定番だけどちょっと違う。年始にチェックしておきたい、おニューなあの靴

定番だけどちょっと違う。年始にチェックしておきたい、おニューなあの靴

数あるスニーカーのなかでも支持率が高い、『アディダス』のあの靴。いわずもがなの名作ですが、2018年の春に登場するニューフェイスに注目しました。

編集フカザワ

2018.01.13

スニーカー

ちょっとの違いが大きな差。年始はおニューな名作で気分を一新!

どうも、編集フカザワです。新しい年の始まりって、年間を通じてもっとも物欲が高まっちゃうんですよね。まあ、新春セールの影響もあってか、アレコレと目移りしちゃうのは私だけではないでしょう。新しいバッグや、新しい革小物を新調したり、購入したての濃紺ジーンズを育てはじめる方もいらっしゃるはず。

とにかく目新しいモノがほしくなる今の時期ですが、やはり定番モノも捨てがたいところ。スウェットシャツやらジーンズやら、さまざまなアイテムが気になるところですが、私的にはやはりスニーカーを新調したい。候補がありすぎて悩みますが、鉄板アイテムとして愛されているスタンスミスはその筆頭候補ではないでしょうか。

■さらに詳しく読む: 世界一売れたスニーカー。アディダスのスタンスミスが持つ魅力

なぜ推すかといえば、もはや説明不要の合わせやすさが大きな理由。例えばダウン人気が過熱中の今シーズンだって、白のスタンスミスさえあれば着こなしにクリーンなテイストを盛り込むことが可能です。カジュアルながらも都会的なスタイリングに重宝するから、何足だって持っていたいんです。

スタンスミスのスマートなシルエットを生かし、ジャケパンに合わせるのも王道ですよね。春夏も引き続き注目される柄モノのウェアにも馴染みますし、本当に便利。

■参考: アディダス スタンスミスがメンズコーデにハマる理由

こうしたスタンスミスならではの長所には通年甘んじたいところですが、ちょっとした変化も欲しいところ。そこで、当記事で私がプッシュするのは、予約がスタートしたばかりの“スタンスミスだけど初めてお披露目された”2モデル。さっそく、その詳細をチェックしましょう。

モデル1スタンスミス RECON

多くの大人が愛用しているそれとは異なるレザーを採用したスタンスミス RECON。微光沢を帯びた表情は、より洗練された印象を醸し出しています。ドレスライクな雰囲気が何とも大人らしいですね。

ディテールをチェックしてみましょう。採用しているレザーも異なりますが、同モデルには羽根にステッチがないため、よりミニマルなデザインに仕上がってるんです。ちょっとした違いですが、ココは大きいですよね。とはいえ「どこの話?」という方も多いでしょうから、いつものスタンスミスと比べてみましょう。

ちょっとの違いが大きな差。年始はおニューな名作で気分を一新! 5枚目の画像

はい。たまたま編集カツラガワが履いていたスタンスミスを激写してみました。

どうでしょうか?

矢印の部分にステッチが施されているのが通常モデル。RECONと見比べると、その違いが分かるはず。知る人ぞ知る違いって、イイですよね。

色みはホワイトとネイビーがラインアップ。ホワイトも魅力たっぷりですが、私的にはネイビーが気になります。素材感との相性と言いますか、ほかにはないカラーリングがグッときました。

モデル2スタンスミス 18SS

続いて紹介するのは一見すると「いつも通りじゃないの?」というツッコミ待ったなしの2018年春夏モデルです。たしかに、違いはありませんね……。羽根のステッチも施されていますし……。

しかし、ヒールタブを見れば違いは明らか。マットなワントーンカラーが渋い! これはハンパ丈のパンツでもはいて街をドヤ顔で歩きたくなりますな。

■参考: クロップドパンツをおしゃれにコーデに落とし込むテクニック

ヒールタブのカラーバリエーションは写真のネイビーとケリーというド定番の2色。買い増しを検討されている方も、いつもとはちょっと違うニューフェイスを選んでみてはいかがでしょう?

    KEYWORD関連キーワード
    RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事

    BACK