メンズのデッキシューズ おすすめブランドとコーデ集

夏に欠かせないデッキシューズ。大人の着こなしを爽やかに仕上げるのに必要不可欠な一足だが、どのブランドの名作が正解なのか。また、靴下ははくべきは否か。そこに迫る。

菊地 亮

菊地 亮

SHARE
記事をお気に入り
2016.06.24

マリンスタイルはもちろん、旬なアメトラにもしっかりハマる名作デッキシューズ

マリンスタイルはもちろん、旬なアメトラにもしっかりハマる名作デッキシューズ

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

デッキシューズは元来、船舶上での作業に従事しやすいように作られた専門靴。だからこそ、その趣にはどこか潮の香りが漂う。当然マリンスタイルと相性はいいが、古くからアイビーリーガーたちに親しまれてきた過去もあるだけに、ローファー替わりに、なんてのも悪くない。

デッキシューズの代表的モデルはこの2タイプ

デッキシューズの最たる特徴と言えばソール。甲板を汚さないようホワイトが採用され、船上は常に海水などで濡れているため、特殊な切れ込みを入れたラバーで作られている。厳密に言うと、そのソールを用いているシューズであれば総じてデッキシューズと言われるのだ。その代表的な形が、このスニーカー型とモカシン型。

タイプ1:スニーカー型

キャンバス地の爽やかな履き心地と動きやすさが魅力

キャンバス地の爽やかな履き心地と動きやすさが魅力

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

オックスフォードタイプのスニーカー型で、デッキシューズ特有のグリップ力に加え機動力も兼備。アッパーはキャンバス地が大半で、汚れても気にせず洗えるためガシガシ履くくことができ、ヴァルカナイズ製法により仕上げてられているため軽快に履けるのもうれしい。

タイプ2:モカシン型

機能性を維持しながら品の良さもプラスした1足

機能性を維持しながら品の良さもプラスした1足

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

デッキシューズならではの機能(ソール)を備えながら、品行方正な見た目も手にしたレザー製のモカシンタイプ。そのレザーは、古くから動物油でなめしたオイルドレザーを使用。その撥水効果により、水を吸収して革が重くなる、傷むなどの難点を克服している。

デッキシューズの選び方

デッキシューズを購入する前に押さえておくべきは、その選び方。ここでは3つの視点に焦点を当て、デッキシューズの選び方を解説する。

選び方1

サイズはジャストフィットのものを

サイズはジャストフィットのものを

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

デッキシューズのように履き口が広めになっているタイプの靴は踵抜けしやすく、歩いているときにパカパカしてしまうことがある。大きめの物は避け、なるべく自分の足に合ったサイズを選ぶようにしたい。特に、革でできたものは履いているうちになじんで素材が伸びることがあるので、その点も考慮に入れて。

選び方2

カジュアルはもちろん大人スタイルにも合わせたいならレザータイプを

カジュアルはもちろん大人スタイルにも合わせたいならレザータイプを

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

普段着ているタイプの服が、シンプルめ、きれいめの場合はレザーで出来たデッキシューズを選んでおくのがよい。履けば履くほど味が出てくるレザータイプは、大人の男スタイルで攻めたい人にピッタリだ。

選び方3

無難すぎるシンプルコーデのアクセントには差し色のデッキシューズを

無難すぎるシンプルコーデのアクセントには差し色のデッキシューズを

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

デッキシューズは基本的にカラーバリエーションが豊富で様々な色を扱っているショップが多いです。いつものコーデが少しシンプルすぎるような気がしたら、赤や青等の鮮やかな原色を選んでみましょう。小物なら派手な色でも取り入れやすく、程良いアクセントになります。

大人のためのデッキシューズ。おすすめブランドを一挙公開!

