レトロ顔がたまらないクレセントダウンワークスは、米国ダウンの良心だ

レトロ顔がたまらないクレセントダウンワークスは、米国ダウンの良心だ

アメリカのダウン創成期からリアルなアウトドアマンに愛され続けてきた老舗があります。今では貴重な米国製を貫き続ける、質実剛健なダウンブランドをご紹介。

牟田神 佑介

2019.11.29

クレセントダウンワークス(CRESCENT DOWN WORKS)
アウター
ダウン
ダウンジャケット
アウトドアファッション

古き良きスタイルを守り続ける米国ダウンブランド

古き良きスタイルを守り続ける米国ダウンブランド

カナダの『カナダグース』、フランスの『モンクレール』、日本の『水沢ダウン』と世界には各国を代表するダウンブランドがあります。その点、米国生産のダウンブランドと聞かれると、意外とすんなり出てこないもの。とはいえ、そこはアメリカですからもちろん粋なブランドがあるわけです。今回は純アメリカブランド『クレセントダウンワークス』をピックアップして、アメカジ好き垂涎の歴史と機能性について読み解いていきましょう。

カナダグースの最新人気ダウン指名買いリスト

カナダグースの最新人気ダウン指名買いリスト

ダウンブームを引っ張る『カナダグース』は、大人が最後に行き着くダウンといっても過言ではありません。押さえておきたい人気アイテム群をチェックしておきましょう!

平 格彦

最高峰のプレミアムダウン。モンクレールのおすすめ10モデル

最高峰のプレミアムダウン。モンクレールのおすすめ10モデル

ダウンジャケットをファッションアイテムとして日本に広く普及させた功労者の『モンクレール』。王者の風格すら感じさせるブランドの魅力と、狙い目モデルを紹介します。

平 格彦

水沢ダウンの人気を支える定番&最新モデル6選

水沢ダウンの人気を支える定番&最新モデル6選

ダウンの弱点を克服し、ダウンそのものの定義を一新させた水沢ダウン。当記事では「水沢ダウンとは?」というそもそも論や魅力を、代表モデルの紹介とともに掘り下げます。

深澤 正太郎

ブランドを立ち上げたのは『エディー・バウアー』出身の1人の女性

ブランドのアイテムに触れる前に、まずはその生い立ちを追っていくことにします。『クレセントダウンワークス』は1974年、アン・マイケルソン氏の手によりシアトルでスタートしました。彼女は大学を卒業後、伝統的な米国アウトドアブランド『エディー・バウアー』に就職。そこで当時最先端のアウトドアスポーツウェアに関する知識を得た後、いくつかのファッションブランドでキャリアを積み、ダウンベストのカスタムオーダーブランドとして同ブランドを発足します。

すべてはスカイライナーからはじまった。エディー・バウアーのダウンジャケット

すべてはスカイライナーからはじまった。エディー・バウアーのダウンジャケット

2020年で創業100周年を迎える『エディー・バウアー』といえば、ダウンジャケットが有名。同ブランドの歴史や特徴から、実力派ダウンの魅力をひも解きます。

八木 悠太

ブランドを立ち上げたのは『エディー・バウアー』出身の1人の女性

CONEY ISLANDCONEY ISLAND

お気に入り追加

マイケルソン氏自身も自然環境を愛するハイカーであったため、真のアウトドア環境においてどのようなダウンが求められるかを理解していました。そこから生まれた傑作が、「イタリアンベスト」。最高級のグースダウンを使用し、1点1点手作りで仕立てられる高品質なベストは瞬く間にハイカーのみならず一般の人々の間にも広がっていきました。

40年以上続く老舗ブランドのこだわり

では、実際に『クレセントダウンワークス』の製品にはどのような特徴があるのか確認していきましょう。誕生から現在まで同ブランドのダウンが愛され続けてきたのには、理由があります。

こだわり1アウトドアの本場、シアトルで1着ずつていねいにハンドメイド

アウトドアの本場、シアトルで1着ずつていねいにハンドメイド

Carre 楽天市場店Carre 楽天市場店

お気に入り追加

『クレセントダウンワークス』のダウンウェアは、創業以来変わらず1着1着手作業で製作する完全自社生産。機械に頼らず、スローな環境でていねいに縫製されるウェアには、どこかレトロな暖かみがあります。さらに、創業者がリアルなアウトドアユーザーならではですが、風の入りにくいジップとスナップボタンの併用や、ボタン裏側の鹿革による補強など、細かいところまで行き届いたうれしいディテールが満載です。

