実は1モデルだけじゃない! ニューバランス990のバリエーション解説

実は1モデルだけじゃない! ニューバランス990のバリエーション解説

高機能ランニングシューズとして誕生した『ニューバランス』の初代990。“990番台”シリーズのベースモデルとして、今もなお色あせないその魅力を解き明かす。

小林 大甫

小林 大甫

SHARE
記事をお気に入り
2018.04.30

おしゃれな大人がこぞって愛用。990こそ『ニューバランス』の旬モデル

おしゃれな大人がこぞって愛用。990こそ『ニューバランス』の旬モデル

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

『ニューバランス』からリリースされているシューズの中でも、ランニング用のハイパフォーマンススニーカーとして1982年に生まれたのが990。以降、995→996→997……と改良とリリースを重ねながら“990番台”は広く世間に浸透。ただし、この990はランニングシューズのフラッグシップモデルとして、品番を変えずにアップデートを重ねている同ブランド屈指の名作。各時代に沿って進化し続けている『ニューバランス』のアイコン的存在であり、チェックしておいて損はない。

合わせて読みたい:
品番も機能もおすすめも。ニューバランスのスニーカーに詳しくなる!

ニューバランス996が人気の理由。ロングセラーモデルを徹底解剖

『ニューバランス』の990。そのラインアップとそれぞれの特徴とは?

990はアップデートのたびに履きやすさとデザイン性を向上させてきた。とはいえ、往年のモデルが最新のモデルに劣っているわけではない。時代ごとに、その時代ならではの機能やルックスを兼備している。ここではそのラインアップから、990の歴史を見ていこう。

モデル1

M990

M990

LIMITED EDT

LIMITED EDT

お気に入り追加

誕生から35年、今でもなお販売し続けられている初代990。990という品番には“1000点中990点を取るほどのシューズ”というコンセプトが込められているという。レトロなルックスに、当時革新的だったテクノロジーを併せ持つアイコンモデルだ。

M990 2枚目の画像

LIMITED EDT

LIMITED EDT

お気に入り追加

発売当初からMADE IN USAにこだわり、現在でもそれを貫いている。優れた安定性とクッショニングを実現する、ENCAPやモーションコントロールデバイスをヒール部分に搭載。また、ソールには“ビブラムソール”を採用し、1982年当時では最先端となる機能性を誇る。

モデル2

990v2

990v2

WOODY COMPANY

WOODY COMPANY

お気に入り追加

1998年に誕生した990v2。初代とは異なるハイテク感あふれるデザインと、タンに大きく刺繍された品番の990がポイントだ。ファーストカラーであるこのグレーモデルもいいが、挿し色としてはこちらのバーガンディも秀逸。『ニューバランス』と990をぐっと都会的な印象へと格上げしたパイオニア的1足だ。

990v2 2枚目の画像

WOODY COMPANY

WOODY COMPANY

お気に入り追加

デザインと機能の両面において、初代と大きな違いとなるのがソール部分だ。ABZORBを搭載した一体型のミッドソールにより、クッション性と走行安定性が向上。ランニングシューズとしての性能を高め、スポーティなルックスへと促した。v2もMADE IN USAを貫いている。

モデル3

990v3

990v3

LTD online

LTD online

お気に入り追加

990の3代目モデルとして2012年に誕生した990v3。かのスティーブ・ジョブズ氏が愛用したという、992のムードを味わえる後継モデルとしても有名だ。全体的なベースデザインはv2とほぼ近く、アッパーにややメッシュ部分を増やすことで通気性を高めている。

990v3 2枚目の画像

LTD online

LTD online

お気に入り追加

こちらもMADE IN USA。初代同様にENCAPを搭載したミッドソールに加え、水はけや体重の掛かり方を計算してアシンメトリーに配置したアウトソールの溝など、機能性についてさらなる追求が見られる。赤のワンポイントでブランドロゴをさりげなく主張したタンが、程良いアクティブさを演出。

モデル4

990v4

990v4

LTD SPORTS ONLINE STORE

LTD SPORTS ONLINE STORE

お気に入り追加

2016年に誕生した990v4。夜間でもより安全なランニングを実現するべく、トゥ、ヒール、Nマークにリフレクターを採用して360度どの角度からでも反射が確認できるようになっている。さらなる進化を遂げた機能性とスタイリッシュな足元の構築、その両立をぜひ味わってほしい。