スポーツシューズなら『ナイキ』や『アディダス』、ワークブーツなら『レッドウイング』のように、デッキシューズにもハズすことのできないブランドをピックアップ。どれも質実剛健でハズレのないアイテムが揃う。

ブランド1

『スペリートップサイダー』

『スペリートップサイダー』

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

デッキシューズの元祖として知られるアメリカの老舗。創始者のポール・スペリーが、氷上を走り回る犬からインスピレーションを得て“スペリーソール”を考案したのは有名な話で、スニーカー型とモカシン型をラインアップ。そのモカシンシューズは、今でもアメリカ海軍兵学校のオフィシャルシューズとして採用されている。

ブランド2

『セバゴ』

『セバゴ』

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

1946年の創業以降、常にハンドメイドへの頑ななこだわりを持ち、ローファーなどの名作を発信してきたブランド。特にデッキシューズは、快適さと耐久性を提供する縫い目のないハンドメイドレザーモカシン構造で仕上げられ、安全なグリップを維持するノンマーキングラバーソールを採用するなど、妥協なき作りに定評がある。

ブランド3

『イーストランド』

『イーストランド』

asty

asty

お気に入り追加

アメリカ・メイン州フリーポートに誕生したブランド。正統派アメリカンスタイルの靴作りが行われ、マッケイ製法によるモカシン靴は特に有名だ。そのノウハウや理念は、経営者、職人、デザイナーともに3世代にわたり同家系によって受け継がれ今にいたっている。1955年の設立から作り続けられているモデルの復刻版も注目。

ブランド4

『クオディ』

『クオディ』

Heming way

Heming way

お気に入り追加

『L.L.ビーン』のモカシンを作り続けてきたショーリー一族が創業。今でも、ハンドソーンで昔ながらの製法に則って作り続けられている。そんな昔気質な一面に加え、新たな試みも。こちらは、ホーウィン社製のレザーを使い、ソールにはビブラム社のモノを使うなど革新と伝統が融合した1足は多くの人々を魅了している。

ブランド5

『タカキュー』

『タカキュー』

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

ポルトガル製のインポートデッキシューズ。独特のカラーリングは輸入品ならではですが、派手すぎないのでいつものカジュアルスタイルに簡単に取り入れることができます。春夏シーズンに特に活躍してくれそうな軽量感のあるアイテム。

ブランド6

『ビームスプラス』

『ビームスプラス』

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

ペニーローファーをスニーカー感覚で履くことができたら、というコンセプトをもとに製造されたデッキシューズ。デッキシューズのカジュアル感とローファーらしい革のシックな雰囲気が絶妙にマッチしています。キッチリ、カジュアル両方相性がよさそうな一足。

ブランド7

『アヴィレックス』

『アヴィレックス』

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

オーソドックスなタイプのデッキシューズ。ホワイトのソールが爽やかさ・アクティブさをプラスしています。ジーンズやカジュアルなカットソーに合わせれば簡単に大人カジュアルスタイルに。写真のようにジーンズをロールアップするのもよくハマりそうなアイテム。

MA-1が代名詞。米国空軍も認めたアヴィレックスの魅力とおすすめ17選

ウェア・コーデ

MA-1が代名詞。米国空軍も認めたアヴィレックスの魅力とおすすめ17選

米空軍が正式採用する『アヴィレックス』のフライトジャケット。高度1万メートルを超える極寒の空中で過酷な任務を全うするための機能とディテールは街着としても人気。

那珂川廣太

2019.11.19

ブランド8

『アルフレッドバニスター』

『アルフレッドバニスター』

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

直線的なラインに仕上げることによりスタイリッシュさが加わったデッキシューズ。実は、デニムをベースにレザーがプラスされたコンビネーションデッキシューズです。すっきりしたフォルムなのでシャツやスキニ―等と相性ピッタリ。

ブランド9

『ダナッサ』×『グリーンレーベルリラクシング』別注

『ダナッサ』×『グリーンレーベルリラクシング』別注

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

『グリーンレーベルリラクシング』がポルトガルのシューズメーカー『ダナッサ』に別注してできたデッキシューズ。余計なものをそぎ落としたシンプルなコーデに、重厚感のある茶色のデッキシューズを合わせれば一気に落ち着いた感じに。

ブランド10

『サンエープラス』

『サンエープラス』

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

手入れしやすいスエードの合成皮革を使用したローカットのデッキシューズ。スニーカーソールなので軽くて履きやすく、また、丈夫な作りになっているので春夏シーズンのお出かけにピッタリ。明るいブルーは足元を爽やかに見せてくれます。

