タフな男のスタイリッシュなアウター! N-2Bを持っているか?

タフな男のスタイリッシュなアウター! N-2Bを持っているか?

すっきりとした着丈と優れた防寒性が魅力のN-2B。その秀逸なデザインと機能性、そしてミリタリー感がタフな男を形作ってくれる。

大中 志摩

2018.12.27

アウター
ジャケット
ミリタリージャケット

タフなデザインと高い防寒性が魅力のN-2B

アメリカ空軍により開発されたフライトジャケットであるN-2B。同じパイロット用に開発されたMA-1よりも寒い地域での使用を目的に作られているため、前立てを閉めたときに首周りを寒気から守ってくれるファー付きのフードが配されているなど秀逸な防寒性能を誇る。操縦に支障がないようにと着丈が短く、袖口に風の侵入防止のためのリブが配されたすっきりとした印象のN-2Bは、実用性とデザインを兼備したハイブリッドなミリタリーウェアだ。

N-2Bの特徴を3つのポイントでチェック

ポイント1タウンユースには十分すぎる保温性

裾や袖口に配されたリブや比較的スマートなシルエットなど、N-2Bは操縦の際にもたつかないようにと考え抜かれた軍用デザインの集大成。操縦士たちへの気遣いは保温性にも及んでおり、ミルスペックに準拠したN-2Bならマイナス10度からマイナス30度までの環境にも対応できる。ハリのあるナイロンシェルと中綿をふんだんに使用した1着は、街使いには十分すぎるほど暖かい。

ポイント2暖を取るためのデザインが現代ではいいアクセントに

風の侵入を防ぐため大きく取られた前立てや、フードの中心を分断するように配されたジップなど、N-2Bにはユニークなディテールが多い。ジップは、操縦席に座った際に首の後ろでボリュームのあるフードがデッキに引っかからないようにと考案されたもの。実用性から生まれたデザインだが、ファッションにおいてはバックスタイルのポイントとして効いてくる。

機能も見た目も抜群。おすすめのN-2Bをピックアップ

おしゃれにも防寒対策にも使えるN-2B。ここでは、大人にふさわしいおすすめのモデルを厳選してご紹介。間違いのないアイテムを選んでいるので、ブランド選びに悩んだらまずはここで紹介しているものを検討してみるといいだろう。きっとお気に入りの1着が見つかるはずだ。

アイテム1『アヴィレックス』N-2Bコマーシャル

米軍に数々の名作を支給してきた実績がある『アヴィレックス』が、N-2Bをタウンユースにリデザイン。ミリタリーウェアといえば野暮ったさが気になるが、こちらはタイトに仕上げられているのでスマートな着こなしが楽しめる。N-2Bならでのは短丈を生かしたレイヤードも、腕の見せ所だ。

アイテム2『ヒューストン』N-2B

日本で初めてオリジナルのフライトジャケットを開発した、ユニオントレーディングが運営するミリタリーウェアブランドから。ややゆとりあるシルエットが印象的な『ヒューストン』のN-2Bは、ボリューム感のあるリアルファー付きのフードがアクセントとして機能。フロント、左肩のシガーポケットのジップタブには開閉のしやすさを考慮してレザーを使用している。また、袖口は本格的な段リブを採用しているなど老舗ならではのディテールが光る名作だ。

アイテム3『アルファ』N-2B TIGHTブルゾン

1959年にテネシー州で生まれてから、現代に至るまで約4,000万人の兵士にウェアを供給してきた『アルファ』。シガーポケットや大きなフードに配されたジップなど、N-2Bならではの伝統的なディテールがしっかりと踏襲されている点はさすがだ。だが一方で、シルエットをタイトに絞りつつ胸元のオキシジェンタブを取り払うなど、常にミリタリーウェアの見直しを行なってきた同社らしくより現代に即したミニマルな逸品に仕上がっている。

アイテム4『wjk ブラック』マイクロクロスN-2Bジャケット

よりアーバンな雰囲気のN-2Bがほしいという人はドメスティックブランドの1着もおすすめ。『wjk(ダブルジェイケイ) ブラック』のものは、袖口から綿リブを取り去ることでよりスポーティな表情に。フードの内側にはボアを貼っており、ナイロンのひんやりとした肌触りもない。また、裏地に使用した迷彩ジャガード生地が着脱の際にさりげないアクセントになってくれる。

アイテム5『ハフ』N2B ジャケット

こちらはスケーター御用達のストリートブランド『ハフ』のN-2B。よりスピーディーに着脱できるようにと改良された、ジップのみのすっきりとしたフロントデザインが面白い。シルエットは昨今のトレンドに応えるようにやや大きめに設定されており、鮮烈なパープルのライニングはリバーシブルにも対応。よりファッション性の高いN-2Bを探しているならぜひ1度検討対象に入れてほしい。

