ナイキのスニーカー20選。2020年新作と人気作からおすすめを厳選

老若男女を問わず、多くのフォロワーを獲得し続けている『ナイキ』のスニーカー。最新モデルから定番まで、いま入手できるラインアップから20モデルを厳選して紹介します。

TOMMY

TOMMY

SHARE
記事をお気に入り
2020.07.21

『ナイキ』のスニーカーを愛する大人たちへ。2020年の最新作はチェック済み?

『ナイキ』のスニーカーを愛する大人たちへ。2020年の最新作はチェック済み?

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

先進的なテクノロジー&デザインで、幅広い世代を魅了し続ける『ナイキ』のスニーカー。特に、名作揃いの'90年代~'00年代に青春期を過ごしたというTASCLAP世代には、ファンも多いことでしょう。そんな皆さんにおすすめしたいモデルを、豊富なラインアップから厳選しました。まずは誰しもが気になる最新作。過去のアーカイブを蘇らせた復刻モデルから、最先端の履き心地を体感できるハイテクモデルまで、いま押さえておくべき10モデルがこちらです。

アイテム1

デイブレイク タイプ

デイブレイク タイプ

atmos-tokyo

atmos-tokyo

お気に入り追加

'70年代の名作ランニングシューズである「デイブレイク」を再構築。軽やかなナイロンメッシュとスエードを重ねたアッパーや、ステッチで縁取ったスウッシュなど、ワンランク上のディテールが加えられています。ハイテクとはひと味違ったニューレトロな表情もまた新鮮ですね。

アイテム2

ジョーダン デルタ SP

ジョーダン デルタ SP

atmos-tokyo

atmos-tokyo

お気に入り追加

常に革新を求め続ける「ジョーダン」ファミリーから、新たなデイリースタイルとして誕生した1足。ハイテク素材と天然素材が巧みにMIXされたアッパーと、リアクトフォームが搭載されたソールのコンビネーションが極上の履き心地を実現します。

リアクトって何?エアとの違いは?ナイキ リアクトの機能とラインアップ

スニーカー・シューズ

リアクトって何?エアとの違いは?ナイキ リアクトの機能とラインアップ

『ナイキ』の新たな機能靴「リアクト」シリーズに注目。「リアクトとは?」という基本から、エアとの違い、そしてラインアップまで幅広く紹介します。

本間 新

2019.09.14

アイテム3

エア テイルウィンド 79 SE

エア テイルウィンド 79 SE

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

クッショニングに革命を起こした名作ランニングモデルを、ソールの耐久性やグリップ力を強化するなどして機能的にモディファイ。とはいえ素材と形状はオリジナルを踏襲している点がポイントです。洗練さを漂わせるスマートな表情が大人の足元にハマります。

アイテム4

エア マックス トライアックス

エア マックス トライアックス

atmos-tokyo

atmos-tokyo

お気に入り追加

安定・クッション・軽量という、ランニングシューズに必要な3つのスペックを軸に開発された「エア マックス トライアックス」シリーズ。3代目となるこの96を覚えている方も多いのではないでしょうか。絶妙な'90s感がストリートコーデを盛り上げてくれること必至でしょう。

ナイキ エアマックスの今。注目作から最新作まで人気モデル早見表

スニーカー・シューズ

ナイキ エアマックスの今。注目作から最新作まで人気モデル早見表

今のスニーカー人気の礎は90年代に培われたといって良い。当時、主役を担っていたのが『ナイキ』の「エアマックス」。今なお色褪せない魅力を名モデルとともに振り返る。

菊地 亮

2020.02.18

アイテム5

レブロン 17

レブロン 17

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

マイケル・ジョーダン氏の後継者と称されるNBAプレーヤー、レブロン・ジェームズ氏のシグネチャーモデルもご紹介。ニット構造と熱成型糸を合わせた新技術「ニットポジット」をアッパーに初採用し、これまでにない軽量性と耐久性を追求しています。一流プレーヤーのシューズだけあって機能性は言わずもがな、インパクトも抜群です。

アイテム6

GTS リターン プレミアム

GTS リターン プレミアム

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

名作「エア マックス 1」のデザインが落とし込まれたフォルムをサファリカラーに配色した本アイテムは、スケートボード用のSBラインからピックアップしたもの。柔らかなフォーム素材のソックライナーとミッドソールが衝撃を吸収します。快適な履き心地もスケートシューズならではの魅力です。

ナイキSBのおすすめモデルを厳選。メンズコーデに馴染む1足とは?

スニーカー・シューズ

ナイキSBのおすすめモデルを厳選。メンズコーデに馴染む1足とは?

