40%以上のオフ率から探す! セールで狙い目のブランドバッグと財布10選

40%以上のオフ率から探す! セールで狙い目のブランドバッグと財布10選

すでに初買いを済ませたという人も、3が日外に出られなかったという人も。今から買える人気ブランドばかりに焦点を当てたファッション小物セール速報をお届け。

編集ムタガミ

2018.01.05

セール
財布・ケース
バッグ

人気ブランドのバッグと財布、セールで探すなら早い者勝ち

セールという言葉に踊らされて手当たり次第に買ってしまうのではなく、前々から狙っていたブランドを賢く手に入れるのがデキる大人のショッピング。だが、そんなアイテムこそ早々になくなってしまうものだ。今回はリュック、トートバッグ、財布の3カテゴリに狙いを定めて、まだ購入可能な人気の品をピックアップ。特に40%以上のオフ率のアイテムに照準を絞って集めてみた。2018年の始まり、気分を一新してくれる逸品をこのタイミングで見つけてみよう。

定番ブランドのリュックこそ、年の始めに手に入れたい

リュック1『アークテリクス』×『ビームス』別注 ARRO 16

日本の誇る人気セレクトショップ『ビームス』の手により、よりタウンユースに特化したカナダブランド『アークテリクス』のアローシリーズ。定番の22リットルでは街使いに少し大きいというユーザーの声を受け、サイズは一回り小さな16リットルに変更。ロゴまでモノトーンに変更されたスタイリッシュなデザインは、昨今のビジカジスタイルにも間違いなくハマってくれるはず。クライミングハーネスの技術を生かした疲れ知らずのショルダーストラップや、便利なカンガルーポケット、止水ジッパーなどの基本機能は健在なので、すでに『アークテリクス』を手にしているユーザーも安心して検討してみてほしい。

リュック2『C6』Simple pocket バックパック

ガジェットひとつにもこだわりがある、おしゃれノマドワーカーたち御用達のイギリスブランド『C6』。2016年春夏から仲間入りしたこちらのモデルは、ボディとポケットのフラップが一体化したようなミニマルな作りが印象的だ。メインルームのラップトップPCが収納できるパッド入りスリーブにくわえ、細かなデジタルグッズを収納しておけるメッシュポケットもうれしい気遣い。タフなバリスティックナイロンを使用しているので、毎日のヘビーユースにも耐えられる頼れる逸品だ。

リュック3『グレゴリー』カバートミッションデイ

トレンドのボックスシルエットを踏襲したカバートクラシックシリーズは、都市生活者のために開発された豊富なオーガナイザーがうれしい新進気鋭。もちろん「バッグ界のロールスロイス」の異名を持つ『グレゴリー』のDNAはきちんと継承されており、だんだんと肩になじんでくる肉厚なショルダーパッドや耐久性に優れた420デニールのポリエステル素材などの機能面は他の定番モデルと遜色ない。ブランドのネームバリューだけではない、老舗の作りの良さを実感できるリュックはビジネスマンにもおすすめ。

インポートブランドのレザートートもセールで大幅値下げ

トートバッグ1『ファーロ』カステッラーノ ムース

品のあるイタリアンレザー使いに定評のある、MADE IN ITALYの『ファーロ』。通常は8万円前後もする高額なバッグも、セールならボーナスの残りでも手が出せそうな価格帯だからうれしい限りだ。こちらは、トートバッグとショルダーバッグでの使用が可能な2WAY仕様。肩にかけやすく物が取り出しやすい、なだらかに湾曲した口にもイタリアンデザインの妙が見て取れる。ナチュラルな風合いのオイルレザーは、使い込むほどにしなやかさを増していき、上質な革製品と付き合うよろこびを教えてくれるはずだ。

トートバッグ2『アニエスベー』JH07A-02

普遍的な横型ビジネストートも、フレンチシックの名門『アニエスベー』が手がけると実に味のある風合いへと生まれ変わる。注目したいのは、その素材選び。ブランドロゴが型押しされたフロントポケットの他にほぼ装飾のないフォーマルなフォルムに、ベジタブルタンニンなめしのヌメ革を合わせることで表情豊かな逸品に仕上がっている。ビジネスにはもちろん、オフのカジュアルな装いも品良く仕上げてくれる抜群のバランス感覚には、ファッションブランドならではの感性が光る。

