチェック柄を採用したカバーオールジャケット。グレー基調で着こなしやすく、大人なコーディネートに使いやすい表情です。ゆるく織り上げたコットンウール素材の生地に縮絨洗いを施すことで、粗野なウォーム感も高めているのもポイント。

『アーバンリサーチ ドアーズ』 2枚目の画像

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

パンツはテーパードシルエットのトラウザータイプ。ワンタックを入れて腰周りをルーズに設定しつつ、裾に向かって適度に絞ったテーパードシルエットに仕上げています。適度なボリューム感が今っぽい印象を醸出。

『ヴァンキッシュ』

『ヴァンキッシュ』

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

上品な光沢感と柔軟性が特徴の混紡素材を使った2Bテーラードジャケット。短めの着丈に加え、ダーツを入れて適度に絞ったウエストのシェイプがスタイリッシュな雰囲気を放ちます。

『ヴァンキッシュ』 2枚目の画像

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

セットアップの下はクロップド丈のスラックス。くるぶしが見えるかどうかという絶妙なレングスに加え、細身のテーパードシルエットもモダンな雰囲気を振りまきます。ダブルの裾が、グレンチェックのトラッド感を上乗せ。

『セブンデイズサンデイ』

『セブンデイズサンデイ』

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

2つボタンのオーソドックスなシングルジャケット。ラインが際立っているグレンチェックが、クラシカルなニュアンスを強調しています。内ポケットなど、必要不可欠な機能も備えています。

『セブンデイズサンデイ』 2枚目の画像

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

スラックスをベースにしたパンツは、裾上げしやすい見返し付きのオーバーロック仕上げを採用しているのがポイント。自分らしい丈感にアレンジするのもおすすめです。適度なテーパードシルエットがモダンなイメージも放ちます。

狙い目3

トレンド感とウォーム感を放つキャメル系ブラウンのセットアップ

キャメルはラクダの毛のようなカラーのこと。ベージュとブラウンの中間に当たるニュアンスカラーで、新鮮味と暖かみを併せ持つ注目色です。そんなカラーをセットアップで取り入れれば、今季らしさがアピール可能。どんなアイテムを合わせても、旬度の高いコーディネートに仕上がります。キャメルに限らず、ベージュやブラウン、カーキやテラコッタといったアースカラーも新鮮な印象でおすすめです。

『グリーンレーベル リラクシング』

『グリーンレーベル リラクシング』

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

温もりある風合いが特徴のサキソニー生地を用いたテーラードジャケット。軽やかな仕立てに加えてストレッチ性も備えているので、快適な着心地です。また、パッチポケットがカジュアルな雰囲気を醸し出しています。

『グリーンレーベル リラクシング』 2枚目の画像

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

ナローなフォルムでも動きやすい仕上がりのユーティリティーパンツ。きれいめなカジュアルウェアに機能性を付加した1本です。撥水性を与えるなど、日常使いの考慮した仕上がり。

『ジャーナルスタンダード』

『ジャーナルスタンダード』

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

コットンのような触感、軽量性、防シワ性、ストレッチ性を兼ね備えるオールマイティーな生地を起用したテーラードジャケット。スッキリしたシルエットでも動きやすく、ストレスフリーな着用感を実現しています。総裏や本切羽など、本格的な仕様も採用。

『ジャーナルスタンダード』 2枚目の画像

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

スラックスのシルエットも適度にスリム。伸縮生地なので可動性も申し分ありません。ウエストの滑り止めなど、スラックス本来のディテールも踏襲して使い勝手にも配慮。シンプルな面持ちなので、新鮮なカラーを選んでもラフに映りません。

『シップス』

『シップス』

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

優れたストレッチ性と軽量性に加え、イージーケアという機能性を備えた1着。表地には起毛をかけることで、暖かみのある色みに一層ウォーム感を上乗せしています。シャープなパターンで仕上げているため、シルエットも美しくスマートに着られます。

『シップス』 2枚目の画像

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

軽量でストレッチ性の高い機能素材を採用し、ストレスフリーで着用できるイージーパンツ。はき心地は楽にもかかわらず、テーパードシルエットですっきりと仕上げているため上品に着こなせます。

人気ブランドのセットアップ15選。今季の売れ筋をレコメンド

ウェア・コーデ

人気ブランドのセットアップ15選。今季の売れ筋をレコメンド

もはやワードローブの定番といえるセットアップ。今季も色、柄、素材のバリエーションに富んだセットアップが充実しています。気になる人気ブランドの注目株をご紹介!

