もはやコーデの一部。ミニショルダーバッグが便利すぎて手放せない!

もはやコーデの一部。ミニショルダーバッグが便利すぎて手放せない!

外出時にモノをあまり持たない人が増えている影響から、バッグが徐々にミニマム化。そんな今、アクセサリー感覚で使用できるミニショルダーバッグが注目されている。

菊地 亮

菊地 亮

SHARE
記事をお気に入り
2021.10.26

ファッション小物としても活躍必至。ミニショルダーバッグがちょうどいい

ファッション小物としても活躍必至。ミニショルダーバッグがちょうどいい

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

ここ日本、特に都心部ではキャッシュレス決済が推奨され、物を買う、情報を知る、音楽を聴く、本を読むなどあらゆる行為がスマホ1つでできるようになってきた。以前であれば、雑誌や文庫本、音楽プレーヤーなど外出時の必需品はそれぞれあっただろう。それが徐々に減り、今では“手ぶら派”を自認する人も増えている。そして、そういった状況と並行するようにバッグも徐々にスリムでコンパクトな傾向に。そんな中、程良い収納力とサッと荷物を取り出せる気軽さ、そしてスタイリングの良い味付けになるルックスが相まって、多くのファッション好きから注目されているアイテムがある。それが、ミニショルダーバッグだ。

人気のミニショルダーバッグ。改めてその魅力に迫る

休日の外出時などは、なるべく物を持ち歩きたくないという意見は多い。その流れからか、ミニショルダーバッグの人気は上昇気流に乗っている。ここでは、改めてミニショルダーバッグの魅力を深掘りしていきたい。

魅力1

必要なものだけが収まるコンパクトなサイズ感

必要なものだけが収まるコンパクトなサイズ感

かばん専門ショップ Water mode

かばん専門ショップ Water mode

お気に入り追加

確かに手ぶらで過ごす開放感といったらない。とはいえ、スマホ、自宅のカギ、各種カード類、ハンカチ、中にはフレグランスや整髪剤を常に持ち歩く人だっているだろう。となれば当然バッグは必要となるわけだが、できることなら持ち歩いても邪魔になりにくいものが良い。ミニショルダーバッグは、その点サイズが絶妙。コンパクトでありながら、適度にモノを詰められるちょうど良い容量は、持つ価値が大いにあるといえるだろう。

魅力2

着こなしのアクセントにもうってつけな程良い存在感

着こなしのアクセントにもうってつけな程良い存在感

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

程良く小ぶりゆえ、バッグでありながらもその存在はアクセサリー感覚で楽しめる。メンズカジュアルにおいて、小物は頭、胸元、腕や手元が主流である中、そこにもう1つの選択肢が加わるのはうれしい。しかも、面積自体は小さいため、これまでハードルの高さを感じていた派手色&派手柄を取り入れる良い機会にもなる。バッグ1つでグンとおしゃれの幅が広がるはずだ。

魅力3

バッグインバッグとして持ち歩いてもOK

バッグインバッグとして持ち歩いてもOK

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

メインを張るだけでなく、脇役としても活躍する守備範囲の広さも魅力の1つで、旅行や出張時のサブバッグとして大いに重宝する点も挙げられるだろう。移動時は各種ガジェットやコスメをまとめ、小分け収納のためのバッグインバッグとして、また現地へ足を運んだ際はちょっとした外出時のバッグとして使い分けるというのもアリなのだ。シーンや用途によってさまざまな顔を見せるところもまた、ライフスタイルが多様化している今だからこそ便利この上なし!

今、大人が手にしたい厳選ミニショルダー18点

デイリーに使いたい、アクティビティのお供として、パートナーとのデートに……など、使用するシチュエーションはきっと人それぞれ。そこで、各シーンをイメージしながら、それに見合ったアイテムをピックアップ。オン・オフを往来できる2WAYモノも含めた18アイテム、どうぞご覧あれ。

▼その1:ご近所から外遊びまで。毎日気軽に使いたい「カジュアルタイプ」のミニショルダーバッグ

日頃から気軽に使いたいのであれば、ファッション小物としてのポテンシャルを秘めつつ、使用頻度にも耐えうる丈夫さを備えたアイテムが好ましい。無地のベーシックなものももちろん良いが、落ち着きがちなスタイリングに刺激を加えたいならカラフル&柄モノを選ぶのも良いだろう。タフなものであればフェスやアクティビティなど使用シーンも広がるはずだ。

