定番モデルから話題の最新作まで。アディダスの人気スニーカー年表

定番モデルから話題の最新作まで。アディダスの人気スニーカー年表

確かな技術力を落とし込んだシューズで、アスリートからストリートまで高い評価を得る『アディダス』。そんな名ブランドのマスターピースからニューフェイスまでをご紹介。

コマツ ショウゴ

コマツ ショウゴ

SHARE
記事をお気に入り
2017.12.22

名作の宝庫。『アディダス』のスニーカーを徹底解剖

名作の宝庫。『アディダス』のスニーカーを徹底解剖

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

大人の定番靴として支持されているスタンスミスやスーパースター、そしてここ数年で人気が再燃しているガゼルやキャンパスなど、名作を数多く輩出している『アディダス』。スポーツシーンにとどまらず、ファッションシーンでも確固たるポジションを築き上げてきた同ブランドのスニーカーを登場した年号とともにプレイバックする。

『アディダス』のスニーカーが好きという方はもちろん、スニーカー愛好家にもぜひチェックしていただきたい。

1950年

サンバ

サンバ

SELECT SHOP LOWTEX

SELECT SHOP LOWTEX

お気に入り追加

フットボールのトレーニングシューズとして販売され、今でも生産されているロングセラーモデル。さまざまなパターンを用いたアウトソールはグリップ力に優れ、アスリートの足元を支えてきた。パーツが少ないすっきりとしたデザインが特徴で、タウンユースとしては特にヨーロッパでの人気が高い。

1968年

ガゼル

ガゼル

SELECT SHOP LOWTEX

SELECT SHOP LOWTEX

お気に入り追加

シャープなシルエットと高いクッション性で人気を集めたトレーニングシューズ。ちなみに、アメリカ読みでは「ガゼル」、ドイツ語読みでは「ガッツレー」と、人によっては呼び方が違う。『アディダス』のクラシックモデルらしい、ミニマルなデザインが今の気分にもばっちりハマる。

■参考:人気絶好調のアディダスのガゼル。定番から個性派までカラバリ一挙見せ!

1970年

スーパースター

スーパースター

ABC-MART楽天市場店

ABC-MART楽天市場店

お気に入り追加

キャンバス素材が主流だった70年代のバスケットボールシューズの中で、天然皮革とラバー製のつま先ガード“シェルトゥ”の斬新な組み合わせで登場し、NBAでの着用率トップに躍り出た。そして、80年代にはヒップホップグループのランDMCがシューレースを外したまま着用したこともあってストリートシーンにも浸透。同ブランドを語るうえで欠かせないアイコンとして成長した。

■参考:不朽の名作。アディダスのスーパースターを徹底研究

1973年

カントリー

カントリー

SELECT SHOP LOWTEX

SELECT SHOP LOWTEX

お気に入り追加

整備されていない山や草原を走るクロスカントリー用のランニングシューズとして開発されたモデル。トゥからヒールまで巻き上げられたアウトソールと抜群のクッション性でランナーたちから絶大な支持を獲得した。1984年に公開された映画『ビバリーヒルズコップ』で主演のエディー・マーフィー氏が王道アメカジスタイルの足元に着用したことで人気が加速したことでも知られている。

現代に蘇った70年代スニーカー。アディダスのカントリーがこなれている

スニーカー・シューズ

現代に蘇った70年代スニーカー。アディダスのカントリーがこなれている

「スーパースター」や「スタンスミス」と並んで『アディダス オリジナルス』を代表する名作の1つに数えられる「カントリー」。昔も今も変わらない魅力をご紹介します。

本間 新

2021.05.04

1973年

スタンスミス

スタンスミス

Amazon.co.jp

Amazon.co.jp

お気に入り追加

アメリカ人テニスプレイヤー、スタンレー・ロジャー・スミス氏の大活躍をたたえて、同氏の名前を冠した。現在となっては各スポーツのトッププレイヤーのシグネチャーモデルが発売されるのは当たり前となっているが、その先駆けともいえるモデルであり、世界で1番売れたスニーカーとしてギネスブックに認定されているほど高い認知度を誇る。

■参考:世界一。アディダスオリジナルスのスタンスミスが売れ続ける理由とは?