ブランド11

『デデス』

『デデス』

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

履いていくうちに足に馴染むスエードレザーを使用したデッキシューズ。落ち着きのある風合いなので、秋冬シーズンの足元を彩るアイテムとしてに活躍してくれます。コーデに派手すぎない大人っぽさをプラスしてくれる一足。

デッキシューズの着こなし方、3つのヒント

おしゃれにデッキシューズを履きこなすのは、難しいことではない。むしろ、たった3つのヒントさえ押さえれば誰にでも簡単にデッキシューズを履きこなすことが可能だ。

ヒント1

素足または短めのソックスと合わせるのが無難

素足または短めのソックスと合わせるのが無難

WEAR

WEAR

お気に入り追加

デッキシューズを履くときに失敗したくないのなら、短めのローカットソックスと合わせるか、素足で履くかにすると足元がスッキリしてこなれた感じを演出しよう。長いソックスだと高度なテクニックを使わない限り、子供っぽくなりやすいので注意して。

ヒント2

基本スタイルはマリンコーデとの組み合わせ

基本スタイルはマリンコーデとの組み合わせ

WEAR

WEAR

お気に入り追加

海で誕生したアイテムだけあって、デッキシューズはマリン系コーデとの相性が抜群。水色のシャツや赤、青のボーダーカットソー、ハーフパンツなどに合わせれば失敗ナシのベーシックコーデが完成する。これからの季節にふさわしい、夏らしいさわやかな着こなし方だ。

ヒント3

きれいめスタイルと合わせる時は、ハズし役として

きれいめスタイルと合わせる時は、ハズし役として

WEAR

WEAR

お気に入り追加

カジュアル色の強いデッキシューズだが、シンプルな上品コーデに抜け感を出すアイテムとしても活用できる。セットアップの足元にも好マッチ。

絶対に参考にしたい。デッキシューズを取り入れたおすすめの大人コーデ3パターン

ここからは大人がデッキシューズを取り入れる際におすすめしたいコーデパターンを3つに絞って紹介しよう。どの着こなしもカジュアル過ぎず、ドレッシー過ぎない程良いバランスとこなれた雰囲気を与えるので、TASCLAP世代はぜひ参考にしていただきたい。

パターン1

ボーダーTシャツ×ショートパンツ×デッキシューズで作る、王道爽やかコーデ

上で紹介したヒント2にあるように、デッキシューズとボーダー柄はともに海をイメージさせる同テイストのアイテム。また、ショートパンツも夏ならではのアイテムなので、全てのアイテムが相性良くまとまるイチ押しの組み合わせ。この3者での組み合わせに加えて帽子を加えたり、カーディガンやシャツをアクセントとして取り入れることでグッとこなれ感が増すのでおすすめだ。

ボーダーTシャツ×ショートパンツ×デッキシューズで作る、王道爽やかコーデ

WEAR

WEAR

お気に入り追加

グリーンのボーダーTシャツに白ショーツで爽やかさ満点に仕上げた好例。デッキシューズとクラッチバッグ、ニット帽の色味をリンクさせることでこなれ感も追加した。

ボーダーTシャツ×ショートパンツ×デッキシューズで作る、王道爽やかコーデ 2枚目の画像

WEAR

WEAR

お気に入り追加

上下ホワイトカラーで清涼感を強く打ち出すコーデは、ボーダーTシャツにデッキシューズ、ストローハットを合わせて夏らしさを全面に強調。デッキシューズはスエード素材を選ぶことで、コーデに馴染ませることに成功。

ボーダーTシャツ×ショートパンツ×デッキシューズで作る、王道爽やかコーデ 3枚目の画像

WEAR

WEAR

お気に入り追加

清涼感あるマリンルックにシャツを肩かけして、一ひねり加えたアレンジスタイル。デッキシューズはボーダーTシャツの色味とさり気なくリンクさせて、統一感あるコーデに昇華した。

