気になるアイテム目白押し! ZOZOWEEKで要チェックのスニーカー5選

意外にも夏本番を前にスタートしたZOZOTOWNの一大セール。 気になるアイテムが目白押しですが、スニーカーフリークの我々が狙うべきはこのあたりです。

深澤 正太郎

深澤 正太郎

SHARE
記事をお気に入り
2018.05.20

“いつもの”アイテムこそ、セールで賢く手に入れよう

どうも、編集フカザワです。のっけから自慢話で恐縮ですが、最近写真のスニーカーを購入しました。そうです、『ニューバランス』の「247」です。私的には、人生で初めてニット素材のスニーカーを買ったんですよ。いやはや、すこぶる快適。なぜ、もっと早く買わなかったのかと後悔しております。

“いつもの”アイテムこそ、セールで賢く手に入れよう

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

後悔と同時に届いたのが、ZOZOTOWNのセール情報です。すでにチェック済みの方もいらっしゃるかもしれないのですが、今回の“ZOZOWEEK”はなかなかスゴいですよ。普段は値下がりしないであろうアイテムもセール価格になってますからね。まあ、私としては購入したばかりの「247」がセール価格になっていないことを願うばかり……。

独断と偏見でピックアップ。とにかくチェックすべき5ブランド

莫大な数のアイテムがセール価格として販売されているZOZOWEEK。何を買うべきか迷うのは当然ですが、私的には普段から馴染みのあるブランドのスニーカーを購入するのがベターかと。サイズ感だったり、履き心地だったりを把握してますからね。失敗する確率が低いわけです。

いつものブランドであれば、ワードローブとして履き慣れている1足を購入するも良し、ほかのモデルにトライするも良し。いずれにせよ、以下で紹介する5大ブランドであれば間違いなしの1足が見つかるはず!

ブランド1

『アディダス』

『アディダス』

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

大人の人気スニーカーが目白押しの『アディダス』からは、誰もがご存じの「スタンスミス」がセール価格で登場しております。とはいえ、私が今狙うのは「フォーラム」です。懐かしいデザインではありますが、このボリューム感は今季流行中の“ぼてっ”としたシューズに通じるものがありますよね。ストリートライクな雰囲気も好みです。

ブランド2

『コンバース』

『コンバース』

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

『コンバース』といえば、言わずもがなオールスターかなと。ハイカットもローカットも、カラバリも豊富ですがセールだからこそ普段は履かない色みにトライしたいものです。私はブラックを選びがちなので、レッドが気になるところ。

コンバースのスニーカーは王道中の王道。今買いの12足を網羅

スニーカー・シューズ

コンバースのスニーカーは王道中の王道。今買いの12足を網羅

日本ではもちろん、世界中で多くのファンを獲得している『コンバース』。定番の「オールスター」から「スケートボーディング」モデルまで、注目作を一気に披露します。

本間 新

2020.03.06

ブランド3

『ナイキ』

『ナイキ』

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

あの「エアマックス」シリーズも安くなっている以上、『ナイキ』のセール会場をチェックしないわけにはいきません。とはいえ、イチ押しはコチラの「ソックダート」。ニット素材の良さを体感したことがない方は、ぜひチェックしてみてください。

ブランド4

『ニューバランス』

『ニューバランス』

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

『ニューバランス』好きの私としては目移りするラインアップではありましたが、コート系スニーカーの「CRT300」には反応せずにはいられませんでした。同ブランドの定番ではありながらも、昨今のストリートブームで人気が高まっている1足ですからね。売り切れ前にチェックしましょう!

ブランド5

『リーボック』

『リーボック』

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

インスタポンプフューリー」シリーズが人気継続中の『リーボック』ですが、レザーをぜい沢に採用した「クラブ ワークアウト」も必見。重厚感のあるブラックとガムソールという組み合わせが渋すぎます。

リーボックのスニーカー20選。定番から新作まで人気作を厳選

スニーカー・シューズ

リーボックのスニーカー20選。定番から新作まで人気作を厳選

世界中のファンから愛される『リーボック』。定番の「インスタポンプ フューリー」から最新テクノロジーを搭載した新作まで、おすすめのメンズスニーカーをご紹介します。

本間 新

2020.05.05

注目編集者
深澤 正太郎

守備範囲広めの髪ヲタ編集部員

深澤 正太郎
美容専門誌「HAIR MODE」にて編集者のキャリアをスタート。髪に関することが大好物で、ヘアカタからビジュアル誌、書籍作りに奔走。前職の経験を生かし、TASCLAPではビューティ・ヘルス全般に熱を注ぐ。人の髪型を見てカットの工程が分かるほど髪フェチで、ヘアスタイリング剤には見境なく投資してしまうのが悩み。
この編集者の記事を見る

KEYWORD関連キーワード

RELATED ARTICLES

あなたにおすすめの記事

ACCESS RANKING

アクセスランキング

ITEM RANKING

アイテムランキング

新機能

この記事を読んでいる方に
おすすめの記事をご紹介

RECOMMEND
ITEM LIST
TOP

CATEGORY

RECOMMEND