1983年

キャンパス

キャンパス

SELECT SHOP LOWTEX

SELECT SHOP LOWTEX

お気に入り追加

70年代に登場した『アディダス』のシューズで、トーナメントのデザインを踏襲したトレーニングシューズとしてリリース。その後、ヒップホップグループのビースティボーイズやプロスケーターでありアーティストのマーク・ゴンザレス氏など、ユースカルチャーのアイコンたちが着用し、カルチャーと強く結びついた。

■参考:忘れてない?アディダスのキャンパスが万能だってこと

1984年

ZX700

ZX700

ABC-MART楽天市場店

ABC-MART楽天市場店

お気に入り追加

長距離トレイルランニングシューズのZX500の後継モデルとして開発されたのがコチラ。さまざまなブランドやショップが別注をするほど、ZXシリーズの中でも人気が高い。ヒールにTPU製パーツを搭載して足元の安定性を高め、波状のアウトソールが悪路でもしっかりとグリップ。その履き心地の良さから、シリアスランナーのみならずタウンユースとしても人気を博した。

1984年

フォーラム

フォーラム

ABC-MART楽天市場店

ABC-MART楽天市場店

お気に入り追加

ハイカット、ミッドカット、ローカットで展開された、『アディダス』が誇る名バスケットボールシューズ。アンクル部分に装備されたホールド感を高めるベルクロストラップが特徴で、ランニングシューズのディテールも採用されている。マイケル・ジョーダン氏がナイキと契約する以前に履いていたモデルというヒストリーも。

1995年

シーユーレイター

シーユーレイター

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

『アディダス』のアウトドアカテゴリ、アドベンチャーシリーズからトレイルランニングシューズとして発売。前方のランナーを追い抜く際の声がけがモデル名となっている。リリース当時は日本未展開だったため、垂涎のレアモデルとして90年代に人気を集めた。2016年念願の復刻を果たし、当時のスニーカーフリークをわかせたのは記憶に新しい。

2015年

ウルトラブースト

ウルトラブースト

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

『アディダス』が誇る最新のクッショニング素材、ブーストフォームをフルレングスでミッドソールに使用したことで脚光を浴びる。そのクッション性と反発力の高いソールに加えて、伸縮性に優れた素材、プライムニットをアッパーに採用。そのコンフォータブルな履き心地で、ランニングシーンに衝撃を与えたのだ。

■参考:アディダスの新定番。ウルトラブーストの謎を徹底解明

2015年

イージーブースト350

イージーブースト350

EST premium

EST premium

お気に入り追加

ラッパーのカニエ・ウエスト氏と『アディダス』がコラボレーションしたシリーズ。イージーブースト750の次に発表されたのが同モデルで、プライムニットのアッパーとブーストフォームを落とし込んだソール、そして前衛的なデザインで爆発的な人気を獲得。さまざまなカラーリングがリリースされ、発売となると毎回争奪戦が繰り広げられる。

2016年

NMD_R1

NMD_R1

adidas Online Shop

adidas Online Shop

お気に入り追加

『アディダス』の歴代名作、マイクロペーサー、ライジングスター、ボストンスーパーのディテールをピックアップして開発された。そこにブーストフォームのソールとプライムニットのアッパーを組み合わせて、最先端の味付けを施した、過去と現在を融合して生まれたシリーズである。ちなみにモデル名の由来は、遊牧民(NOMAD)から。

2016年

チューブラー ノヴァ

チューブラー ノヴァ

CASE CAMP

CASE CAMP

お気に入り追加

90年代に『アディダス』が開発し、斬新なルックスによってスニーカーシーンをにぎわせたチューブラーソールは、自転車のタイヤから発想を得た独創的なデザインが特徴。このモデルは、そのソールを採用したシリーズの中の1足で、スタイリッシュなデザインで高い評価を得ている。