ボーダーTシャツ×ショートパンツ×デッキシューズで作る、王道爽やかコーデ 4枚目の画像

WEAR

WEAR

お気に入り追加

上のコーデと同じく、肩からシャツをかけたパターンでも色が異なることで印象は激変。レモンイエローの爽やかなシャツは着こなしに好アクセントとして活躍しながら、同時に清涼感にも拍車をかける。

ボーダーTシャツ×ショートパンツ×デッキシューズで作る、王道爽やかコーデ 5枚目の画像

WEAR

WEAR

お気に入り追加

言うまでもなくボーダー柄はデニムとも相性抜群。それもショートパンツなら季節感も色濃く出るので、真夏におすすめの組み合わせだ。ニット帽はリネン素材を選べば、暑苦しいイメージも払拭可能。

パターン2

長袖シャツ×ショートパンツ×デッキシューズで作る、大人きれいめカジュアル

ショートパンツはどうしても子供っぽいイメージが強い。半袖と合わせるのがNGというわけではまったくないが、長袖シャツを合わせることでショートパンツとの長短差が出てバランス良くまとまる上に、シャツならではのドレス感が大人っぽさを助長してくれる。さらにスニーカーやサンダルでなく、デッキシューズを加えて大人っぽさのスパイスを追加すればパーフェクト。きれいめな要素とカジュアルな要素がバランス良くまとまる。

長袖シャツ×ショートパンツ×デッキシューズで作る、大人きれいめカジュアル

WEAR

WEAR

お気に入り追加

チェック柄シャツのなかでも子供っぽくならず、大人の色気を振りまけるのがギンガムチェックシャツ。パンツもグレーを選んで落ち着かせつつ、足元はレザーで大人の雰囲気をキープしながら色味を追加。シンプル過ぎず、悪目立ちしない好バランスな組み合わせ。

長袖シャツ×ショートパンツ×デッキシューズで作る、大人きれいめカジュアル 2枚目の画像

WEAR

WEAR

お気に入り追加

首周りがすっきりしたバンドカラーシャツは、襟付きのタイプに比べるとカジュアルなイメージがあるものの、ラフな着こなしに馴染みやすい優れモノ。色味はブルー系のストライプ柄で清涼感たっぷりに仕上げた。

長袖シャツ×ショートパンツ×デッキシューズで作る、大人きれいめカジュアル 3枚目の画像

WEAR

WEAR

お気に入り追加

シャツのインナーにTシャツを加えれば、大人っぽさをキープしながらもカジュアル顔に。デッキシューズとTシャツの色味を合わせて、こなれ感あるスタイルにまとめて。

長袖シャツ×ショートパンツ×デッキシューズで作る、大人きれいめカジュアル 4枚目の画像

WEAR

WEAR

お気に入り追加

インナーにカレッジTシャツを忍ばせつつ、ニット帽と合わせて大人のアメカジコーデを形成。ラフな組み合わせでもシャツとデッキシューズが清涼感を与えるので、カジュアルになり過ぎない。

長袖シャツ×ショートパンツ×デッキシューズで作る、大人きれいめカジュアル 5枚目の画像

WEAR

WEAR

お気に入り追加

胸元の刺繍がワイルドさを加味する着こなしは、ショートパンツで清涼感も忘れず追加。デッキシューズもシャツの色味を拾うことで統一感を出しつつ、爽やかさの演出に一役買っている。

パターン3

ジャケパン×デッキシューズで作る、こなれ感のあるドレッシースタイル

大人の着こなしを代表するスタイルといえばジャケパン。パンツをショートパンツや色のあるパンツでカジュアルダウンすればオフ仕様に、同系色で合わせればオンでも通じる着こなしにまとまるが、ここでは主にオフ仕様のコーデを紹介。ジャケパンのイメージを崩さず、とはいえ重たくなり過ぎない。そんなバランスが求められる夏コーデに最適なのが、デッキシューズ。革素材ならではのドレス感ながらデザインはカジュアルなので、そのバランス感がマッチするのだ。

ジャケパン×デッキシューズで作る、こなれ感のあるドレッシースタイル

WEAR

WEAR

お気に入り追加

テーラードジャケットに柄ショーツを組み合わせて、リゾートチックな着こなしに。ここにサンダルやスニーカーを合わせると崩し過ぎて大人の着こなしにはそぐわないので、デッキシューズでイメージをキープしたグッドサンプル。