アイテム1

『マンハッタンポーテージ』カジュアルメッセンジャー

『マンハッタンポーテージ』カジュアルメッセンジャー

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

『マンハッタンポーテージ』の代表作、メッセンジャーバッグの最小サイズ。小ぶりとはいえ、使用している素材は頑丈なコーデュラナイロンゆえにあらゆるシーンにおいて頼もしさを感じること請け合い。ワンハンドで開閉できるフラップや内部に配置されたポケットなど、使い勝手に考慮した細部への作り込みもお見事だ。

サイズ感もおすすめも。マンハッタンポーテージのメッセンジャーを徹底解説

バッグ・ファッション小物

サイズ感もおすすめも。マンハッタンポーテージのメッセンジャーを徹底解説

メッセンジャーバッグの大定番ブランド、『マンハッタンポーテージ』。代表的なアイテムの魅力はもちろん、気になるサイズ感も合わせておすすめをピックアップしました。

TASCLAP編集部

2021.04.12

アイテム2

『グレゴリー』ティニー メッセンジャー

『グレゴリー』ティニー メッセンジャー

シュガーオンラインショップ

シュガーオンラインショップ

お気に入り追加

高い機能面によって、時にはストリートで、時にはアウトドアでとあらゆるシーンで活躍してくれる『グレゴリー』のバッグ。こちらは、デイパックを筆頭に過去の名作を改めて振り返ったクラシックシリーズからの一品。屈強なナイロン生地に加え、内部にはパッドが入っているためモバイル機器もしっかり守ってくれる。

人気作が続々。グレゴリーのショルダーバッグなら大人の“欲しい”が見つかる

バッグ・ファッション小物

人気作が続々。グレゴリーのショルダーバッグなら大人の“欲しい”が見つかる

機能性に優れた高品質なバッグを展開している『グレゴリー』。そのなかでも休日使いに便利なショルダーバッグにスポットを当て、人気の理由からおすすめモデルまでご紹介!

近間 恭子

2021.10.09

廃れることのない大定番。グレゴリーのリュックを、手放せなくなる理由とは

バッグ・ファッション小物

廃れることのない大定番。グレゴリーのリュックを、手放せなくなる理由とは

1970年代にバックパック界に革命を起こし、数々のマスターピースが世代を超えて愛されている『グレゴリー』。その傑作リュックは、背負った誰しもが虜になること必至です。

遠藤 匠

2021.03.09

アイテム3

『アノニム クラフツマン デザイン』NAOMIショルダーバッグ

『アノニム クラフツマン デザイン』NAOMIショルダーバッグ

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

イタリアンレザーの“ブッテーロ”を使用したトライアングルロゴは、もはや信頼の証し。世界に認められるクオリティは手に取ればよくわかるはずだ。タブレット、コンパクトカメラ、タオルなどを一挙に引き受けてくれる容量に、内部のポケットは細かいアイテムの収納に効果大。80~90年代の登山用リュックに採用されていたコンビ素材を使用しているところもミソ。

アイテム4

『マイケルリンネル』ミニメッセンジャーバッグ

『マイケルリンネル』ミニメッセンジャーバッグ

UPPER GATE

UPPER GATE

お気に入り追加

始まりはクリーニング店という珍しい出自ながら、英国の旧郵政社のメッセンジャーバッグも作っていたロイヤルメール御用達ブランド。骨太な気概は今も受け継がれており、耐摩耗性に優れ汚れにも強いコーデュラナイロン謹製。斜めに入ったアウトポケットはスマホやカギなど、小さいけれど頻繁に出し入れする小物類を入れておくのにちょうど良い。

アイテム5

『ビアンキ』ディバーゼ

『ビアンキ』ディバーゼ

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

シティバイクからプロ仕様のロードバイクに至るまで、『ビアンキ』はあらゆるカテゴリの自転車を作り続けるイタリアきっての世界的な自転車メーカー。同社が作ったバッグとなれば、その頼り甲斐は推して知るべし。オリジナルファブリックのDUALTEXを採用していて耐久性・撥水性ともに申し分なく、撥水性もあるため急な雨でも安心だ。