スケーターに支持される『ナイキSB』のスケシューは、同ブランドならではのスマートなデザインと履き心地が魅力。大人のメンズコーデにも馴染むモデルを紹介します。

伊藤 千尋

2019.09.03

アイテム7

エア マックス 2090

エア マックス 2090

セレクトショップFrenz

セレクトショップFrenz

お気に入り追加

30周年を迎えた「エア マックス 90」にオマージュをささげる本作は、オリジナルよりも200%増大化したビジブルエアがポイントです。クリア素材を使用したアッパーや立体的に仕上げられたヒールタブが、エッジの効いた未来的なスタイルを演出します。

アイテム8

エア ズーム スピリドン ケージ 2

エア ズーム スピリドン ケージ 2

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

『ステューシー』とのコラボにより、20年ぶりに復活を遂げたミレニアム時代の隠れた傑作。ヒール部分が可視化されたケージ状のズームエアによる柔らかな履き心地に加え、メッシュ素材のアッパーで通気性も抜群。これからの季節に活躍必至の1足としてチェックしておきましょう。

アイテム9

リアクト ビジョン

リアクト ビジョン

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

ソールには、高反発かつ軽く、頑丈かつ柔らかいという極上の履き心地を生むテクノロジー「リアクト」を搭載。ヤドクガエルからヒントを得たという、ユニークなパターンを施したメッシュ仕立てのアッパーは、シンプルな着こなしのハズしに最適です。

アイテム10

ACG モック 3.0

ACG モック 3.0

セレクトショップFrenz

セレクトショップFrenz

お気に入り追加

アウトドアラインであるACGから'90年代に登場した「エア モック」の現代版。キルティング仕様の非対称なアッパーと極厚のアウトソールは、ショートパンツとの相性も抜群です。スリッポン型で脱ぎ履きがしやすく、キャンプサイトでの着用もおすすめ。

『ナイキ』のスニーカーを語るならマストで押さえておきたい、定番中の定番5選

『ナイキ』のスニーカーを語るならマストで押さえておきたい、定番中の定番5選

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

数多ある名作の中にあって、いつの時代にも愛され続けているからこそ獲得できる“定番”の称号。ここでは半世紀以上に及ぶ『ナイキ』の歴史に、偉大なる足跡を残してきた5つの定番モデルを取り上げます。

アイテム11

エア マックス 90

エア マックス 90

atmos-tokyo

atmos-tokyo

お気に入り追加

歴代「エア マックス」シリーズの中でも、特に名品との呼び名が高いのが3代目にあたる本モデルです。ヒールのビジブルエアが大型化され、今では当たり前のプラスチックパーツもこのモデルで初採用。さらに複合素材で構築されたアッパーなど、のちのハイテクスニーカーの先駆け的存在として知られています。今年で誕生30周年を迎えましたが、その人気は今も変わらず。中でも最近は、スタイル不問のワントーンカラーが人気の模様。

ナイキの定番スニーカー。今さら聞けないエアマックス90の奥深き世界

スニーカー・シューズ

ナイキの定番スニーカー。今さら聞けないエアマックス90の奥深き世界

『ナイキ』のスニーカーのなかでも定番として知られるエアマックス90。その魅力とともに、現行モデルを一挙公開。進化し続ける名作を、あらためて堪能しましょう。

Roaster

2019.12.16

アイテム12

クラシック コルテッツ レザー

クラシック コルテッツ レザー

Tens clothing

Tens clothing

お気に入り追加

「エア マックス」シリーズの登場まで、『ナイキ』を代表するランニングモデルといえばコレでした。1972年に創設者であるビル・バウワーマン氏の手により、トラック競技用シューズとして誕生。硬さの異なるスポンジラバーをサンドして作られたミッドソールの構造により、当時では画期的だったクッション性と軽量性を見事に実現。このコロンと丸みを帯びたフォルムが、男性だけでなく女性からの支持を集めている理由です。

レトロな雰囲気がドンズバ。ナイキのコルテッツが今の気分にハマる!

スニーカー・シューズ

レトロな雰囲気がドンズバ。ナイキのコルテッツが今の気分にハマる!

『ナイキ』のコルテッツが、最近また注目の的に。その理由をひも解きながら、おすすめモデルからコーデまでコルテッツの良さを深掘りします。

近間 恭子

2019.04.01

アイテム13

エア フォース 1 '07 クラフト

エア フォース 1 '07 クラフト

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

アメリカ大統領専用機の別名をモデル名に冠した、『ナイキ』が誇る永久定番。1982年にナイキ エアを初搭載したバスケットボールシューズとして登場以来、コートの中だけでなくストリートでも人気を拡大。特に真っ白なローカットモデルは、ヒップホップカルチャーを象徴するアイテムの1つとして広く認知されています。今回ご紹介するこちらのように、ディテールに現代的な解釈を加えたアップデートモデルも人気です。

