47ブランドのキャップが大人コーデと好相性

47ブランドのキャップが大人コーデと好相性

おしゃれな大人から注目されている『47ブランド(47Brand)』のキャップ。同ブランドの特徴や、多くの洒落者を魅了しているキャップの魅力について紹介していく。

大中 志摩

2019.04.25

フォーティーセブン('47)
帽子
キャップ

MLB(メジャーリーグ)公認『47ブランド(47Brand)』とは

MLB(メジャーリーグ)公認『47ブランド(47Brand)』とは

1947年にアメリカ・ボストンにて双子の兄弟であるアーサー氏とヘンリー・ディアンジェロ氏が前身となるブランドを設立。現在ではメジャーリーグをはじめとするアメリカ4大プロスポーツとパートナー契約を結び絶大な人気を集める『47ブランド(47Brand)』だが、設立当初はボストン・レッドソックスの本拠地であるフェンウェイパーク周辺でのワゴン販売からスタートした。

『47ブランド』の定番は「キャプテン」と「クリーンナップ」の2種

『47ブランド』から展開されているキャップの定番といえば、「キャプテン」と「クリーンナップ」の2モデル。以下ではそれぞれのシルエットやディテールの違いについて解説していこう。細かな部分へのこだわりも、人気を集めているポイントだ。

定番1存在感のあるフラットバイザーが印象的な「キャプテン」

存在感のあるフラットバイザーが印象的な「キャプテン」

ZOZOTOWNZOZOTOWN

お気に入り追加

「キャプテン」はネイビーやグレー、グリーンのコンビネーションカラーを用いたモデル。クラウンはやや浅めのクラシカルな仕上がりになっている。フロントにはニューヨーク・ヤンキースをはじめとする各球団のロゴが立体刺しゅうであしらわれ、スポーティなアクセントに。

存在感のあるフラットバイザーが印象的な「キャプテン」 2枚目の画像

ZOZOTOWNZOZOTOWN

お気に入り追加

キャプテンの特徴は何といっても四角形のフラットバイザー。存在感を出しつつも直線的なデザインが入ることで、顔周りにスマートな印象を描き出している。後ろはスナップバックタイプになっているので、頭の大きさに合わせてサイズ調整が手軽に行える。

定番2オーセンティックなカーブバイザーの「クリーンナップ」

オーセンティックなカーブバイザーの「クリーンナップ」

ZOZOTOWNZOZOTOWN

お気に入り追加

定番人気を誇る「クリーンナップ」。一般的には、かぶりの浅いローキャップと呼ばれる形になる。とくに人気が高いのは、写真の“ミニロゴ”デザイン。ロゴの刺しゅうが小さくなるだけで、なんとも都会的な表情に生まれ変わる。ウォッシュがかったような素材感も、大人のこなれ感出しにはもってこいだ。

オーセンティックなカーブバイザーの「クリーンナップ」 2枚目の画像

バックシルエットを見ても、フィット感の良さはわかることだろう。ホールド力が強いメタルのアジャスターベルトがうしろに配されており、背面にさりげない高級感をもたらしてくれる。

『47ブランド』は、おしゃれな大人も御用達

シンプルなものからウィットに富んだものまで、幅広いデザインを展開している『47ブランド』。細かなディテールにこだわった上質な仕上がりのため、スポーツ観戦時だけでなくファッションアイテムとしても重宝されている。豊富なカラーリングを用意しており、ベースボールキャップながらもスポーティすぎない遊びの効いたデザインが特徴だ。自分好みのデザインを見つけやすいこともあり、日本でもおしゃれな大人から支持されている。

着こなし1アメカジコーデにおいては抜群の相性を発揮

アメカジコーデにおいては抜群の相性を発揮

WEARWEAR

お気に入り追加

M-65にジーンズを合わせた王道のアメカジスタイルにはまさに好適。男らしいスタイルに定番のローキャップをかぶることで、季節感と軽快なこなれ感を加味している。スニーカーとキャップの色み、さらにエコトートのロゴまでリンクさせることで、抜かりのない統一感を生み出している。

着こなし2小ぶりなシルエットは他の小物とのマッチングも邪魔しない

小ぶりなシルエットは他の小物とのマッチングも邪魔しない

WEARWEAR

お気に入り追加

マリン感漂う真夏のボーダーTコーデでも、着こなしの締めとして定番の「クリーンナップ」が活躍。かぶりの浅いローキャップタイプなので、主張の強いミラーレンズのサングラスと合わせても重く見えすぎることはない。キャップまで含めネイビー主体のカラーコーデの中で、ボーダーの赤がポイントとして実に効果的だ。

着こなし3クリーンな着こなしで、さりげなくカジュアルさを後押し

クリーンな着こなしで、さりげなくカジュアルさを後押し

WEARWEAR

お気に入り追加

ライトなコートにサイドゴアブーツを合わせたきれいめなスタイリングでは、ストリート感の味付けで『47ブランド』を投下。シンプルな着こなしだからこそ、「クリーンナップ」のさりげない主張が程良くマッチする。もちろんコートに限らず、テーラードジャケットなどフォーマル感漂うなアウターのドレスダウンにも好適だ。

大人らしいキャップのおしゃれなかぶり方と選び方

大人らしいキャップのおしゃれなかぶり方と選び方

キャップはシーズンを問わずおしゃれに活用できる優れモノ。そこで、大人ならではのかぶり方や選び方、そしてコーデへの取り入れ方を徹底的に紹介します。

TASCLAP編集部

ベースボールキャップは大人に似合う! おしゃれなかぶり方とおすすめ10選

ベースボールキャップは大人に似合う! おしゃれなかぶり方とおすすめ10選

人気再燃中のベースボールキャップ。とはいえ、“やんちゃ”な雰囲気から避けてきたという方もいるでしょう。そんな方のための選び方&コーデ術をご紹介します。

小林 大甫

まず押さえておきたい。『47ブランド』のおすすめキャップ7選

数あるブランドがベースボールキャップを展開するなかで特に注目しておきたい『47ブランド』。クラシカルなデザイン性だけでなく、豊富なバリエーション展開も魅力の1つ。今大人におすすめしたいモデルを厳選して紹介する。