アイテム6

『マークゴンザレス』ミニメッセンジャーバッグ

『マークゴンザレス』ミニメッセンジャーバッグ

かばん専門ショップ Water mode

かばん専門ショップ Water mode

お気に入り追加

『マークゴンザレス』といえば、“ゴンズ”の愛称で親しまれる伝説的なカリスマプロスケーターであり、現在のアートシーンに多大な影響を与えたアーティストであり、そして自身の名前を冠したブランドである。彼の類い稀な感性を描いたグラフィックをフラップに落とし込んだこちらは、コンパクトながらしっかり主張できるデザインがインパクト大。また、各所へ細かく配置した小分けポケットにより使い勝手も抜群だ。

アイテム7

『グリップス』メッセンジャー

『グリップス』メッセンジャー

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

1998年に日本で創業し、2017年より新たなコンセプトのもと生まれ変わった『グリップス』。ただ、質実かつ真摯なモノ作りへの姿勢は今なお健在で、その姿勢は縫製1つからも見て取れる。こちらのアイテムでは素材にエントラントという超撥水の生地を採用。水に濡れても水滴の粒となって表面を転がり落ちていく。しかも汚れにも強いという頼もしさ。

アイテム8

『メイ』スクエアショルダーバッグ

『メイ』スクエアショルダーバッグ

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

自然と戯れることを日常とするアメリカ西海岸、ハンティントンビーチ出身だけにあらゆるアクティブシーンにおいて存在感を発揮する『メイ』。ミニショルダーもご多分に洩れずで、必要最低限の荷物が入る絶妙なサイジングかつ高い耐久性を誇る。キャッチーなレオパード柄もいつものコーデに取り入れれば良いスパイスになるだろう。

アイテム9

『バンドワゴン』×『グレイトフルデッド』メッセンジャーバッグ

『バンドワゴン』×『グレイトフルデッド』メッセンジャーバッグ

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

ベーシックなデザインの中に盛り込んだ遊び心に定評のある『バンドワゴン』。こちらのアイテムはフラップを見れば一目瞭然。あしらわれているのは、あのレジェンドロックバンド、グレイトフルデッドのシンボリックロゴだ。バンド誕生50周年を記念して作られ、しかも保冷シート製という変わりダネ。当然、飲み物や食べ物はしっかり保冷できる。

▼その2:デートやパーティなどでも活躍。落ち着いた雰囲気の「レザータイプ」のミニショルダーバッグ

パートナーとの甘いひと時、きらびやかなオフィシャルの場。日常とは少し異なる特別な時間や場所では、やはりそれなりの着こなしやアイテムセレクトが求められる。カジュアルアイテムとしての色が濃いミニショルダーバッグの場合、上質感をほんのり漂わせるレザーメイドが適役といえるだろう。

アイテム10

『ダンヒル』ショルダーバッグ ベルグレイヴ

『ダンヒル』ショルダーバッグ ベルグレイヴ

サンワワールド楽天市場店

サンワワールド楽天市場店

お気に入り追加

英国を代表するラグジュアリーブランド『ダンヒル』。クラシックとモダンを巧みに表現したアイテムが多くの愛用者を生んでいる。こちらはヴィンテージスタイルからインスピレーションを得たビジネスアクセサリーを、現代的解釈によって製作したもの。使用したスモールグレインカーフレザーは柔軟性に富み、使っていくほどに馴染んでいく。

アイテム11

『コーチ』ゴッサム メッセンジャー27

『コーチ』ゴッサム メッセンジャー27

フェルマート

フェルマート

お気に入り追加

あらゆる想像を掻き立てるモデル名だが、1つ言えるのは、流れるような美しいラインとレザーが放つキリッと際立った空気感がスタイルに違いと洗練をもたらすということ。小ぶりなタブレット程度であれば収納可能な大きさで、各種ポケットも備えた利便性は我々の日常に寄り添ってくれる。

コーチのバッグ&リュックが、気取りすぎず大人にちょうどいい

バッグ・ファッション小物

コーチのバッグ&リュックが、気取りすぎず大人にちょうどいい

“手の届く高級品”という、絶妙なブランドイメージを武器に躍進を続けている『コーチ』。上質ながらも高すぎない同ブランドのバッグは、30代の大人にぴったりです。

山崎 サトシ

2021.04.16

アイテム12

『ブルー・ド・シャフ』ナント

『ブルー・ド・シャフ』ナント

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

19~20世紀前半にかけ蒸気機関車のボイラーマンたちが愛用していたワークウェアの名をブランド名にした『ブルー・ド・シャフ』。それぞれのアイテムは当時のワークウェアからインスパイアされている。こちらはフォルムがクラシカルながら、ほんのりツヤが乗った型押しレザー製。にわかに漂う高級感によりコーデのクラス感も高まるに違いない。

