マンシングウェアならスポーツもタウンユースも両立できる

マンシングウェアならスポーツもタウンユースも両立できる

ゴルファーにはおなじみの『マンシングウェア』ですが、実はデイリーに使えるアイテムも豊富。スポーツトレンドが継続する今季、ぜひクローゼットに加えてみては?

山崎 サトシ

2018.08.26

マンシングウェア(Munsingwear)
ブランドまとめ
スポーツファッション

ゴルフウェアからはじまったマンシングウェアはデイリーウェアにも注力

1955年に、世界で初めてのゴルフウェアブランドとしてアメリカで幕を開けた『マンシングウェア』。“リトル・ピート”と呼ばれるかわいらしいペンギンがブランドの揺るぎないシンボルです。多くの名だたるプロゴルファーからも愛用され、ここ日本には1964年に上陸。その道のリーディングブランドらしく、機能と気品を兼ね備えた完成度の高いゴルフウェアをラインアップしています。

本格的ゴルフウェアを発信する一方、2017年には日常生活に寄り添う新たなタグライン「TURF & EVERYDAY」を始動させるなど、近年はデイリーユースできるカジュアルアイテムにも注力。スポーツ&アウトドアトレンドの追い風も味方して、高い人気を獲得しています。さらに、2018年4月には銀座にグローバル旗艦店「マンシングウェア クラブハウス 銀座」をオープンし、よりブランドが身近な存在となりました。2018年のサマーコレクションはシーズンテーマを“マイアミ”に設定。陽気でポップなムードをまとったアイテムを数多く展開します。

デイリーユースにおすすめしたいアイテム10選

『マンシングウェア』のコレクションから、代表アイテムであるポロシャツを中心にデイリーユースにぴったりの新作をピックアップ。ゴルフアイテム特有のスポーティな雰囲気を香らせつつも、洗練されたルックスに仕上がっているので使い勝手良好です。

アイテム1刺しゅうポロシャツ

前身頃にさまざまな刺しゅうが散りばめられた、遊び心あふれるデザインの鹿の子ポロシャツ。ポップな見た目とは裏腹に、ウェア内の温度上昇を抑えるクーリング機能や吸湿速乾、UVケアなど充実のスペックを誇ります。街使いからアクティビティまで、活躍してくれることでしょう。

アイテム2トロピカル柄切り替えポロシャツ

先ほどのポロシャツと同様の機能性を誇る、頼もしい1枚。ポリエステル×コットンの鹿の子ボディはさらりと柔らかで着心地も良好です。また、前立て部分をトロピカルなフラワー柄で切り替えているのも特徴的で、リラックスした夏の着こなしにはうってつけ。

アイテム3マルチボーダーポロシャツ

ピッチの異なるボーダー柄を巧みに組み合わせた鹿の子ポロは、主張あるルックスで着こなしの主役アイテムとして重宝します。なお、こちらの1着もクーリング機能・吸湿速乾・UVケアを網羅。ポテンシャルの高さはさすがスポーツブランドといったところです。

アイテム4『シップス』別注ポロシャツ

1960年代に販売されていたポロシャツを『シップス』が特別にリバイバル。ポロシャツでは珍しい胸ポケットや、脇下のリブ仕様、襟裏のボタンがポイントです。サイズ感は現代的な細身シルエットにアップデートしているので、着こなしやすさも上々です。さらに、通常とは逆の右向きとなった“リトル・ピート”は別注だけの特別仕様!

