この人気、ハンパじゃない。今買いのクロップドパンツ5選

この人気、ハンパじゃない。今買いのクロップドパンツ5選

洗練された足元を作るクロップドパンツ。春夏のイメージがあるアイテムですが、この冬大人たちがこぞって着こなしに取り入れています。その魅力とおすすめの逸品をご紹介。

TASCLAP編集部

2018.01.10

ボトムス
クロップドパンツ

どんな冬アウターともマッチする、魔法の美脚パンツ

ダウンジャケットやステンカラーコートなど冬アウター人気が特に高まっていた冬、その裏で実はこっそりと皆の着こなしを支えていた縁の下の力持ちがいます。それが、いつものフルレングスからあと5〜10cm短い半端丈、クロップドパンツ。そのシルエットはタイトだったりワイドだったりとさまざまですが、シューズの上がほんの少しすっきりと見えるだけで、普段よりスタイリッシュに仕上がる魔法のようなパンツなのです。

その軽快さから、例年春夏に注目されるアイテムでしたが、この冬はボリューミーなアウターが増えた影響もあってニーズは拡大。アウターを選ばない汎用性の高さも手伝って、街角スナップやWEARなどでも多くのファッショニスタ達が着用していました。以下、その着こなしの幅の広さを示すコーデサンプルと、今購入するべき逸品を順にご紹介。春夏まで長く使えるアイテムだからこそ、これからの時期の買い足し候補として検討してみましょう。

■参考: クロップドパンツをおしゃれにコーデに落とし込むテクニック

コーデサンプル1ベーシックなステンカラーコートとは相思相愛

ステンカラーコートのシュッとしたフォルムと、足元にクッションのないクロップドパンツのマッチングは王道中の王道。ジーンズによるカジュアルダウンも、野暮ったく見えません。ボリューム控えめの短靴と合わせることで、ひざから足先まで流れるようなシルエットを作っている点にも注目。ローファーやストレートチップ、スリッポンとの相性は抜群です。

■参考: ステンカラーコートを秋冬春とおしゃれに着こなすためにすべきこと

コーデサンプル2ラフなミリタリーコートがワンランク上の仕上がりに

男らしいヴィンテージのミリタリーアウターを主役にしたコーディネートも、9分丈クロップドパンツを合わせれば都会的で品のある印象に。『ディッキーズ』らしいパリッとしたセンタークリースも、クリーンな空気作りに一役買っています。

コーデサンプル3ボリューミーなダウンジャケットが軽快な印象に

テーパードの強く効いたクロップドパンツを選べば、今季大流行中のダウンジャケットを使った着こなしにもメリハリが生まれます。全身をモノトーンでもまとめてシックな雰囲気を出しつつ、足元にホワイトを挿してスポーティーに仕上げているところもポイント。ラフすぎず、キメすぎない、色のバランス感が見事です。

サンプル4カジュアルなセットアップスタイルには必需品

流行どころか安定した人気が継続しているセットアップスタイル。せっかくウェアや小物を完璧にそろえても、足元がもたついていてはスタイリッシュとは言えません。特にジャケットを使用したセットアップは、胸元のVゾーンと足元の抜け感が重要。子供っぽく見えないように9分丈のパンツを選び、短靴でシメましょう。

■参考: セットアップのメンズコーデをおしゃれに見せるヒント

ちなみにワイドな半端丈も今年は旬です

裾にクッションができると、とたんにワーク感が強くなるワイドパンツも半端丈がベター。トレンド色の強いアイテムのため上級者向けに思えますが、同じくオーバーサイズのアウターを羽織ってシューズのボリュームを抑えれば、誰でも今年らしいシルエットを構築できます。細身パンツ人気の流れで眠っている『ディッキーズ』や『レッドキャップ』などの定番ワークパンツを自宅でカットオフするだけでも作れるので、ぜひ挑戦してみましょう。

旬を呼び込む人気ブランドのクロップドパンツ5選

半端丈なら何でもいいのか、と言うと決してそうではありません。少し前にスポーティーな7分丈が流行っていたように、クロップドパンツの中でもトレンドがあります。今季選びたいのは、子供っぽく見えない8分〜9分丈。特に人気のあるブランドから、素材やシルエットがさまざまな5本をバリエーション豊かに取り上げます。

1本目『ビームス プラス』2プリーツ チノパンツ

王道のアメリカンカジュアルテイストを得意とする『ビームス プラス』の2タックワイドチノ。打ち込みのしっかりしたハリのある生地を使用しているため、立体的でボリュームのあるシルエットを作ることができます。合わせるトップスは、この存在感に負けないジャストからオーバーサイズ気味のものがいいでしょう。ポリウレタン混紡で、ストレスのないはき心地も魅力です。

2本目『グラミチ』×『グリーンレーベル リラクシング』パンツ / アンクルパンツ

マットな光沢を放つストレッチツイル素材を使用した『グリーンレーベル リラクシング』別注の『グラミチ』も、トレンド色の強いテーパードシルエットを採用。今回の別注のために型から起こされており、カジュアルなアイテムながらジャケットにも合わせられる美脚シルエットに仕上がっています。通常赤で刺しゅうされているベルトの剣先のロゴも、今別注では目立たない白糸で描かれているなど、かゆいところに手が届く1本です。

3本目『リディアル』ギャバストレッチ

『ディオール・オム』でジーンズを手がけていたデザイナー井出裕之氏が作り出すボトムスはどれも、カッティングの美しさと快適なはき心地を両立させた名作ばかり。センタークリースとダブル仕立ての裾がさりげないドレス感をにおわせるこちらのパンツも、ストレッチを強く効かせたテーパードシルエットが特徴的です。あえてスニーカーやダウンジャケットなどと合わせて、品の良いストリートスタイルを組むのも面白そうです。

4本目『レミレリーフ』チノストレッチカラーパンツ

長年着古したようなリアルなヴィンテージ感は、『レミ レリーフ』の得意とするところ。こちらのカラーパンツも、ジップフライ部分やサイドシーム表れた自然なパッカリングやフェードした色味にブランドの技術力がうかがえます。デニムジャケットやダウンなど相性の良いアメカジアイテムとMIXするのが鉄板ですが、この冬はあえてハイネックのニットやステンカラーコートなどと合わせてこなれ感を演出してみましょう。

5本目『スティーブン・アラン』8WALE CORD WIDE SLOW TAPERED-J

今季注目が集まっている素材、太畝コーデュロイを使用した1本。アメリカントラッドにデザインの根幹を置く『スティーブン・アラン』らしく、裾に向けての絞りがゆるやかなテーパードシルエットが大人のコーディネートにハマります。センタープレスの入ったシャープな裾周りは、ドレッシーな革靴とも相性抜群。ブレザーなどを羽織って、古き良きアメトラスタイルをたしなむのには持って来いのパンツです。

    KEYWORD関連キーワード
    RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事

    BACK