こだわり2悪天候に強く、羽のように軽く暖かいこだわりの素材使い

悪天候に強く、羽のように軽く暖かいこだわりの素材使い

現在ではロフト感(弾力性)を重視して中綿のダウンにフェザーを混ぜるのが定石ですが、なんと『クレセントダウンワークス』では最高品質のグースダウン100%を可能な限りすべての製品で守り続けています。さらに、表地には防水・透湿性能に優れた60/40クロス、裏地には肌すべりも良く通気性の良いストリークフリーナイロンを使用。過酷な環境下でもしっかりと身体を温めてくれつつ、かいた汗は外へと逃がしてくれるハイスペックなダウンウェアを40年以上前に完成させていたのです。現在はシェルにウールやリップストップナイロンを使用したウェアも生産していますが、使用者のことを第1に考えた素材選びは今も変わりません。

ダウンジャケット人気の今だからこそ選びたい、10モデルを厳選

老舗ならではのアウトドアな雰囲気が魅力の『クレセントダウンワークス』。ですが、現代の日本で着るなら、都会的でスマートな雰囲気の1着を選びたいものです。ワードローブに取り入れやすい10のアイテムをピックアップします。

アイテム1ダウンセーター 60/40クロス

ダウンセーター 60/40クロス

HemingwayHemingway

お気に入り追加

『クレセントダウンワークス』の中でも最もベーシックなダウンジャケットです。700フィルパワーの最高級グースダウンを100%惜しげもなく使い、表地には水を吸うことで繊維が膨張し高い防水性を発揮する60/40クロスを使用。控えめな光沢が上品な印象です。もちろん、MADE IN USA。

アイテム2ダウンセーター シェル 60/40クロス

ダウンセーター シェル 60/40クロス

MASPHALTOMASPHALTO

お気に入り追加

上記「ダウンセーター」のシェル版です。素材に使用しているのは変わらず60/40クロスですが、ダウンアイテム特有のステッチがないだけでここまでスマートに。シルバーのスナップボタンの代わりにボディと同色の樹脂ファスナーを取り入れているため、見た目はさらにすっきりとしています。なお型崩れを防ぐために、ダウンの黄金比といわれるダウン80%×フェザー20%の配合を採用しています。

アイテム3クラシコ ダウンパーカー 60/40クロス

クラシコ ダウンパーカー 60/40クロス

HemingwayHemingway

お気に入り追加

前出の「ダウンセーター」より丈が長いヒップが隠れるサイズの「クラシコ」は、大人のオンスタイルにも最適。ストレートにすとんと落ちるシルエットが、ダウンウェアらしからぬクリーンな空気を醸し出してくれるためです。この1着をより現代的に着こなすなら、ネイビーやブラックなどの濃色が最善手でしょう。

アイテム4フーデッドスウェットシャツ

フーデッドスウェットシャツ

「ダウンセーター」「クラシコ」と比べるとダウンの封入量も控えめで、メルトンコートなどのインナーとしても期待できる振り幅の広い1着です。格子状のキルティングにより、バックスタイルもいたってスポーティ。フード一体型のため、レイヤードの際にもすっきりとまとまります。

アイテム5カラコラムジャケット

カラコラムジャケット

ExplorerExplorer

お気に入り追加

「ダウンパーカー」と似ていますが、こちらはポケットのスナップボタンやすっきりとしたフードが少しカジュアルな印象の「カラコラムジャケット」。パキスタン・インドにまたがる山脈の名を冠したジャケットは、古き良きアウトドアテイストを強く感じさせます。やや薄手の作りなので、インナーに厚めのニットを着込みたいなら「ダウンパーカー」よりこちらを選びましょう。

アイテム6ボンバージャケット

ボンバージャケット

HemingwayHemingway

お気に入り追加

スタジャンライクな見た目でスポーティなダウンブルゾンです。こちらも本国アメリカでは「ダウンセーター」と並びブランドの定番として愛されています。シンプルな見た目ですが、内側はブロック状にキルティングが施されており、保温性はお墨付き。小ぶりなショールカラーは、大人のオフスタイルに品を添えてくれます。フロントはダブルジップなのでシルエットに合わせて調節可能です。