ナイキラバーの大定番。エアフォースワン最新事情

スニーカー・シューズ

ナイキラバーの大定番。エアフォースワン最新事情

『ナイキ』を代表するエアフォースワンの“今”を総特集。エアフォースワンの最新情報や、最旬のメンズの着こなし方やコーディネートのサンプルまで一挙にお届けします。

平 格彦

2016.10.20

アイテム14

エア マックス 95 エッセンシャル

エア マックス 95 エッセンシャル

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

『ナイキ』のみならず、スニーカーの歴史に大きな足跡を残した「エア マックス 95」。それまではヒール部のみだったビジブルエアを前足部にも新設し、人体構造からヒントを得たという大胆なデザインラインは今見てもインパクト抜群。'90年代のハイテクスニーカーブームをけん引し、そのあまりの人気ぶりは社会現象まで引き起こしました。新色が毎シーズン登場し、人気コラボにはいまだプレミアがつくことも。

エアマックス95を取り入れるポイントとコーデサンプル

スニーカー・シューズ

エアマックス95を取り入れるポイントとコーデサンプル

『ナイキ』のエアマックス95を取り入れたコーデのコツを実例とともにご紹介。その魅力や新たなカラーバリエーションも合わせてチェックしましょう。

橋本 裕一

2019.09.24

アイテム15

エア ジョーダン1 ミッド

エア ジョーダン1 ミッド

LIMITED EDT

LIMITED EDT

お気に入り追加

マイケル・ジョーダン氏のシグネチャーモデル第1弾として、1985年にデビュー。当時、日本では不人気でワゴンセール扱いだったそうですが、今では『ディオール』とコラボするなど、キング・オブ・スニーカーとして圧倒的人気を誇っています。ちなみに豊富なバリエーションの中でも、1番人気はオリジナルと同じ仕様のOGモデル。最近は、このミッドカットモデルの注目度も急上昇中です。

ナイキのエアジョーダンシリーズ 歴史・モデルを紹介

スニーカー・シューズ

ナイキのエアジョーダンシリーズ 歴史・モデルを紹介

バスケットボールシューズでありながらストリートファッションの名スニーカーとして数えられる『ナイキ』のエアジョーダン。誕生から現在まで魅力とともに全モデルを紹介。

宮嶋 将良

2016.05.30

まだまだ知りたい大人へ。ライターがいま気になる『ナイキ』の推しスニーカーも紹介

まだまだ知りたい大人へ。ライターがいま気になる『ナイキ』の推しスニーカーも紹介

Tens clothing

Tens clothing

お気に入り追加

最後はオマケとして、筆者が最近気になっているモデルもご覧ください。テーマを特に設けず、着用するフィールドもストリートから遠く宇宙の彼方まで……。いずれもひとクセあるモデルなので、“なかなか他人と被ることがなさそう”という点ではおすすめです。

アイテム16

ナイキ エスビー シェーン

ナイキ エスビー シェーン

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

まずは、上でも登場したナイキのスケートボードラインからピックアップ。プロスケーターのシェーン・オニール氏のシグネチャーモデルは、何にでも合わせられるシンプルさが最大の魅力。トゥ部分にはさりげなくベンチレーションホールを配し、シューレースも気分次第で2種類の通し方が楽しめます。もちろんソールにはズームエアユニットも内蔵され、高反発のクッション性を発揮。タウンユースには、このちょうど良さがうってつけ。

アイテム17

エア フォース 1 ハイ '07

エア フォース 1 ハイ '07

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

続いては、定番としてご紹介した「エア フォース 1」のハイカット仕様。こちらはアッパーにタンブル加工を施したフルグレインレザーを使用しているため、大人の足元にふさわしい高級感が味わえます。さらに同モデルの特徴である肉厚のソールは、細身のボトムスとも相性良し。もちろん、'90年代に流行ったテーパードの利いたバギージーンズに合わせたってアリ。その際にはシューズのベルトをゆるめて、裾を引っ掛けるように履きたいですね。

アイテム18

ダンク ロー エスビー “ジェイ パック シャドウ”

ダンク ロー エスビー “ジェイ パック シャドウ”

Tens clothing

Tens clothing

お気に入り追加

またもSBラインから。こちらはノンエアバッシュの金字塔である「ダンク」のローカットに、ズームエアを搭載して、シュータンやライニングもクッション性を向上させたスケボー仕様。しかもカラーリングは名作「エア ジョーダン 1」の中でも、屈指の人気を誇る通称“シャドウ”からサンプリング。数か月前にリリースされましたが、国内未発売モデルなので入手困難。入手できたら、ぜひ夏らしくショーツで合わせたいなと。