アイテム1Marlins Base Runner ’47 Clean up Cap

Marlins Base Runner ’47 Clean up Cap

マイアミ マリーンズの刺繍付き「クリーンナップ」。単色使いの刺しゅうが多いなか、こちらのアイテムでは4色の糸で表現されたカラフルなミニロゴがアクセントになっている。

アイテム2Cubs Hard Wach '47 CLEAN UP

Cubs Hard Wach '47 CLEAN UP

ZOZOTOWNZOZOTOWN

お気に入り追加

ケミカルなウォッシュがかかった、デニム生地を使用したモデル。ムラのある色落ちが、こなれた雰囲気を演出してくれる。フロントの立体刺しゅうとサイドのブランドロゴはホワイトであしらうことで清涼感をアップ。

アイテム3MVP

MVP

クリーンナップ同様にカーブバイザーが採用されたモデルの「MVP」。背面はアジャスターベルトではなくベルクロが配されておりサイズ調整がよりスムーズに行える。ボディには厚みのあるアクリルウールが採用されており、コットン素材とは違った、ハリのある仕上がりが楽しめる。

アイテム447 CLEAN UP YANKESS

47 CLEAN UP YANKESS

通常コットンを使用することが多い「クリーンナップ」だが、こちらのモデルではボディもロゴもウールを使用。かわいらしくも、落ち着いた印象を描き出してくれる。アジャスターにはメタルではなく、ブラウンのレザーを採用。

アイテム5Redsox Double Backer ‘47 CAPTAIN RF

Redsox Double Backer ‘47 CAPTAIN RF

ZOZOTOWNZOZOTOWN

お気に入り追加

「キャプテン」をベースに、フロントのロゴを廃してクリーンな印象にまとめたモデル。フロントロゴがない分スナップバックの両サイドのチームロゴとエンブレムが程良いアクセントとして機能してくれる。インパクトのあるツートーンのカラーリングながら、まとまりのあるデザインに仕上がった。

アイテム6Yankees Sure Shot Two Tone ‘47 CAPTAIN

Yankees Sure Shot Two Tone ‘47 CAPTAIN

ZOZOTOWNZOZOTOWN

お気に入り追加

クラウン右側にトリコロールカラーで野球のアメリカンリーグエンブレムがあしらわれた「キャプテン」のSure Shotモデル。ボディにはアクリル×ウール混の素材を使用しているのでしっかりとしたハリのあるかぶり心地に。

アイテム7ヤンキースロゴベースボールキャップ

ヤンキースロゴベースボールキャップ

ZOZOTOWNZOZOTOWN

お気に入り追加

フロントの刺しゅうを筆記体であしらい、エンブレムバージョンよりシンプルで上品な仕上がりに。ウォッシュ加工が施されたボディが味わい深い表情を演出してくれる。これぐらいのミニロゴならば、うるさくなりすぎず大人でも取り入れやすい。

大人顔を厳選。メンズキャップの人気ブランド10選

大人顔を厳選。メンズキャップの人気ブランド10選

キャップはカジュアルコーデに好相性な小物として、きれいめな着こなしのハズし役として重宝するマストハブ。より大人に馴染むブランドと各アイテムを厳選しました。

編集フカザワ

都内の編集制作プロダクション所属。メンズファッション・ライフスタイルを中心に雑誌、webにて編集・執筆を行っている。
この編集者の記事を見る
    KEYWORD関連キーワード
    RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事
    大人カジュアルの定番。スウェットシャツの秋冬コーデを考えてみる

    大人カジュアルの定番。スウェットシャツの秋冬コーデを考えてみる

    スウェットシャツは秋の王道ウェア。とはいえ、シーズンごとにおしゃれな着こなし方は変化します。2019年はスウェットシャツをどう着こなすべきか、探ってみました。

    平 格彦

    永世定番。ベックマン・ブーツを知らずに、レッド・ウィングは語れない

    永世定番。ベックマン・ブーツを知らずに、レッド・ウィングは語れない

    ブーツの名門『レッド・ウィング』のなかでも、「ベックマン・ブーツ」は代名詞的な存在。その魅力を改めて知ることで、相棒として長く付き合っていきましょう。

    山崎 サトシ

    フリースはこの中からどうぞ。人気の高い最注目ブランド10選

    フリースはこの中からどうぞ。人気の高い最注目ブランド10選

    冬のメンズウェアの中でも特に注目度の高いフリース。温かさはもちろん、見た目も申し分ないブランドをピックアップしつつ、それぞれのレコメンドアイテムをご紹介。

    TASCLAP編集部

    メンズ必修。ボンバージャケットの今どきな着こなし方とおすすめ10着

    メンズ必修。ボンバージャケットの今どきな着こなし方とおすすめ10着

    人気継続のMA-1や、ここにきて注目度が上昇しているN-3Bやムートンジャケットなど、何かと盛り上がりを見せるボンバージャケット。その魅力を改めて押さえておきましょう。

    那珂川廣太

    ダウンジャケットの人気ブランドとおしゃれな着こなし方【保存版】

    ダウンジャケットの人気ブランドとおしゃれな着こなし方【保存版】

    ダウンジャケットの人気ブランドを総特集! 選ぶときに気をつけたいポイントからおすすめのブランド、そしておしゃれな着こなし方のヒントまで順を追ってお届けします。

    TASCLAP編集部

    BACK