アイテム7インテグラルフーデッドパーカ

インテグラルフーデッドパーカ

こちらは、エベレストや北極など考えうるかぎり最も過酷な状況に対応するべく作られた『クレセントダウンワークス』最上級モデル。フロントもスナップボタンではなく、より防風性の高いベルクロを使用した本格派です。そして最大の特徴はグースダウンをこれでもかと詰め込んだ肉厚なボディ。屋外でもまるでシュラフにくるまれているような極上の暖かさを体感できます。

アイテム8スカイライナー キルテッドダウンジャケット

スカイライナー キルテッドダウンジャケット

SELECT STORE SEPTISSELECT STORE SEPTIS

お気に入り追加

「スカイライナー」は、実は『エディー・バウアー』同名の名作をベースとしたモデル。「ボンバージャケット」とよく似ていますが、こちらは表地にもキルティングを施した、よりアウトドアテイスト強めのルックスです。裾リブがない作りのため、ワイドパンツなどと合わせた際にも膨らんで見えずすっきりと着こなせます。

アイテム9別注 DOWN LINED MOUNTAIN PARKA 60/40 STREAK FREE

別注 DOWN LINED MOUNTAIN PARKA 60/40 STREAK FREE

ExplorerExplorer

お気に入り追加

こちらは少し変わり種で、「エクスプローラー」というショップによる別注モデル。ブランド定番品の1つ、マウンテンパーカーにダウンを封入することで古き良きレトロアウトドアな形状に確かな保温性能を持たせています。とはいえ、オールブラックで仕立てているので、印象としてはかなりスタイリッシュ。別注の証である特別製のスナップボタンもシルバーであつらえ、モダンな空気を醸し出しています。

アイテム10『アヴィレックス』別注 ダウンパーカ

『アヴィレックス』別注 ダウンパーカ

ZOZOTOWNZOZOTOWN

お気に入り追加

『クレセントダウンワークス』とほぼ年の近いアメリカブランドに、『アヴィレックス』があります。軍モノに知見の深い『アヴィレックス』とのコラボアイテムであるこちらは、定番の「ダウンパーカー」のライニングをストリート感の強いカモフラに差し替えたよりファッション性の高い一品。カモ柄が難しい、と言う肩には色違いでベージュ×ブラウン、オリーブ×オレンジの無地モデルもあるので、お好みで。

MA-1が代名詞。米国空軍も認めたアヴィレックスの魅力とおすすめ17選

MA-1が代名詞。米国空軍も認めたアヴィレックスの魅力とおすすめ17選

米空軍が正式採用する『アヴィレックス』のフライトジャケット。高度1万メートルを超える極寒の空中で過酷な任務を全うするための機能とディテールは街着としても人気。

那珂川廣太

あくまでスタイリッシュに着こなすべし。 達人のコーデを拝見

トレンドアイテムではありますが、ダウンジャケットの着こなし方は難しいもの。オーバーサイズ隆盛とはいえ、ともすれば着ぶくれして野暮ったくなってしまいせっかく新調した名品がお蔵入りなんてことも。どう着こなすべきか、おしゃれな人たちのコーデテクを学びましょう。

コーデ1XSサイズで老舗の名品を現代的に

XSサイズで老舗の名品を現代的に

WEARWEAR

お気に入り追加

『クレセントダウンワークス』はアメリカブランドらしく、表記サイズよりも作りは大きめ。モダンに着こなすなら、こちらのコーディネートのようにXSサイズを選んでコンパクトなシルエットを構築するのが正解です。コーディネートが単調になりすぎないよう、短丈を生かしてレイヤードを楽しむのも面白いですね。

コーデ2スキニーパンツはダウンウェアと好相性

スキニーパンツはダウンウェアと好相性

WEARWEAR

お気に入り追加

主役は裏地のオレンジがアイキャッチとして効いているレトロなダウンジャケット。ブラックスキニーパンツとMIXすれば、アウターのアメカジ感を程良く中和したクリーンな雰囲気にさま変わりします。足元で同じくアメリカブランドの『ラッセルモカシン』を合わせて、雰囲気を統一している点にもさり気ないこだわりが感じられます。