2017年

エキップメントサポートアドバンス

エキップメントサポートアドバンス

ミタスニーカーズ

ミタスニーカーズ

お気に入り追加

ZXシリーズのデザインと機能を受け継いだ90年代の『アディダス』を代表するひとつ、エキップメントランニングサポート。その名作を現代的な解釈でアップデートさせたのが同モデル。より軽く、よりクッション性が高いというエキップメントシリーズの名に恥じない出来栄えは、実際に足を入れることで味わっていただきたい。

2017年

プロフィア

プロフィア

ミタスニーカーズ

ミタスニーカーズ

お気に入り追加

2017年12月に世界で一斉にリリースされた『アディダス』の話題作。90年代をイメージさせるシルエットと最新テクノロジーを融合させた、2018年の主力モデルとなる1足だ。トレンドのニットアッパーを使用し、サイドのスリーストライプスは極太のデザインが特徴。機能・デザインともに現代的に仕上げ、マスターピースとして語り継がれていくこと請け合いである。

コマツ ショウゴ
コマツ ショウゴ
某フリーライターに弟子入りし、独立。10代から30代のメンズファッション誌を中心に執筆する。ブラックミュージックが大好物で長髪が自身のトレードマーク。
この編集者の記事を見る

KEYWORD関連キーワード

PICK UP

編集部の注目

“わかっている”引き算がありがたい。チャムスのゴアテックスアウターが、僕たちに響く理由

大人のアウトドアMIXは肩肘張らないこなれ感がカギ。頼れるスペックの中に引き算の美学を落とし込んだ『チャムス』のゴアテックスアウターなら、相棒として完璧です!

SPONSORED by チャムス

続きを読む

大人には大人のスポーツMIX。都会的な雰囲気を纏うアウターに、名門ブランドで出会う

スポーツMIXコーデはトライしやすいからこそ、取り入れるアイテムが問われるもの。おすすめしたいのは、アーバンテイストを取り入れたアクティブなアウター類です。

SPONSORED by レノマオム

続きを読む

シャカではじめる冬支度。サンダル譲りのコンフォートなシューズで装いを新たに

街に野遊びに、この夏お世話になった人も多いであろう『シャカ』のサンダル。しかし、同ブランドが活躍するのは夏だけにあらず。秋冬も頼れる逸品が揃っています!

SPONSORED by シャカ

続きを読む

タフでスリムで街で映える。“勢いを増していく僕ら”には、こんなGショックがよく似合う

節目の35周年を経て以降も勢いは増すばかりの『Gショック』。今夏発売された「GA-2200」はその象徴だ。期待の新顔をファッション業界で今ノリに乗る2人はどう見るのか。

SPONSORED by カシオ計算機株式会社

続きを読む

大人の腕元に誠実さと感性を。稀代のヒット作が纏う、冬にこそ似合うロイヤルブルー

2020年に発売された「1965 メカニカルダイバーズ 現代デザイン」に今冬待望のニューモデルが登場。気品に満ちたロイヤルブルーは、大人の男にいかなる恩恵をもたらすのか?

SPONSORED by セイコーウオッチ株式会社

続きを読む

暖かいだけじゃもう物足りない。エーグルと探る、これからの冬アウターの条件とは

徐々に寒くなりアウターに手が伸び出すこの時期。今の時代に合ったその選び方を、フランス発の名ブランド「エーグル」の優れモノを軸に読み解いていきます。

SPONSORED by エーグル

続きを読む

あなたの働き方にはどの1着? 4つのワークスタイル、それぞれの本命セットアップ

働き方の多様化が進む今、最適な仕事服は人によって千差万別。各々のワークスタイルに応じた理想のセットアップが、『エイチアイピー バイ ソリード』なら見つかります。

SPONSORED by タトラスインターナショナル

続きを読む

もっと見る

RELATED ARTICLES

あなたにおすすめの記事

ACCESS RANKING

アクセスランキング

ITEM RANKING

アイテムランキング

新機能

この記事を読んでいる方に
おすすめの記事をご紹介

RECOMMEND
TOP

カテゴリ

おすすめ記事