アイテム13

『ファイブウッズ』プラトウ レザー メッセンジャーバッグ

『ファイブウッズ』プラトウ レザー メッセンジャーバッグ

東京ヒマワリ

東京ヒマワリ

お気に入り追加

創業130年を超える、日本でも有数の老舗バッグブランド。その豊富な経験や熟練の技、細部にいたるこだわりは素材からもヒシヒシと伝わってくる。姫路産の混合なめし牛革は、繊細な革の表情と使っていくほどに現れるエイジングが出色。しかも、高い撥水性を備えているため雨に濡れてもシミになりにくいときている。こんなバッグがやはり大人にはふさわしい。

アイテム14

『イッチ』サコッシュS ディプロスカイ

『イッチ』サコッシュS ディプロスカイ

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

2017年スタートの新進気鋭のブランドだが、モノ作りへのこだわりがまあすごい。使用している素材は、デンマークのエコー社製のシュリンクレザー“DIPLO SKY”。牛を育てることから始め、自然の傷や肌質をそのままにサステナブルに特化した独自のタンニング製法で作られた、特別感溢れるレザーだ。それでいてシンプルなデザインで、気取らずに使えるのがうれしい限り。

▼その3:どんなシチュエーションにも対応。オールマイティに活躍する「大人顔」のミニショルダーバッグ

気軽に普段使いができて、かっちりとした場でも体裁を保てる。そんな双方を行き来できるアイテムがあればこれほど便利なことはない。上品さとラフさ、シチュエーションによってそんな相反する二面性を見せるオールマイティなミニショルダーバッグなら、是が非でも手に入れておきたい。

アイテム15

『ロエベ』メッセンジャーバッグ

『ロエベ』メッセンジャーバッグ

I LOVE BRAND

I LOVE BRAND

お気に入り追加

ご存じ『ロエベ』のブランドロゴを総柄であしらったキャッチーな逸品。ただ、すべてブラックベースで構築されているため、カジュアルになりすぎず、その塩梅は流石といったところ。小ぶりなサイジングながら、使っていくほどに実感するのは意外な懐の深さ。文庫本や財布など少量の荷物くらいであれば、このアイテムくらいがちょうど良い。

アイテム16

『ロリンザ』ショルダー ZX-10

『ロリンザ』ショルダー ZX-10

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

『ロリンザ』のアイテムを一度味わえばリピートは確実といわれる。そのワケは、最高クラスの素材と技術を駆使し、機能美への徹底的な追求により生み出されたアイテムの使いやすさとエレガントさに誰もが魅了されてしまうからだ。こちらも同様で、堅実な縫製はハードな使用にも耐えきり、大人っぽい雰囲気はあらゆるシーンに重宝する。

アイテム17

『トミーヒルフィガー』ロゴスモールショルダーバッグ

『トミーヒルフィガー』ロゴスモールショルダーバッグ

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

世界中でファンを獲得している『トミーヒルフィガー』。こちらのミニショルダーも、さらにファンを生むであろう逸品といえる。飽きのこないシンプルなデザインに、フロントに鎮座するブランドロゴとストラップに使用したお馴染みのストライプがさりげなく個性を発揮。カジュアルシーンから少し格式の高いシーンまで、きっと活躍してくれるはずだ。

アイテム18

『アクネストゥディオス』ポストリップストップミニメッセンジャーバッグ

『アクネストゥディオス』ポストリップストップミニメッセンジャーバッグ

フェルマート

フェルマート

お気に入り追加

スウェーデン発のファッションブランドは、デニムを皮切りに周囲を驚かせ惹きつけるコレクションを展開している。そのクリエイション力がミニショルダーにも凝縮。引き裂き強度に優れるリップストップナイロンが使われ、広めのマチが十分な許容量を実現。Dリングやアイコンでもあるオレンジタブがさりげないアクセントに。

コーデのアクセントに重宝。ミニショルダーバッグのおしゃれな着こなしサンプル

ミニショルダーバッグの魅力や手にすべきアイテムは概ね理解できただろう。あとは、街で取り入れているファッショニスタたちの着こなしに目を向けておきたい。そうすれば、自分にとってどんなアイテムがマッチするのかがわかってくるに違いない。