ジャケパン×デッキシューズで作る、こなれ感のあるドレッシースタイル 2枚目の画像

WEAR

WEAR

お気に入り追加

カモフラ柄のインパクトあるジャケットは、白パンツでそのイメージを程良く中和。モノトーンにまとめた組み合わせなので、必然的に足元はブラック×ホワイトのモノトーンカラーをチョイス。重くなり過ぎず、軽量過ぎない、かゆいところに手が届く1足として活躍する。

ジャケパン×デッキシューズで作る、こなれ感のあるドレッシースタイル 3枚目の画像

WEAR

WEAR

お気に入り追加

ジャケットでカチッと感を出しつつも、カラーショートパンツにプリントTシャツ、ニット帽で大胆に崩したオフコーデ。足元はスムースレザーの1足だと重たくなり過ぎてバランスがイマイチなので、スエード素材のデッキシューズで整えるのが正解だ。

ジャケパン×デッキシューズで作る、こなれ感のあるドレッシースタイル 4枚目の画像

WEAR

WEAR

お気に入り追加

大胆かつ上級者向けのジャケパンコーデ。足元にスニーカーを取り入れてカジュアルダウンを図るのがセオリーだが、デッキシューズで季節感をアピールするのもあり。パンツの裾はロールアップして、清涼感ある着こなしにまとめたのがポイント。

ジャケパン×デッキシューズで作る、こなれ感のあるドレッシースタイル 5枚目の画像

WEAR

WEAR

お気に入り追加

最後にお届けする着こなしは、ボーダーTシャツ×ショートパンツの組み合わせにジャケットを追加し、足元はスニーカータイプのデッキシューズと美味しいところをミックスした装い。肌が露出する腕元と足首にアクセサリーを追加して、こなれ感たっぷりに仕上げた。

注目編集者
菊地 亮

無類のスポーツ好き。得意ジャンルは革靴

菊地 亮
地方の出版社にて編集を経験した後、独立。フリーのエディター・ライターとしてメンズファッションを中心に、スポーツ、グルメ、音楽など幅広い分野で活動。現在は、生まれ故郷である岩手県、そして東北の魅力を発信すべく東奔西走中。
この編集者の記事を見る

KEYWORD関連キーワード

PICK UP

編集部の注目

極上の着心地とナイスな洒落感。この夏、僕らは“ビッグワッフル”の虜になる

ざっくりした抜け感たっぷりな風合いと、雲上級の着心地を兼備したビッグワッフルが現在人気沸騰中。こなれた大人に味方するこの注目素材を、取り入れない手はありません。

SPONSORED by タトラスインターナショナル

続きを読む

モノ選びに悩む大人の駆け込み寺。ビームスの百名品で、”欲しい”に出会う

季節が変わると物欲は高まる。とはいえ、一から探し出すのは少し手間。欲しくなるモノだけチェックしたい……そんな気持ちを満たしてくれるサイトが『ビームス』にはある。

SPONSORED by ビームス

続きを読む

足元をおしゃれに涼しく。今年の春夏は、キーンの新作で“クール”に過ごす

春夏は、服だけでなく足元も涼しく軽やかに装いたいものですよね。シーンを牽引する『キーン』の新作なら、ルックスだけでなくエシカル視点においても間違いありません。

SPONSORED by キーン

続きを読む

人気スタイリスト3名が本気で考えた。今、大人が着るならこんなセットアップが良い

シーンを選ばない汎用性や、インナーと靴を決めるだけでまとまる手軽さが魅力のセットアップ。今選ぶべき1着はどういったものなのか? 実力派スタイリストが伝授します。

SPONSORED by タトラスインターナショナル

続きを読む

RELATED ARTICLES

あなたにおすすめの記事

ACCESS RANKING

アクセスランキング

ITEM RANKING

アイテムランキング

新機能

この記事を読んでいる方に
おすすめの記事をご紹介

RECOMMEND
TOP

カテゴリ

おすすめ記事