デイリー使いしたいアディダスのリュック。人気モデルをピックアップ

デイリー使いしたいアディダスのリュック。人気モデルをピックアップ

スポーツブランドのリュックを取り入れたコーデは、そのテイストの流行もあって注目の的! なかでも人気の高い『アディダス』のリュックをフィーチャーします。

ai sato

2019.09.30

アディダス(adidas)
バッグ
バックパック・リュック
スポーツファッション

『アディダス』のリュックは幅広いラインアップが魅力です

『アディダス』のリュックは幅広いラインアップが魅力です

ZOZOTOWNZOZOTOWN

お気に入り追加

夏は背中の汗が気になってリュックを敬遠していた方も多いでしょう。でも、秋冬となればやっぱりリュックの利便性に頼りたくなりますよね。ラゲッジブランドの王道をはじめ、写真のようなアウトドアブランドのリュックも隆盛しているのが現状ですが、次に狙うならスポーツブランドのリュックはいかがでしょうか?

『アディダス』のリュックは幅広いラインアップが魅力です 2枚目の画像

ZOZOTOWNZOZOTOWN

お気に入り追加

スポーツブランドのリュックというと、ジムやスポーツ用をイメージするかと思いますが、最近では、シンプルなモノやスタイリッシュなモノなど、普段使いしやすいデザインが増えています。なかでも注目すべきは『アディダス』のリュック。大胆にロゴがあしらわれたスポーティなタイプから、小ぶりのロゴでスタイリッシュなタイプまで幅広く揃うのも人気の理由です。普段の着こなしにも合わせやすく、今っぽいバランスに仕上がる点もGOOD。

デイリー使いにもおすすめ。『アディダス』の人気リュック10選

種類が豊富に揃う『アディダス』のリュックですが、なかでもデイリーユースしやすいタイプをピックアップ。人気モデル10点をご紹介します!

アイテム1スクエアリュック 31L

スクエアリュック 31L

人気のスクエア型シルエットの本アイテム。ボディ、ロゴともにオールブラックで仕上げられたスタイリッシュなデザインはデイリーユースにぴったりです。素材には、コーディング加工されたポリエステルを採用しているため、雨や汚れに強くガシガシ使える点も優秀。

■DATA
W32×H48×D19cm

アイテム2NMD オリジナルス バックパック

NMD オリジナルス バックパック

ZOZOTOWNZOZOTOWN

お気に入り追加

スリムでモダンなルックスが一線を画する、NMDコレクションの1点。同コレクションらしいメッセージラベルが印象的です。スマートなデザインながら、ジップポケットやPC用ポケットを搭載した使い勝手の良さもポイントです。

■DATA
W30×H47×D13cm

アイテム3ボックスリュック

ボックスリュック

ZOZOTOWNZOZOTOWN

お気に入り追加

大胆にロゴが配されたスポーティなデザインは、着こなしのアクセントにもってこい。スマートなボックスフォルムなら、大きめのロゴでもスタイリッシュに取り入れられますよ。柔らかなショルダーパットは背中にフィットし、着用感も文句なし。

■DATA
W28×H41×D13cm

アイテム4オリジナルス アウトドアバックパック

オリジナルス アウトドアバックパック

ZOZOTOWNZOZOTOWN

お気に入り追加

アーティストであるファレル・ウィリアムス氏がLAのハイキングカルチャーからインスピレーションを受けて手掛けたバックパックは、個性を出したい人にうってつけ。異なるカモフラージュ柄をMIXしたユニークなデザインは、シンプルな着こなしのアクセントとして効果的です。

■DATA
W35×H51×D13cm

アイテム5デイパック OPS バックパック

デイパック OPS バックパック

プロアスリートのフィードバックをもとに開発された、高機能バックパックがこちら。耐久性と防水性の優れた素材を使い、PCコンパートメントやデオドラント機能付きシューズポケットなど機能も充実! スポーツシーンはもちろん、あらゆる日常シーンでも頼れる素材。

■DATA
W29×H52×D16cm

アイテム6オリジナルス サックバック

オリジナルス サックバック

調節可能なストラップをアレンジすれば、バックパックとしてはもちろんトートバッグとしても使える2WAY仕様。この便利な機能とシンプルなデザインで、通勤にはもちろん、旅行やショッピングシーンでも活躍すること間違いありません。

■DATA
W38×H53×D18cm

アイテム7オリジナルス EQT バックパック

オリジナルス EQT バックパック

ZOZOTOWNZOZOTOWN

お気に入り追加

今年らしい深いグリーンと、ブランドアイコン的なスリーストライプスを大胆にあしらった90年代風のデザインが光るバックパック。差し色アクセントとして普段の着こなしに投入すれば、トレンド感もばっちりです。ボディには丈夫なナイロン生地を採用。