アイテム6『カンビオ』N-2B ミリタリージャケット

『カンビオ』のN-2Bは、表地に撥水性に優れたT/Cタフタ生地を使用。コンパクトなサイジングに加え、フードのファーは取り外し可能なのでミニマルな表情も楽しめる。スペイン語で変化を意味するブランド名どおり、現代のニーズを考慮した柔軟なデザインだ。さらに中綿には保温性抜群の機能素材のシンサレートを採用しており、少量の中綿でも非常に暖かな仕上がりに。着古したようなかすれた色合いも絶妙だ。

大人ならどう着こなす? N-2Bの好サンプル

ショート丈のすっきりとしたシルエットに、優れた保温性を備えたN-2B。ミリタリーウェアの中では特徴的なシルエットを持つこのフライトジャケットを都会的に着こなすポイントとは? 達人たちの着こなしをチェックしてみよう。

ニット帽とサングラス以外がヴィンテージアイテムのコーディネート。グランジ感のあるリラックススタイルにダークトーンのN-2Bを投入することで、着こなしを引き締めてメリハリを出した。また、上半身にボリュームを出すことで、さりげなく脚長効果も得られているのもポイント。

濃紺デニムジャケットにブラックのスキニーパンツを合わせたきれいめアメカジコーデに、N-2Bをはおってワイルドな印象をプラス。インナーとアウターのギャップで奥行きを出した、ユニークな着こなしだ。アクセントに加えたウォレットチェーンも渋い男のスタイルを助長している。全体をタイトなサイジングでまとめているので野暮ったさも感じさせない。

冬の定番ニットスタイルにN-2Bをシンプルに組み合わせたアーバンなスタイリング。ニットとパンツのトーンを抑えてシックにまとめることで、アウターの武骨さとのバランスを取ることに成功している。N-2Bの存在感に負けないライトなトーンのマフラーでポイントを作っている点にも注目。

スポーツMIXコーデにもN-2Bは相性抜群。ミリタリーアイテムのボリュームも、9分丈のリブパンツと合わせて調整すれば品のいい印象に仕上げることができる。インナーにチェックシャツを取り入れることで、着こなしのトーンの重たさも払拭。

ジーンズとN-2Bのシンプルな着こなしだが、小物使いで巧みにこなれ感を演出。大きくロールアップした足元には重量感のあるブーツでかっちり感を、バッグでツイードを投入すしてコーディネートがのっぺりと面白みのない印象に陥らないように異素材感を……と明日から使える小技が散見される。あえてフロントを閉めてタイトなフォルムを作れば、男くさい組み合わせでもクリーンに着こなせる。

    KEYWORD関連キーワード
    RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事
    ジョガーパンツコーデのいろは。上手に着こなすための3つの方法

    ジョガーパンツコーデのいろは。上手に着こなすための3つの方法

    メンズボトムスの定番としてすっかり市民権を得たジョガーパンツ。基本の選び方から着こなしのポイント、おすすめの1本まで幅広くご紹介します。

    TASCLAP編集部

    MA-1のすべて。今買いのブランドと真似したいコーデ術

    MA-1のすべて。今買いのブランドと真似したいコーデ術

    男の鉄板アウターとして定着したMA-1。アイテム自体はプレーンなタイプを選ぶのがセオリーですが、ディテールや選び方、コーデ術はアップデートしていきましょう。

    山崎 サトシ

    マウンテンパーカー傑作選。ファッションライターが推す25ブランド

    マウンテンパーカー傑作選。ファッションライターが推す25ブランド

    アウトドアアイテムの人気は衰え知らず。とくに街から外遊びまで自在に着回せるマウンテンパーカーは、1着押さえておくべき筆頭です。おすすめブランドを厳選しました。

    山崎 サトシ

    15度ならこんな服装で。肌寒さ感じる気温にも悩まない着こなしテク

    15度ならこんな服装で。肌寒さ感じる気温にも悩まない着こなしテク

    季節の変わり目は服装やコーディネートに悩むもの。気温15度前後に適した服装を考えながら、快適に過ごすためのアイテム選びや着こなしテクニックを紹介します。

    平 格彦

    春アウターどれにする? 即戦力ライトアウター10ジャンル

    春アウターどれにする? 即戦力ライトアウター10ジャンル

    春の着こなしのメインはライトアウター。主役となるアイテムはいち早く確保するのが賢明です。この春らしいアウターの手掛かりとおすすめ品を解説するので、ぜひ参考に。

    平 格彦

    日常の良き相棒。ワークパンツを上手に着こなそう

    日常の良き相棒。ワークパンツを上手に着こなそう

    タフなワークパンツはメンズの定番服。しかし、ワークパンツにはチノやカーゴなど多彩なタイプがあり、それぞれ持ち味も違います。適材適所で上手に取り入れましょう。

    山崎 サトシ

    BACK