アイテム19

エムエックス 720-818

エムエックス 720-818

セレクトショップFrenz

セレクトショップFrenz

お気に入り追加

「エア マックス」史上最大高のエアユニットが搭載された「エア マックス720」と、『シュプリーム』とのコラボでも話題になった「エア マックス 98」が合体! 両モデルの数字を足して818というモデル名に隠された遊び心も好きなんですよね。なにより、宇宙服からインスピレーションを受けたというキルティング素材のシルバーアッパーがインパクト絶大。やはり宇宙は男のロマンです。「どんな着こなしと合わせるべきか?」なんて考えるのもまた楽しいんですよ。

アイテム20

リアクト イアンガ

リアクト イアンガ

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

『ナイキ』の創設者であるビル・バウワーマン氏にオマージュをささげた1足。その特徴的なデザインは、彼が第二次世界大戦中、少佐としてアメリカ軍の第10山岳師団に所属していたことに由来します。本モデルは、快適すぎる履き心地で魅了するリアクトシリーズをベースとしつつ、ミリタリーブーツとランニングシューズの要素を1つにまとめあげた意欲作。アウトドアウェアを軸としたテック系ファッションとも馴染むはずです。

何が人気? 新作は?? 人気スニーカーブランドから厳選30モデルを紹介

スニーカー・シューズ

何が人気? 新作は?? 人気スニーカーブランドから厳選30モデルを紹介

スニーカー好きの大人におすすめしたいスニーカーをピックアップ。人気ブランドの定番はもちろん、新作、注目作も合わせて紹介します。10ブランド、全30モデルは必見です!

TASCLAP編集部

2020.09.10

ナイキの最旬Tシャツ20選。ロゴものからグラフィック系までおすすめを厳選

ウェア・コーデ

ナイキの最旬Tシャツ20選。ロゴものからグラフィック系までおすすめを厳選

スポーツMIXの枠を超え、ファッションの定番となっているスポーツブランドのTシャツ。その中でも特に王道といえる『ナイキ』をピックアップ。おすすめ品をご紹介します!

平 格彦

2020.05.26

ナイキのスニーカーが主役のコーデ10選。今、おしゃれな大人が履いているモノは?

スニーカー・シューズ

ナイキのスニーカーが主役のコーデ10選。今、おしゃれな大人が履いているモノは?

『ナイキ』の新作がリリースラッシュ。そんな今だからこそ知りたい、洒落者が履いているモデルとメンズコーデを紹介。『ナイキ』のスニーカーが主役の10コーデ、必見です。

平 格彦

2019.08.22

エアヴェイパーマックス最新ガイド。ナイキエアの注目作8選

スニーカー・シューズ

エアヴェイパーマックス最新ガイド。ナイキエアの注目作8選

2017年の登場以来、『ナイキ』の象徴・エアマックス ファミリー屈指の人気を誇る「エア ヴェイパーマックス」。コーデ例とラインアップの視点からその魅力を掘り下げよう。

TOMMY

2020.11.17

温故知新の1足。ナイキのインターナショナリストとは?

スニーカー・シューズ

温故知新の1足。ナイキのインターナショナリストとは?

1980年代に誕生した『ナイキ』のインターナショナリスト。その人気ぶりと背景にある魅力を中心に、同モデルについて掘り下げて紹介します。

TASCLAP編集部

2019.06.26

街コーデから家着まで。ナイキのパーカー&トレーナーがスポーツMIXに効く

ウェア・コーデ

街コーデから家着まで。ナイキのパーカー&トレーナーがスポーツMIXに効く

旬なスポーツMIXコーデに使えて、リラックスした着心地も堪能できる『ナイキ』のパーカー&トレーナーが人気です。最新ラインアップからおすすめ品を一気にご紹介!

平 格彦

2020.10.15

ナイキはダウン選びの有力候補。おしゃれな1着で今こそスポーツMIXを

ウェア・コーデ

ナイキはダウン選びの有力候補。おしゃれな1着で今こそスポーツMIXを

ダウンジャケットをお探しなら、ぜひ候補に入れたいのが『ナイキ』。スポーツブランドならではの機能とハイレベルなデザインを兼備しています。おすすめ品を一挙にご紹介!

平 格彦

2020.11.23

TOMMY

カラダはアラフォー・ココロは永遠の15歳

TOMMY
紙のメンズファッション誌、ファッションWEBメディアを中心に、ファッションやアイドル、ホビーなどの記事を執筆するライター/編集者。プライベートにおいては漫画、アニメ、特撮、オカルト、ストリート&駄カルチャー全般を愛するアラフォー39歳。
この編集者の記事を見る

KEYWORD関連キーワード

PICK UP

編集部の注目

RELATED ARTICLES

あなたにおすすめの記事

ACCESS RANKING

アクセスランキング

ITEM RANKING

アイテムランキング

新機能

この記事を読んでいる方に
おすすめの記事をご紹介

RECOMMEND
ITEM LIST
TOP

CATEGORY

RECOMMEND