スタイル1

小物1つで落ち着いたキレカジに個性が灯る

小物1つで落ち着いたキレカジに個性が灯る

WEAR

WEAR

お気に入り追加

くすんだ色のオープンカラーシャツの上からラフに羽織ったモードなブルゾン、そして折り目正しいスラックス。バランスの良いきれいめカジュアルの理想形だが、そこへ加えたちょっとした違和感が周囲との違いを生み出してくれる。例えば、ミニショルダーの前掛け。さりげなく加えたラフさによりグッとこなれ感が増す。

スタイル2

セットアップの力みをいなすメッセンジャーバッグ

セットアップの力みをいなすメッセンジャーバッグ

WEAR

WEAR

お気に入り追加

クラシカルなセットアップに流れる大人っぽさは誰もがウェルカム。とはいえ、やや堅い印象に陥りがちなため、どこかに抜けを作ってあげる必要がある。その1つの手段が小物類の追加。ミニショルダーのようなカジュアルバッグはその筆頭だ。スポーティすぎるものだと浮いてしまうところだが、レザーであればすんなり収まる。

スタイル3

きちんと感とラフさのバランスを取るための一手

きちんと感とラフさのバランスを取るための一手

WEAR

WEAR

お気に入り追加

キリッとさせたいけれど、堅苦しいのはまっぴらごめん。そんなワガママを叶えたいとなれば、シャツやスラックスで真面目さを演じながらも、ワイドシルエットなどのひとクセあるアイテムを選ぶことでバランスを取るのがおすすめだ。さらなる細かい微調整には小物の出番。この場合、ミニショルダーは黒を選ぶことで大人度はキープできるのでお試しを。

サコッシュ人気継続中。厳選20ブランドをレコメンド!

バッグ・ファッション小物

サコッシュ人気継続中。厳選20ブランドをレコメンド!

一過性のものではないサコッシュ人気。どんな風に使用すれば良いのかも合わせて、好みのテイスト毎におすすめブランドをレコメンドしていきます。

編集ナス

2021.07.12

ショルダーバッグの人気ブランド20選。欲しいのはナイロンorレザー?

バッグ・ファッション小物

ショルダーバッグの人気ブランド20選。欲しいのはナイロンorレザー?

さっと肩に掛け、両手をフリーにして持てるショルダーバッグはアクティブに動きたい休日に必須。ただし、カジュアル過ぎないスマートなモデルを選ぶのが大人の流儀です。

山崎 サトシ

2021.03.24

ウエストポーチでもっと気軽に出掛けよう。おしゃれで便利な18のおすすめ

バッグ・ファッション小物

ウエストポーチでもっと気軽に出掛けよう。おしゃれで便利な18のおすすめ

“省・荷物化”が進む現代のデイリーユースにぴったりなバッグがウエストポーチ。コンパクトゆえ、コーデのアクセントにも適任です。着こなし例からおすすめ品までご紹介!

平 格彦

2021.09.14

ファニーパックとは? 小さめバッグのおすすめをピックアップ

バッグ・ファッション小物

ファニーパックとは? 小さめバッグのおすすめをピックアップ

アクティブな大人が注目する小さめのショルダーバッグ。その中で各ブランドから登場しているのがファニーパックです。それっていったいどんなモノなのでしょう?

TASCLAP編集部

2021.03.17

チョークバッグって何もの?ミニバッグ派におすすめしたい厳選8アイテム

バッグ・ファッション小物

チョークバッグって何もの?ミニバッグ派におすすめしたい厳選8アイテム

クライミングやボルダリングで使われるチョークバッグですが、最近ではミニバッグとして普段使いする人が増えています。サコッシュに代わる旬アイテムとしてチェック必須!

ai sato

2019.08.30

バッグの人気ブランド15選。3つのニーズ別にメンズバッグの王道をお届け

バッグ・ファッション小物

バッグの人気ブランド15選。3つのニーズ別にメンズバッグの王道をお届け

バッグは日々の相棒たる存在ですから、信頼の置ける王道ブランドを押さえたいもの。そこで、選んでおいて間違いナシなブランドを、カテゴリ別にナビゲートします。

山崎 サトシ

2020.07.07

メンズもミニバッグが気分。おすすめの5タイプ25アイテムをピックアップ

バッグ・ファッション小物

メンズもミニバッグが気分。おすすめの5タイプ25アイテムをピックアップ

女性の間で一大トレンドとなっているミニバッグですが、その人気はメンズシーンにも飛び火。“ならでは”の魅力を解説しつつ、大人におすすめの5タイプをご紹介します。

山崎 サトシ

2021.03.16

しゃれてて使えるネックポーチ15選。外出時はもはやこれで十分だ!