■DATA
W29×H43.5×D10.5cm

アイテム8スケードボーディング ワープバックパック

スケードボーディング ワープバックパック

ZOZOTOWNZOZOTOWN

お気に入り追加

ヴィンテージのサッカージャージから着想を得たデザインがスタイリッシュ! フォルムはベーシックなのでどんな着こなしにもマッチしますが、とくにクールなモノトーンスタイルや、横乗りを意識したストリートスタイルとは相性抜群です。

■DATA
W30×H45×D12cm

アイテム9オリジナルス クラシック バックパック

オリジナルス クラシック バックパック

ZOZOTOWNZOZOTOWN

お気に入り追加

かっちりとしたフォルムと、トレフォイルマークとロゴの総柄がモダンな印象を演出。たっぷり入るメインコンパートメントには、PC用や細かい貴重品用のジップポケットが装備され実用性も備えています。私服出社の方なら通勤用としてもおすすめ。

■DATA
W29.5×H44×D11.5cm

アイテム10ユミーン シリーズ スクエアリュック

ユミーン シリーズ スクエアリュック

ACE Online Store +OUTLETACE Online Store +OUTLET

お気に入り追加

スウェット素材を使ったユミーンシリーズのリュックは、軽量かつ体へのフィット感が魅力です。デザインは流行のフラップタイプで、シンプルながら洒落感もばっちり。荷物の出し入れもしやすく、十分な収納力も備えているため、使い勝手も優秀です。

■DATA
W26×H40×D14cm

スポーツブランドのリュックを取り入れて、スポーツMIXスタイルを作ろう!

スポーツブランドのリュックを取り入れて、スポーツMIXスタイルを作ろう!

人気のスポーツMIXスタイルですが、実践は実に簡単。そう、リュックでスポーツ要素を取り入れればいいんです。アイテム選びと着こなし方をまとめました!

平 格彦

サーフカルチャー誌、ライフスタイル誌、アウトドアムック本などの編集を経て、2003年に独立。主にファッション誌やライフスタイル誌にて、ファッションページからインタビューまで幅広く携わっており、最近ではオンラインでの記事編集も手がける。得意分野はサーフ系ファッションやライフスタイル、アウトドアなど。
この編集者の記事を見る
    KEYWORD関連キーワード
    RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事
    大人の通勤リュック25選。ビジネスマンにはこのブランドで

    大人の通勤リュック25選。ビジネスマンにはこのブランドで

    ビジネスマンにとって通勤時のリュックはもはや当たり前。市民権を得たものの、カジュアルやアウトドアで使用するモノとは一線を画す、“通勤仕様”のモノを選びましょう。

    近間 恭子

    リュックブランド傑作選。見た目も機能も兼備した人気アイテムを完全網羅

    リュックブランド傑作選。見た目も機能も兼備した人気アイテムを完全網羅

    デイリーに愛用できるメンズリュックを徹底紹介。カジュアルなコーデはもちろん、きれいめな着こなしにもハマるリュックの選び方とおすすめのブランドをレクチャーします。

    TASCLAP編集部

    ダウンパンツは暖かくて軽くて、もうやみつき。街ではくならこんな10本

    ダウンパンツは暖かくて軽くて、もうやみつき。街ではくならこんな10本

    軽くて暖かくて快適……だけじゃない! ダウンパンツはシルエットもデザインも洗練されたモノが豊富です。街中ではくダウンパンツの選び方と着こなしのコツをご紹介。

    TASCLAP編集部

    パタゴニアの名作、レトロXはどう着こなす? 今どきコーデを作る7大法則

    パタゴニアの名作、レトロXはどう着こなす? 今どきコーデを作る7大法則

    90s調のルックスがトレンドにマッチする『パタゴニア』の「クラシック・レトロX」。ただし着こなしは古臭くならないようご注意を。今どきに着こなす7つの法則、教えます。

    TASCLAP編集部

    【2019】彼女・妻が喜ぶクリスマスプレゼント50選。予算別に見る人気&おすすめ品

    【2019】彼女・妻が喜ぶクリスマスプレゼント50選。予算別に見る人気&おすすめ品

    彼女や妻へのクリスマスプレゼントに何を贈れば良いのやら……。そんな悩める男性陣、必見! 女性ライターならではの視点で人気&おすすめ品を厳選。予算別に紹介します!

    TASCLAP編集部

    BACK