コーデ3アウターonアウターのインナーはきれいめで

アウターonアウターのインナーはきれいめで

WEARWEAR

お気に入り追加

こちらは上級者の装い。インナーにクリーンな濃紺デニムのカバーオールを挿して、マスタードカラーのダウンジャケットを引き締めています。9分丈パンツで足元をすっきりと見せることでボリューミーなトップスとのバランスをとっているところも高ポイントです。ちなみにご存じだとは思いますが、アウターonアウターに挑戦するときはいつもよりワンサイズ大きめをチョイスしましょう。

コーデ4上下で色味を揃えれば、よりスマートな印象に

上下で色味を揃えれば、よりスマートな印象に

WEARWEAR

お気に入り追加

ネイビーシェルのダウンに濃紺のインディゴジーンズをマッチング。だめ押しでネイビーキャップを被れば、すっきりとした縦のラインを強調した着こなしが完成します。ダウンジャケットもジャストサイズをセレクトしていますが、色のマジックによりよりシャープな印象に誘導することが可能です。こちらのコーデでは、ライニングに鮮烈なオレンジを差したモデルを選び、程良くスポーティな空気を落とし込んでいる点も注目です。

コーデ5とはいえ、フェードカラーで王道のアメカジを気取るのもアリ

とはいえ、フェードカラーで王道のアメカジを気取るのもアリ

WEARWEAR

お気に入り追加

着ぶくれ対策も大事ですが、逆にアメカジに振り切ることで統一感を生み出すのもまた1つの手です。定番の「ダウンセーター」もベージュカラーをセレクトし、ライトブルーまで色落ちした『リーバイス』を掛け合わせれば相思相愛の趣に。スエードの『コンバース』でダウンの色を拾うことで、さりげなく洒落感も醸し出しています。

アウトドアウェアの人気ブランド、今マストで押さえておきたい22選

アウトドアウェアの人気ブランド、今マストで押さえておきたい22選

トレンド継続中のアウトドアファッション。まずチェックすべきは、やはり専業ブランドのウェアや小物です。機能に加え、デザインにも定評のあるブランドを厳選してご紹介!

那珂川廣太

「Men’s JOKER」、「STREET JACK」と男性ファッション誌を経た後、腕時計誌の創刊に携わり現職。メンズ誌で7年間ジャンルレスに経験してきた背景を生かし、TASCLAPでは主に腕時計や革靴、バッグなど革小物に関する記事を担当している。
この編集者の記事を見る
    KEYWORD関連キーワード
    RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事
    リピーター続出。ダントンのインナーダウンが優秀すぎて手放せない

    リピーター続出。ダントンのインナーダウンが優秀すぎて手放せない

    おしゃれな大人たちの間で『ダントン』のインナーダウンが人気爆発中です。その魅力からコーデサンプル、すぐに買える新作ラインアップまで、余すことなくご紹介します。

    山崎 サトシ

    ダウンパンツは暖かくて軽くて、もうやみつき。街ではくならこんな10本

    ダウンパンツは暖かくて軽くて、もうやみつき。街ではくならこんな10本

    軽くて暖かくて快適……だけじゃない! ダウンパンツはシルエットもデザインも洗練されたモノが豊富です。街中ではくダウンパンツの選び方と着こなしのコツをご紹介。

    TASCLAP編集部

    ダウンジャケットの人気ブランドとおしゃれな着こなし方【保存版】

    ダウンジャケットの人気ブランドとおしゃれな着こなし方【保存版】

    ダウンジャケットの人気ブランドを総特集! 選ぶときに気をつけたいポイントからおすすめのブランド、そしておしゃれな着こなし方のヒントまで順を追ってお届けします。

    TASCLAP編集部

    圧倒的存在感。ノースのマウンテンダウンジャケットを着こなしたい

    圧倒的存在感。ノースのマウンテンダウンジャケットを着こなしたい

    アウドドア人気を牽引する『ザ・ノース・フェイス』。なかでも、象徴的デザインと圧巻の機能で人気を集めているのが「マウンテンダウンジャケット」です。

    平 格彦

    マフラー巻き方の基本。6パターンのプロセスを紹介

    マフラー巻き方の基本。6パターンのプロセスを紹介

    寒い日ばかりが続く今日この頃、マフラーが手放せませんよね。そこで、毎日のマフラー使いのバリエーションを増やすべく、即マネできちゃう基本的な巻き方をご紹介します!

    桂川 千穂

    BACK