990v4 2枚目の画像

LTD SPORTS ONLINE STORE

LTD SPORTS ONLINE STORE

お気に入り追加

ENCAP構造に、最新技術によるアップデートを施して採用。それにより、990番台最高峰のクッショニングとやサポート性をかなえた。また、履いたときの足を包み込むようなフィット感も確保し、履き心地の良さや疲れにくさを高い次元で実現している。

モデル5

990v5

990v5

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

990シリーズの最新作として2019年に登場したのが990v5。前作までのレトロなムードを保ちつつも、よいクリーンで現代的なデザインに仕上げられている。ピッグスキンスエードと通気性が良好なメッシュ素材というコンビは、まさに990と言ったところ。

990v5 2枚目の画像

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

ルックス面だけではなく、履き心地をサポートするソールユニットやディテールでもバージョンアップがなされている本作。ソールはENCAPとABZORBによる新たなミッドソール構造を採用。履き口を覆うように装備したTPU素材により、サポート性も高まっている。なお、同モデルは『ニューバランス』のシューズカスタマイズサービスである「NB1」でカラーリングのアレンジが可能。インラインのベーシックなカラーだけではなく、自身が好む配色が楽しめるサービスでの購入も視野に入れてみては?

英国育ちのニューバランスM1500。小ぶりな“N”が大人の足元に好適

スニーカー・シューズ

英国育ちのニューバランスM1500。小ぶりな“N”が大人の足元に好適

『ニューバランス』の揺るぎないフラッグシップとして君臨する「M1500」。MADE IN UKの矜持を宿した1足は、スタイリッシュな風貌と雲上級の履き心地を兼備しています。

山崎 サトシ

2021.06.05

小林 大甫
小林 大甫
アパレル業界から出版社編集を経て、エディター&ライターとして独立。紙・WEBを問わず男性ファッションを中心に執筆中。読者に寄り添えるファッション提案がモットー。
この編集者の記事を見る

KEYWORD関連キーワード

PICK UP

編集部の注目

夏を快適に乗り切るために。“暑さ・汗・臭い”に打ち勝つTシャツを手に入れよ!

暑さ、汗、臭い。これからの時期、男たちにとって乗り越えるべき障害は少なくない。だからこそ『ナノ・ユニバース』の三本の矢ならぬ3種のTシャツが何かと心強い!

SPONSORED by ナノ・ユニバース

続きを読む

“本物”を求める大人たちへ。今必要なのは、歴史に裏打ちされたダイバーズの名品だ

夏を目前に控え、今年も高まりつつあるダイバーズウォッチ熱。いい大人がどんな1本を選ぶべきかに焦点を当て、最適かつ最良のモデルを割り出していきます。

SPONSORED by ロンジン

続きを読む

2021年のダイバーズは“色挿し”が鍵。ティソの名作シースターを、この夏どう着けこなす?

シンプルな夏スタイルと好相性なダイバーズウォッチ。同ジャンルをより効果的に着こなしに取り入れたいなら、今年はこんな “色挿し”はいかがでしょうか?

SPONSORED by スウォッチ グループ ジャパン

続きを読む

高級腕時計ファンに捧ぐ。Apple Watchをハイエンドに導く、ただ1つの方法

機能的なApple Watchに惹かれつつも、見た目のガジェット感の強さから敬遠しがち……。そんな悩める高級腕時計好愛好家に、ハイエンド化の奥の手をお届けしましょう。

SPONSORED by プリンチペプリヴェ

続きを読む

青と白の共演。セイコー140周年記念限定モデルは、未来を示す光となるか

140年にわたる『セイコー』の歴史を祝し、続々と限定モデルがリリースされている今年。第2弾より、白と青をテーマにした爽やかなカラーリングの5モデルをご紹介します。

SPONSORED by セイコーウオッチ株式会社

続きを読む

セラミックスのツヤに見惚れる。今考え得る、国産クォーツウォッチの最高峰

『グランドセイコー』から登場するセイコー140周年の記念モデルは、高機能なクォーツGMT。ブランドの未来を指し示す、最上クラスの国産クォーツウォッチが誕生です。

SPONSORED by セイコーウオッチ株式会社

続きを読む

もっと見る

RELATED ARTICLES

あなたにおすすめの記事

ACCESS RANKING

アクセスランキング

ITEM RANKING

アイテムランキング

新機能

この記事を読んでいる方に
おすすめの記事をご紹介

RECOMMEND
TOP

カテゴリ

おすすめ記事