トートバッグ3『スカーゲン』ANJA COPENHAGEN TOTE SWH0142(5)

日本では腕時計のイメージが強い『スカーゲン』だが、デンマークをはじめとしたヨーロッパではバッグや小物も取り扱うライフスタイルブランドとしての地位を確立している。腕時計同様、長く愛用できるベーシックな顔立ちが特徴のバッグシリーズから今回紹介するのは大きめサイズのトートバッグ、アンヤ。しなやかなシボ革の雰囲気を引き立てるシンプルな『スカーゲン』らしい作りは、オンオフでの兼用やペアでの共有にも持ってこいだ。腕時計と揃えて、北欧ブランドの洗練されたセンスを着こなしに取り入れたい。

セールだからこそ長く使える財布を賢く選ぶ

財布1『ブルックスブラザーズ』ブライドルレザー フルジップ ロングウォレット

トラッド隆盛の今だからこそ注目したい、ブリティッシュブランドの雄『ブルックスブラザーズ』。ついついジャケットやシャツに目が行きがちだが、同ブランドが手がける小物もまた、英国紳士の装いに欠かせない重要なアイテムだ。シンプルな見た目に精緻なステッチが効いたこちらの長財布は、イギリスのタンナーによる高品質なブライドルレザーを使用し、日本の職人が形にしたもの。使い込むうちにブルーム(革に浸透したロウが表面に浮き出ることで現れる白い粉)が取れ始め、その下から美しい光沢をたたえたレザーの表面が現れてくる様子は一度ブライドルレザーの製品を手に取ったものにしかわからない愉悦だ。

財布2『バリー』LETTERING LALTYL.L

『バリー』は最高級の皮革と最高の職人の手による靴作りからスタートしたスイスブランド。パブロ・コッポラ氏のデザインディレクター就任による2014年以降のトータルブランド化以降も創設時の理念は生きており、財布ひとつを取ってみてもその作りの良さに驚かされる。使用しているレザーは、『プラダ』が開発したとされるサフィアーノレザー。上質で手なじみの良いカーフに細かな型押しを施したレザーは、傷や汚れが付きにくく耐久性にも優れている。小銭入れ、札入れのほかにカードが10枚収納できるスリットを設けながら胸ポケットにも収まりの良い薄マチに仕上げた『バリー』の財布は、ビジネスシーンの心強い味方となってくれそうだ。

財布3『テッドベーカー』GEKKO ギフト セット

ロンドンを拠点とするファッションブランド『テッドベーカー』。1988年にグラスゴー地区にて小さなシャツ専門店として誕生した同ブランドは、いまや世界300か所以上に店舗を構えるトータルブランドとして展開している。そんな今勢いのあるブランドのギフトとして登場したのがこちら。牛革を使用した端正な表情の二つ折り財布とカードケースのセットとなっており、さりげない箔押しのブランド名がセンスの良さをにおわせる。もちろんプレゼントとして購入するのもいいが、セールで1万円を切っている今、自分のためのご褒美として購入するのもオツだ。

財布4『ソラチナ』ラウンドファスナーロングウォレット

2006年にスタートした日本の革小物ブランドである『ソラチナ』の魅力は、riri社のジップに代表される高品質な素材選びと、それに相反するコストパフォーマンスの高さにある。また、オリジナリティのあるデザインやレザー使いもブランドの意図するところであり、このラウンドジップの長財布にも100年以上の歴史を持つ老舗が手がけるドラリーノレザーを採用している。イタリア生産ならではの発色の良さに加えて、色が抜けにくく傷が付きにくいという、デイリーユースの財布にはうれしい特徴を持つドラリーノレザー。そんな希少なレザーを使用していながらも定価は1万5,000円を割っているところに、ジャパンブランドの底力が垣間見える。

※商品解説の情報は、すべて2018年1月5日現在のものです。

    KEYWORD関連キーワード

    BACK