背中にはあのリリックが。アダム エ ロペからオアシス公式別注Tシャツが出た!

背中にはあのリリックが。アダム エ ロペからオアシス公式別注Tシャツが出た!

服好きの大人が若かりしころ夢中になったであろう“バンドT”。年を重ねてからは距離を置いていたかもしれないが、人として成熟した今だからこそ手にしたい1枚がある。

TASCLAP編集部

2018.04.27

アダム エ ロペ(Adam et Rope')
トップス
Tシャツ

オフィシャルにはこれまでなかったオアシスのリリック入りTシャツ

おしゃれに目覚めたきっかけが古着屋巡りだったという話は、珍しいものではない。そこで出会ったヴィンテージジーンズや“バンドT”が、今のファッション観のベースとなっているというTASCLAP世代も少なくないはずだ。

そんな大人たちにレコメンドしたいのが、『アダム エ ロペ』が別注したオアシスのロゴ入りTシャツ。特筆すべきは、英国を代表するロックバンドのオフィシャルアイテムとしてソングタイトルやリリックをもプリントで施している点だ。

リリックに加えてコピーライトまで施されたモノは、同アイテムが世界で初めて。それだけ価値のある1枚が、同バンドの中心人物であったノエル・ギャラガー氏の誕生日である5月29日より店頭にて販売される。ただし、WEB予約は4月27日からスタート(商品発送は5月下旬より順次開始)。先行してチェックしておきたいところだ。

見た目だけじゃない。ディテールにこだわる大人にもおすすめ

シンプルなロゴは大人の着こなしにも好都合。加えてモノトーンの配色というのも汎用性が高い。また、ヴィンテージライクな風合いの生地やネック周りをはじめとする縫製にも抜かりがなく、『アダム エ ロペ』ならではの品質へのこだわりが感じられる。

おしゃれで所有欲を満たす1枚。気になる曲目の詳細をチェック

プリントされているのは、いずれもオアシスを代表する名タイトルばかり。ラインアップは「Supersonic」と「Live Forever」、

さらに「Don't Look Back In Anger」と「Champagne Supernova」の4パターン。街着として、ファッションの一部として活用するのはもちろん、名曲とともに当時を振り返るのも“バンドT”の楽しみだろう。いずれも完売必至のアイテムなので、予約段階で確実に手に入れたい。

    KEYWORD関連キーワード
    RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事
    人気ショップがこぞって指名! ユニバーサルオーバーオールの勢いが止まらない

    人気ショップがこぞって指名! ユニバーサルオーバーオールの勢いが止まらない

    アメリカの老舗ワークウェアブランド『ユニバーサルオーバーオール』の人気が急騰しています。その理由を解説しつつ、定番品・人気アイテム・別注モノを一挙に紹介します!

    平 格彦

    ドクターマーチンの3ホールが、どんな服装とも相性抜群

    ドクターマーチンの3ホールが、どんな服装とも相性抜群

    『ドクターマーチン』は誰もが知るシューズブランドの名門。数多くの傑作を世に送り出してきた同社ですが、とくに大定番の3ホール(1461)は大人の日常にピッタリです。

    山崎 サトシ

    ノース・フェイスのグローブなら、アウトドアもタウンユースも頼りになる

    ノース・フェイスのグローブなら、アウトドアもタウンユースも頼りになる

    デザイン性と機能性を両立させたアイテムに定評がある『ザ・ノース・フェイス』。それはグローブもしかり。その魅力をおすすめのモデルとともにお届けします。

    近間 恭子

    ダントンといえばウールモッサ。洗練された名作アウターは大人コーデと相性抜群!

    ダントンといえばウールモッサ。洗練された名作アウターは大人コーデと相性抜群!

    シンプルな見た目とスマートなサイズ感、さらには高い保温性を誇る『ダントン』のウールモッサ。今季も要注目の素材ならではの魅力や、同素材のアウターを一挙ご紹介。

    TASCLAP編集部

    マフラー巻き方の基本。6パターンのプロセスを紹介

    マフラー巻き方の基本。6パターンのプロセスを紹介

    寒い日ばかりが続く今日この頃、マフラーが手放せませんよね。そこで、毎日のマフラー使いのバリエーションを増やすべく、即マネできちゃう基本的な巻き方をご紹介します!

    編集カツラガワ

    ダウンジャケットの人気ブランドとおしゃれな着こなし方【保存版】

    ダウンジャケットの人気ブランドとおしゃれな着こなし方【保存版】

    ダウンジャケットの人気ブランドを総特集! 選ぶときに気をつけたいポイントからおすすめのブランド、そしておしゃれな着こなし方のヒントまで順を追ってお届けします。

    TASCLAP編集部

    BACK