冬から春へ。おしゃれな大人の超リアルコーデ11選

冬から春へ。おしゃれな大人の超リアルコーデ11選

春モノが気になる時期とはいえ、季節はまだ冬。シーズンが移り変わる今だからこそ悩みがちなコーディネートのヒントを、街のおしゃれな大人たちからキャッチした。

Men's JOKER PREMIUM

2018.02.23

アウター
コート
冬の着こなし・コーデ

大人っぽいコーデを目指すなら、コートが最適解

2月から3月にかけて加速するのが“春モノ”への欲求だろう。しかし、気温のことを鑑みればまだまだ肉厚のアウターは欠かせない。

そこで、おしゃれを楽しむ大人たちからオンタイムな着こなしをご紹介。お題は、コート。ブルゾンやジャケットとは異なる、大人らしさを演出する定番コートの着こなしから、“今、参考になる”スタイリングテクをチェックしよう。

アイテム1ステンカラーコート

きれいめスタイルをメイクするための代表選手「ステンカラーコート」は、ただ着ただけだとシンプルすぎて味気なくなってしまいがち。だが、カジュアルなアイテムと合わせるだけで、グッとおしゃれ上級者感が演出できる。

たとえば、ボリューミーなフードが印象的なパーカーや、スポーティなライン入りのパンツを合わせて、こなれ感を出してみよう。全身の色みが黒で統一されているので、子供っぽくならずおしゃれに見えるところもポイントだ。

こちらは”ネイビー”のステンカラーコートを使った好例。淡いブルーのシャツやジーンズと合わせることで全身のトーンを統一しながらも、赤い縁のメガネや柄入りのスカーフ、茶色のブーツなどがアクセントとなっている。

ブラックのステンカラーコートにグレーのスラックスを合わせることで、全身をダークトーンに統一。大人の落ち着きを演出している。インナーにボーダーのカットソーとカーディガンを重ね、立体感のあるルックスに。

ブラックのステンカラーコートに、ネイビーのジーンズを合わせたコーデ。ブラック×ネイビーの色の組み合わせはコーデに取り入れやすく、誰にでも真似しやすいのでぜひ使ってみよう。ニットキャップやシャツ、ジーンズと色の濃淡が異なるアイテムを選ぶことで、大人らしいトーンオントーンを構築している。

アイテム2チェスターコート

冬スタイルの王道とも言える「チェスターコート」。羽織るだけでゆったりとした、そしてエレガントなシルエットを作ることができるのが特徴だ。特に今年は、アウターもパンツもどちらも”ゆるっと”させたシルエットがトレンド。

コートと同色のやや太めのパンツを合わせることで、リラックス感あふれる大人コーデになっている。使う色はネイビーの他に、ベージュやブラウンといった色を使うと優しい印象になるので、ブラウンのブーツを合わせてみるといいだろう。

グレーのチェスターコートにブラックのスラックスと、ブラックのブーツを合わせたクリーンなスタイルを披露。それだけだとちょっと地味な印象になってしまうところを、ボーダー柄のニットや、ロングストールを垂らすことでアクセントをつけている。長めに垂らしたストールは、縦のラインを強調できるので、スタイルが良く見えるおしゃれテクニック。これだけでも、一段上のエレガンスが獲得できるはず。

先ほどのコーデと同様、こちらも「柄モノ」使いと「長く垂らしたストール」使いが特徴だ。コートと同系色のチェック柄パンツを合わせることで、全体に統一感をもたらしつつも、周りとは差をつけるコーデとなっている。グレーベースには、ブラウン系の小物やブーツが好相性なので、ぜひ真似してみよう。

ネイビーのチェスターコートに、ブラックのパンツやブーツを合わせて男らしい色気あるスタイルが完成した。柄物を使っていないので、シンプルになり過ぎてしまうところはパーカーを使うことで回避できる。細身のパンツとボリューム感のあるシューズとの親和性も見事。

アイテム3トレンチコート

かっちりした印象のトレンチコートは、ややもすると張り込み中の刑事の様になってしまう。昨今のトレンドを考慮すれば、カジュアルなアイテムを合わせて、きっちり感を中和していくことが重要。

ラインの入ったスポーティなジャージと淡色のジーンズを使って、ほど良く力の抜けた感じを演出。初心者はまず、トレンチコートにジーンズを合わせてみるところから始めてみよう。

ジャケットとトレンチコートにジーンズを合わせ、ほど良くカジュアルな雰囲気をまとうことに成功したスタイリング。シンプルになりがちな冬のコートスタイルは、色味のあるストールをアクセントとしたい。

トレンチコートのかっちりした雰囲気を生かした実例がこちら。スラックスや短靴を使って、正統派の大人っぽさを演出している。柄のあるパンツを合わせたり、ストールや革靴の色味をブラウンに合わせたりと、程良く明るめの色みを活用しているのもセンスの成せるワザ。ネイビー系とブラウン系はカラーの相性も良いのでおすすめだ。

コートの種類を再認識。チェックすべき8種のデザインと着こなし方

コートの種類を再認識。チェックすべき8種のデザインと着こなし方

目移りするほどに豊富なメンズコートの種類。定番から旬モノまで、押さえておきたい型を8種にまで絞り込み、着こなし例と合わせて解説します。

平 格彦

20代後半から30代前半向けのメンズファッション誌。定番からトレンド、スニーカー、バッグ、革小物、カルチャーまですべてを網羅。https://mensjoker.jp/
この編集者の記事を見る
    KEYWORD関連キーワード
    RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事
    白Tシャツを大人っぽく着こなす。おすすめ10ブランドと季節別コーデ

    白Tシャツを大人っぽく着こなす。おすすめ10ブランドと季節別コーデ

    白Tシャツはワードローブに欠かせない定番アイテム。通年使える白Tシャツの選び方からおすすめブランドの1枚、そして季節の着こなしまで余すことなくお届けします。

    TASCLAP編集部

    気温20度の日の服装とベストなコーディネートを考える

    気温20度の日の服装とベストなコーディネートを考える

    メンズファッションにおいて、多くの方が悩む春秋シーズンの服装。持っておくと便利なアイテムと、気温20度前後の季節での最適なコーディネートを紹介していきます。

    Hiroshi Watanabe

    ジョガーパンツコーデのいろは。上手に着こなすための3つの方法

    ジョガーパンツコーデのいろは。上手に着こなすための3つの方法

    メンズボトムスの定番としてすっかり市民権を得たジョガーパンツ。基本の選び方から着こなしのポイント、おすすめの1本まで幅広くご紹介します。

    TASCLAP編集部

    ヘビーウェイトのTシャツを探すなら。おすすめブランド9選

    ヘビーウェイトのTシャツを探すなら。おすすめブランド9選

    春夏はTシャツが主役となる時期。頻繁に袖を通し、何度も洗うことを思えばやはり屈強なヘビーウェイトの1枚が欲しいところ。となればまず押さえておきたいブランドがある。

    菊地 亮

    大人らしいキャップのおしゃれなかぶり方と選び方

    大人らしいキャップのおしゃれなかぶり方と選び方

    キャップはシーズンを問わずおしゃれに活用できる優れモノ。そこで、大人ならではのかぶり方や選び方、そしてコーデへの取り入れ方を徹底的に紹介します。

    TASCLAP編集部

    BACK