山崎 サトシ

2021.11.10

注目編集者
平 格彦

60以上のメディアで執筆。「着こなし工学」提唱者

平 格彦
出版社を経て独立。「Men’s JOKER」と「RUDO」は創刊から休刊までほぼ毎号で執筆。さらに「MEN’S CLUB」「GQ」「GOETHE」など、60以上のメディアに関わってきた。横断的、俯瞰的に着こなしを分析するのが得意。そんな視点を活かし、「着こなし工学」としての体系化を試みている。
この編集者の記事を見る

KEYWORD関連キーワード

PICK UP

編集部の注目

うん、“色”っぽい。カラー使いに惚れる、ポール・スミスの彩りウォッチ

重厚な印象になりがちな冬の装いを洒脱に仕上げたいなら、腕時計で彩りを添えるのが効果的。腕元に洗練をもたらす逸品が『ポール・スミス ウォッチ』には揃っています!

SPONSORED by ポール・スミス

続きを読む

この冬はブーツ&革靴が人気復活。アンダー5,000円でGUと叶える旬な“足元改革”

トレンド継続のリラックスコーデ。ただし、足元はブーツ&革靴で上品に仕上げるのが今季の新常識です。賢く足元を格上げするなら『GU』のハイコスパな新作に頼るのが正解!

SPONSORED by GU

続きを読む

その進化、変わらぬ心地良さに安心する。 モデル・ショーゴも惚れ込む西川ダウン

『ナノ・ユニバース』のロングセラーシリーズ『西川ダウン(R)』を、これまで数多く着用してきたモデルのショーゴさん。彼が語るその良さと、今季作の見どころとは?

SPONSORED by ナノ・ユニバース

続きを読む

業界人も通う恵比寿の名店にフィーチャー。人気スタイリストと考える、今選ぶべきアクセサリー

大人のアクセサリーに求められること。それは旬度とスタイリングへの汎用性、そして確かなブランド力です。例えば、『シンパシーオブソウル』はまさに適任でしょう。

SPONSORED by S.O.S fp

続きを読む

レザーに通じたプロ同士が対談。ガンゾに聞く革のお手入れトラブルシューティング

使うほどに味が出るのがレザーの魅力。しかし、そのためには適切な手入れが必要です。革のプロに、正しい革のメンテナンスについて基本から応用まで教えてもらいました。

SPONSORED by ガンゾ

続きを読む

重要ポイントは3つ。タトラスと探る、今季的なダウン選びの「傾向と対策」

人気の高まりによって選択肢が豊富になったダウンジャケット。その一方、何をどう選べば良いのかわかりにくいのも事実です。今季“買い”の基準を『タトラス』と探ります!

SPONSORED by タトラスインターナショナル

続きを読む

自由自在にカスタマイズ。“MY G-SHOCK”で自分好みのオンリーワンを手に入れる

多くの画期的モデルで周囲を驚かせてきた『Gショック』。今度はなんと自分だけの「MY G-SHOCK」が作れるという。早速、業界の最前線で活躍するデザイナーが試してみた。

SPONSORED by カシオ計算機株式会社

続きを読む

大人の腕元に誠実さと感性を。稀代のヒット作が纏う、冬にこそ似合うロイヤルブルー

2020年に発売された「1965 メカニカルダイバーズ 現代デザイン」に今冬待望のニューモデルが登場。気品に満ちたロイヤルブルーは、大人の男にいかなる恩恵をもたらすのか?

SPONSORED by セイコーウオッチ株式会社

続きを読む

ファッションに合わせて時計も“着替える”。スカーゲンのホリデーセットを自分へのご褒美に

今年一年、頑張った自分へのご褒美に。はたまた大切な人へのギフトに。ホリデーシーズンが近づいた今、ぜひ注目してほしい『スカーゲン』のホリデーセットをご紹介します。

SPONSORED by スカーゲン

続きを読む

もっと見る

RELATED ARTICLES

あなたにおすすめの記事

ACCESS RANKING

アクセスランキング

ITEM RANKING

アイテムランキング

新機能

この記事を読んでいる方に
おすすめの記事をご紹介

RECOMMEND
TOP