アイテム5ニットベスト

大胆な配色切り替えが目を引くニットベスト。薄手のニット素材の一部をメッシュで切り替えることで通気性を確保、初夏でも問題なく着用できます。コットン×ポリエステルのウォッシャブル仕立てで、日々のケアがイージーに行えるのも利点。

アイテム6ボーダーニット

Vネックタイプのサマーニットは、鮮やかな発色のマルチボーダー柄で魅了。コットンとアクリルのMIX素材だから、家庭洗濯もOKとなっています。スラックスのようなきれいめボトムスからラフなショーツまで幅広く合わせられるので、重宝すること請け合いです。

アイテム7ノータックパンツ

ギンガムチェック柄で彩られた、ブリティッシュな印象のノータックパンツ。適度にゆとりのあるレギュラーフィット&ストレッチ素材のおかげで、はき心地はきわめてコンフォートです。サイドにDカンが付いていたりバックにチェンジポケットを使用しているなど、細部へのこだわりも散見。

アイテム8ゴルフシューズ

ヒールに搭載されたダイヤル式のワイヤーロックシステムにより、簡単にフィット感を調整できるゴルフシューズ。人体解剖学的に設計されたラストを駆使することで、快適な履き心地を実現しています。なお、アッパーには防水素材を採用しており雨の日でも快適に着用可能です。

アイテム9ソックス

ブロック配色がアイキャッチにも最適なソックスは、ボトムスの下からチラリとのぞかせたいアイテム。ルックスの良さもさることながら、抗菌防臭加工が施されているため衛生面にも優れます。ミドル丈で使い勝手も良いため、色違いで押さえておくのがおすすめ。

アイテム10キャップ

ウォッシュ加工を施したツイル生地を使ったキャップは、程良くこなれ感のあるくったりとした表情。フロントのペンギンロゴは同系色でシンクロさせ、すっきりとした見栄えに仕上げています。背面にはアジャスターがセットされているので、自身の好きなフィット感でかぶりましょう。

    KEYWORD関連キーワード
    RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事
    人気ブランドのセットアップ10選。今季の売れ筋をレコメンド

    人気ブランドのセットアップ10選。今季の売れ筋をレコメンド

    重々しいアウターを脱ぎ捨てる季節。これからの主役候補はやはりセットアップでしょう。今季の傾向を踏まえつつ、人気ブランドの新作や売れ筋を紹介します。

    山崎 サトシ

    グラミチのおすすめパンツ17選。定番のNNパンツから新作&別注モデルまで

    グラミチのおすすめパンツ17選。定番のNNパンツから新作&別注モデルまで

    「NNパンツ」を筆頭に、街でもおしゃれにはけるクライミングパンツとして根強く人気の『グラミチ』。その定番から新作、別注までおすすめのラインアップを紹介します。

    編集フカザワ

    人気ブランドから探すロンT。大人が手に取るべき16枚

    人気ブランドから探すロンT。大人が手に取るべき16枚

    “ロンT”と聞くとストリートのイメージが付きまといます。ですが、選び方次第では大人の日常着としても活用可能。春から初夏にかけては主役として役立つこと必至です。

    山崎 サトシ

    ビジネス仕様のポロシャツ。ビズポロこそ不快な夏の救世主だ

    ビジネス仕様のポロシャツ。ビズポロこそ不快な夏の救世主だ

    クールビズシーズンの定番トップスとして人気を集めているビズポロ。ポロシャツとの違いから着こなし方、さらにはおすすめまで、その魅力を深掘りしてご紹介します。

    近間 恭子

    意外と簡単。ワイドパンツのタイプ別に大人の着こなしを解説

    意外と簡単。ワイドパンツのタイプ別に大人の着こなしを解説

    ワイドなパンツは着こなしが難しいと思われがちですが実は簡単。ルールさえ守れば、こなれ感のある大人のカジュアルスタイルを築くことができます。そのポイントをご紹介。

    平 格彦

    大人の日常着。ディッキーズの定番874と別注モデルを徹底紹介

    大人の日常着。ディッキーズの定番874と別注モデルを徹底紹介

    『ディッキーズ』の定番「874ワークパンツ」の魅力とともに、同ブランドが誇るパンツのラインアップを整理。大人のカジュアルに効く『ディッキーズ』を幅広く紹介します。

    編集フカザワ

    BACK