バッグ・ファッション小物

しゃれてて使えるネックポーチ15選。外出時はもはやこれで十分だ!

世はキャッシュレス時代。持ち物のミニマル化を受け、ネックポーチが脚光を浴びています。お出かけ時の小物収納に便利でアクセとしても優秀ゆえ、人気赤丸急上昇中です!

遠藤 匠

2021.08.26

注目編集者
菊地 亮

無類のスポーツ好き。得意ジャンルは革靴

菊地 亮
地方の出版社にて編集を経験した後、独立。フリーのエディター・ライターとしてメンズファッションを中心に、スポーツ、グルメ、音楽など幅広い分野で活動。現在は、生まれ故郷である岩手県、そして東北の魅力を発信すべく東奔西走中。
この編集者の記事を見る

KEYWORD関連キーワード

PICK UP

編集部の注目

その進化、変わらぬ心地良さに安心する。 モデル・ショーゴも惚れ込む西川ダウン

『ナノ・ユニバース』のロングセラーシリーズ『西川ダウン(R)』を、これまで数多く着用してきたモデルのショーゴさん。彼が語るその良さと、今季作の見どころとは?

SPONSORED by ナノ・ユニバース

続きを読む

この冬はブーツ&革靴が人気復活。アンダー5,000円でGUと叶える旬な“足元改革”

トレンド継続のリラックスコーデ。ただし、足元はブーツ&革靴で上品に仕上げるのが今季の新常識です。賢く足元を格上げするなら『GU』のハイコスパな新作に頼るのが正解!

SPONSORED by GU

続きを読む

重要ポイントは3つ。タトラスと探る、今季的なダウン選びの「傾向と対策」

人気の高まりによって選択肢が豊富になったダウンジャケット。その一方、何をどう選べば良いのかわかりにくいのも事実です。今季“買い”の基準を『タトラス』と探ります!

SPONSORED by タトラスインターナショナル

続きを読む

大人の腕元に誠実さと感性を。稀代のヒット作が纏う、冬にこそ似合うロイヤルブルー

2020年に発売された「1965 メカニカルダイバーズ 現代デザイン」に今冬待望のニューモデルが登場。気品に満ちたロイヤルブルーは、大人の男にいかなる恩恵をもたらすのか?

SPONSORED by セイコーウオッチ株式会社

続きを読む

自由自在にカスタマイズ。“MY G-SHOCK”で自分好みのオンリーワンを手に入れる

多くの画期的モデルで周囲を驚かせてきた『Gショック』。今度はなんと自分だけの「MY G-SHOCK」が作れるという。早速、業界の最前線で活躍するデザイナーが試してみた。

SPONSORED by カシオ計算機株式会社

続きを読む

ファッションに合わせて時計も“着替える”。スカーゲンのホリデーセットを自分へのご褒美に

今年一年、頑張った自分へのご褒美に。はたまた大切な人へのギフトに。ホリデーシーズンが近づいた今、ぜひ注目してほしい『スカーゲン』のホリデーセットをご紹介します。

SPONSORED by スカーゲン

続きを読む

うん、“色”っぽい。カラー使いに惚れる、ポール・スミスの彩りウォッチ

重厚な印象になりがちな冬の装いを洒脱に仕上げたいなら、腕時計で彩りを添えるのが効果的。腕元に洗練をもたらす逸品が『ポール・スミス ウォッチ』には揃っています!

SPONSORED by ポール・スミス

続きを読む

業界人も通う恵比寿の名店にフィーチャー。人気スタイリストと考える、今選ぶべきアクセサリー

大人のアクセサリーに求められること。それは旬度とスタイリングへの汎用性、そして確かなブランド力です。例えば、『シンパシーオブソウル』はまさに適任でしょう。

SPONSORED by S.O.S fp

続きを読む

レザーに通じたプロ同士が対談。ガンゾに聞く革のお手入れトラブルシューティング

使うほどに味が出るのがレザーの魅力。しかし、そのためには適切な手入れが必要です。革のプロに、正しい革のメンテナンスについて基本から応用まで教えてもらいました。

SPONSORED by ガンゾ

続きを読む

もっと見る

RELATED ARTICLES

あなたにおすすめの記事

ACCESS RANKING

アクセスランキング

ITEM RANKING

アイテムランキング

新機能

この記事を読んでいる方に
おすすめの記事をご紹介

RECOMMEND
ITEM LIST
TOP